シミに効果的な医薬品サプリを7選紹介!シミやそばかすを予防する方法も解説!

「最近、顔に薄いシミができてきた」と、鏡を見て焦りを感じていませんか?

「もう歳だから」と思って諦めてはいけません。

最近では、ドラッグストアやネットで購入できる医薬品のサプリというものもあるんですよ。医薬品なのに処方箋は必要なく、手軽に購入できるのがポイントです。

医薬品サプリはシミへの効果が認められた成分が配合されているので高い効果が期待できます。

シミやそばかすの予防についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シミ・そばかすが気になる人のための医薬品サプリはこれ!

シミとそばかすに有効とされている「ビタミンC」と「L-システイン」という成分が配合された医薬品サプリをご紹介します。製品によっては、ビタミンBやビタミンEなど、肌の代謝を高める成分も配合されています。

サプリ選びの参考にぜひご覧ください。

チョコラBBルーセントC (チョコラBB)

チョコラBBルーセントC

180錠(30日分)
第3類医薬品

チョコラBBルーセントC」は、ビタミンCとL-システインがメラニンを無色化し、肌を内側から正常な状態に戻していくサプリです。また、ビタミンB2とB6、ビタミンEが肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)の周期を正常化して健やかな肌に導きます。

シミやそばかすによる色素沈着が気になる人にもおすすめのサプリです。

<--!ロスミンローヤル (米田薬品株式会社) 270錠(30日分) 第3類医薬品 シミだけでなく、小ジワへの効果も認められた医薬品サプリです。公式サイトからのみの販売ですが、累計100万個も売れているという大人気製品。9種類の生薬成分が配合されており、血流を促して、血行不良による冷え性や肩こりを緩和します。 シミ・そばかすと小ジワをダブルでケアしたい人におすすめです。 -->

ハイチオールCプラス (エスエス製薬)

ハイチオールCプラス

180錠(30日分)
第3類医薬品

メラニンの過剰な生成を抑制し、肌の新陳代謝を助けることでメラニンの排出を促す医薬品サプリ「ハイチオールCプラス」。代謝を助けるL-システインが、メラニンを無色化します。肌の代謝も活発になるので、肌荒れやニキビでお悩みの人にもおすすめです。また体内の酵素の働きを助け、疲れやだるさなどの倦怠感を取りのぞく作用もあります。

ハクビホワイトC (サトウ製薬)

ハクビホワイトC

180錠(30日分)
第3類医薬品

ハクビホワイトC」は、ビタミンCとL-システインの比率を考えた配合で、シミ・そばかすの色素沈着を予防・緩和する医薬品サプリ。紫外線によるメラニンの生成を抑制するので、メラニンが蓄積してシミやくすみとなる前に飲んでおくことで予防効果も期待できます。

ホワイピュア (くすりの健康日本堂)

ホワイピュア

180錠(30日分)
第3類医薬品

ホワイピュア」は、ビタミンCとL-システイン配合で、メラニンの過剰な生成を抑える医薬品サプリ。ビタミンB2とB6、ビタミンEも配合されており、皮膚の新陳代謝と再生をサポートします。肌内部のメラニン色素の排出を促すので、シミやそばかすの予防にも最適。毎日の紫外線対策にぜひ飲んでおきたいサプリです。

トランシーノホワイトCクリア (第一三共ヘルスケア)

トランシーノホワイトCクリア

120錠(30日分)
第3類医薬品

トランシーノホワイトCクリア」は、ビタミンCとL-システイン配合で、メラニンの無色化を促す医薬品サプリ。さらにビタミンEが血行を良くし、ビタミンB2とB6が肌の代謝を活発にして、メラニンの排出を促します。コストパフォーマンスが高いので、手軽に試せるのが魅力ですね。

ミルセリンホワイトNKB (京都薬品ヘルスケア株式会社)

ミルセリンホワイトNKB

180錠(30日分)
第3類医薬品

ミルセリンホワイトNKB」は、ビタミンCを中心に、L-システインやビタミンB2、B6が配合されたシミ対策の医薬品サプリ。皮膚内部でメラニンが作られるのを抑制し、メラニン色素を体外へ排出します。シミを緩和させるだけでなく予防にもなるので、紫外線の強い時期に飲んでおきたいサプリです。

医薬品サプリの効果が期待できるシミ・そばかすの種類とは?

