睡眠不足のお肌にはこれ!即効性がある朝ケア&美肌力アップの夜ケアを一挙公開!

目次

「睡眠不足がお肌に良くない」と分かっていても、忙しかったり、ついつい夜更かししてしまったりで、結局あまり寝られない時ってありますよね。睡眠不足のボロボロお肌を見て、つい溜め息が出てしまうことも……。

でも、諦めないでください!

睡眠不足でもお肌に適した朝ケア&夜ケアを行うことで、美肌力をぐんぐんとアップさせることができるんです。

そこで今回は、睡眠不足の時こそ試したいケア方法を一挙公開!併せて、質の良い睡眠を行うポイントをまとめました。濃いメイクで睡眠不足を隠すのはやめて、即効で美肌対策しちゃいましょう!

睡眠不足になるとお肌はどうなるの?

睡眠不足が続くと、なんとなくクマやくすみが気になったり、ニキビができたり、と様々なお肌への影響を感じた経験はありませんか?睡眠不足は、肌のターンオーバーや女性ホルモンの分泌を乱してしまったりと、私たちの美容や健康に様々な悪影響を引き起こす可能性があるのです。

そこで今回は、睡眠不足の時にお肌に起こる影響や、睡眠不足のお肌を即効で蘇らせるケア方法についてたっぷり紹介していきます!

『睡眠不足はお肌の大敵!』は本当だった

どんなに普段からスキンケアを頑張っていても肌トラブルに悩み続けている方は、日々の睡眠不足を疑ってみましょう。

最近の研究によると、1日の理想睡眠時間である7~8時間以下しか眠っていない女性は、毛穴が開いてシミやシワなど様々な肌トラブルが起こりやすくなることが分かったそうです。

「睡眠不足はお肌の大敵」と言いますが、睡眠が不足すると肌や髪など美容にはもちろん、健康にも悪影響を起こしてしまう恐れがあります。そのため、できれば睡眠を取れる環境を作ることは大前提として捉えておきましょう。

そもそも、なぜ睡眠不足はお肌に悪い?知っておきたい3つの影響

お肌の改善策をお伝えする前に、なぜ睡眠不足が美容にとって悪影響なのか、その理由からお話ししていきます。

ターンオーバーの乱れを引き起こす

年齢によっても多少差がありますが、健康なお肌は28日前後で新しい細胞に生まれ変わると言われています。

このターンオーバーを促すのは、睡眠中に分泌される成長ホルモンです。成長ホルモンは、紫外線などの外的刺激で傷ついたお肌の修復や再生を促したり、お肌の水分量を保つなど、美容には欠かせない役割を持っています。

しかし、睡眠不足の状態が続くと成長ホルモンの分泌が低下して、ターンオーバーの周期が乱れてしまう恐れがあります。これによって、本来であれば自然と剥がれ落ちる古い細胞が肌に残ったままになってしまい、ニキビなどの肌荒れや乾燥など様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

女性ホルモンの分泌を乱す可能性がある

女性ホルモンは妊娠や出産を助ける役割の他、女性らしい身体つきやツヤツヤお肌を保ってくれるため、美容には欠かせないものです。実は、この女性ホルモンと睡眠には大きな関わりがあります。

女性ホルモンは、脳の視床下部や下垂体という部分が卵巣に命令をして分泌されると言われています。

他にも脳の視床下部には、自律神経や免疫を司る機能などが備わっていますが、睡眠不足で自律神経が乱れると引きずられるように女性ホルモンの分泌のバランスが乱れてしまい、その結果、肌荒れや生理不順、不正出血など様々なトラブルを引き起こす恐れがあるのです。

ストレスを発生させて自律神経に影響する

睡眠不足が続くと、知らず知らずのうちに身体や心に大きなストレスを発生させてしまいます。ストレスを感じると交感神経が刺激されて自律神経のバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌量をアップさせてしまう可能性があります。

男性ホルモンは皮脂の分泌量を多くさせてしまったり、角質を硬くさせて毛穴詰まりを起こさせたりと、ニキビの大きな原因を作ってしまいます。また、皮脂が過剰分泌されることによって、バリア機能が低下、肌トラブルが発生しやすくなります。

