シミに効果抜群の美白化粧水ランキングおすすめ6選!

シミを撃退する本気のシミ予防&対策!

年齢が進むにつれ、いつの間にか増えたり濃くなったりする顔のシミ。老けて見られやすいので絶対になんとかしたい肌トラブルですが、シミケア化粧品も数多くあり、何を使えば良いのか頭を抱えてしまいます。

そんな悩みを持つ皆さんのために、今回はシミの原因やタイプ、シミ撃退の予防&対策についてお話ししながら、シミに効果抜群の化粧水や簡単にできるスペシャルケアもご紹介します。

おすすめ美白化粧水はこちら

おすすめプチプラ美白化粧水はこちら

おすすめ医薬品飲み薬はこちら

なぜ顔にシミができるの?

シミができる原因には、肌のコンディションを崩してしまうさまざまなことが関係しています。

1番大きな要因とされる3つについて見ていきましょう。

紫外線によるダメージ

肌は紫外線を浴びると、メラノサイトという色素を生成します。メラノサイトはちょうど茶色の日よけ傘を広げるような感じで、色素を出すことで深部までダメージが行き届かないようにして肌を守っているのです。この色素が沈着してシミとなります。

乾燥の影響

一見乾燥とシミは関係のないように見えますが、実は乾燥がシミを引き起こすと言ってもいいほど肌にかなり大きな打撃を与えます。

肌は乾燥することで外敵から守るバリア機能が低下し、紫外線ダメージを受けやすくなります。そうなるとシミの元凶であるメラニンが次々に生成されるようになってしまいシミが増加していくことに。

また乾燥が肌の代謝を妨げてしまうので、肌にできたシミが剥がれ落ちずにいつまでも残り濃くなって肌に定着していきます。

代謝の乱れ

肌はいくつもの層になっていて、一番下の基底層では常に新しい細胞を作っています。新しく作られた細胞は少しずつ上に押し上げられ、一番上の表皮がダメージを受けたり古くなると剥がれ落ち、次の新しい表皮へと入れ替わります。

このシステムを肌の代謝(ターンオーバー)と呼びますが、何らかの原因で代謝が乱れ、肌が新しい細胞と入れ替わるのに時間がかかるようになってしまいます。するとダメージを受けた肌はいつまでも入れ替わらずシミも残ってしまうことに。

セルフケアで改善できるシミ&できないシミ

シミは出来る場所や形状によっていくつかの種類に分かれます。シミに効果的な化粧品などで改善できるものもあれば、専門医の治療が必要なものもあります。

セルフケアを始める前に、まずは自分のシミのタイプを見極めましょう。

改善できるシミ
円形のシミ【老人性色素斑or日光性黒子】
1㎝前後の円形のシミ。紫外線の影響でできるシミで頬や手の甲などを中心に現れる。年齢が進むとともに増加し、60代ではほとんどの人に見られるようになる。

目の下に広がる左右対称のシミ【肝斑】
頬骨あたりに左右対称にできる、淡褐色のもやっとしたシミ。紫外線だけでなく、妊娠や避妊薬の服用やストレスなどの女性ホルモンが影響する場合もある。

ニキビ跡やケガの跡【炎症性色素沈着】
皮膚に炎症ができて茶色に変色してしまった状態。アトピー性皮膚炎、やけど、虫刺され、ニキビ、かぶれなどが原因で起こる。

改善できないシミ
そばかす【雀卵斑】
目の下以外にも肩や背中にも現れる、直径5m程度の細かいシミ。幼児期から発症し思春期に濃くなる。遺伝的な要因が多く、色白の人によく見られる。

イボのようなシミ【脂漏性角化症】
高齢者の顔によく見られる、少し盛り上がった茶色または黒色のシミ。表面は少しざらついていて「年寄りイボ」とも呼ばれる。紫外線や皮膚の老化現象が原因。

頬骨周辺に広がる小さな斑状のシミ【後天性真皮メラノサイトーシス】
頬骨周辺やこめかみ、小鼻に現れる。数ミリ大で褐色の色素斑がいくつかまとまっていることが多い。メラニンの程度により茶色~灰色~青色と症状が進行するのも特徴。遺伝性が高いが、日焼けや加齢、ホルモンバランスの乱れなども影響する。

シミに効く美白成分を知っておこう!

