シミができてしまったときの対処法!シミを消す化粧品や予防方法

スキンケアや紫外線予防をしていてもシミがでできてしまうことはないでしょうか。

ファンデーションやコンシーラーなどでカバーしても隠しきれない場合もあるでしょう。なんとかして消す方法はないかと、毎日鏡を見るたびに悩んでいる女性も多いかと思います。

ここでは、できてしまったシミの効果的な対処法や、シミができにくいように自分で気をつけられることなどをご紹介します。

シミのタイプによって対処法を変えよう!

シミはどれも同じように見えるかもしれませんが、化粧品で改善できるシミとできないシミがあります。そのため間違った対処法を頑張って続けていても改善するのはむずかしいです。

1番効果的な方法でシミを改善できるように、自分のシミはどのようなシミなのかチェックしてみましょう。

まずはシミのタイプと原因を見極めよう

シミの種類は大きく分けると次に紹介する4つのタイプがあります。

老人性色素斑
特徴
一番できやすいのがこのタイプのシミです。淡褐色~濃褐色で肌が露出している部分に多く見られます。20代後半頃になると徐々に肌のターンオーバーが遅くなり増えやすくなります。
原因
紫外線
見分け方
紫外線がよく当たる部分にできているか。
そばかす
特徴
小さな丸い斑点で頬や鼻の辺りに多く出る茶褐色のシミ。ほとんどは遺伝によるものが多いといわれており、幼少期から思春期にかけて濃くなっていきますが、それを過ぎると自然に薄くなります。ほかにも、加齢や紫外線、生活習慣病などによる後天性の場合もあります。
原因
遺伝
見分け方
幼少の頃からあるか。家族にもあるのか。
炎症後色素沈着
特徴
ニキビ、やけど、かぶれ、掻きすぎなどによって肌が炎症起こし、それが治ったあとにできた褐色のシミ。
原因
ニキビ
やけど
かぶれ
見分け方
炎症を起こしたことがあるか。
肝斑
特徴
女性ホルモンが関係してできるといわれています。妊娠や経口避妊薬などにより誘発されたり悪化したりする可能性があり、紫外線によっても少し悪化します。薄い褐色で、頬骨に沿ってできる少し大きめのシミです。左右対称にできるのも特徴です。
原因
ホルモンバランス
見分け方
頬骨に沿って左右対称にできているか。30~40代にできやすく高齢者にはほとんど見られない。

化粧品等ではシミは消せない?

シミができてしまったら、できれば化粧品を使って自分でケアしたいところですが、化粧品でシミを完全に消すことはむずかしいです。しかし、シミに合わせた化粧品でケアすることで、シミを目立たないようにしたり、新たなシミの発生を予防する効果は高くなりますよ。

上記でご紹介しましたシミのなかでは、老人性色素斑、炎症後色素斑、肝斑などは化粧品で改善できるシミです。

皮膚科に行かないととれない?

先ほども触れましたが、シミのなかには化粧品でケアするだけでは改善できないタイプもあります。そのような場合は、皮膚科に行って治療すると効果的です。

上記でご紹介しましたシミのタイプのなかでは、そばかすです。老人性色素斑は化粧品でも効果がありますが、皮膚科で治療すると早く改善することができますので検討してみましょう。

化粧品選びは何を基準にすればよいのか

シミに効果的なアイテムといえば美白化粧品です。とはいっても種類が多すぎてどれを選べばよいのか分からない人も多いでしょう。ここでは、シミに効果的な化粧品選びのポイントをご紹介しますので買うときの参考にしてくださいね。

