【日本三大美人】秋田美人・博多美人・京美人の特徴は?共通点は美肌!

日本三大美人と呼ばれる、秋田、博多、京都の女性。

この3つの地域に共通して言えるのは、肌が美しいことではないでしょうか。

今回はそれぞれの地域の美人の特徴や、今より美しくなるための方法についてご紹介していきます。

日本の三大美人『秋田美人・博多美人・京美人』とは

日本には古くから三大美人と呼ばれるものがあります。それが秋田美人・博多美人・京美人です。

一般的な○○美人と呼ばれる人に共通して言えるのが以下の特徴です。

・おしとやか
・色白
・明るい
・気遣い上手 

また、共通して言えることとして、秋田、博多(福岡)、京都、いずれも日本海側にあるということがあげられます。

このことが美肌とどう関係しているかも後半でふれていきます。

さて、一口に「三大美人」といっても、その特徴は様々で、それぞれの地域にそれぞれの魅力があります。今回はそんな秋田・博多・京都の美人の魅力や秘訣について具体的に説明していきますのでお見逃しなく。

白くて陶器のような肌が魅力!秋田美人

「佐竹義宣が水戸から秋田に美人を連れて行った」と言われるほど、美人が多い秋田。そんな彼女達の特徴についてまとめました。

顔立ち
秋田美人の特徴に童顔であることがあげられます。いつまでも若々しい顔立ちの人が多いのが特徴ではないでしょうか。

性格
明るく朗らかな人が多いのが特徴。いい意味で細かいことはあまり気にしない人も多いです。

気性
秋田の女性は堅実で、周りから信頼される存在になる女性がたくさんいます。
行動力もあり、頼りがいがある女性が多いのも特徴です。

秋田美人な芸能人は誰?

秋田出身の芸能人はたくさんいますが、そのうちの一人に女優の生駒里奈さんがいます。生駒里奈さんといえば、色白でとても美人で、さらに性格も明るくてテレビでも好印象な姿を見せてくれますよね。

生駒里奈さんのような美人に近づくためには、外見の努力も必要ですが、笑顔でいることも大切なのではないでしょうか。やはりいつもニコニコしている女性は可愛らしいものです。

また生駒里奈さんは、元乃木坂46のセンターとしてチームを引っ張ってきました。責任感がとても強く、何でも一生懸命に取り組める女性です。美に関しても同じことがいえるのでないでしょうか。もしも結果がすぐに出なくても、「美しくなろう」という意識を常に持ち、簡単には諦めない強い意志が大切です。

秋田美人が生まれた背景

温泉
秋田には、全国的にも知られている秘湯「乳頭温泉郷」や、日本一の湧出量・酸性度を誇る「玉川温泉」など、温泉好きの方なら一度は訪れたいスポットがたくさんあります。温泉の効能には肌荒れに効くものもあり、地元秋田の人たちにも愛されていることから、美肌と温泉と大きく関係していると言えます。

日照時間が少ない
秋田市は年間平均日照時間が全国一少ないです。つまり、紫外線の影響が少ないと考えられます。全国の平均日照時間は1,500~2,200時間程度で、全国トップの山梨は2,183時間です。それに対し、秋田県は1526時間と日照時間の少なさが分かります。(いずれも1981年~2010年までの平均)
(引用:data.jma.go.jp)

美容院密集率が日本一
美容院の密集率が、実は秋田県が日本で一番高いのは知っていますか。美容院の全体数は都心のほうが多いですが、人口1人あたりの美容院の数は日本一です。とある調査では「シャンプーとブローだけしに美容院に行く」という方も多いとの結果が。身だしなみへのこだわりが非常に強いんですね。

発酵食品を食べる
秋田には、いぶりがっこ(漬物)、しょっつる(魚醤)、麹を使ったハタ寿し、秋田味噌など発酵食品がたくさんあります。発酵食品は日本で古くから愛されてきたもので栄養素がぎゅっとつまっています。身体にいいことはもちろん、エイジングケアなど発酵食品は美容にとってもよいものです。

秋田県民はこれらの発酵食品を食べてきたことから、内側から綺麗な方が多いのではないでしょうか。

佐竹義宣説
秋田に美人が多いと言われるのは、戦国武将「佐竹義宣」が関係しています。佐竹義宣が秋田に移封になったときに、腹いせに常陸国中の美人を全員連れてきてしまったといわれています。※諸説あります。

