即効性あり?!シミを消すクリームはコレ!!

シミは消えます!

今話題のシミ消しに徹底的に効く、肌の漂白剤と言われている『ハイドロキノン』商品を厳選しました!
ハイドロキノン商品以外でもシミに効く多くの美白ケア商品を試した中から10点厳選し美白効果をご紹介します!

『シミ消し商品はウソばっかり!!』
『シミ消しクリーム効果に実感がない…』
『30歳過ぎて急にできたシミ…』
『妊娠・出産でシミができて焦ってる』
『そばかす…もうあきらめてる』
『レーザー治療にしようか検討中…』
『皮膚専門家が開発したシミ消しを探している』

もう…本当にシミにはうんざりですよね。
シミがあるだけで老けて見えるし、コンシーラーで消すにも限界あるし…。
執筆者も今治療真っ最中です( ; ; )

だからこそシミを極めてシミを消す近道を伝授したいと思います!
シミを消す事はそうそう簡単ではないですが、確実な変化はあります!!
そういった確実な変化や、体験レビューを残していきますのでシミが消えるまで末長くお付き合いよろしくお願いします!

あと、シミって幅広い年齢で肌悩みとしてランキングされていますね。
ご両親・友達・子供にも伝授できる情報が満載なので心してご覧ください(^^)♪

スポット専用クリームでシミを消す

 
さっそくですが、顔にできているシミを集中的にケアするスポット専用美白クリームの紹介をします!

シミを消す話題のハイドロキノン効果

 
シミで悩んでいる方の半数以上はご存知かと思いますが、シミ消し効果が期待されている『ハイドロキノン』

別名『肌の漂白剤』と言われているハイドロキノンについて、いろいろな良いうわさ…悪いうわさが飛び交っていますがここでハイドロキノンの怖い噂の原因』『効果と知っておいて欲しい注意点を調査しましたのでご覧ください。

なぜ噂では怖いと言われているのか?

『ハイドロキノンは刺激が強い成分で、濃度が高いと肌に刺激を感じるため噂では怖い』といわれています。

よく間違える成分として、ハイドロキノンモノべンジルエーテル(モノベンゾン)という配合禁止成分のハイドロキノンがあります。
この成分は、ハイドロキノンとは全くの別物です。

色素細胞に対する毒性が非常に強く、アレルギーを起こしやすくし、長期に継続使用すると不可逆的(元に戻らない)白斑を引き起こすことが知られているためこのハイドロキノンモノべンジルエーテルは配合禁止成分となっています。

あと、発がん性があると噂されていますが『国際がん研究機関(IARC)』という世界保健機構(WHO)の外部機関で検証された結果ヒトに対する発がん性がないと分類されていますのでご安心ください

ハイドロキノンの効果と注意点

ビタミンC誘導体やアルブチンなど、さまざまな美白成分がありますが、中でもハイドロキノンが一番美白効果が高いです。

効果
ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻止し、メラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)に働きかけ減少させる効果があります。
メラニンは紫外線などの刺激によって酸化され、黒く濃くなる性質を持っており還元作用(化学反応)により酸化を還元し、メラニンの色を薄くする作用もあるのです。

ハイドロキノンにはシミの予防と、すでにできてしまったシミを薄くする2つの効果があり、効果の目安の期間ですが、大体2週間〜1ヶ月で効果が感じられる方が多いようです。

注意
ハイドロキノンクリームを使用する際には注意点があります。
注意点を守って使用すれば、ハイドロキノンで効果的にシミ対策をすることができます。

・同じ部分に長期使用は危険
同じ部分に使用し続けると、肌が弱くなっている可能性があります。
通常3ヶ月使用したら1ヶ月は休止期間を作ることをお勧めします。

・使用期限内で使用する事
ハイドロキノンは酸化しやすい成分なので、変色(茶色)する商品もあります。
目安期間として1ヶ月〜2ヶ月で使い切るようにして下さい。

・使用前にパッチテストを行う
自分の肌に赤みや炎症など異常が起きないか試す必要があります。
絆創膏にハイドロキノンクリームを塗布し、腕の裏や皮膚の薄い部分に張り、24時間程度観察して下さい。
赤みや炎症など肌に異常が起きなければ使用しても問題ないでしょう。