シミに効く美白有効成分が配合されているのか

化粧品で改善できるシミがあるということが分かりましたが、シミを改善するためにはシミを消す効果のある美白有効成分が配合されているかに注目して選ぶ必要があります。

シミに効果のある成分にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

トラネキサム酸 シミの原因となるメラニンを生成しているメラノサイトの活性化を抑制しシミを予防します。
カモミラET メラニンの生成を抑制しシミを予防します。また、ターンオーバーを促す作用がありますので、できてしまったシミを薄くする効果にも期待できます。
コウジ酸 メラニンの生成を抑制しシミを予防します。また、メラニンの生成を促す活性酸素の発生・炎症・情報伝達物質の発生などを抑える働きもあり、シミができにくい肌に導きます。
ビタミンC誘導体 メラニンの生成を抑制する効果と、メラニンを還元する効果もありますので、シミを予防するだけでなく薄くする効果にも期待できます。
アルブチン チロシナーゼの活性化を抑制し、シミを予防します。できてしまったシミを薄くする効果はありませんが、メラニンの生成自体を抑制しますので、シミの予防には効果的です。安全性が高いというメリットもあります。
エナジーシグナルAMP 肌のターンオーバーを促進させてメラニンを排出することでシミを薄くします。
ハイドロキノン シミの原因となるメラニンの生成に必要なチロシナーゼ酵素の活性化を抑える効果が高くシミを予防します。さらに、できてしまったシミを薄くする効果もありますが、刺激が強めです。敏感肌や乾燥肌の人は肌荒れしたり、ヒリヒリしたりするかもしれません。

ほかにも、シミに効く成分はいろいろありますが、比較的よく見かける成分をご紹介しましたので、化粧品に記載されている成分表示やパッケージを確認するとよいですよ。

値段が高すぎないか
美白化粧品を毎日使っても、一度できてしまったシミを改善するためには時間がかかります。長く続けることで効果がでてきますが、化粧品の値段が高すぎると続けられなくなってしまいます。自分の予算に合わせて、続けて買うことができる価格の化粧品を選ぶようにしましょう。

使い心地も大切
伸びが悪くてつけにくくないか、苦手な香りではないかなど、使い心地も化粧品選びのポイントです。お試しサイズがあればそれで実際に試して使い心地をチェックしてみるとよいでしょう。

シミに効くおすすめ化粧品

化粧水

サエル ホワイトニングローションコンセントレート 125ml

美白有効成分のアルブチンが配合されており、メラニンの生成を抑えてシミを予防します。また、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸2Kが肌の調子を整えます。

精神的なストレスが原因になるシミにも対応しています。ストレスを感じている女性にもおすすめの化粧水です。

10日間分のトライアルセットがありますので、まずはそちらで試してみるのもおすすめです。

トライアルセットには、化粧水・美容液・保湿クリームのほか敏感肌用のCCクリーム(1包)がプレゼントで付いて、初回限定1,480円(税込)です。

美容液

富士フィルム アスタリフト エッセンスインフィルト 30ml

美白有効成分としてビタミンC誘導体を配合し、メラニンの生成を抑えてシミを予防します。肌の奥まで浸透しやすいうるおい成分をたっぷりと配合しているので、乾燥からも肌を守れます。保湿力のあるテクスチャーで1年を通して心地よく使うことができます。

10日間分のトライアルセットがありますので、まずはそちらで試してみるのもおすすめです。

トライアルセットには、美白化粧水・美白美容液・美白クリーム・UVクリア兼化粧下地・ジェリー状先行美容液が含まれれていて、初回限定1,080円(税込)です。

クリーム

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9 15g

ハイドロキノン配合の夜用クリームなので、できてしまったシミを消す効果にも期待できます。また、美容成分が肌の奥まで届き、長時間とどまることで効果を持続させてくれます。

7日間分のトライアルセットがありますので、まずはそちらで試してみるのもおすすめです。

トライアルセットには、洗顔料・化粧水・美容液・ホワイトクーム・モイスチャーリッチクリームが含まれていて1,844円(税込)です。2回目以降もトライアルセットを購入することができますので、もう少し試してみたいという人にもおすすめです。

美容皮膚科でシミ治療

化粧品で薄くなってもやっぱり気になる、 化粧品ではシミを薄くすることができないシミがあるなどの場合は、美容皮膚科で治療すると早く改善効果がみられるかもしれません。