いくと美人になれるかも!秋田の名所3選

美肌を目指す方が、秋田に行ったら訪れたいスポットをご紹介します。

その1 秋田温泉プラザ
・特徴
秋田市内にある旅館で、「美人の湯」と呼ばれる温泉に入れます。とろりとした肌触りのお湯が、皮膚感染症、きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態への効果を表します。

・こんな人におすすめ 
美人の湯は肌荒れ、冷え性などを解消したい方におすすめ。でも、秋田温泉プラザさんに訪れたら絶対に見たいのが、温泉の夜のライトアップです。幻想的で引き込まれること間違いありません。

・アクセス方法
~車~
秋田中央I.Cから約15分、秋田北I.Cから約15分
~電車~
秋田駅から車で約15分
~飛行機~
秋田空港から車で約30分
~路線バス~
「秋田駅西口」12番乗り場→「温泉入口」まで約15分(300円)
下車後、進行方向へ50m歩く。

その2 大館矢立ハイツ
・特徴
温泉・宿泊・食事・カラオケができる施設で、敷地内には道の駅「やたて峠」があります。「金色の湯」は天然源泉かけ流しの天然温泉で、心も体も生まれ変わらせます。日帰りでも気軽に立ち寄ることもできるおすすめスポットです。

・こんな人におすすめ 
大館矢立ハイツさんは、温泉もお泊りも、美味しいご飯も堪能したいという方におすすめの施設です。施設内で販売されている地元大館産のラズベリーパフェは、美白・老化防止効果にも期待できます。いつまでも綺麗で若々しくいたい方には、絶対食べていただきたい一品です。

・アクセス方法
~車~
東北自動車道 碇ヶ関インターから7分
秋田自動車道 大館北インターから20分
大館駅から25分
大館能代空港から60分

その3 秋田温泉さとみ
・特徴
秋田美人をつくったと言われる神秘の天然温泉「ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉」「ナトリウム塩化物泉」と四季折々の料理が魅力的なお宿です。「美人の湯」と呼ばれる温泉は、肌荒れやアトピーにも評価されています。

・こんな人におすすめ 
肌荒れに悩む方、お肌をすべすべにしたい方におすすめです。お刺身やきりたんぽ鍋、秋田のがっこ(漬け物)など美味しい料理を食べれますし、お酒が好きな人は秋田の地酒の飲み比べもできます。普段の疲れを癒したい、リフレッシュしたいという方は是非秋田温泉さとみさんへ。

・アクセス方法
~タクシー~
秋田駅から10分
秋田空港から40分
~車~
秋田中央I.Cから15分
~バス~
秋田駅西口→バスターミナル12番乗り場(秋田温泉線・仁別リゾート公園線)→温泉入り口

二度見してしまう透明感が魅力!博多美人

媚びすぎず、自分を持っている美しい博多の女性。そんな彼女達の特徴についてまとめました。

顔立ち
博多人形のような肌が白く、目元が涼しげな印象が博多美人の特徴です。

性格
情が厚く、頑張り屋さんなのが博多美人の特徴です。お祭り好きでお酒好きな女性がたくさんいて、芯をしっかり持った女性が博多には多いです。

気性
気立て上手で、男性を立てる女性が多いです。その影響か、多くの男性を虜にしてしまうのが博多美人の特徴といえます。

博多美人な芸能人

博多美人といえば、黒木瞳さんです。黒木瞳さんは、あまり人の意見に左右されない凛としているイメージがあります。美しく、スタイルも良くて、女性も憧れる女性ですよね。

黒木瞳さんは好きなものはしっかりと食べていますが、あのプロポーションを保つにはやはり運動は必要です。そこで黒木瞳さんは取り入れているのが、小学校のときの夏休み行事でおなじみ、ラジオ体操。真剣に行えば十分にカロリー消費を期待できることで、今、ラジオ体操は改めて見直されています。黒木瞳さんも体幹を鍛えるために取り入れているほど、美容面でも優れている運動です。