シミにもさまざまな種類があり、すべてのシミにサプリの効果が期待できるわけではありません。

医薬品サプリの効果があるとされているのは紫外線によるシミやそばかすです。

女性ホルモンによる「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミや、遺伝性のそばかすには効果が期待できないのでご注意ください。

また、盛り上がったイボのようなシミにも効き目はありません。自分のシミがどのタイプかわからない場合は皮膚科で診断してもらうと良いでしょう。

医薬品サプリのシミ・そばかすへの効果とは?

紫外線を浴びると、肌の「メラノサイト」という場所でメラニンが生成されます。メラニンが生成されても肌の代謝によって通常はシミにならずに体外に排出されます。

しかし、加齢により代謝が衰えていくとメラニン色素の排出が遅れてしまい色素が肌に蓄積されてシミとなるのです。30~40代からシミが増えていくのは代謝が衰えはじめるからなのですね。

医薬品サプリには、肌に蓄積されたメラニン色素を無色化し排出を促す成分が含まれています。そのため飲み続けることによってメラニン色素が薄くなる効果が期待できるのです。

中学・高校のときにテニス部や陸上部など、屋外で練習するクラブに所属していませんでしたか?

学生のころ、運動場でたっぷり紫外線を浴びた人は肌内部にメラニン色素が蓄積されている可能性が高いです。

サプリは、すでに蓄積されているメラニン色素を体外に排出しやすくします。そのため飲み続けることによって、今できているシミだけでなく将来のシミのもとも無くすことができるのですね。

即効性を求めるならコンシーラーでしっかりカバー!

「シミをすぐに消したい!」と思っても一度できたシミを薄くするには時間がかかります。肌のターンオーバーは通常28日周期なので肌が生まれ変わるのには、最低約28日かかると考えましょう。

シミへの即効性を求めるならコンシーラーを活用するのがおすすめです。コンシーラーにもリキッドタイプや固形タイプなどさまざまなタイプがあります。

どれを選んだら良いかわかりにくい場合はくずれやすい目元や口元にはリキッドタイプ、額や頬にはカバー力に優れているクリームや固形タイプを選びましょう。

コンシーラーの色は肌より少し暗めのものを選ぶと肌になじんで自然に見えます。口コミ評価の高いコンシーラーをご紹介するので参考にしてみてくださいね。

ラディアントクリーミーコンシーラー (NARS ナーズ)

ラディアントクリーミーコンシーラー

ラディアントクリーミーコンシーラー」は、シミをカバーしながら、なめらかで光沢のある肌に仕上げるリキッドコンシーラー。リキッドタイプなのでシミの濃さによって重ねづけしつける分量を調節できます。うるおい成分も配合されているのでカサつかずつややかに仕上がります。

プレシャスライト (GUERLAIN ゲラン)

プレシャスライト

プレシャスライト」は、ツヤのある自然な肌に仕上げるリキッドコンシーラー。アプリケーターの先が筆タイプになっているので、目元周りも塗りやすく、ナチュラルに仕上がります。美肌成分も配合されているので、シミを隠しながら美肌ケアも。長時間くずれにくく、価格にも納得のアイテムです。

ミネラルコンシーラー (ETVOS エトヴォス)

エトヴォス ミネラルコンシーラー

エトヴォス ミネラルコンシーラー」は、天然由来のミネラル成分が気になる部分をしっとりとカバー。植物由来のオイルが配合されており、肌を保湿しながらトリートメントします。天然成分だけでできているので、クレンジングの必要がなく、洗顔料とぬるま湯だけで落とせるのもポイント。肌に良くないとされる、界面活性剤や合成香料、防腐剤は不使用なので敏感肌の人にもおすすめです。

もうシミ・そばかすを増やさない!シミ防止のためにできること

シミ・そばかすは、いったんできてしまうとすぐには消えません。一番良いのはシミができる前に予防すること。日常生活の中でできるシミ対策をご紹介します。

シミ・そばかすのもととなる紫外線は徹底排除!

