シミ取りレーザー治療後に再発?戻りシミの原因と対処方法!

シミ取りレーザー治療を行なったのに、シミが再発したという意見をよく耳にします。レーザー治療でシミが再発する原因はいったい何でしょうか?

シミを再発させないためのケア方法と共にまとめました。また、シミ取りレーザー治療前に知っておきたいポイントや、戻りシミ対策に使えるおすすめアイテムについても紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

レーザー治療後にシミが再発する原因とは?

レーザー治療で一度消えたシミが再び現れるのは、珍しいことではありません。とはいえ、せっかく消えたのに再発するのはかなりショックですよね。では、レーザー治療を受けたにも関わらず、なぜシミはぶり返すのでしょうか?

シミ取りレーザー後の戻りシミは色素沈着?

レーザー治療を受けて1ヶ月後に起こる色素沈着
レーザー治療でシミを取った後にその部分の色が再び濃くなると「シミが再発した」と考えてしまうかと思います。しかしほとんどの場合、それは人間の体における普通の反応です。

何らかの刺激を受けることによって肌が炎症を起こすと、表皮細胞であるメラノサイトが活性化してメラニン色素が多く作られ、その部分の肌の色が濃くなります。その際の刺激とは紫外線や外傷など様々なものがありますが、美容目的で行われるレーザー治療も含まれます。

このように、レーザーなどの刺激によって肌に色素沈着が起きることを炎症後色素沈着(PIH)といい、シミを取るための処置によって現れたものは戻りシミと呼ばれています。

炎症後色素沈着は皮膚が刺激を受けて1か月後に起こりやすく、レーザー治療によって1か月以内に再発したシミの多くは、この色素沈着が起きているといってよいでしょう。

約半年で戻りシミは消える
刺激によって一度は活性化したメラノサイトですが、時間の経過により働きが沈静化してきます。顔にできた炎症後色素沈着の場合は半年程度で消えていくため、あまり心配する必要はありません。

ちなみに、顔よりも新陳代謝の悪い腕や背中などに炎症後色素沈着ができた場合は、消えるのに数年かかるといわれています。

そのシミ再発?それとも新たなシミ?

レーザー治療後に再び現れたシミが炎症後色素沈着である場合が多い一方、新しいシミができてしまったという可能性もあります。

そもそも、メイクやスキンケアなどでよく触り、高い位置にあることから紫外線の影響を受けることの多い顔は、シミができやすい部位です。特に皮膚が薄くデリケートな目元や、頬骨があって高く紫外線によるダメージを受けやすい頬は、シミの好発部位だといわれています。

それゆえ、一度レーザーでシミを取った場所に新しいシミが出現してしまうのは、何ら不思議なことではないのです。

肝斑の場合はシミが消えない?

シミが肝斑の場合は消えないことも!?
30~40代の女性に多く、頬や口元など顔の左右対称に現れるという特徴をもつ肝斑。シミはレーザー治療によって消すことができるという認識がある一方、そのシミが肝斑だった場合はレーザーを当てても消えないことがあります。

肝斑は、妊娠やピルの服用など女性ホルモンの変化に強く関係してできるといわれています。紫外線や外的刺激によって現れるシミとは原因が根本的に違うため、その治療は内服薬・外用薬が用いられるのが一般的です。

反対に、レーザーによる刺激は症状を悪化させる恐れがあるため、レーザー治療を行う際はシミの種類をしっかりと見極める必要があります。

隠れ肝斑の場合は新たにシミができてしまう
肝斑の中でも肌の内部に潜んでおり、まだ表面には現れていないものを隠れ肝斑といいます。

シミを除去するための処置としてよくレーザーが用いられますが、怖いのはその部位に隠れ肝斑があった場合。レーザーを照射する部位に隠れ肝斑があった場合、その刺激によって肌の表面に浮き出てしまうことがあります。

そのため、シミを取るためにレーザーを当てても、そこに隠れ肝斑があれば新たなシミが出現してしまうのです。

なお、隠れ肝斑による被害を最小限に抑えるためには、レーザー治療後のアフターケアをしっかりと行い、万が一肝斑が現れた場合はその治療も同時に行っていくことが重要だといえます。

レーザー治療後のシミの再発を予防する方法とは?