博多美人が生まれた背景

歓楽街の存在
九州一の都市、福岡には明治時代から続く歓楽街「中洲」があり、スナックや高級クラブなどが多数存在します。異性に見られるということを意識している人が多く、美意識も上がっていると言えます。また、美容に対する意識の高さと支出は全国でもトップクラスです。

日照時間の少なさ
秋田は1526時間と平均日照時間が日本一少ないですが、福岡は1867時間(1981年~2010年までの平均)です。全国平均1,500~2,200時間に比べ、福岡も日照時間が短いのが特徴です。
(引用:data.jma.go.jp)

コラーゲンたっぷりの食べ物
博多と言えば有名なのが博多ラーメンです。博多ラーメンは豚骨を混ぜたスープが多く、豚骨からはお肌に弾力をもたらすコラーゲンがたっぷりと含まれています。

もう一つ、博多名物といえばもつ鍋ですよね。もつにもコラーゲンがたっぷりと含まれています。どちらも博多の女性の肌を支えている食べ物といえます。
※諸説あります。

いくと美人になれるかも!福岡の名所3選

美肌を目指す方が、福岡に行ったら訪れたいスポットをご紹介します。

その1 ホテルグランスパアベニュー 幸楽の湯
・特徴
ホテルグランスパアベニューには「幸楽の湯」と呼ばれている温泉があります。全国でも珍しいpH10.0のお湯はとても柔らかく、とろりとした肌触りは美肌効果をもたらすので、女性には是非入っていただきたい温泉です。

・こんな人におすすめ
お肌がつるつるになるpH10.0の温泉は入る価値あり!普段の疲れを癒し、頑張っているお肌も労わりたい人にはおすすめです。

また、温泉で飲める飲み水は、便秘にも効果を示します。便秘は肌荒れのもとなので、「最近お通じで悩んでいる」「肌荒れも気になる」という方の強い味方になります。

・アクセス方法
~電車~
甘木鉄道甘木駅から徒歩2分
~車~
九州自動車道 甘木インターから車で約5分

その2 太宰府天満宮
・特徴
誰もが一度は耳にしたことのあるであろう太宰府天満宮の周辺には、いくつかお店が立ち並びます。その中にある「黒豆専門店 太宰府焙煎堂」には、地域の特産「筑前クロダマル」で作られた「黒豆甘納豆」と「黒豆茶」が売られています。黒豆には美肌に効果のあるアントシアニンがたくさん含まれているため、太宰府天満宮に訪れたら是非食べてみてください。

・こんな人におすすめ 
「最近なんか悪いことばかり起きるな。厄を払いたい」という方はもちろん、「お参りに行って美肌?」と不思議に思う方にもおすすめです。厄除け効果、美肌効果も望める珍しいスポットなので、福岡に行った際は、是非足を運んでみましょう。

・アクセス方法
~電車~
太宰府駅から徒歩約5分
~車~
太宰府I.Cから約6km、筑柴野I.Cから約5km、水城I.Cから約6km

その3 かわ乃 博多店
・特徴 
昭和28年に創業した博多もつ鍋屋の老舗です。食材にもこだわった昔ながらのもつ鍋を今も守り続けているので、上質なもつ鍋が食べられます。

・こんな人におすすめ 
肌をプルプルに保ちたい人には、やっぱりコラーゲンがたくさん含まれているもつ鍋がおすすめです。美味しく、しかも美肌になれるもつ鍋を食べるなら、かわ乃さんへどうぞ。

・アクセス方法
~電車~
地下鉄空港線「祇園駅」から徒歩約6分
~バス~
「キャナルシティ前」から徒歩1分
~車~
JR博多駅から約5分

やまとなでしこな古風な美女が多い!京美人

京美人といえば、はんなり、おしとやか、雅、そういった言葉が似合いますよね。そんな彼女達の特徴についてまとめました。

顔立ち
京都と言えば和のイメージがある通り、可愛いより美しい顔立ちの人が多いです。また、和装に似合う、白く透き通る肌も京都の女性に多く見られる特徴です。

性格
京都は明るい人が多いです。明るいといっても決して下品なものはなく、華やかで上品な人がたくさんいます。

気性
京都には気遣いができる人が多いです。例えば舞妓さん、芸妓さんはおもてなしの心がしっかりとありますよね。京都の女性は昔から細かいところまで目が行き届く、まさに気遣い上手の方が多いです。 