化粧水にはさまざまな美容成分が配合されています。なんとなく肌に良さそうなのは分かりますが、シミを撃退するには本当にシミに効果のある有効成分を知っておく必要があります。

代表的な成分をいくつか表にまとめたので、成分名や特徴をしっかりチェックしておきましょう。

シミに効果がある美白成分
成分名 特徴
アルブチン ハイドロキノンとブドウ糖が結合した成分。メラニン生成を抑制する。
エラグ酸 イチゴやリンゴなどから抽出される成分で、天然フェノール系で抗酸化作用がある。メラニン生成を抑制。
カモミラET カモミールから抽出される成分で、カミツラエキスとも呼ばれる。抗炎症作用を持ち、新陳代謝促進、メラニン抑制などの効果もある。
コウジ酸 味噌や醤油、日本酒製造に使われる麹菌の成分。メラニン生成を抑制する。
トラネキサム酸 止血剤にも使われている成分。抗炎症作用があり、メラニン生成も抑制する。
ハイドロキノン 肌の漂白剤とも呼ばれる、イチゴなどに存在する天然成分。メラニン色素を透明化する作用があり、シミに絶大な効果を持つ。
ビタミン誘導体 不安定なビタミンCを安定させ吸収しやすくした成分。抗酸化作用があり、シミ、ニキビ、毛穴など幅広い肌トラブルを改善。
プラセンタエキス 豚や馬などの胎盤から抽出されるエキス。メラニン生成を抑制するほかにも血行や代謝をアップする作用もある。
リノール酸 植物油から抽出される成分。メラニン生成をコントロールし、血行を促進する作用もある。
4-メトキシサリチル酸カリウム塩 ピーリングなどで使われるサルチル酸を誘導体化した成分。メラニン生成の抑制に限らず、溜まったメラニンを排出する効果も。

医薬部外品って化粧品じゃないの?
よく化粧水などのパッケージに見かける「医薬部外品」の文字。はっきりとした意味が分からないまま化粧品を購入している人も少なくないのではないでしょうか。

医薬部外品は、厚生労働省が認可した効果や効能に有効な成分が規定量配合されているもので、症状に効果が期待できる製品を言います。

一方、化粧品は美容を目的として使用される製品で効能や効果は認可されていません。そのためシミを改善したい場合は、有効成分の配合された医薬部外品を使用するほうが高い効果が期待できます。

美白化粧水を選ぶポイントは?

美白化粧水は種類も豊富でどれを使っていいのか悩むところ。効果的にシミを改善するためにも、本当に効き目がある化粧水を選ぶにはどんな点に気を付ければよいのでしょうか。

美白に効果のある成分配合の化粧水を選ぶ

化粧水に含まれている成分が必ずしもシミに効果があるとは限りません。

パッケージの成分表を見て、シミに効果がある成分が含まれているかチェックしましょう。医薬部外品の場合は「有効成分」と記されているので分かりやすいでしょう。

「肌が透き通るように白くなる」などのパッケージに記載されている「売り文句」だけを信じてしまわないように注意。

続けられる化粧水を選ぶ

シミの改善&予防は、長期で同じ化粧水を使い続ける必要がありますが、シミ有効成分配合のものは割と値段が高いものが多いのが現状。自分の肌に合っていることが一番大切ですが、あまり高価なものだと経済的に買い続けるのも難しくなる場合があります。

無理なく続けられる値段のものを選ぶようにしましょう。

保湿成分が配合されているものを選ぶ

乾燥は肌の大敵。シミを引き起こす原因にもなるので絶対に手を抜いてはいけないのが保湿です。美白化粧水には保湿成分が入っているものが多いですが、中には美白だけにフォーカスし保湿成分があまり配合されていないものも。

保湿成分ができるだけたくさん配合されているものを選びましょう。

シミを解消する厳選美白化粧水ランキングTOP4!

