シミが消える化粧品の選び方!

年齢を重ねるにつれて大人ニキビやくすみ、たるみ、毛穴の開きといった、いろいろな悩みが増えていきます。

その中でもメイクでは隠せないものがあります。

それはシミです。今回は、シミを消す化粧品で『間違いない化粧品』を揃えました!シミが薄くなれば、透明感が出て肌のハリも出てきます。

いろんな美白ケアを試してきたシミ歴が長い方!
たくさんシミを消す化粧品がありすぎて何を選んでいいのかわからなくなってる方!
今のシミを化粧品で隠しながらシミを消せる化粧品があるといいのになと思ってる方!
そしてとりあえず効果を感じシミを薄くさせたい!

と思っている方に、非常に役に立つシミ商品とシミの情報をどこよりも分かりやすく記事にしてご説明したいと思います!

必ず役に立って、シミに対する考え方も変わりますのでご覧ください!

ご存知でしたか?30代以降の女性の肌悩みNo.1はシミとくすみです。

30代前後から徐々にシミが出現し、焦り始めますがまだ薄いし根拠のない『大丈夫』って思い放置していませんか?

放っておいて薄くなることなんて絶対にないのです!シミが薄いうちの対処と予防をおすすめします!

シミが濃くコンシーラーでも隠しきれないシミがある方でも手遅れではないです!そんな悩みを解消できる情報もありますのでお役に立ててくださると幸いです。

それでは早速、未来のシミを消すことが可能なシミ消し化粧品のご紹介をします!

これを使えば将来のシミは消える?おすすめ化粧品!

遺伝形成でシミになってしまったものは抜本的な除去は難しいとしても、薄く目立たなくすることが可能で、もちろん紫外線でシミになってしまったものも同様に薄くすることが可能なのです。

おすすめ美白ケア商品

《ビーグレン》
・美白集中ケアしたい人

ビーグレンの商品にはシミ対策やニキビ対策、敏感肌対策と言った様々な商品が合取り扱いされており、その中でもホワイトケアはシミ対策にもってこいのアイテムなのです。

集中美白をして、肌のキメを整えたいという人には、ビーグレンがおすすめです。

ビタミンCとハイドロキシンで肌のくすみを無くしシミを薄くしてくれます。さらっとしたテクスチャーで伸びが良く、肌に吸い付くようにクリームが浸透していきます。

夜は化粧水・乳液・美容液・目元用美容液・保湿美白クリームなどといった5つのステップで集中ケアをします。

トライアルセットも発売されており、1944円で試すことが出来ます。乾燥肌や敏感肌の人でも使えるよう、肌に優しい無添加のものを使用してあります。

実際にトライアルキットを試した人で、3.4日ほどで、肌の潤いが変わってきたと報告がありました。パール大の大きさを出して顔の5点において内から外へマッサージしながら伸ばしていくと効果がアップします。

《saeruアドバンスホワイトニングケア》
・敏感肌専門美白ケア(乾燥肌・敏感肌専門でつくられた商品)

敏感肌の人でも美白ケアはしたいですよね。

ちょっとしたストレスや過食、睡眠不足、化粧が合わなかったというだけでニキビができたりカサカサしたりする敏感肌でも、サエルのホワイトニングケアだと、肌質を向上させながら肌の透明感をアップさせてくれます。

キメを整えるハイドロキシンや抗酸化効果のあるグリチルリチン、セラミドで肌バリア機能を高めます。初回限定は1480円で洗顔・保湿ケアが試せます。

1週間ほどで効果が現れはじめ、明らかに肌のぷるぷる感が増し、毛穴の開きが閉まってきます。美白効果は1か月ほどで肌のターンオーバーが整い、シミが薄くなってきます。保湿化粧水・美容液・クリーム・下地をトライアルで試せます。

サエルの場合は、さらさらした水のようなテクスチャーなので、まず人肌で化粧品を温め、顔を覆うように包むようにして手のひら全体でパックするように浸透させていきます。

《アスタリフトホワイト》
・トライアルセットが1000円で試せる美白土台ケア
(しっかりとした美肌になるための土台を築いてくれる)