・使用後は紫外線に当たらない・紫外線対策をする
ハイドロキノンに紫外線があたると酸化が進行し、化学反応を起こして刺激性の強い成分へと変質する可能性があります。
外出時に関わらず、UV15%以上のものを使用し対策をして下さい。

美白ケアでシミを消す 

 
できてしまったシミを消すのは時間がかかるし、完全に消すのはむずかしいです。
日ごろから美白化粧品でシミ予防をすることをおすすめします。

美白ケアとスキンケアの効果の違い 

 
通常のスキンケアではシミを改善することはできないのでしょうか。
美白ケアとスキンケアの効果はどのように違うのか解説します。

美白ケアとスキンケアの効果の違い

美白ケア化粧品には、できてしまったシミを薄くする成分や、シミを予防するためにメラニンの働きを抑える成分が配合されています。

シミを薄くする成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどがあります。

シミ予防成分には、アルブチンやエラグ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸S、コウジ酸、プラセンタエキスなどがあります。

できてしまったシミを消したいときには、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが高濃度で配合されている化粧品でケアする必要があります。

また、肌の弱い人は肌にやさしい、プラセンタエキスやトラネキサム酸が配合されている化粧品を選ぶといでしょう。

一方のスキンケアでは、肌の乾燥を抑えるためにヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されている化粧品で保湿力を高めたり、ハリや弾力を高めるケアをします。
 

スキンケアから美白ケアの切り替えは何歳から?

美白ケアをするならできるだけ早いほうがよく、20歳からでも早すぎることはありません。
シミを予防するためにも、肌の状態に合わせて美白ケアを行いましょう。 
 

スポット専用クリームと美白ケアの効果の違い 

 
ハイドロキノンのクリームにはスポット専用と美白ケアのタイプがあります。
2つの化粧品は効果にどのような違いがあるのでしょうか。
 

スポット専用クリームと美白ケアの効果の違い

スポット専用クリームは、できてしまっているシミだけに焦点をしぼって効果を発揮するために作られています。

そのため美白ケアタイプに比べて、ハイドロキノンの濃度が高いものが多いです。

美白ケア化粧品では、毎日のスキンケアに取り入れられるように、少しだけハイドロキノンが配合されているものもあり、肌全体の明るさを出したり、シミの予防を目的に使用します。
 

シミができる仕組み

皮膚の少し奥でシミのもとになるメラニンが作られて、それが肌の生まれ変わりでだんだん表面まで上がってきて、シミとして見えるようになります。

紫外線を浴びることで、メラノサイトというメラニンを作る働きをするところで、メラニンが作られます。

普通は、肌の表面にシミが出てきても肌の生まれ変わりで、はがれ落ちてなくなるのですが、たくさん紫外線を浴びると、はがれ落ちきらずにたくさん残ってしまいます。
 

シミを予防してくれる食べ物

 
バランスのよい食生活に加えて、ビタミンCやビタミンE、リコピン、アスタキサンチン酸、エラグ酸などの成分が含まれている食べ物を食べて体の内側からシミを予防しましょう。

じゃがいも、ブロッコリー、にんじん、たまねぎ、トマト、ピーマン、キャベツ、セロリ、りんご、キウイフルーツ、鮭などがおすすめです。

安く簡単にできるおすすめレシピは、鮭のホイル焼きやミネストローネです。
トマトに含まれるリコピンは、オリーブイルと一緒に食べるとより吸収力が高まります。
 

シミの種類 

 
・老人性色素斑

輪郭がはっきりとした丸い茶褐色のシミ。

原因は紫外線で、40代以降にできやすいですが、紫外線をよく浴びる人は20代でもできます。

・肝斑

見た目は老人性色素斑に似ていて顔の左右対称にできます。

原因は女性ホルモンが影響しているといわれていて、30代~50代でできることが多い。

・雀卵斑(そばかす)

2~3mmの点々が散らばったような茶色いシミです。

原因は、遺伝や紫外線が考えられ、小学生ごろからできます。

・脂漏性角化症

少し盛り上がった茶色いイボのようなものや、平らで小さいものもあります。

原因は老化で肌の代謝がうまく行われないことで、40代以降にできやすい。

・遅発性両側性太田母斑 

青黒色や褐色で点状にできます。

原因はメラニン色素が肌の奥で増えることででき、20代後半にできやすい。
 

シミの治療方法

 
 