施術を受けた後に様々な原因で現れる戻りシミ。とはいえ、いくつかのポイントに気を付けることで、レーザー治療後に起こるシミの再発を予防することは可能です。せっかく消したシミを再び蘇らせないためにもしっかり覚えておきましょう。

治療後の肌はデリケート!刺激は厳禁

レーザー治療を受けた後の肌はいわば火傷をしている状態であり、外部からの刺激に対して非常に弱くなっています。メラニン色素も作られやすくなっているので、刺激を与えることは新たなシミが発生する原因にもなります。そのため、施術後の肌は極力刺激を避けたケアをしてあげることが大切です。

特に、洗顔時は顔を擦らないように注意すること。洗顔料はしっかりと泡立てて肌に触れないように泡を転がし、ぬるま湯か水を使って流しましょう。お湯で流すのは乾燥を引き起こすため、避けて下さいね。

絆創膏や薬など医師の指示に従おう

病院によっては絆創膏や専用のシールが処方されることがあります。これらは、紫外線や外的刺激から施術部位を守るために貼るものです。勝手に剥がしたりはせず、医師から指示された期間は必ず貼ったままにしておきましょう。

ただし、絆創膏やシールを処方するかは病院ごとに異なります。何も貼らずワセリンなどで保湿するだけというパターンもあるので医師に確認してみて下さい。

また、レーザー治療後に薬を処方された場合は、使用方法をきちんと守ること。用法用量を無視して使うと思わぬトラブルを引き起こすこともあるため、薬を使う際は医師の指示に従いましょう。

デリケートになった肌のスキンケア対策とは?

施術後のスキンケアは保湿重視で行う
先ほどお話しした通り、レーザー治療でシミを除去した後の肌は火傷を負っているような状態であり、乾燥しやすくなっています。乾燥は肌のバリア機能を著しく低下させるため、様々な刺激から皮膚を守ることが難しくなります。だからこそ、施術後の肌は保湿を重視したスキンケアを行なっていくことが大切です。

ただし、レーザー治療を受けた後の肌は刺激に弱くなっているため、スキンケア製品の種類によっては肌トラブルを引き起こす可能性もあります。使用するスキンケア製品はできるだけ低刺激のものを選び、肌にダメージを与えないように気を付けましょう。

オススメ商品・モイスチャーリフトマスク
価格:2,000円(税抜)
内容量:2枚
会社名:株式会社サンソリット
Amazon:3,240円(税込・3枚入)・5,267円(税込・6枚入)
防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)不使用・無香料・無着色・無鉱物油・石油系界面活性剤不使用・アルコール不使用

美容液1本分の成分が含まれた、肌に潤いを与えるマスクです。人間が元々もっているたんぱく質の一種であるEGF、筋肉の緊張を和らげるアセチルヘキサペプチドに加え、保湿効果の高いヒアルロン酸や皮膚にハリをもたらす低分子コラーゲンが、美容成分として配合されています。

なお、マスクに採用されているのは火傷の治療にも使用されるというナノ繊維。保湿が必要不可欠となるレーザー治療後の肌にぴったりのマスクです。

初回の注文は、マスク2枚の他にスキンピールバーAHAマイルド・15gと泡立てネットがついてきます。古い角質を原因としたくすみやザラザラ感に悩んでいる人は、試しに使ってみて下さい。

Amazonでも3枚入と6枚入を購入することはできますが、初回特典はついてきませんので注意が必要です。

治療後には紫外線対策が必須?美白対策を!

バリア機能が下がった肌を紫外線から守ろう
施術後は肌のバリア機能が低下しやすくなっており、ちょっとした刺激でも炎症を起こしたり、新たなシミが作られやすくなったりするため、注意が必要です。それゆえに、レーザーによる治療を受けた後は、保湿だけでなく紫外線対策もしっかりと行う必要があります。

大切なのは、日焼け止めをきちんと塗ること。ただし、SPF値が高い日焼け止めは肌への負担が大きくなるため、あまりおすすめはできません。実は、SPF50とSPF30は効果の持続する時間が違うだけで、紫外線のカット力は大して変わらないのだとか。

それよりも、SPF30程度までの日焼け止めを何度も塗りなおした方が、皮膚への負担を抑えつつ紫外線から肌を守ることが可能です。

UVクリームとサングラスで徹底的に対策を!
メラニン色素の生成を促してシミを作り出す紫外線ですが、春や夏ばかり気を付ければよいというわけではありません。太陽光線に含まれる紫外線は、1年中降り注いでいます。だからこそ、肌を紫外線から守るために、UVクリームは1年中使用した方がよいでしょう。

また、紫外線が目から体内に入り込むと、全身のメラノサイトが刺激されてメラニン色素が生成されやすくなります。そうなると、たとえ紫外線を浴びていない肌でもシミができてしまうのだとか。こういった事態を防ぐためにもサングラスで目を保護して、紫外線が体内に入ってしまうのを防ぎましょう。

シミの再発を防げる生活習慣を身に着けよう

シミをレーザーで取ることはできますが、それよりも新しいシミを作らないことが大切です。食事や睡眠に少し気を付けるだけでも、シミができる確率はぐっと下がるもの。シミの再発を防ぐために、生活習慣で気を付けるポイントについてお話ししていきます。