富士フィルムが開発したカメラの反射を化粧品に応用した特殊技術で肌の透明感をアップさせてくれます。光の反射を利用し、肌が白く美しく見えるようにしてくれます。

たっぷりのセラミドで肌の角質層まで届いてキメを整え水分量と皮脂の量を黄金比率で整えてくれます。

潤い成分としてアスタキサンチン、リコピン、コラーゲンで潤いのあるお肌にしてくれて、美白成分のアルプチンでシミやアくすみを無くし、白い肌へと近づけてくれるのです。

わずか1000円でトライアルキットが試せるのも大きな魅力です。

ターンオーバーの乱れも正してくれるので、3か月もすればシミは目立たなくなり、メイクを薄くしても気にならなくなります。

トライアルセットは美白化粧水・美容液・クリーム・UVカットの美容液下地がついてきます。優しくマッサージするように手のひらで軽く添えるようにして塗っていきます。乾燥肌やオイリー肌の人は、たっぷりと保湿するようにしましょう。

《トランシーノ》
・薬用専門美白ケア(シミの肝斑に効く薬も出している)

洗顔やクレンジングにも肌を傷めないよう、サポートするトラネキサム酸やビタミンCが配合されています。薬用の肌荒れ防止のグリチルリチンも含まれているのでニキビや吹き出物の予防をしてくれます。

美白効果の高いトラネキサム酸、ルイボスエキス、ホワイトニングで肌のターンオーバーを促進させ、シミをどんどん薄くし、くすみさえも予防してくれます。
化粧水や乳液はハンドプレスをして肌を温めながらゆっくりと丁寧にケアしていくと効果も上がります。

フェイスマスクは週に1,2回の使用をすると美白効果が高まります。化粧水・美容液・フェイスマスク・保湿クリームで肌の調子を整えます。

トライアル2日間500円で購入ができます。試したい日数で数を増やせるので、まずは1週間ほどテスティングしてみるのも良いでしょう。

とろみのあるテクスチャーで肌触りが良く、効果が現れるのは1か月ほどです。乾燥肌や皮脂の多い肌質の人でも使えます。

《アンプルールラグジュアリーホワイト》
・皮膚専門家が開発した今注目のスペシャル美白ケア

アンプルールは、皮膚科医や専門医が監修した、美白ケアアイテムです。シミは今現れているものと今後現れるであろう隠れシミもあるのです。シミの原因であるメラニン育成を抑えて隠れシミを根本から除去してくれるのです。

コラーゲンやヒアルロン酸、トラネキサム酸はもちろん、ハイドロキシン、セラミドも配合されています。とろみのあるテクスチャーで、洗顔の泡はふんわりと厚みがあります。

スポット美容液と言って特に気になる部分を集中的にケアできる美容液でシミや肝斑を薄くしてくれます。トライアルは1890円ですので、試しやすい価格となっています。

洗顔・保湿化粧水・美容液・クリームゲルという順番で肌に恥じませていきます。肌荒れの気になる乾燥肌さんや敏感肌の方でも安心して使用いただけます。

1週間ほどで肌の潤いを感じられ、化粧ノリが全然違ってきます。

美白化粧品でケアできるのは”表皮のシミ”まで

トラネキサム酸やハイドロキシンは、美白ケアに必須の成分なので、それらが入ってあるか必ず確認しましょう。

そのほかにコラーゲン形成をしてくれるビタミンC誘導体や肌バリア機能を上げるセラミドも含まれているとなお良いでしょう。

美白ケアでシミが薄くなるのは表面に現れている部分が主になります。少し濃くなってきたと感じたら、すぐに対策しないとなかなか消えてくれません。

シミは美白化粧品で消えるの?

シミや遺伝や紫外線の関係で消えるなんてありえないと考える人も多いでしょう。ですが、毎日のしっかりとしたケアで薄くすることは可能です。

シミが薄くなると肌の透明感も現れてきます。美白効果の高い化粧品で、シミや肝斑の予防をしましょう!

美白成分

この成分の化粧品を選ぶと効果的だと記載して下さい.

・ビタミンC誘導体:ビタミンC誘導体は、コラーゲンの形成を手助けしてくれる成分です。
・アルブチン:美白効果を高めてくれます。
・プラセンタエキス:三大美容成分の一つで、肌の潤いをアップします。
・コウジ酸:メラニンの育成を抑止します。
・エラグ酸:シミの元となるメラニンを作るチロシナーゼという成分の活動を抑止します。
・トラネキサム酸:抗酸化効果があり肌トラブルの原因を無くし、美白効果を高めます。