・老人性色素斑…レーザー治療、ハイドロキノン配合クリーム

・肝斑…ハイドロキノン配合クリーム、トラネキサム酸やビタミンC誘導体配合の美白ケア化粧品

・雀卵斑(そばかす)…レーザー治療、ハイドロキノン配合クリーム

・脂漏性角化症…炭酸ガスレーザー、液体窒素

・遅発性両側性太田母斑…レーザー治療
 

自分の肌質を知る 

 
・普通肌…適度な皮脂で包まれていて、うるおい、弾力、ハリがある健康な状態。

・乾燥肌…乾燥してうるおいがなく、皮脂も少なめ。

・敏感肌…日差しやほこり、化粧品など、外からの刺激に弱い。

・脂質肌…常に多くの皮脂が出ていてべたっとしている。

・混合肌… 部分的に乾燥したり、べたついたりしている部分がある。
 

スポット専用美白クリームでシミを消す 

 
①ファンケルホワイトニングスポッツスティック

数量限定部分シミ消しスティック 

1本\3,240

肝斑、そばかすに効果的。

1カ月で効果を実感する人が多いです。

固形タイプのスティックで、すべての肌質に使えます。

夜のスキンケアの最後に塗ります。

②アンプルールラグジュアリーホワイト

濃厚ハイドロキノンでシミを集中攻撃! 

コンセントレート11ml\10,800

老人性色素斑やそばかす、肝斑に効果的。

1カ月で効果を実感する人も。

さらっとしたテクスチャーで普通肌、脂質肌におすすめ。

夜、化粧水の前に軽く1プッシュを気になる部分だけに塗ります。

③セルピュア ブライトニングクリスタル

皮膚専門家監修ハイドロキノン5%

12g\4,860

老人性色素斑、肝斑に効果的。

1カ月で効果を実感する人が多いです。 

やわらかなテクスチャーで普通肌、脂質肌におすすめ。

夜のスキンケア後、気になる部分だけになじませます。

④プラスナノHQ

コンシーラーを手放せたハイドロキノン4% 

5g\3,240

老人性色素斑やそばかす、肝斑に効果的。

2カ月目以降に効果を実感する人が多いです。

固めのテクスチャーで普通肌、脂質肌におすすめ。

スキンケア後、気になる部分にポンとのせるだけ。

⑤オバジ HQ ブライトニングナイトセラム (夜用集中美容液) 10g

高密着ハイドロキノンでシミスポット撃退! 

10g\9,720

老人性色素斑やそばかすに効果的。

4カ月目以降に効果を実感。

固めのテクスチャーで普通肌、脂質肌におすすめ。

夜のスキンケアの最後にポイント的に塗ります。

⑥桜白 ブライトニングマイクロニードル 

8回分\8,640

老人性色素斑や肝斑に効果的。

2カ月目以降に効果を実感。

シールタイプで、週2~3回、夜貼ってそのまま寝るだけ。

すべての肌質に使えます。

※価格はすべて税込です。
 

美白ケアでシミを消す 

 
①ビーグレン

美白集中ケアしたい人にハイドロキノン配合のホワイトクリーム1.9\6,480

なめらかなテクスチャーで、そばかす、老人性色素斑、肝斑に効果的。

1カ月で効果を実感。

普通肌、脂質肌、混合肌におすすめ。

夜のスキンケア後、顔全体になじませます。

ホワイトケアトライアルセット\1,944

②saeruアドバンスホワイトニングケア

乾燥肌・敏感肌専門で作られた商品。 

トライアルセット\1,480

そばかす、老人性色素斑に効果的。

1カ月で効果を実感。

朝・夜のスキンケアで顔全体になじませます。

③アスタリフトホワイト

トライアルキット\1,080で試せる美白土台ケアでしっかりとした美肌になるための土台を築きます。 

老人性色素斑、肝斑に効果的。

敏感肌、乾燥肌におすすめ。

1カ月で効果を実感。

朝・夜のスキンケアで顔全体になじませます。

④フレキュレル

そばかす専門美白ケア!子供にもOK! 