【朝ケア】外出前でもOK!睡眠不足のお肌を即効で改善する7つの方法

まずは、朝ケアから!お肌の調子が悪くても、即効で改善できる対処法を教えます!一手間かけることで、メイクのノリがぐっと上がりますよ。

1.温冷刺激で血行改善

手軽で効果的なのが、温冷刺激です。朝の洗顔は、ぬるま湯で皮脂などの汚れを落とした後に冷たい水で仕上げすすぎをしてみましょう。

お肌は、冷たい刺激を与えると毛細血管を拡張させて血流が良くなります。そのため、血色が良くなり、くすみやクマの改善に役立つのです。また、毛穴の開きを引き締めてくれるため、メイクのノリも良くなりますよ。

もしも、時間がない場合には冷やすだけでもOK!冷たい水を浸して絞った濡れタオルで2~3分パックするだけでも、お肌のくすみが改善されるのを感じるはずです。

2.リンパマッサージを行う

リンパマッサージもおすすめです。

リンパや血流が滞ると毒素や老廃物が溜まってしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。特に顔、首、デコルテにはリンパが張り巡らされているため、簡単にマッサージをするだけでも顔の血行を良くする効果やリフトアップ効果が得られますよ。

そこで、簡単にできるリンパマッサージの方法を紹介します。

簡単リンパマッサージ
1.まずは肩をゆっくりと回します。
2.鎖骨のくぼみを、くるくると指の腹で刺激します。
3.次に、顎の下から耳の下まで流します。
4.続いて、目頭のくぼみから目の下を通って、こめかみまで流します。
5.最後に、小鼻に指の腹を当てて、こめかみまで流します。

注意点としては、マッサージを行う際には乳液やクリームなど滑りを良くして行うことです。優しく刺激するだけでも効果はあるため、ぜひ試してみてください。

3.炭酸洗顔を行う

数年前から人気の「炭酸洗顔」も、朝ケアにおすすめの方法です。炭酸水に含まれる二酸化炭素で洗顔すると毛細血管に吸収され、酸素を供給させて血流を活発にできると言われています。お肌のターンオーバーの活性化、くすみや毛穴の開き、むくみ改善など様々な効果が期待できるでしょう。

炭酸洗顔料なども販売されていますが、炭酸水を張った洗面器などに顔を浸すだけでもOKです。毛穴に残った汚れを吸着する効果もあるため、顔がパッと明るく見えますよ。

ビフェスタ 泡洗顔 ブライトアップ
amazonでみる
・価格:568円
・容量:180g

人気のビフェスタシリーズの泡洗顔ブライトアップは、ポンプを押すだけで炭酸を含んだふわふわの濃密な泡が出てくる洗顔料です。20~30秒ほどマッサージを行うことで、毛穴の汚れを浮かせてすっきりと洗浄!保湿成分には吸着性のヒアルロン酸が配合されています。くすみを吸着してくれるため、透明感のあるお肌を実感できますよ。

4.スキンケアにブースターアイテムを取り入れる

ブースターアイテムというのは、いわゆる導入美容液のことで、洗顔後一番初めに使用するスキンケアアイテムのことです。

洗顔後にいきなり化粧水を使っても、睡眠不足で疲れたお肌にはなかなか浸透しません。そのため、まずは固いお肌を導入美容液で柔らかくほぐしてから、化粧水→美容液→乳液→クリームと普段通りのケアを行いましょう。

お肌の土台を作ることができるため、各スキンケアアイテムに含まれる美容成分をしっかりお肌深くまで浸透させることができますよ。

5.保湿が大切!メイク前にもしっかりクリームを塗る

睡眠不足でお肌の調子が悪い方は、乾燥からお肌を守るケアを行うことも肝心!なぜなら、お肌が乾燥しているとどうしても紫外線などの外的刺激の影響を受けてしまい、新たな肌トラブルを発生させてしまうリスクが高まるからです。

そのため、メイク前でもしっかりクリームを塗って保湿を行うように心がけることも大切です。オイリー肌寄りでメイクよれが気になる場合には、クリームを塗った後に軽くティッシュで抑えると、メイクの持ちもよくなりますよ。

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム
amazonでみる
・価格:2,484円
・容量:40g

敏感肌用ブランドとして名高いキュレルのフェイスクリームは、睡眠不足でバリア機能が弱った肌にも安心して使えるクリームです。潤浸保湿セラミド機能成分やユーカリエキスが角質層までしっかり浸透。