これらの成分が配合されている化粧品を使用すれば、確実にシミが改善されて行きます。

シミが消えない理由

  
色々な化粧水を試してみて、シミが一向に改善されないという人も多くいます。そういった人にはある共通点がありますので、なぜシミが消えないのか解説したいと思います。

肌の状態が乾燥していた李肌荒れをしていたり、オイリー肌になっていたりするなど肌トラブルを抱えていると肌バリア機能が乱れてしまい、毛穴が引き締まらずメラニン育成も活性化し、シミが一向に改善されません。

また、シミには種類があり、そばかすや遺伝性のシミだと、生まれつきのものなので無くす・消すという事はほぼ不可能に近いので、薄くする程度で限界なのです。

そして、40代以上に多い、肝斑はメラニンが育成されたもので女性ホルモンの乱れによるものが原因とされています。

こうしたシミの対策として、紫外線対策が一番大切なのですが、UVカットや日焼け止め化粧下地をきちんとしていないと化粧水や美容液で対応していても効果が現れにくいのです。

肌のターンオーバーという言葉は聞いたことはありますか?

肌の古い角質が剥がれ落ち新しい皮膚が生まれ変わる期間なのですが、通常28日間という周期で肌が生まれ変わるのです。

食事の偏りや睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによってこれが乱れると古い角質が残ったまま毛穴詰まりを起こしてしまい吹き出物が出来たり、肌が突っ張ったり、シミやたるみの原因になったりするのです。

こうした原因が改善されることでシミやくすみと言った肌トラブルが解消されて行きます。ですので、化粧水では消せないシミもあるので自分のシミがどれにあたるのかも確認することが大切です。

あなたのシミはどれ?

鏡を手にしてすっぴんの状態でまずはどのシミタイプなのかチェックしてみましょう!それによってシミ対策が変わってきます。

シミの種類

 
老人性色素斑:ろうじんせい しきそはん
30.40代女性に多く、年齢と共に出てくるシミです。腕やデコルテ、背中などにもシミが現れ紫外線が主な原因として考えられています。今までの蓄積されてきた紫外線の数だけシミとして現れ大きさもまちまちなのが特徴です。

対策としては、紫外線カットの下地や日焼け止めを日ごろから塗ってケアしておくことが第一で、日中自宅にいたとしても日焼け止めを塗ることを忘れずにしましょう。そしてハイドロキシンやビタミンC誘導体、トレチノインなどといった塗り薬や美容液などを使用することをおすすめします。

これらの成分は、メラニン育成を抑えたり排出したりして、シミができることを予防してくれます。また、すでにできてしまったシミを薄い状態のまま濃くならないように進行をとどめてくれる働きもあります。

肝斑:かんぱん
左右対称にできる薄く広い少し大きめのシミです。頬下あたりにできる事が多く、輪郭がはっきりとしておらず、色が抜けたような感じがします。30,40代の女性に発症しやすくホルモンバランスの乱れやストレスによって引き起こされます。

美容皮膚科やクリニックでレーザー治療をする人もいますが、刺激が強く悪化する場合があるので、地道に化粧水や美白保湿クリームなどで対応するのがおすすめです。

シミの原因の紫外線カットやストレスをためないこと、そして生理不順を治すことも治療の近道になります。

雀卵斑:じゃくらんはん
俗に言う、そばかすのことですが、こちらは遺伝性のもので顔以外にも二の腕や背中にも現れることがあります。

幼少期のころから発症する人が多いですが、大人になって発症する人も多く、紫外線によって悪化しますので日ごろから紫外線対策をすることをお勧めします。

そばかすがひどくコンシーラーでも隠れないほどであればクリニックなどでの治療が一番ですが、サプリメントでビタミンCを摂取したりするのもそばかす対策になります。

脂漏性角化症:しろうせい かくかしょう
大きさにムラがあり、1ミリから2センチくらいの大きさのものまであります。できる場所は顔以外にもさまざまで突起のあるいぼのようなものもあり、一見素人では判断が付きにくいにも特徴です。指で触るとぽつっとした突起がありボロボロはがれるような場合があります。

70代以上の女性男性に多く発症します。対策としては、保湿と紫外線予防、血行を促すために体操をしたりマッサージをしたりすることも良いでしょう。ビタミンCを積極的に摂取しましょう。

炎症性色素沈着:えんしょうせい しきそちんちゃく
ターンオーバーが乱れたことによる吹き出物、ニキビがつぶれてしまったことによる皮膚の傷、そして皮膚摩擦などが原因で起こるシミの一種です。炎症性なので、赤くはれていた色素がだんだんと変色し皮膚の奥で沈着しシミとなってしまったものです。

ピーリングのあるクリニックやレーザー治療も効果的で、肌の摩擦を避けたり不摂生を避けることも対策となります。マッサージは避けましょう。

以上、これらのシミを美白ケアして薄くさせるには、ハイドロキシンが配合されているものがおすすめです。

シミに効くハイドロキノンとは?