京美人な芸能人

京都出身の芸能人には、笑顔が素敵で、凛とした印象のある女優の吉岡里穂さんがいます。また、化粧品会社のCMにも出演しているほど、透き通るような白い肌が魅力的です。

吉岡里穂さんのような綺麗な肌になるためには、まずは洗顔から。強くこすらず、十分に泡立てた泡で、なでるように優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシ洗うと炎症のもとになります。また、化粧水や保湿クリームで保湿をかかさずに行いましょう。

また、吉岡里穂さんのメイクはナチュラルな印象ですよね。ファンデーションは厚塗りしない、自然なツヤ肌を目指すとよいです。
   

京美人の背景やルーツ

京野菜
京都の人々の美は、古くから愛されてきた京野菜の存在が関係しています。京野菜は活性化酸素の防止(抗酸化作用)、老化防止に効果がある食材が多いです。また食物繊維が豊富な食材も多く、京都の人の美肌のために大いに役に立っているといえます。

伝統文化の発祥地
実は生け花、茶の湯など伝統文化は、京都が発祥とされています。真の美人とは外見だけで作り上げられるものではなく、中身や立ち振る舞いにも気を配るものです。こういった文化に古くから触れてきた京都の人々は、凛とした立ち振る舞いや品の良い所作を身に着けてきていて、それは現代の京都の女性にも受け継がれていると言えます。

湿度が高い
京都は湿度が高い気候で、肌が潤いやすいという特徴があります。肌が適度に潤っていることで肌トラブルも少なく、あの白くて綺麗な肌が作りあげられてきたのです。

日当たりが悪い
京都の町家は日当たりが悪く、シミなどの肌トラブルの原因、紫外線の影響を受けづらいことから肌が綺麗な方が多いです。京都の人は家の中で用事が事足りていた人も多かったため、外にあまり出なく、白く美しい肌を保つことができていました。

また、平均日照時間は全国平均の1,500~2,200時間に対し、京都は1775.1時間(1981年~2010年までの平均)と秋田、福岡と共に日照時間が短いのも特徴です。他の地域に比べて、日に焼けづらい地域なのですね。
(引用:data.jma.go.jp)
※諸説あります。
  

いくと美人になれるかも!京都の名所3選

 
京美人にあやかって綺麗になりたい方も、京美人のように和服の似合う美女になりたい方も、京都に行ったら訪れたいスポットをご紹介します。

その1 嵐山温泉 彩四季の宿 花筏
・特徴
嵐山温泉は神経痛、筋肉痛、五十肩、浸性消化器病に効果があります。低張性弱アルカリ性温泉で、お肌にも優しく、美人の湯とも呼ばれています。周辺にはお豆腐屋さん、お漬物屋さん、お茶屋さんが立ち並んでいて目移りするほど。どれも美を目指す方は積極的にとりたい食材ですよね。

また、ゆっくりとお泊りできることはもちろん、日帰りプランもあるので、ふらっと立ち寄りたい日帰り希望の方も大歓迎です。

・こんな人におすすめ 
花筏さんは、湯葉や、豆乳スープ、豆乳湯豆腐など豆腐料理が充実しています。豆腐に含まれるイソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」とよく似た働きをするので、美肌を目指す方にはかかせない食材です。

また、美人の湯として親しまれている嵐山温泉に入れば、肌が綺麗になっちゃいます。京都で「美味しくヘルシーな料理」「肌が綺麗になれる温泉」をお探しなら、花筏さんに訪れてみてはいかがでしょうか。

・アクセス方法
~電車~
JR嵯峨嵐山駅からタクシーで5分
京福嵐山駅から徒歩5分
トロッコ嵯峨駅からタクシーで5分
~車~
京都南I.Cから約40分

その2 河合神社
・特徴
下鴨神社の摂社である河合神社では、手鏡の形をした絵馬に持参した化粧道具でメイク、裏には願い事を書く、美人祈願が有名です。
この美人祈願、外面も内面も美しくなれるということで、全国からたくさんの美意識を上げたい女性が集まってきています。
また、神社の休憩所では河合神社で収穫されたカリンと御神水から作られた「美人水」をいただけます。