数あるシミに効果的な化粧水の中から、特に高い効果が期待できるものを厳選しました。

早速試して効果を実感しましょう!

1位 アンプルール ラグジュリーホワイトローションAOⅡ

 

アンプルール ラグジュリーホワイトローションAOⅡ
シミに絶大な効果を誇るハイドロキノンを、より安全かつ効果的に配合した最強美白化粧水。シミやくすみに働きかけながらトリプルセラミド、コラーゲン、プラセンタなどの成分がしっかり保湿もします。

2位 富士フィルム アスタリフトホワイトブライトローション

アスタリフトホワイトブライトローション
有効成分であるアルブチンがシミやくすみ、そばかすなどをブロック。アスタキサンチンや3種のコラーゲン、海藻エキスなどの保湿成分も豊富で、肌をみずみずしく整えながら美白に仕上げます。

3位 ビーグレン Qusomeローション

ビーグレン Qusomeローション
化粧水なのに乳液のような全く新しい化粧水。肌本来の力を蘇らせる4つの美容成分が深層まで行き届き肌のコンディションを整えつつ、ビタミンCエチルなどの成分がシミを改善します。17時間も保湿効果が続くのも魅力の1つ。

4位 コーセー 薬用 雪肌精 200ml

雪肌精
雪のような透き通った潤い肌になる薬用化粧水。有効成分がしっかりシミに働きかけると同時に、和漢植物エキスが肌にうるおいを与えます。弱酸性で肌に優しく、さっぱりとした感触。

リーズナブルでも効果あり!プチプラ美白化粧水

シミに効果的な化粧水は値段も高いと感じている人も多いと思いますが、プチプラでもシミ改善に効果を発揮する化粧水があります。有効成分がしっかり配合されているものを選びましょう。

ロート製薬 肌ラボ白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水

肌ラボ白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水
美白有効成分であるホワイトトラネキサム酸が配合された、弱酸性の薬用美白化粧水。肌の奥深くにまで浸透してシミをブロックするだけでなく、ビタミンC誘導体やビタミンE,ヒアルロン酸などの美容成分が透き通るような美肌に仕上げます。

資生堂 アクアレーベルホワイトアップローションⅢ とてもしっとり

アクアレーベルホワイトアップローションⅢ
シミを防ぐ美白成分の他にも、肌の保水バリア機能を上げる美容成分をたっぷり配合。潤いをキープすることでシミをしっかり改善します。しっとりぷるぷるな肌を実感できます。

体の中からシミ改善!サプリより効果的な医薬品がおすすめ

体の中からシミを改善する方法として、シミに効果的な成分を簡単に摂取できるサプリメントがあります。

サプリメントは補助食品として扱われ、日常的に不足している成分を補う目的のため、抱えている悩みや症状に対して高い効果は期待できません。

それに対して医薬品は、サプリメントによく似ていますが、成分内容、効果、副作用などがきちんと調査された上で認定された薬です。そのため、特定の症状に高い効果を発揮し改善も期待できます。

なかなか消えなかったりどんどん濃くなるシミには医薬品をおすすめします。

医薬品服用前には、アレルギーや持病、妊娠、普段服用している薬なども考慮し、必ず安全性を確認しましょう。

くすりの健康日本堂 ホワイピュア

ホワイピュア
シミ有効成分L-システインと4種類のビタミン配合。肌のターンオーバーを促してシミを排除するだけでなく、シミを作らせない肌に整えます。各種メディアでも頻繁に取り上げられ、その効果が話題を呼んでいる人気商品。

第一三共ヘルスケア トランシーノホワイトCクリア 120錠

トランシーノホワイトCクリア
シミ、そばかす、日焼け、かぶれなどの色素沈着に効果絶大。ビタミンC、L-システイン、ビタミンB群、ビタミンEなどの成分がシミの元であるメラニンを透明化し、肌のターンオーバーも整えます。

肌に優しいスペシャルケアでシミを予防&改善!

