和風の傘で色白美人になれる!おすすめアイテムBEST5を発表

和風の傘というと、多くの方が「和傘」を想像するのではないでしょうか?和傘は「和装にしか合わない」「少し年齢層が高い方が持つ」というイメージがありますが、現在では、和傘の特徴を取り入れた「和風傘」が人気です!

気になるUV対策もバッチリで、中には晴雨兼用できるタイプも販売されているため、季節を選ばず重宝すること間違いありません!

そこで今回は人気の和風の傘を紹介するとともに、傘のお手入れ方法や選び方について詳しくお伝えします。

美白対策もコレで完璧!おすすめ和風傘ランキング【BEST5】

早速、おすすめの和風傘のランキングを見ていきましょう!豊富なカラーや美しいデザインを、ぜひチェックしてみてください。

【第1位】超軽量 24本骨傘


>> amazonで詳しくみる

・価格:2,945円
mabuの24本骨傘は、その名の通り24本の骨を使用した美しいデザインが魅力の和風傘です。一見重そうに見えるものの、たった500gという軽量なのもポイントでしょう。

また、骨が多い分、強風にも折れにくく丈夫です。開閉時に爪を痛めにくいネイルガードまでもが搭載されているため、特に女性におすすめです。カラーは10種類あるため、自分の好みの色を選ぶことができますよ。

【第2位】和華まどか 16本骨仕様


>> amazonで詳しくみる

・価格:1,058円
日本伝統の「七宝」柄を使用した蛇の目傘風の和華まどかの和風傘です。エンボス加工がキラキラと光って、どんな服にも合わせやすいおしゃれなデザインになっています。

骨数が16本と多いものの素材に軽くて丈夫なグラスファイバーが使用されているため、豪雨にも対応することができる傘です。少し大きめの96cmで荷物の多い日にも対応しやすく、また、片手で簡単に開けられるジャンプ傘タイプなのも魅力です。

【第3位】十二本骨蛇の目風撥水和傘「桜うさぎ」


>> amazonで詳しくみる

・価格:1,382円
「桜うさぎ」は、雨に濡れると桜とうさぎが浮き上がる撥水の和風傘です。カラーは4種類。持ち手の部分が細長く、裾部分にブラックのデザインが施されていて、和風モダンのイメージになっています。

UVカット加工がされていて日傘としても使用することができるため、季節を選ばずに使用することができるのが嬉しいですね。

【第4位】桜柄が浮き出る和傘


>> amazonで詳しくみる

・価格:1,890円

桜柄が浮き出る和傘は、艶やかなピンクのカラーが印象的な傘です。「和傘」のように骨が多いわけではないため、比較的和傘初心者にも取り入れやすいデザインです。

カラーは1色で選択肢は少ないですが、好みに合えばきっとお気に入りの1本になるでしょう。

 (小見出し)【第 5 位】レディース 16 本骨和傘

>> amazonで詳しくみる

・価格:1,080円
エンボス加工がされた16本骨和傘は、日本伝統の「七宝柄」があしらわれたおしゃれなレディース傘です。和傘に寄りすぎないデザインで、カラーは4色から選ぶことができます。リーズナブルな価格も魅力です!

(見出し)自分に合う和風の傘を見つけるコツ
和風の傘というと、年齢層が高いイメージや着物など和装に似合うと思ってしまいがちですが、実は気軽に取り入れることができるおしゃれアイテムです。そこで、自分に合う和風の傘を見つけるコツを紹介します。

 (小見出し)自分に合う傘の見つけ方
和風の傘を選ぶ際には普段着ている洋服のデザインや色に合わせるのはもちろん、機能面を重視することも大切です。そこで、まずは機能面で重視したいポイントを見ていきましょう。

・開閉のしやすさ
・大きさ
・重さ
・縫製の具合
・遮光・遮熱性
・UVカット加工
・晴雨兼用or雨晴兼用

このポイントをチェックすると、自分のお気に入りの傘が見つかりやすくなります。その上で、デザインや色の組み合わせを見ていきましょう。

 (装飾見出し)イエローの服✕ネイビーの傘
ネイビーとイエローは「捕色」という対照的な色のため、とても相性が良い組み合わせです。

イエローは有彩色の中でも一番明るい色です。差し色としてコーディネートにイエローを入れると明るいイメージになるため、イエロー系の服をお持ちの方も多いでしょう。

対して、ネイビーは中間色で比較的どの色の服にも合わせやすく、日本人の肌とも馴染みが良い色です。華やかな雰囲気を醸し出すことができるため、ぜひ、ネイビーの傘を持つ時にはイエローの服を合わせてみましょう。