質の良い睡眠は肌の新陳代謝を促進

紫外線などの刺激によって皮膚の内側に作られるメラニン色素は、肌の新陳代謝が正常であれば通常28日ほどで垢として剥がれ落ちます。つまり、シミの再発を防ぐためには肌の新陳代謝を促進させることが大切なのですね。

そのためには、まず質の良い睡眠を十分な時間確保することが求められます。眠っている間に分泌される成長ホルモンは、皮膚細胞の分裂や再生を司るホルモン。つまり、睡眠をしっかりとると成長ホルモンがたくさん分泌され、肌の新陳代謝が促進されてメラニン色素が体外へ排出されやすくなるのです。

逆に寝不足だと、成長ホルモンの分泌量が低下して肌の新陳代謝の能力が落ちるために、メラニン色素が皮膚に残留しやすくなります。

シミ対策に必要な栄養素を摂り入れよう

抗酸化作用の高いビタミンCとカロテノイド
紫外線は体にとって有害なもの。そのため、紫外線を浴びるとその刺激から体を守るために活性酸素が作られます。しかしその一方で、紫外線に肌が当たり過ぎると活性酸素が大量に作られ過ぎてしまい、皮膚にダメージを与えてシミの原因となってしまいます。

このことから、シミ対策としては抗酸化作用のある栄養素を取り入れ、活性酸素の働きを抑えることが重要。そして、数ある栄養素の中でもビタミンCや、赤やオレンジ、黄色の天然色素であるカロテノイドは抗酸化作用の高い成分だとして有名です。

おすすめはトマトとパプリカ
ビタミンCとカロテノイドを効率的に摂るためには、トマトや赤パプリカを食事に取り入れるのがおすすめ。

トマトはビタミンCと、カロテノイドの中でもカロテン類に属するリコピンを含んでいる食べ物です。リコピンの抗酸化作用は、同じ効果を持つビタミンEのおよそ100倍だといわれています。

さらにパプリカはビタミンCの他に、カロテノイドの分類でキサントフィルに属する成分を7種類も含んでいます。ビタミンCやカロテノイドは食品で摂ることも可能ですが、トマトやパプリカを毎日食べ続けるのは少し大変です。そんな時は、シミへの効果が高い栄養素を含んだサプリメントを活用してもよいでしょう。

シミ対策におすすめのサプリ①ロスミンローヤル
初回限定価格:1,900円(税抜)
内容量:270錠(30日分)
会社名:株式会社アインホールディングス
>>公式サイトはこちら

累計販売数70万個を記録した、シミと小ジワの両方を同時にケアできるサプリメントです。

13種類の有効成分と9種類の生薬成分の働きにより、すでに肌が受けたダメージを癒しつつ全身の血流を改善。紫外線を原因として起こるシミや小ジワを防ぎます。さらに、血行不良によって引き起こされる肩こりや冷え性、腰痛などのトラブルに対処できるのも大きな魅力です。

ロスミンローヤルは公式サイトにおいて、通常購入と定期コースの2種類から購入方法を選ぶことができます。どちらも初回限定価格は1,900円ですが、定期コースは送料手数料が無料になる上、2回目以降も約25%OFFの価格で購入することが可能。続けて購入するつもりであれば、定期コースを選ぶのがおすすめですよ。

シミ対策におすすめのサプリ②トランシーノ ホワイトCクリア
メーカー希望小売価格
1,600円(税抜)60錠(15日分)
2,600円(税抜)120錠(30日分):
会社名:第一三共ヘルスケア株式会社
Amazon:3,796円(税込)120錠
>>公式サイトはこちら

紫外線などの刺激によってできるシミを予防し、すでに肌に作られてしまったメラニン色素を薄くする効果が期待できるサプリメントです。

メラニンの産生を促すチロシナーゼの生成や活動を抑制し、アミノ酸の一種であるチロシンがメラニンに変化するのを防ぐL-システインを最大量の240㎎配合。その他、メラニンの無色化を進めるビタミンCや、血行促進効果のあるビタミンE、皮膚の新陳代謝を活性化させるビタミンB2・B6が、肌にできたメラニン色素の排出を進めてくれます。

トランシーノ ホワイトCクリアは、現在Amazonなどの通販サイトで購入が可能です。公式の通販サイトが存在しない上、Amazon以外の通販サイトでは売り切れなどを理由に発売休止が続出している様子。取り扱いがある店舗も存在しているようですが全国的には少なめです。

購入を希望する場合は最寄りのドラッグストアに尋ねるか、Amazonで早めに注文をした方がよいでしょう。

シミ取りレーザー治療を受ける前に知っておきたいこと

レーザー治療と聞くとどんなシミでも消えるように思いますが、レーザーは万能ではありません。有効なシミの種類や消えるまでの道のりなど、シミ取りレーザー治療を受ける前の予備知識としていくつかのポイントを押さえておきましょう。

種類により治療方法が違う?あなたにレーザーは必要?