また、有効成分アラントインが肌荒れを防いでくれます。しっとりするのにつけ心地は軽く、ベタベタしないため、メイク前の使用にもおすすめです。

6.朝食でお肌に良い栄養素を摂る

朝食でお肌に良い栄養素を摂るのも、1つの肌荒れ対策になります。毎日の習慣にすると、睡眠不足によるお肌トラブルを軽減することにも繋がるでしょう。

特に、お肌のターンオーバーを助けるビタミン類や、女性ホルモンの分泌にも関わる大豆イソフラボンなどは外せない栄養素です。普段から積極的に摂り入れるようにしましょう。

もしも、朝ごはんを食べる時間がないという場合には、スムージーや野菜ジュースなどを飲むだけでもお肌のハリが変わってきます。美容はもちろん、健康を維持するためにも良いため、ぜひ試してみてください。

7.日中、乾きがちなお肌には潤い補給を

睡眠不足で肌の調子が良くない場合には、日中のケアとしてミスト化粧水などで潤いを補給してあげましょう。

水分が多いさっぱりタイプのミスト化粧水もありますが、肌に潤いを与える前に水分が蒸発して肌の水分までも一緒に蒸発させてしまうため、あまりおすすめできません。できれば、保湿成分が配合されているものを使うのが◎。メイク直しの時にも重宝できますよ。

アベンヌウォーター
amazonでみる
・価格:1,860円
・容量:300ml

ベストセラーのアベンヌウォーターは、アベンヌ温泉水を100%使用したスプレータイプの化粧水です。乾燥を感じた時にどこでもいつでもシュッと手軽に使えるため、バッグに1本持っていると便利です。小さなサイズも販売されているため、チェックしてみましょう。

【夜ケア】睡眠不足でも荒れないお肌作りを!美肌力を高める4つの方法

毎日のケアこそが、多少の睡眠不足にも負けないお肌を作るポイントです。「今日はあまり寝られない……」と睡眠不足が確定している夜にこそ、ケアを念入りに行いましょう。そこで、美肌力を高める夜ケアについて、紹介します。

1.角質ケアを行う

睡眠不足が続くと、お肌のターンオーバーが乱れて古い角質が溜まってしまいがち。お肌のごわつきや、毛穴トラブルによるニキビの発生を引き起こしてしまう可能性があるため、定期的にピーリングで角質ケアを行うのがおすすめです。

ピーリングとは、簡単に言うと古い角質を剥がしてお肌のターンオーバーを促すケアのことです。皮膚科などでもニキビ治療などの一環として酸性の薬剤を用いたピーリング治療が行われますが、ホームケアとしては、薬局やドラッグストアなどで販売されているピーリングジェルなどを使用するのが手軽です。

ただし、毎日のように角質ケアを行うのはNG!ターンオーバーを逆に早めてしまい、肌トラブルの原因にもなりかねません。各商品に記載されている使用用法をよく読んで、行うようにしましょう。

2.アロマで心身をリラックスさせる

睡眠不足になりがちな時には、睡眠の質を改善させることも大切です。入浴中や就寝前などのリラックス時にはアロマを用いて、さらに心身をゆったりと保つようにしましょう。

アロマオイルの中には、美肌力アップや安眠を促す効果があるものもあります。そこで、いくつかおすすめアロマを紹介します。

美肌&安眠効果を促す代表的なアロマ
▪ラベンダー……フローラルな香り。自律神経を調節するため、安眠効果がある。また、抗炎症や鎮痛作用があり、傷を早く治す効果がある。
▪ゼラニウム……ローズにハーブが混ざったような香り。ホルモンの調整の他、シワやシミの改善などアンチエイジング効果もある。
▪イランイラン……魅惑的な甘い優雅な香り。皮脂や女性ホルモンの分泌を調整する他、リラックスを促す。

3.パック&蒸しタオル美容を行う

時間がある夜ケアとしては、パックもおすすめです。普段使っている化粧水をコットンに浸して顔にパックするのも良いですが、こんな便利なシートマスクを使うのもアリでしょう。

オールインワンシートマスク モイストEX
amazonでみる
・価格:2,052円
・容量:50枚

これ1枚で化粧水、乳液、美容液の機能を持つ、オールインワンシートマスク モイストは、ベビーコラーゲンやセラミド、ビタミンC誘導体など35種類もの美容成分が配合されたマスクです。