40g\5,907

みずみずしいテクスチャーでそばかすに効果的。

1カ月で効果を実感。

敏感肌、乾燥肌におすすめ。

夜、顔全体になじませたあと、気になる部分に重ね塗り、寝ている間に浸透します。

⑤アクアレーベル 美白

10代20代におすすめ高品質美白ケア 

ホワイトアップセット\1,296

老人性色素斑、そばかすに効果的。

乾燥肌におすすめ。

1カ月で効果を実感。

⑥HANA オーガニック

オーガニック業界初、天然100%オーガニック美白ケア

スポット美容クリーム15g\5,400

トライアルセット\1,480

老人性色素斑に効果的。

敏感肌におすすめ。

2カ月で効果を実感。

⑦ファンケル ホワイトニング

長年の居座りシミ専用美白ケア

トラネキサム酸配合で、根にあるメラニンに働きかけてくれます。

パーフェクトホワイトニングキット\5,800

老人性色素斑、そばかすに効果的。

普通肌、脂質肌におすすめ。

1カ月で効果を実感。

⑧トランシーノ

薬用専門美白ケア 

トライアルセット\540

肝斑に効果的。

敏感肌、乾燥肌におすすめ。

1カ月で効果を実感。

1日2回服用の肝斑に効く薬「トランシーノⅡ」も出ています。

⑨アンプルールラグジュアリーホワイト

皮膚専門家が開発した今注目のスペシャル美白ケア 

美白うるおいケアトライアルキット\1,890

老人性色素斑に効果的。

普通肌、乾燥肌におすすめ。

1カ月で効果を実感。

⑩HAKU

13年連続NO.1美白部門、受賞実績が多数ある実力派ケア商品。 

メラノフォーカス10gお試しサイズ\2,700

少し固めですがなじみがよく、老人性色素斑、そばかすに効果的。

普通肌、乾燥肌におすすめ。

朝・夜の化粧水のあとに顔全体に塗ります。

2週間で効果を実感する人も。

⑪SIMIUSシミウス

10才若く見える本格シミ対策オールインワンジェル 

60g\4,098

老人性色素斑、そばかすに効果的。

普通肌、敏感肌、混合肌におすすめ。

1カ月で効果を実感。

朝・夜のスキンケアに顔全体に塗ります。

⑫エリクシール ホワイト

美白とエイジング ケアができる、30代40代におすすめ美白こだわりケア

トライアルセット\1,188

老人性色素斑、肝斑に効果的。

普通肌、乾燥肌、混合肌におすすめ。

3カ月で効果を実感。

⑬ブライトエイジ

美白&エイジング2刀流専門ケア 

トライアルキット\1,512

老人性色素斑、肝斑に効果的。

乾燥肌、普通肌におすすめ。

10日間で実感できる人も。

⑭エファージュ

50代60代おすすめ欲張り美白ケア 

トライアルキット\1,404

老人性色素斑、そばかすに効果的。

すべての肌質に使えます。

1週間で効果を実感できる人も。

※価格はすべて税込です。
 

シミ消しの即効性を求める方へ 

 
皮膚の奥にできてしまったシミには1週間や2週間のケアでは、消すのはむずかしく、時間をかけてケアする必要があります。

確実に、すぐにシミを消したい方はクリニックへ行くことをおすすめします。

クリニックでのシミ治療は

・シミ取りレーザー…1回\3,000~\5,000、約半年でシミが薄くなります。

・内服薬…1カ月分で約\3,000~\5,000、3カ月~半年で効果が出ます。

・外用薬…ハイドロキノン1カ月分で約\3,000、トレチノイン6週間分で約\3,000~\6,000

  • コメント: 0

関連記事

  1. ハイドロキノンに潜む発がん性のリスクはある!!

  2. シミを消したい!高校生でも注意すべきシミ対策3選

  3. シミ取りの値段ってどれくらい?きれいにケアして、顔の印象アップ!

  4. 【20代後半のシミケア決定版】化粧品選びのポイント

  5. スムージーでシミを消せる?おすすめレシピ&シミの改善方法を調査

  6. シミを消したい!おすすめ海外クリームと使用法から予防法まで

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。