シンプルコーデ✕派手な日傘
普段からシンプルコーデを好んで着ている方は、ついつい日傘もシンプルなものを選んでしまいがちです。しかし、傘も服もシンプルだと、地味な印象を与えてしまう可能性があるため、脇役である日傘だからこそパッと目を惹く柄物を選んでみても良いでしょう。

ただし、普段、柄物や派手な色を好んで着ている場合には落ち着かない印象になってしまうため、逆にシンプルな日傘を選ぶことをおすすめします。

淡い色コーデ✕ブラック日傘
パステルカラーなど淡い色のコーデが普段から多い方は、ブラックの日傘がおすすめ!ブラックの日傘は比較的どんな色にも合いますが、淡い色のコーディネートに取り入れると上品な印象且つ、メリハリをつけることができます。

ブラック日傘は汚れが目立ちにくいというメリットもあるため、手軽にお手入れしたい方にも向いています。

デニムコーデ✕フェミニンホワイトの日傘
デニムを用いたラフなコーデが好みの方は、シンプルすぎる日傘を持つとどうしても女性らしさが足りなくなってしまいます。そんな方にはフェミニンなホワイトの日傘がぴったり!甘辛ミックスで、女性らしさを演出することができますよ。

着物に合う傘の見つけ方

着物など和装に使える傘を見つける場合には、和傘や和傘テイストのある傘を選ぶようにしましょう。普段あまり和装をしない方にとっては、和傘は馴染みのないものかもしれませんが、選ぶポイントとしては、比較的骨の数が多いものや、年齢を問わないデザインであることが挙げられます。

また、着物の色やデザインに合わせた和傘を選ぶことも大切です。着物に柄が細かく入っている場合には和柄をシンプルにするなど、バランスを見ながら探すようにしましょう。

長く使い続けるために知っておきたい傘のお手入れ方法

お気に入りの傘を手に入れたのであれば、長持ちさせるお手入れ方法についても知っておくことが肝心です!そこで、知っておきたい傘のお手入れ方法をまとめました。

その1:表面の汚れは強くこすらずに洗う

基本的に傘は洗うことができません。もしも汚れてしまった場合には、表面を軽く濡らした状態で薄めた中性洗剤をスポンジや柔らかい布に染み込ませ、優しく叩きながら汚れを落としていきましょう。

ただし、ゴシゴシ擦るのはNGです。特に晴雨兼用だと表面の撥水加工などが落ちてしまって効果がなくなり、寿命が短くなってしまうため注意しましょう。

その2:乾かす時は日陰に半開きで置くこと!

雨に濡れた後にそのまま放置して乾かしている方も多いと思いますが、自然乾燥は骨の錆や色落ち、カビの原因となってしまいます。しかし、日向で乾かすと黄ばみなど変色の恐れがあるため、必ず、水分を軽く拭き取って陰干しをしましょう。

ポイントとしては、傘を全開にして乾かさないことです。生地が伸びて型崩れをしてしまうため、はじめは半開きで乾かすことをおすすめします。

その3:半乾きになったら全開にして完全に乾かそう

半乾きになったら、その後は全開にして完全に乾かします。この時、陰干しのままで乾かすことが大切です。表面を触ってパリッとしているかを確認して、その後、丁寧にたたみましょう。

また、和傘の場合には閉じっぱなしの状態だと紙や骨が貼り付いてしまい、開くことが難しくなります。そのため、時々は傘を開いて空気に触れさせるようにしましょう。万が一、貼り付いてなかなか開かない場合にはドライヤーなどで温めながらゆっくりと開くと良いでしょう。

買い替え時は2年を目安に!