防腐剤不使用、無添加のため、肌が弱い方にもおすすめです。

オールインワンタイプのシートマスクは貼るだけでスキンケアが終了するため、時短にも繋がります。より乾燥を予防したい場合にはクリームをプラスするのも良いでしょう。

また、パックの後に蒸しタオルを乗せれば、美容成分がよりお肌にぐんぐん浸透します。この「蒸しタオル美容」は、驚くほどお肌の調子が良くなると評判の方法です。水で濡らしたタオルをレンジで1分ほどチンするだけで蒸しタオルができるため、手軽にできるのも嬉しいですね。

4.美容ドリンクやサプリを飲む

睡眠が取れない上、お肌をケアする時間もない!そんな時こそ、美容ドリンクの出番です。コンビニやドラッグストアなどでも手軽に購入できるため、お肌が疲れている時に飲むスペシャルケアとして、冷蔵庫に備蓄していても良いかもしれませんね。

しかし、飲み過ぎには注意!また、睡眠に影響する可能性があるため、カフェインレスのものを選ぶようにしましょう。

ザ・コラーゲン エンリッチド
amazonでみる
・価格:3,009円
・容量:50ml×10本

資生堂のザ・コラーゲン エンリッチドは、コケモモとアムラ果実を組み合わせた独自の特許成分に加えて、低分子のフィッシュコラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10など、若々しいツヤツヤお肌を保ってくれる成分が惜しみなく配合されています。

1本で12kcalのため、カロリーが気になる方でも安心して使用できますよ。

また、睡眠不足の他、生活習慣の乱れが気になる方は、サプリで美容成分を補うのも◎!サプリはあくまでも健康食品の1つのため、即効性にはあまり期待できないと言われているため、毎日継続して飲むことが肝心です。

もちろん睡眠不足を改善するのが1番!質の良い睡眠を行うためには?

睡眠不足を補おうとして、「寝溜め」を行なっている方も多いでしょう。しかし、寝溜めを行うと体内リズムを乱してしまい、夜になっても眠れず、さらなる睡眠不足に繋がる可能性があるのです。そこで、今すぐ実践したい「質の良い睡眠」を行うための方法を紹介します。

カフェインなどの刺激物を摂らない

就寝前にほっと一息、コーヒーや紅茶でリラックスしている方もいるかもしれませんが、カフェインを含む飲料はできる限り避けるようにするのがベター。

カフェインには神経を覚醒させる働きがあるため、なかなか寝付けない原因を作ってしまいます。また、その他、唐辛子などの香辛料、タバコやアルコールも避けた方が良いでしょう。

ぬるま湯でゆっくり入浴する

良質な睡眠のためには、バスタイムを利用しましょう。ぬるま湯で20~30分ほどゆっくり入浴すると、身体が芯から温まって入眠しやすくなります。

ただし、入浴後すぐに寝るのはあまりおすすめできません。深部体温が下がらずになかなか寝付けない原因となるため、できれば就寝の1~2時間前に入浴を終えておくようにしましょう。

ぐっすり眠れる環境を作る

安眠できる環境作りも大切です。そこで、安眠を促すアイテムを紹介します。

安眠を促すアイテム
•枕……高すぎず低すぎないもの
•掛け布団……軽く、吸湿性があるもの
•マットレス……寝返りが打ちやすい適度な硬さのもの
•パジャマ……肌触りが良く、吸湿性が良いもの
•加湿器……乾燥しがちな季節でも湿度を保てる

もちろん、上記のアイテムに加えて快適な室温を保てるエアコンも必須でしょう。寝る前に部屋の明るさを暗めにできる調節ライトがあると、より良いですね。

寝室の環境を見直してみることで、睡眠に対する意識も変わるでしょう。

寝る前のスマホはOFF

スマホを寝る直前まで見ている方は多いと思いますが、スマホの画面からはブルーライトという強い光が発せられています。この光が、まだ昼間だと脳に勘違いをさせて体内リズムを乱し、眠りの質を落としてしまう可能性があると懸念されています。

そのため、寝る前のスマホやパソコンはOFF!テレビやゲームなども避けるようにしましょう。

日中に適度な運動を行う

あるデータによると、定期的に運動を行う習慣がある方ほど不眠に悩む方が少ないという結果があるそうです。運動は身体に適度な刺激や疲れを与えてくれるため、寝つきを良くして質の良い睡眠を促してくれるのです。