しかし、行ってみたいと思っていてもなんとなく利用しにくいのが美容皮膚科ですよね。気になる治療方法や効果、料金などについてイメージがつかめれば利用しやすくなりますよ。

レーザー治療

老人性色素斑、そばかすなどはレーザー治療で早く改善することができます。そのほかのシミでもレーザー治療できるクリニックもありますので、一度相談してみるとよいでしょう。

治療内容 気になるシミにレーザーを照射しシミを消します。化粧品ではなかなか薄くならなかった濃いシミでも照射は1分もかかりませんので、すぐにシミを消したい場合におすすめです。ただ、照射のあとは軽いやけどのような状態になっており、かさぶたが剥がれて肌がきれいになるまでには1~3カ月程度かかります。
治療効果 シミの種類や状態により効果に違いはありますが、1回の治療で消せるシミもあります。
注意点 治療後はかさぶたを無理やりはがさないように自然に剥がれるのを待ちましょう。また、紫外線を浴びると治療した部分がシミになることもあります。レーザー治療をするなら紫外線の強い夏場は避けて、秋から冬にかけての時期がおすすめです。
料金 直径5mm以内…3,000~5,000
直径1cm以内…15,000~30,000

クリニックにより価格に差があります。

【レーザー治療を体験した人の感想】
・何年も悩んでいたのが気にならないぐらいに取れたので早く行けばよかったと思いました。
・レーザーの照射はちょっとチクっとするぐらいだといわれていたけど、想像していたより痛くて涙が出ました。
・かさぶたが剥がれたら本当にシミも剥がれたように消えていたので感動です。

外用薬・内服薬での治療

外用薬の場合は、ハイドロキノンとレチノイン酸を併用して短期間でシミを改善します。ハイドロキノンはメラニンを薄くする効果が高く肌の漂白剤といわれるほどです。皮膚を剥離する働きをするレチノイン酸と併用することで1カ月程度でシミの改善が見られます。

濃度によって値段が変わりますが、ハイドロキノンは5gで3,000~4,000円、レチノイン酸は5gで2,000~3,000円程度です。

内服薬の場合は、ビタミンCやトラネキサム酸を処方されることが多いです。とくに肝斑はトラネキサム酸配合の内服薬が効果的で、メラニンの生成を抑制してシミを予防・改善します。ビタミンCはメラニンの生成を抑制する効果でシミの改善や予防に有効です。安全な薬ですので安心してはじめられます。

注意点 どちらの薬もすぐに効果がでることはありませんので、3カ月程度は続けて様子をみてください。クリニックで処方される内服薬は効果が高いので、使用量や使用方法は医師からの指示を守ることが大切です。守らない場合は副作用の危険があります。
料金 トラネキサム酸…1カ月分、約3,000円
ビタミンC…1カ月分、約2,000円

【外用薬・内服薬を試した人の感想】
・ハイドロキノンとレチノイン酸を使いはじめて3カ月ぐらいすると、長年の悩みだった頬のシミが薄くなり目立たなくなりました。化粧品やビタミンCのサプリなどいろいろ試しましたが、これが1番効果を実感できました。
・ハイドロキノンを使うと皮がめくれてちょっとかゆかったですが、シミが薄くなったので試してよかったと思います。
・トラネキサミム酸を飲みはじめて1カ月ぐらいすると、少しずつシミが薄くなりましたが、飲むのをやめるとまた出てきました。でも、飲み続けると副作用があるので続けられないのでシミが復活します。
・皮膚科で処方してもらったシナール(ビタミンC)を飲んでみて1カ月ぐらいでは変化を感じませんでしたが、3カ月通津くけてみると肌が明るくなりました。

ケミカルピーリング

治療内容 肌の新陳代謝が乱れることで蓄積された古い角質を酸の力でやさしく落として、新しい肌の生まれ変わりをサポートします。
治療効果 肌に残っている余分な角質を除去できますので、肌のターンオーバーが促進されシミを改善することができます。また、ニキビやくすみなどにも効果的です。
注意点 ケミカルピーリング後は肌がしばらく乾燥しやすくなることがあります。洗顔に気をつけて、しっかりと保湿することが大切です。また、刺激がありますので肌の弱い人は注意してください。
料金 1回 5,000~15,000円

