美白いのち!日傘の選び方と絶対焼かないアイテム

美白対策に日傘が一番手っ取り早いことは分かっているけれど、「やっぱり持ち運ぶのが面倒くさい」なんて思っている人も多いはずです。

しかし、日傘の効果はなにも紫外線対策だけではありません。この尋常でない「暑さ対策」としてもかなりの効力を発揮してくれるのです!日傘を持つだけで人より涼しく感じられるなんて見逃さない手はありません!

しかも、強力な日焼け止めほど肌に負担を与えるため、肌のことを考えると日焼け止めのみの紫外線対策は絶対やめるべきです。やはり、体に優しい日傘はこの夏のマストアイテムなのです。

最も紫外線ブロック効果の高い日傘の選び方と完璧な美白対策で、この夏を色白に乗り切る方法をご紹介します。

美白だけじゃない日傘のメリット

日傘男子という言葉ができるほど、今では夏の定番アイテムとなった日傘。日傘の最大のメリットは紫外線対策、しかしそれだけではないのです。

かなりの効果!暑さ対策

日傘をさすことによって人工的に日陰を作ることができます。さらに太陽から降り注ぐ光を遮断するため、ジリジリと肌を攻撃する熱を下げることができるのです。つまり、日傘をさすことで涼しく感じられるのです。

日傘をさしただけで体全体が3℃下がるという実験結果もあるほど。夏の暑さ対策には必須のアイテムなんです。

紫外線カット

日傘をさす人が最も多く狙う効果、それが紫外線対策です。紫外線が直に肌にあたらないため日焼けを防ぐ効果があります。

日焼け対策として最もメジャーなものは「日焼け止めを塗る」ですが、日焼け止めは紫外線吸収剤という肌に良くない成分が入っているものも多く、紫外線をカットする能力が高ければ高いほど肌に良くないと言われています。

日傘での紫外線カットは非常に安全で肌に優しい方法と言えますね。

知っておくべき日傘の選び方

様々な日傘が発売されていますが、見た目だけで選んでいませんか?「涼しげに見える白のレースの日傘が素敵」なんてレース地を選んでしまうと、レース生地の間から紫外線が降り注いでしまいます!

日傘の効果を最大限引き出すためには正しい選び方をしなければいけないのです。

色は白?黒?

街中を歩く人の日傘に最も多い色が、白と黒です。それはこのような理由があるからです。

  • 黒・・・光を吸収する
  • 白・・・反射する

白と黒は反射と吸収という違った方法で紫外線から人を守ってくれるのです。

しかし、紫外線は何も太陽からだけ降り注いでいるわけではありません。コンクリートの反射を私たちは浴びています。下からも紫外線を浴びているのです。

日傘が白いとコンクリートからの照り返しを反射してしまい、「地面からの照り返しと日傘反射」で傘の中にもかかわらず、下から上から紫外線を浴びてしまうのです。

そのために内側はコンクリートの反射を吸収してくれる黒が理想的。

さらに太陽からの光を反射する白の方が日傘の中が涼しいので、理想的な日傘の色は「外側が白、内側が黒」ということになるのです。

日傘の素材

日傘の素材には様々なものが使用されています。大きく分けて、紫外線カットにおすすめの素材と暑さ対策におすすめの素材があります。

【紫外線カットにおすすめの素材】
ポリエステル

化繊なので耐久性も高く、価格も安価、しかもポリエステルそのものが紫外線を90%カットするとも言われています。そのため紫外線カット効果は抜群です。

ただし通気性がないので涼しさはあまり感じられません。

【暑さ対策におすすめの素材】
綿、シルク、麻

化繊に比べてお値段が高め、かつ、繊維そのものが弱いという難点がありますが、熱伝導率が高いので日傘の中が非常に涼しくなります。

「熱伝導率が高い=熱が伝わりやすい」それって暑いんじゃないの?と思うかもしれませんが、熱が伝わりやすいということは熱を放出しやすい、奪いやすいということで、太陽からの熱を奪ってくるので日傘の中に暑さが伝わりにくいのです。