運動不足に悩む方は多いと思いますが、まずはヨガやストレッチなど、軽めの運動で身体をほぐすことから始めてみましょう。

ただし、寝る直前に激しい運動を行うと交感神経が優位に立って身体を緊張させてしまい、逆に寝つきを悪くしてしまう可能性があるため避けた方が良いでしょう。

食事は寝る2~3時間前に行う

食べ物を消化するためには、「レプチン」というホルモンが分泌されて、これにより、胃や腸、脳など身体が消化に向けて働きます。しかし、消化が行われている=脳や胃腸は動いている状態ですので、安眠を妨げて眠りの質を低下させてしまうのです。

そのため、夕食は寝る2~3時間前までには終えておきましょう。どうしても食べたい場合には消化に時間がかかる脂肪が多いものは控えて、スープなど軽めの食事を摂るようにしましょう。

睡眠不足以外にもある!お肌が荒れる原因&対処法

最後に、睡眠不足以外に考えられる肌荒れの原因&対処法を見ていきましょう。肌荒れは何かの疾患のサインであったりもするため、原因を想定できることが早めの対処に繋がりますよ。

アレルギー

アレルギーを発生させるアレルゲンには、花粉、ハウスダスト、金属、ダニ、植物、食べ物など様々な種類がありますが、これらはアレルゲンが肌に付着しただけでも炎症が起こってしまうと言われています。

現代病とも言われる花粉症などが、まさにこれに当たります。この時期だけ敏感肌へと変わる「季節性敏感肌」の方も多いため、根本的にスキンケアの見直しを行った方が良い場合もあります。

まずは、アレルゲンを特定することが大切!思い当たる場合には医療機関でアレルギーの有無や程度を確認しましょう。

ストレス

人はストレスを感じると、自律神経の交感神経が優位に立つと言われています。交感神経は血圧や血糖値を上昇させて活発に動くために必要な神経ですが、優位に立ち過ぎてしまうとリラックスを促す副交感神経に切り替わることができなくなってしまいます。

これが不眠や睡眠不足を引き起こし、さらにはターンオーバーの乱れも誘発してしまうのです。趣味に没頭したりゆっくり温泉に浸かるなど、自分だけのストレス解消法を見つけておくのも大切です。

乾燥

お肌のバリア機能は、肌本来の潤いが外部に逃げないようにする役割を持っています。しかし、季節、間違ったスキンケア、加齢などでバリア機能が乱れてしまうと、肌外部の乾燥ダメージを直に受けてしまうことになります。これによって、肌荒れが起こってしまうのです。

スキンケアの基本は、保湿を重点的に行うことです。さっぱりしすぎる化粧水のみだとお肌の水分までも蒸発させてしまうため、必ず油分を含んだ乳液やクリームでフタをするようにしましょう。

食生活

食生活も、肌荒れを引き起こす原因になります。脂肪分や油が多いスナックやファーストフードは胃腸を弱らせてしまい、余分な栄養や分解・解毒しきれなかった老廃物や毒素が、肌トラブルとなって現れることもあると言われています。

特に便秘体質の方は注意が必要です。本来であれば便や尿となって排出されるはずの毒素が血液に溶けてしまい、ニキビの元となってしまうのです。ちなみに胃腸の不調によって起こるニキビはおでこや口周りにできやすいと言われているため注意して見てみましょう。

これでばっちり!Wのケアで睡眠不足に負けないお肌作りを!

睡眠不足で疲れたお肌も、朝ケア&夜ケアでみるみるうちに改善します!朝のくすみお肌を即効でツヤツヤにすることもできるため、試してみる価値ありますよ。

とはいえ、やはり基本は睡眠不足を改善できるのが1番。どんなケアも、身体が持つ修復機能である「睡眠」には敵いません。

ぜひ、この機会に、質の良い睡眠を促す環境作りを行ってくださいね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 化粧ノリを良くしたい!おすすめ化粧水と正しいなじませ方!

  2. 日焼けして戻らない肌色を美白に!その方法と凄ワザコスメ!

  3. スマホによる睡眠不足は女性を老けさせる!?知っておきたい肌への影響と解決策!

  4. 地黒でも白くなる方法がわかった!簡単にマネ出来る4つの秘訣

  5. 睡眠不足を解消!こんな野菜や食物が効果抜群!

  6. 肌荒れは栄養不足が原因!?栄養バランスが良い食事で美しくなろう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。