「シミ」と一言でいっても、その見た目や原因には様々なものがあります。そして、レーザーは決して完璧な力をもっているわけではなく、シミの種類によっては効果が望めないことも。

つまり、自分のシミがどの種類なのかをきちんと把握して、本当にレーザー治療を受けるべきなのかを見極めなければなりません。なお、レーザー治療が効果的なシミの種類は以下の通りです。

老人性色素斑
紫外線などによってできるシミであり、加齢と共に多く現れるという特徴があります。「シミ」と表現されるものの正体は、ほとんどが老人性色素斑です。

雀卵斑(そばかす)
茶色の小さいシミが顔の広範囲に表れ、よく「そばかす」と表現されます。シミの大きさは1つにつき3~5mm程度。遺伝的な要因が大きく関わっていますが、一方で紫外線の影響で色が濃くなる特徴があります。

後天性真皮メラノサイトーシス 
頬骨付近・鼻翼部などにシミがまとまって現れるという特徴のあるシミです。シミの大きさは直径1~3mmと小さく、灰褐色や灰紫色をしています。原因となっているメラニン色素は皮膚の奥(真皮層)に存在しており、シミの輪郭ははっきりしません。

脂漏性角化症
盛り上がっていて、触るとざらざらするシミのことをいいます。加齢によって全身に現れますが、紫外線の影響を受けやすい顔に出現しやすい傾向にあります。色も黒や茶色、中には肌の色とあまり変わらないものまで様々で、放置すると徐々に大きくなっていきます。

一方、レーザー治療がおすすめできないシミの種類はこちらになります。

肝斑
女性ホルモンの変化が深く関係して現れるシミです。頬や口元に左右対称に現れるのが特徴で、一般的な治療は外用薬や内服薬を使用して行われる一方、レーザー治療は状態を悪化させる恐れがあります。

炎症後色素沈着
レーザーや外傷、ニキビなど肌が強い刺激を受けたことにより、一時的にメラニン色素が多く作られたシミのことをいいます。通常なら時間の経過と共に薄くなるため、新たなレーザー治療は不要。病院によっては内服薬や外用薬を使っての治療も行われます。

レーザー治療に向くシミと向かないシミを紹介しました。ただし、ほとんどの病院は患者のシミを診察した上でレーザー治療が必要かどうかを説明してくれます。レーザーに不向きなシミに自己判断で施術を行うことはありませんので、安心して下さい。

それに、色も形も様々なシミの種類を自分で特定するのは難しいこともあります。心配なようなら、一度話を聞いてもらいに病院を訪れてもよいでしょう。

シミは1回のレーザー治療では消えない?

シミはレーザー治療によって消すことができますが、一度施術を受けただけでは消えません。レーザーの種類にもよりますが、多くの場合は完治するまで最低数か月程度はかかるようです。医師の診察とレーザー治療、経過観察という流れを何度か繰り返すことになることを、念頭に置かなければなりませんね。

とは言っても、シミの大きさや種類によってその期間は異なります。レーザー治療を受ける際は医師に相談しながら、回数や治療方針を慎重に決めていきましょう。

肌の保湿は施術前から重要!

保湿重視のスキンケアは、レーザー治療後に限った話ではありません。施術後の肌は火傷に近い状態のため、普段の肌よりも乾燥が起こりやすくなります。つまり、施術前の肌がすでに乾燥していれば、治療を受けた後の肌はますます乾燥が進んでしまい、重度のトラブルに繋がる恐れがあるということです。

よって、肌の保湿はレーザー治療に臨む前から入念に行っておくことが大事。肌の乾燥はシミやシワ、ニキビや皮むけなどの原因となるため、普段から保湿をしっかりしておいて損はありませんよ。

まとめ

レーザー治療を受けた部位に、消えたはずのシミが再び浮き上がるのは稀なこと。施術後は医師の指示通りにしっかりとケアを行えば、シミはきちんと消えていきます。

シミを1つ消すまでの道のりは決して短くありませんが、地道に通院して正しいケアを継続することが大切です。その上で、新たなシミを作らないように紫外線対策や保湿を取り組み、生活習慣を整えて美肌へと繋げましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ハイドロキノンに潜む発がん性のリスクはある!!

  2. 20代のシミを消すおすすめ化粧品ランキング!

  3. シミを消すプチプラ化粧品10選!おすすめ使用法や注意点も解説

  4. シミを消したい!おすすめ海外クリームと使用法から予防法まで

  5. コーセーの化粧品で最も売れているシミ消し商品TOP5!

  6. シミ取りレーザー失敗の原因とアフターケア対策を徹底解説!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。