さらに、通気性のいい素材でもあります。風通しの良さも涼しく感じるポイントです。 耐久性の高いものを選びたいのであれば、目が詰まっている厚手のものがおすすめですよ。

現在は天然繊維と化繊線を織り合わせた混紡もあります。適度に化繊が混ぜられた通気性と耐久性の強いものを選ぶといいでしょう。

また、晴雨兼用タイプの日傘は、一般的にポリエステルと綿の混紡に撥水加工が加えられているようです。ちょっとした雨には使えますが、本降りの雨には使えないことが多いようですよ。

UVカット・遮光率

UVと太陽の光、似ているようで違うのはご存じですか?

  • 紫外線・・・人間の肌に悪影響を与える紫外線A波とB波がある。日焼けの原因となるB波は夏が最も強く、肌内部にダメージを与えシミの原因となるA波は、春から夏にかけてが最もピーク。天気が悪くても降り続いている。
  • 太陽の光・・・ 太陽高度、日差しの強さと同じ意味で、正午が最も強くなり、それと同時に紫外線B波の量も1日の中で最も多くなる。

紫外線B波は夏の日差し大いに関係していますが、紫外線A波は太陽の光と比例しているわけではないのです。つまり曇っていても紫外線カットは必要になってくるのですね。

しかも、A波はガラスを突き破ってでも人間の肌にダメージを与えてしまうんです。日傘は太陽光はある程度遮ってくれますが、紫外線を遮るとは限りません!

必ずUVカット加工されている日傘を購入するようにしましょう。

ポリエステルは生地そのものは紫外線をカットしてくれますが、生地が薄ければカット効果も薄くなります。またそれ以外の生地はUVカット効果が高いとは言えませんよ。

遮光率と言って光を遮断する効果も必要です。光を遮断すれば当然日傘の内側が涼しいですし、眩しさも感じません。しかし遮光率が高ければ高いほど日傘を閉じた時に目の負担が大きくなります。

暗い所から明るい所に行けば眩しさを感じますよね。

  • 遮光率99.99%以上 
  • 遮光率100%

このような表記が日傘によく見られます。遮光率100%は完全に光を遮ります。99.99%以上のものはうっすらと光を通します。

どちらも「遮光一級日傘」と認定され、かなり光を遮ることができます。このような日傘をサングラスと併用して、目に刺激を与えず紫外線から肌を守りましょう。

一般的に遮光率99%以上のものを遮光タイプというようです。涼しさやまぶしさを意識するなら遮光率も考えて日傘を購入しましょうね。

重さ・大きさ

日傘は雨傘と違って毎日持ち歩くものです。そのため重さと大きさは非常に重要になってきます。

【大きさ】

  • ロングタイプ・・・一般的な雨傘と同じ大きさのもので、丈夫、紫外線ブロック面積が大きいといったメリットがある。ただ重いのが難点。
  • ミドルタイプ・・・おそらく一番多くの人が使っている大きさ。ロングタイプほど重くない。
  • ショートタイプ・・・かなり小さめで大きめバッグなら入る大きさ。軽くて便利ではあるが、紫外線カット面積は小さめとなる。
  • ドーム型・・・ ドーム型になっているため、体全身すっぽりと紫外線をブロックしてする。ファッション性が高いため、好みが少々分かれるとこと。
  • 折りたたみタイプ・・・軽量でコンパクト。しかしデザイン性が乏しいのが難点。

【軽さ】
日傘の重さは骨組部分に使われている素材で大きく左右されます。

  • ステンレス・・・雨傘によく使われる素材で非常に丈夫だが、重い。
  • アルミ・・・ 折りたたみの傘によく使われる軽量素材。少し壊れやすいの難点。
  • カーボン・・・軽くて丈夫な素材として有名。ただし価格が高い。

重さと大きさは出かける場所や外出時間の長さ、使用頻度に合わせて選ぶと良いでしょう。

日傘だけでは日焼けする!