シミケアは続けたいけど、やはり気になるのは肌への負担。なるべく肌に負担をかけずにシミを改善したいのは誰しもが願うことです。

そこで肌に優しいのにシミ改善の効果がある、自宅で行えるスペシャル予防&改善ケアをご紹介しましょう。

米のとぎ汁で洗顔

昔から米のとぎ汁は汚れを落とす洗浄力に優れているため、掃除や洗濯、手や髪を洗うのにも使用されてきました。米の小さな粒子が汚れや角質をしっかり除去し、豊富に含まれるセラミドやビタミン類が美肌効果ももたらします。

米をといだ時のとぎ汁をとっておき、いつも通りの洗顔やクレンジングの後、1.5倍に薄めたとぎ汁で顔を5~10回洗います。この時、擦ったりせずに優しく馴染ませるようにし、最後は軽くぬるま湯ですすぎましょう。肌のバリア機能も整い、シミに効果抜群です。

馬油でクレンジング&マッサージ

馬油は治療薬としても馴染みのあるものですが、最近は馬油の持つ美容効果が注目を集めています。

馬油は人間の皮脂に非常に近いため、肌に馴染みやすく浸透力も抜群。殺菌、抗酸化、血行促進などの作用もあるため、ニキビやシミの改善にも高い効果を発揮します。

馬油をメイクと馴染ませてティッシュオフすればクレンジング剤としても使用できますし、普段の洗顔、クレンジング、化粧水後にマッサージオイルとして使用することもできます。

のびも良いので顔全体に広がりやすく、優しくマッサージをしている間に肌に浸透するので拭き取る必要もありません。保湿力もバッチリですのでぜひお試しください。

▶︎高純度馬油の美容オイル【KUMAMOTO】

手作りのマイルドピーリング剤

最近はさまざまな食材を使ってピーリングをするやり方がありますが、ご紹介したいのはヨーグルトでのピーリング。ヨーグルトはビタミンB群やタンパク質が含まれているため、シミ以外の肌トラブルも解消してくれます。食べておいしく、塗ってうれしい食材なのです。

やり方はとても簡単。ヨーグルト大さじ1杯に保湿力を高めるはちみつ小さじ1杯を混ぜ、顔に塗ります。3~5分ほど経ったらぬるま湯でよく洗い流して終了。

全体的に肌のくすみも取れ肌がワントーン明るくなります。ピーリング後は保湿もしっかり行いましょう。

手の甲だってシミケアが必要!
つい顔にばかり気を取られがちですが、顔と同様に紫外線の影響を受けているのが手の甲。ここもシミができる危険スポットです。

外出の際はUV効果のあるハンドクリームをつけるなどして紫外線対策も忘れずに行い、顔と同様にしっかりケアしていきましょう。

レモン
レモンを絞った汁を直接手の甲に塗ります。レモンは紫外線を浴びると逆にシミのもととなりますので、就寝前がおすすめ。

アロエベラ
アロエを切って、中にあるジェル部分を手の甲に塗布。1日2回ほど行うと効果的です。

まとめ

シミの種類についてまずは知っていただき、シミに有効な成分や気になるシミの改善&予防法についてお話ししながら、効果的な厳選化粧水もご紹介しました。

意外なものがシミに効果があると知って驚かれた人も多いのではないでしょうか。

シミは早い段階で適切な処置をすることで改善できるので、もう出来てしまったからとあきらめないでください。日々シミ改善&予防ケアを続けて、いくつになっても透き通るような肌をキープしましょう。

関連記事

  1. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美白成分配合!

  2. ハイドロキノンクリームは妊娠中に使える?妊娠中~産後のシミ対策まとめ

  3. ビーグレンのホワイトケアの嘘を暴く!「効果なし」の口コミを徹底検証

  4. 美白いのち!日傘の選び方と絶対焼かないアイテム

  5. 毛穴タイプに効くおすすめ化粧水10選!プチプラや正しいスキンケア方法を公開

  6. 和風の傘で色白美人になれる!おすすめアイテムBEST5を発表

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!