どんなにお手入れを十分に行なっていても、傘は消耗品です。例えば和傘の場合、観賞用として使用していたとしても10年ほど経つと紙が劣化して破れやすくなってしまうそうです。また、年数が経過するごとに、撥水加工やUVカット加工などはだんだんと落ちていってしまうため、機能が低下してしまうのは否めません。

そのため、傘を買い換えるのは基本的には約2年を目安にすることをおすすめします。日傘として使用している場合には紫外線を受けるとどうしても色褪せてしまうため、使う頻度によって寿命を判断するようにしましょう。

より美白に近づける和風傘の正しい選び方

「傘」は雨天時にはもちろん、UVケアの一環として取り入れる方も多いでしょう。そこで、毎日降り注いでいる紫外線から身を守り、美白を保ってくれる和風傘の選び方を紹介します。

UVカット加工生地が使用されているものを選ぶ

普通の雨傘には防水や撥水加工がされていますが、実は紫外線を90%前後カットする効果があります。特に、黒色の傘には紫外線を吸収する効果があるため、日傘がない時の代用としては普通の雨傘を使うのもアリでしょう。

UVカット加工がされた日傘には、さらに+2~4%の紫外線カット効果が見込めるそうです。そのため、日頃からUVケアに気を付けたい方は、UVカット加工がされた日傘を選ぶと様々なシーンで役立つはずですよ。

UVとは?
「UV」は、日頃からよく使用される言葉ですが、そもそも、この「UV」とは「Ultra Violet」を略した言葉です。

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類がありますが、UV-Cはオゾン層に吸収され、地上に届くのはUV-AとUV-Bという紫外線になります。

つまり「UVカット」と表示されている商品には、UV-AとUV-Bをカットする効果が期待できるということ。しかし、なぜ紫外線を避けた方が良いと言われているのか、UV-AとUV-Bの特徴や肌に与える影響を見てみましょう。

・UV-A……全紫外線のうちの約95%を占める紫外線。浸透力が高く、コラーゲンなどの肌組織に損傷を与えるため、メラニン色素の合成を増やしてシミやシワ、たるみなどの肌トラブルを引き起こす恐れがある。

・UV-B……全紫外線の約5%だけとはいえ、強い力を持った紫外線。肌表面で吸収されて細胞を損傷させるため、火傷のように水ぶくれが起こったり、シミやそばかすの原因になる。

遮光率もチェックする

日傘を選ぶ時には「遮光率」を見て選ぶことも大切です。この遮光率とは、紫外線+太陽光をカットしてくれる割合のことを言います。

言ってみれば、UVカット加工+αの機能がついたものになるため、遮光加工がされている日傘にはUVカットの効果もあると思って良いでしょう。

遮光率が高い日傘ほど傘の下の影が濃くなります。日焼け予防というだけではなく、降り注ぐ太陽光による暑さもカットして涼しさを求めたい方におすすめです。

遮光率とは?
「遮光率」とは、直射日光をカットする割合のことをいいます。遮光レベルは様々ですが、傘の場合「遮光」の表示は、遮光率が99%以上ある商品にしか表示をしてはいけないことになっています。

さらに、遮光率が99.99%以上の生地については「一級遮光生地」と呼ばれています。遮光率は傘を選ぶ上での参考になりますが、傘の形状や用法によっても遮光率が変わってくれるため、どのような用途で用いるかを検討して選ぶことも大切です。

内側の生地が黒いものを選ぶ

傘の機能がどんなに高性能だったとしても、生地の色によっては照り返しが発生するため、日焼けの原因になってしまいます。

傘の外側の生地やデザインに注目する方は多いと思いますが、実は注目すべきは内側の生地です。内側の生地の色が黒や紺など、濃い色をしていると照り返しにも対応してくれるため、紫外線対策にはおすすめです。

逆に注意が必要なのは、内側にシルバーなど光沢のある生地でコーティングがされている傘です。照り返しを顔や首、デコルテ部分に当ててしまうため、UVカット効果の効率が悪くなってしまいます。

美白を守るために!和風の傘活用術

傘の選び方が分かったところで、次に紫外線対策加工がされた傘の効果をアップさせる活用術について説明していきます。

なるべく体に近づけて差す

傘を使用する時には必ず体に近づけて使用するようにしましょう。こうすることで日陰になる部分が多くなり、頭や顔だけではなく腕や首を紫外線から守ることができます。

あまり古いものは買い替えを検討する

上記で傘の寿命は約2年とお伝えしましたが、それ以上使うと劣化によってUVカット効果が薄れたり、傘の生地が擦り切れて隙間から紫外線が入ってきてしまう可能性が考えられます。