日傘だけでは十分な紫外線対策とは言えません。日傘を差しながらも長袖を着たりマスクをししている人もよく見かけますよね。それには理由があるのです。

コンクリートの照り替えし

日傘の色の部分でも少し触れましたが、日傘は太陽から降り注ぐ紫外線を防ぐことはできますが、コンクリートの照り返しから完全に身を守ることはできません。

日傘の内側が黒いと照り返しの光を吸収するのは事実ですが、吸収する前に紫外線を浴びているのは事実なのです。そのため日傘以外の紫外線対策も必要になってくるのです。

UV・遮光加工の劣化

雨傘は壊れるまで使うという人が多いかもしれませんが、日傘は壊れるまで使ってはいけません。

日傘の寿命は一般的に2~3年と言われ、劣化によってUVカットや遮光率が低下してしまいます。日傘をさしているのになぜか日焼けするといった状態になってしまうのです。

美白を死守したい人に日傘以外のおすすめアイテム

日傘だけで完全な美白対策にならないのであれば、他のアイテムを併用して対策をしなければいけません。

【日焼け止め】
紫外線は曇っていても降り注いでいるので日焼け止めは毎日使うべきです。ただし、日焼け止めは効果が高ければ高いほど、肌に負担がかかるのも事実です。日焼け止めの数値を意識して使うようにしましょう。

  • SPF・・・日焼けの原因となる紫外線B波を防ぐ数値。SPF30と表記されていたら 「紫外線を浴びてから日焼けするまでの時間を30倍遅らせることができる」という数値。
  • PA・・・シミの原因となる紫外線A波を防ぐ数値で、PA+~PA++++の4段階評価。プラスが多いほど紫外線A波をブロック効果が高い。

SPF数値、PAの+の数が多ければ多いほど紫外線ブロック効果が高いと言えます。しかし、そのぶん肌にダメージを与えてしまいます。できる限り肌に負担をかけない使い方をしなければいけないのです。

日焼け止めの使用目安はこちらを参考にしてくださいね。

  • 炎天下でのレジャー・・・SPF50 PA++++
  • 屋外での軽いスポーツ・・・SPF30~50 PA+++~++++
  • 通常の買い物程度・・・ SPF 20~30  PA ++~+++

夏は汗をかいて日焼け止めが流れてしまいます。そのため2時間に1回くらい塗りなおしたほうがいいでしょう。

【サングラス】
サングラスも顔、特に目の周りの日焼けを防いでくれるアイテムです。目の周りは皮膚が薄く日焼けをするとシミそばかすや、しわになりやすいエリアです。

またサングラスすることによって、遮光率の高い日傘をさしたときの目の負担を軽減してくれます。

【帽子】
レジャーなどには日傘は少し邪魔になってしまうかもしれません。そんな時は日傘を閉じて帽子をかぶるといいでしょう。つばの大きい帽子で紫外線から顔を守りましょう。 また髪の毛の短い人は首の後ろまでつばのあるものを選びましょうね。

【アームカバー】
腕の日焼けを防いでくれるのがアームカバーです。アームカバーは取り外しが自由なので長袖を着るよりも便利と言えるでしょう。こちらも光を反射してでくれる白を表地に使い、裏側に黒を使った2枚重ね方がおすすめです。完璧な紫外線対策ができます。

【マスク】
マスクをすることによって口周り、顎周りの日焼けを防止できます。口周りは目の周りと同様、非常にデリケートなエリアです。また特に鼻の下や顎周りはタオルで汗をぬぐってしまい、日焼け止めが落ちやすい場所です。

【サプリ】
ここ数年話題になっている飲む日焼け止め、サプリです。ビタミンCやポリフェノール、フラバンジェノールと言った、メラニンの活性化を抑えたり、抗酸化作用の高い成分が入っていることが多いようです。

【シーン・タイプ別】あなたがすべき美白対策はこれ!