シミに効果的なハイドロキノンには、美白効果を高める成分が豊富にあります。その特徴や効果、そして使用する上での注意点を詳しく解説していきます。

美白成分の高嶺のハイドロキノン5選

ハイドロキシンがたっぷり配合されているクリームをいくつかラインナップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめハイドロキノン商品

《セルピュア ブライトニングクリスタル》
・皮膚専門家監修ハイドロキノン5%
皮膚科医や専門医が監修したハイドロキシンで気になるシミを部分的にそして集中的にケアしてくれます。美白効果を高めてくれるアルブチン、ビタミンA/C/E誘導体、抗酸化作用のあるサリチル酸を配合しており、気になるシミを効果的に除去し薄くしてくれます。

とろみのあるテクスチャーで、伸びが良く肌なじみが良いのでべたつくこともありません。敏感肌の人は、まずはテスティングで手の甲や腕で試してみてから反応を見てみましょう。効果が実感できたと感じる人で約2週間ほどかかるそうなので、毎日夜寝る前に塗って試してみましょう。

お試しトライアルでは、4860円で試すことが出来2本セットだと540円オフの9180円で購入が出来ます。そして、炎症性のシミや紫外線によるシミ、そばかすをうすめてくれるという結果もありました。

《プラスナノHQ》
・コンシーラーを手放せたハイドロキノン4%
アスタキサンチン、ハイドロキシン、プラスナノHQという肌の角質層までピンポイントで届きシミの予防をしてくれます。いつもの美容ケア(化粧水・美容液・クリーム)の最後に塗ることで化粧水などのサポートをしてくれて働きかけてくれます。

肌トラブルの抱えている人は赤みが出る場合があるので控えてください。顔全体には使えないのであくまで集中ケアポイントとして使うようにし、敏感肌の人はテスティングをしてください。

テクスチャーはしっとりとしていて吸い付くような感じがします。1か月ほどで効果が感じられるとのことでした。ニキビ跡がシミになったというシミや老人性のシミに一番効果があります。

《オバジ HQ ブライトニングナイトセラム (夜用集中美容液) 10g》
・高密着ハイドロキノンでシミスポット撃退!
高濃度のハイドロキシンを夜間の就寝中に集中ケアして、昼間の紫外線をカット、肌の調子を整えてくれる効果があります。また、しっとりとしてとろみのあるテクスチャーで、肌の奥までしっかりと浸透し、夜の寝ている間にキメを整えたりシミのケアをしてくれたりします。

価格は9000円と割高ですがその効果は絶大でリピートしている人も続出しています。美容液で、さっと夜寝る前に塗るだけで対応できるので、とても簡単です。1週間ほどで肌の透明感が上がり1か月もすればだいぶシミが落ち着いてきます。

保湿成分もたっぷりあるので乾燥肌にもおすすめ、そして炎症で悪化したシミや紫外線によるシミ、肝斑にも効果があります。

《KISO》SHQ-10%,5%,2%
・段階を踏んで使用できるハイドロキノン

乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるよう、低刺激に製造されており肌を潤いを与えながらシミ対策をしてくれます。

夜の就寝前に1度だけ使用して、ポイント遣いとして活用するようにしましょう。何もないところに塗ってしまうと肌荒れを起こす可能性があります。

首や体に使う場合は、先にこちらを使用してから日焼け止めを塗るようにしてください。しっとりとしたテクスチャーでべたつかずさらっとしているので日焼け止めを重ね塗りしても気になりません。価格は2480円と安価でお買い求め安い値段となっています。

効果の出方は人それぞれ個人差がありますが、1か月ほどでシミが薄くなってきたという報告が多くありました。年齢と共に気になる肝斑やシミに効果があり、肌の奥までしっかりと浸透してくれます。

《デルミサ》
・白さにこだわりたい方お勧め!純度99%ハイドロキノン配合

世界22か国で愛用されているデルミサのハイドロキシンクリームは、シミ対策の洗顔やローション美容液と色々とラインナップされています。

しっとりとした浸透力の高いローションは699円で、美容液は999円、クリームは1800円でお試しが出来ます。ロ―ションはしっとりととさらっと、美容液やクリームはトロンとしておりサッと肌に浸透します。

ハイドロキシン以外にビタミンCやA、Eと言った成分、プラセンタなどが配合されているので、お肌の潤いもキープさせてくれます。

敏感肌・乾燥肌・オイリー肌にも合うように肌にとても優しい化粧品で、紫外線によるシミに効果があります。もちろんビタミンCも配合されているのでそばかすにも働きかけてくれます。2.3週間で効果が感じられるでしょう。明らかに肌質がアップしさらさらと凹凸のないお肌へ、そして透明度が上がります。

シミに効く化粧品の「白斑」の危険性は?