見た目には綺麗だったとしても、知らず知らずのうちに機能が弱まっている可能性があるため、買い替え時期を忘れないようにチェックしましょう。

UV対策のアイテムと一緒に使用する

UVカット加工がされている傘であっても、残念ながら全ての紫外線をカットできるわけではありません。

道路から照り返した紫外線に加えて、傘からはみ出た腕や足は日焼けをしてしまう可能性があるため、できれば日焼け止めや帽子、サングラスなどUVケアを一緒に併用すると、より高い効果を得ることができます。

また、紫外線対策を夏のみ行っている方は多いですが、実は紫外線は常に地上に降り注いでいるものです。うっかり日焼けをしてしまわないように、ぜひ日傘を活用しましょう。

紫外線対策ができる晴雨兼用「和風傘」の豆知識

日傘と雨傘を使い分けるのが面倒、という方は、晴雨兼用の和風傘を選んでみてはいかがでしょうか?そこで、最後に晴雨兼用の傘についての知っておきたい豆知識をお伝えします。

晴雨兼用は雨晴兼用とは違う

晴雨兼用と雨晴兼用の違いをご存知ですか?「晴」と「雨」の字が前後しているだけですが、実はこの2つには大きな違いがあります。

・晴雨兼用の傘……UVカット加工がある傘に撥水加工を施されていて、雨傘としても使用できるタイプ。
・晴兼用の傘……撥水加工がされている傘にUV加工が施されていて、日傘としても使用できるタイプ。

おすすめの使い方としては、雨が多い梅雨などの季節には雨晴兼用、日差しの多い季節には晴雨兼用、と、季節によって使い分けることです。

外側の色はほとんど効果に関係ない!

UVカット加工がされている傘に関しては、外側の生地のほとんどがUVカット加工がされているため、比較的どんな色でもOKです。ただし、内側の色は、道路からの日光の照り返しを避けるため、黒などの濃い色を選ぶようにしましょう。

自分に最適な和風の傘で色白美人を目指そう!

和風の傘といっても、様々なタイプがあります。大切なのは、どんな用途に使うのかを明確にして選ぶことでしょう。

雨傘or日傘という点ではもちろん、機能面を重視して選ぶことで、より自分に最適な傘を見つけることができるはずです。

ぜひ、お気に入りの和傘を見つけて、雨の日も晴れの日も楽しい気分でお出かけしてくださいね。

関連記事

  1. 美白いのち!日傘の選び方と絶対焼かないアイテム

  2. 【無料】おすすめ人気のお試しトライアルセット化粧品13選!

  3. バレンタイン限定コスメ2019!心トキメク新作アイテムをご紹介!

  4. 脂性肌を治すおすすめサプリメント4選!

  5. 日焼け肌を早くもとに戻す方法!

シミ消しクリームランキング

  1. 【シグナリフトの口コミ】効果と悪い評価は嘘?実際に検証しました!

    2019.07.04

  2. 【リアルな口コミ2019】リメンバーリンクスホワイトジェルの効果的…

    2019.06.28

  3. SIMIホワイトの効果を検証!試してわかった実際の口コミ評価!

    2019.04.04

  4. 【ととのうみすとの嘘じゃない口コミ!】実際の効果と使い方を動画…

    2019.02.15

  5. MIMURAクレンジングオイルの効果と口コミは?特徴は高い洗顔力!

    2019.02.15

  6. 友達に喜ばれるバレンタインのプレゼント2019!定番チョコから美容…

    2019.01.25

  7. 男友達に気を使わせないバレンタインとは?おすすめプレゼント18選…

    2019.01.21

  8. バレンタイン限定コスメ2019!心トキメク新作アイテムをご紹介!

    2019.01.19

  9. 【即効性】毛穴ケアに効くおすすめランキング!タイプ別スキンケア…

    2019.01.03

  10. 日焼け肌を早くもとに戻す方法!

    2019.01.02