クリニックにより差があります。

【ケミカルピーリングを体験した人の感想】
・毛穴の汚れが取れてきれいになりました。肌が乾燥しやすくなるのがデメリットですね。今まで以上に紫外線に気をつけようと思います。
・ニキビ跡やシミの改善に利用しています。レーザー治療も考えましたが、顔の目立つところに跡が残るのが嫌なのでケミカルピーリングにしました。小じわの解消や毛穴の引き締め効果もあるので肌が若返る気がします。
・皮膚が薄くて敏感肌なので、すぐにヒリヒリとして続けられませんでした。その後、外用薬のハイドロキノンにしたら痛みを感じなくてシミが薄くなりましたが、続けるとやはりヒリヒリしたのでやめています。

料金は皮膚科によって違いがありますが、治療内容に関してはどこの皮膚科も同じような感じです。

今後シミができないようにするための対策

紫外線対策はこまめにしよう

1番の対策は紫外線予防をすることです。

どのタイプのシミも紫外線で悪化することはありますので、日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、日傘や帽子を活用したりとできるだけ紫外線に当たらないようにしましょう。

食事でシミができにくい肌をつくる

メラニンの生成を抑える効果のある食材もあります。積極的に取り入れて体の内側からもシミを予防しましょう。シミ予防には、ビタミンC・E・A、リコピンなどが含まれた食材や、抗酸化作用のある食材などが効果的です。

たとえば、

トマト ビタミンCが豊富に含まれています。また、抗酸化作用の高いビタミンEやリコピンなども豊富です。リコピンは脂溶性ですので、油と一緒に調理するのが効率的に摂取できます。
ブロッコリー ビタミンCが豊富に含まれているイメージの強いレモンよりもさらに多く、約2倍以上のビタミンCが含まれています。ほかにも、美容に効果的な成分が豊富です
ほうれん草 ほうれん草といえば鉄分ですが、ビタミンCやβカロテンなどの美肌成分も多く含まれています。
ピーマン ビタミンA・C・Eが豊富でビタミンCについてはレモンの約2倍、トマトの約5倍含まれているといわれています。さらにピーマンのビタミンは加熱調理をしても壊れにくいことが特徴です。

ビタミンCは摂取してから約2時間後に血中濃度が高くなり時間とともに低下しますので、こまめに毎食取り入れられるメニューを考えましょう。

間違ったスキンケアをしない

間違ったスキンケアを続けていると、シミができる原因やシミが悪化する原因にもなりますので、正しいスキンケアでシミを予防しましょう。とくに洗顔時に擦ってしまう人が多いので、思い当たる人は気をつけるように意識するとよいですよ。

まとめ

はじめは一つだけだったシミが、自分でも気がつかないうちに増えているということになったら落ち込みますよね。シミに気がついたら早めに対策をしましょう。

とりあえず美白化粧品を使って改善しようと思う人も多いですが、シミの種類に合っていないと薄くなりません。また、時間ももったいないので、しっかりと自分のシミを見分けて適切なアイテムを見つけましょう。

シミは簡単に消せるものではないので、しばらく使い続けて様子をみることも必要。自宅のケアでダメなら皮膚科に頼ることもできます。自分に合ったいろいろな方法を試してみてくださいね。

関連記事

  1. コーセーの化粧品で最も売れているシミ消し商品TOP5!

  2. シミを消す市販薬BEST3と選び方!

  3. シミを消したい!おすすめ海外クリームと使用法から予防法まで

  4. いつ消えるの!?気になるニキビ跡とシミ・・・原因と症状、対策方法をご紹介!〜気になるコスパも〜

  5. シミを防止する美白美容液ランキングおすすめ10選!

  6. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本気でシミに効く12選

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!