日傘の特徴や、日傘と併用すべき美白対策を見てきましたが、私はどの日傘を買えばいいの?と思っていますか?

出かける時間や長さ、ライフスタイルによって選ぶべき形は変わってくるんです。タイプ別におすすめ日傘をチョイスしてみました。参考にしてくださいね。

日中の買い物がメインの人におすすめ日傘

  • 表が白・内側が黒
  • 生地は好みで
  • UVカット加工・遮光率の高いもの
  • ロングタイプでカーボン素材など軽いもの

日中の買い物が多い人は徹底的に紫外線カットできるもの、なおかつ買い物がしやすいように軽いものがおすすめです。

生地はポリエステルが最も紫外線をカットしてくれますが、日傘の中が熱くなってしまうので好みで選ぶようにしましょう。

普段の通勤におすすめ日傘

  • 色は黒が無難
  • ポリエステルと綿の混紡で晴雨兼用
  • UV加工
  • 遮光率はそこまで高くなくてもいい
  • 折りたたみで、カーボン・アルミなどの軽いもの

通勤で日傘を使う人は、最も暑い日中ではなく主に朝使うはずです。そのため遮光率、涼しさにこだわる必要はないでしょう。また軽くて小さいものが便利です。

万が一の時のために、雨が降っても使えるものがいいでしょう。ビジネスシーンでは白よりも黒の方が無難ですよ。

デートやお食事会などのお出かけ日傘

  • 洋服に合わせた色をチョイス
  • 綿・シルク・絹などの清涼感を重視
  • UV加工
  • 遮光率が高めのもの
  • ドーム型、ショートタイプ

ちょっとしたお出かけにはファッション性重視の日傘を選びましょう。そのため色は洋服に合わせて、UV加工や遮光率が高いものを選びましょう。

また見た目は小さいものやドーム型のもの、天然繊維の日傘の方がオシャレに見えますよ。

買い替えるのがめんどくさい、ずぼらさんにおすすめ日傘

  • ポリエステル
  • UV加工
  • 遮光率が高めのもの
  • ロングタイプのステンレス製

どうせ夏しか使わないのだからずっと使えるものがいいと、買い換える気があまりない人におすすめなのは、断然黒のポリエステル製です。

UVカット加工が劣化してもポリエステルそのものが太陽光をブロックしてくれるため、それなりに紫外線カット効果が得られます。

また、ロングタイプのステンレス製が最も丈夫で長持ち、色も黒の方が色焼けもせず日焼けから肌を守ってくれますよ。

日傘は肌に優しく美肌に必須!自分に合ったものを選ぼう

日傘だけでは完璧な美白対策とは言えませんが、紫外線、さらに暑さ対策にはかなり有効です。また、肌に優しいアイテムとも言えます。

自分のライフスタイルに合った日傘を選ぶようにしましょう。買い替えは2~3年、忘れないでくださいね。忘れてしまいそうな人は黒のポリエステル製がいいですよ。

美白の基本は焼かないことです。ちょっとした気遣いで紫外線から肌を守って美肌になりましょう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 20代後半のシミに効くおすすめ化粧品9選!

  2. プチプラでも優秀なおすすめハイドロキノンクリーム5選!

  3. アスタリフトホワイトの口コミは本当?トライアルセットで実際にシミはとれるか検証!

  4. ほうれい線を無くすクリームおすすめ人気ランキング10選!!効果のあるクリームはこれ!

  5. ビーグレンでシミは消える?口コミでは分からない真実を敏感肌の私が検証!【体験画像あり】

  6. つるすべ美肌への近道!日本酒成分配合の化粧品のおすすめ12選と選び方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。