・こんな人におすすめ 
「美しくなりたい」と願うすべての方にはおすすめしたいスポットです。また美人水に含まれるカリンはビタミンCが豊富でシミ、そばかすを予防する作用もあるので、美肌を目指す人にはまさしくぴったりの飲み物です。外からも中からも綺麗になりたいあなたに、絶対足を運んでほしいスポットです。

・アクセス方法
~電車・バス~
京都駅から北大路駅(地下鉄) 北大路駅から市バス1番・205番下鴨神社前
京都駅から下鴨神社前まで市バス4番・205番
~タクシー~
京都駅から約20分

その3 八坂神社
・特徴
八坂神社の美御前社には宗像三女神がお祀りされています。

・多岐理毘売命(たぎりびめのみこと)
・多岐津比売命(たぎつひめのみこと)
・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

こちらの三女神のうち、美人の神様が市杵島比売命です。七福神の一神「弁財天」と同じように崇められ、美貌の女神「吉祥天」とも習合したことにより、財福の神・芸能の神・美容の神として祀られるようになりました。

また、社殿前には御神水、その名も「美容水」が湧き出ています。2、3滴とり、肌に付けるとよいです。パワースポット好き、美容関連には目がないという方は、一度は行くべき神社ではないでしょうか。

・こんな人におすすめ 
三女神からパワーをいただけるので、身も心も美しくなりたい方におすすめのスポットです。お守りや絵馬、油とり紙なども取り扱っているので、常に御利益のあるものを持ち歩きたいという方にも嬉しいですね。パワースポット好きの女性には是非立ち寄っていただきたい場所です。

・アクセス方法
~徒歩~
京阪祇園四条駅から約5分
阪急河原町駅から約8分
~車~
JR京都駅から約15分
~バス~
JR京都駅から市バス206番祇園下車すぐ

嬉しい悲鳴!?実は三大美人も悩みがあるんです!

三大美人と呼ばれる人たちは、いつも幸せに、自分らしく自信を持って生きていると思っていませんか。実ではそうでもないかもしれないというデータがあります。

例えば、ある調査で、「地元に美人が多い」と答えた女性が京都では4割未満です。周りからは京美人と呼ばれますが、身内には厳しいのかもしれません。

また、三大美人と呼ばれることに対し「プレッシャーである」と答えた秋田の女性は4割近く、博多美人と呼ばれる福岡の女性は、同じく美人が多いと言われる秋田の平均50,065円に対し、平均年間71,196円と実に21,131円の差が見られます。

一般的に「美人が多い」と言われている3つの地域の女性は、三大美人と呼ばれることによるプレッシャーを抱えていたり、美を保つためにお金や手間をかけていることが分かります。

誰もが最初から自信に満ち溢れた美人ではないということが分かると、遠い存在だった彼女たちに親近感がわきませんか?

自分も彼女たちのように美しくなれるかもしれないと自信がついてきます。

三大美人への近道!「美肌」になるために実践したいこと5つ

「色の白いは七難隠す」というように、美人の秘訣は美肌から。実際、三大美人と呼ばれる人たちといえば、肌が陶器のように白いです。どうすれば白く透き通る美肌になるのか、その方法を5つご紹介します。

1.紫外線に当たる時間を減らす

秋田・博多・京都、いずれも日本海側にあるこれらの地域は、平均日照時間が少ないことが共通していえます。つまりできるだけ身体を日に直接当てないことが、美肌への近道ということです。

シミやそばかすのない白い肌を目指す私たちにもすぐにできるのが、紫外線対策です。シミは加齢だけでなく、紫外線による影響が大きく、シミがあるかないかで肌の印象は大きく変わります。

そうはいっても、日中どうしても外出しなければいけない方も多いと思うので、そういう方は日焼け止めクリームを欠かさず塗りましょう。できれば2時間ごとにこまめに塗り直すとよいです。

また、夏は紫外線が多い季節ですが、冬でも紫外線は容赦なく襲ってくるので、日焼け止めクリームは季節関係なく、外に出る限りは塗るということを覚えておくとよいです。

シミは年齢を重ねているから仕方ないと諦めるのではなく、今からでも自分でできるケアをしたいですね。

2.コラーゲンや野菜を積極的に摂取

美肌になるためには、内側からもケアが必要です。積極的に取り入れたいのがコラーゲンと野菜。

コラーゲンはもともと私達の肌や血管に含まれるたんぱく質の一種で、肌のハリや弾力を保つ作用があります。しかし、年齢を重ねていくうちにコラーゲンはどんどん減っていくため、補わなければいけません。