シミの一番の原因となる紫外線は絶対に浴びないように心がけましょう。日焼け止めの正しい分量や塗り方も併せてご紹介します。

日焼け止めは超重要!冬でもしっかり塗ってシミを防御
紫外線防止のためには、夏だけでなく冬も日焼け止めを欠かさず塗りましょう。紫外線の量は減るものの、冬にも紫外線は放出されています。

そのまま何もせずに日中に外出すると紫外線がメラニン色素がどんどん肌に蓄積されていくことに。蓄積されたメラニン色素はすぐにシミになるわけではありません。実際にシミができるのは、数ヶ月後や数年後、ひょっとすると何十年後かもしれません。

ただ、メラニンが肌に蓄積され続けると飽和量に達したタイミングでシミとなるのは確実です。そのため、とにかく予防が大切になってくるのです。

日焼け止めを塗ることで肌へ直撃する紫外線をカット、もしくは減らせるため日焼け止めが一番の予防になるのですね。

シミ・そばかすを作らないための日焼け止めの分量は?
日焼け止めをただなんとなく塗っていませんか?

せっかく塗るのであれば日焼け止めの効果を最大限に引き出したいですよね。

日焼け止めを塗るときにまず注意したいのは適量を塗ること。顔の場合は、乳液タイプの日焼け止めなら500円玉1個分くらいが必要です。

ほとんどの人がこれよりも少ない量を使用しているのではないでしょうか?「少し多いかな?」と思うくらいの量を使用するのが正解です。

これより少ない量だと十分な日焼け止めの効果が得られないので気をつけてくださいね。

日焼け止めはこまめに塗り直そう!
日焼け止めを塗った後は2~3時間おきに塗り直すことが大切です。

日焼け止めの成分は皮脂や汗で落ちやすいもの。一度塗ったから大丈夫と思わずこまめに塗り直してくださいね。

スプレータイプ、もしくはパウダータイプの日焼け止めが塗り直しやすくおすすめです。

スプレータイプの場合はファンデーションで化粧直しをした後に使用しましょう。

ファンデーションに日焼け止めが含まれているようなパウダータイプは、まずはティッシュで顔を軽く抑え、余分な皮脂や汗を取りのぞいてください。その後、ムラにならないようにファンデーションを塗って完成です。

肌への摩擦は厳禁!こすらないように気をつけて

クレンジングや洗顔、マッサージのときに肌を摩擦していませんか?

肌をくり返し摩擦すると肌内部でメラニン色素が生成されてシミのもとになります。

顔をゴシゴシこすらないようにクレンジングや洗顔時にはとくに気をつけてくださいね。

クレンジングの際にはメイクを落とすためにゴシゴシと洗う人も少なくないでしょう。

ゴシゴシ洗わないとメイクが落ちない人はクレンジング剤を見直すのも1つの方法です。洗浄力の高いオイルクレンジングなら力を込めてこすらなくてもするんとメイクが落ちますよ。

また、クレンジング剤をケチらずにたっぷりと使用することでもメイクの落ちが良くなります。

洗顔後にタオルでふくときも摩擦しないよう気をつけてくださいね。ポンポンと軽く押さえる程度で十分です。

まとめ

シミを消したいと願っている人のためにシミ改善の効果が期待できる医薬品サプリをご紹介しました。

サプリは、最低約1ヶ月間は飲み続けることをおすすめします。肌のターンオーバーが約28日周期なので、メラニンが排出されて肌が生まれ変わるまでに少し時間が必要なのです。

また、新しいシミ・そばかすを作らないために毎日の紫外線対策を欠かさず行ってくださいね。

見落としがちですが肌を摩擦しないことも大切です。今からシミ対策を始めることで10年~20年後の肌が変わってきますよ。

「もう歳だから」と諦めないで今日からシミ対策をはじめましょう!

関連記事

  1. コーセーの化粧品で最も売れているシミ消し商品TOP5!

  2. ハイドロキノンクリームの輸入品で知っておきたいリスクと市販品・皮膚科を徹底比較!

  3. シミを消したい高校生が取り入れるべきシミ対策方法!

  4. 美白ケアしてもシミは増える?シミができるメカニズムと予防策~妊娠とシミの関係とは~

  5. 毛穴の黒ずみはどこまで除去できる?|鼻の黒ずみをクレンジング・洗顔・スペシャルケア方法とおすすめアイテム

  6. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美白成分配合!

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!