コラーゲンは鶏肉の皮や軟骨などに含まれますが、仕事柄不規則な食事の方はサプリメントやドリンクから摂取するのもOKですのでご安心を。

また、野菜を積極的に食べることは美肌につながります。積極的にとりたいのが、

ビタミンC(抗酸化作用)・・パプリカ、ブロッコリーなど
ビタミンE(アンチエイジング効果)・・かぼちゃ、モロヘイヤなど
食物繊維(腸内環境を整え、美肌に導く)・・キャベツ、ごぼうなど

コラーゲンか野菜のどちらかだけ食べていればよいというわけではなく、両方摂取することが理想です。例えばビタミンCはコラーゲン再生をサポートする作用があります。このようにお互いの良いところを取り入れながら、効率的に栄養をとっていきましょう。

3.肌に触れるお水を変えてみる

洗顔するときに多くの人が使う水道水は、実は敏感肌によくありません。その理由は水道水に含まれる塩素にあります。塩素は肌にとって大切な成分であるビタミンCを破壊する作用があります。

肌のために水からこだわりたいという方は、ミネラルウォーターや浄水器を使うとよいです。

4.美意識は高く持つ

美肌は気持ちから変えることも大切です。自分の目標とする芸能人やモデルを思い浮かべたり、「こうなりたい」という目標があると行動に移しやすいですね。

また、無理なダイエットや心身に負担のかけすぎることは避けるべきですが、少しのことではへこまない心を持つことも大切です。例えば、体重は水分の関係で、1日の中でも変動があるので、1kg増えたことにいちいち落ち込む必要はありません。

「美は1日にしてならず」
「自分には無理だろう」

と最初から諦めてしまうのではなく、意識は高く、憧れの人を思い浮かべながらその人に近づけるように頑張りましょう。

具体的な行動に移すことも大事ですが、まずは意識を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。

5.芯は強く物腰はやわらかく

「絶対に綺麗になるぞ」という気持ちを強く持つことも大事です。でも肌のことばかり考えていて、表情がこわばっていては駄目です。やっぱりいつも楽しそうに笑顔でいれば自分も周りも幸せな気持ちになります。反対に人の悪口ばかり言っている人は、いくら外見をとりつくろってもおブスなままです。

また、ストレスは肌のコンディションに大きく影響するので、うまくいかないことにいちいち振り回されない寛大な気持ちが大切です。

日本三大美人の特徴としては、品のよさや物腰のやわらかさがあります。いくら外見をよくしても、姿勢や態度。性格がよくなくては台無しです。いつもより少しだけ意識を変えることで、外見も中身も優れた美人になること間違いありません。

おわりに

三大美人とひとくくりにしても、それぞれ少しずつ特徴があることがお分かりいただけましたか。どの地域の女性も、人としても魅力的だということは共通していますね。

秋田・博多・京都の観光地へ足を運べば、身も心も美しい女性に近づけ、美しくなるためのパワーを存分に吸収できること間違いなしです。

三大美人は内面も含めてのものとは言うものの、やっぱり一番最初に目が行くのは顔だと思います。見た目というのは最初にその人を印象付けるもので、綺麗な肌ならそれだけであなたをより美しく見せ、あなたの魅力をますます高めます。

まずはできることから、美しくなるためにちょっとだけ頑張ってみてはいかがでしょうか。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【完全版】着物姿が似合うと褒められる!絶対的なポイントを美容のプロが伝授

  2. 【美肌の秘訣を徹底検証】美肌は幸せを、幸せは美肌を創る

  3. 色が白い女性が密かにしている美白習慣7つ

  4. 「かわいいから」だけじゃもったいない!あなたの魅力を最大限に引き出す和風の髪飾りを見付けて、周りに差をつけよう!

  5. 【美肌美人の秘密】日本酒が秘めた美肌効果|おすすめ化粧水厳選5点

  6. 男性も女性も魅了する!憧れの「大和撫子顔」になる5つの方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。