ハイドロキシンは美白効果があるということが分かりましたが、一度何年も昔カネボウの白斑事件があったこともあり、むやみやたらとハイドロキシンを使っても良いのか、その注意点を解説していきたいと思います。

・危険性:あくまでも集中ケアなので美白をしたいからと日焼けをしたところに塗ったり、ほかのシミのない部分に塗ったりするのは危険です。
・注意点:使いすぎも効果が逆に働き、肌がピリピリしたり色素が抜けてしまったりする場合もあります。必ず用法を守って使用するようにしましょう。

シミを消す化粧品の効果的な使い方

ハイドロキシンを使った化粧品は確かに美容効果や美白効果が高いですが、上記のような肌がピリピリするといった炎症反応や赤みが出たりする場合もあります。

効果的に使うには、気になる(シミ部分のみの部分集中ケアに徹底する方が良いでしょう。

効果的な使い方

夜間の就寝中のケアやピンポイントケアといった使い方をして顔全体での使用はしない方が良いです。

そして上記に記載したおススメのハイドロキシンクリームは、各メーカーごとの使用順序を間違えないようにし、必ず日中は紫外線対策を行うのもおすすめします。

敏感肌な方や、荒れやすくお肌のトラブルにあいやすい方はパッチテストを行う事も念頭に入れておきましょう。

トライアルセットがおすすめ

トライアルセットを使用すれば1週間ほどあるいは10日間くらいお試しが出来ますので、自分の肌に合っているのか確認できます。

トライアルセットはあくまで肌荒れを起こさないかという意味でトライアルがあるので色々なメーカーの化粧品のトライアルを比較してみるのもおすすめです。

シミ消し化粧品を正しくお肌につけるポイント

肌トラブルが悪化しないように、化粧品は正しく使用しないと効果が得られません。とくにシミには色々な種類があるのでそれに合わせて選ばないといけないので、使い方も間違わないようにしないといけません。

そのポイントを詳しく解説していきます。

ポイント

・化粧水:手のひらにパール大の化粧水を乗せて手になじませ、人肌に温めます。その後さらに500円玉ほどの化粧水を追加して手のひらで温めてなじませてから肌にプレスしていきます。肌の奥までしっかりと浸透するようにじっくり時間をかけて包み込むようにプレスしていきましょう。

・美容液:パール大の大きさを手に出し顔の5点に置き、すーっと伸ばしながらなじませます。

・乳液:乳液も同じようにパール大の大きさを出して、くるくるとマッサージするように優しく肌になじませていきます。

よく間違われている美白ケア法

美白ケアのハイドロキシンは夜間の就寝用がメインですが間違って昼に使用しないようにしましょう。またマッサージが良いと言ってもやり過ぎや摩擦は余計にシミが濃くなりますし、クリニックのピーリングもし過ぎは肌を悪化させてしまいます。

美白ケア化粧品を今一度見直し、そして化粧水や乳液の仕方をしっかりと見直してみてください。

シミを化粧品以外で消す方法

また普段の化粧品での対策があまり効果が得られないという方やシミが悪化して自分のやり方では限界があるという人には、専門医のいるクリニックや美容外科への受診を一度検討してみましょう。

シミ消し方法

シミを消す方法を良く知られているのはレーザー治療と光治療、ピーリングです。

レーザー
皮膚にレーザーを当てて、古い角質を外に出し新しい皮膚の再生を促す方法で、シミの大本のメラニン色素を破壊する働きがあります。

1cmで30000円前後が平均です。レーザーは数日間から1週間ほどは赤くなりかさぶたになったりします。1か月くらいかさぶたも腫れも引いて薄くなっています。肌への負担が大きいので2回目をしたいという場合は1年以上開けてから施術した方が良いでしょう。

光治療
レーザー程でなないですが特殊なゲルを皮膚において光を当てて治療していく方法です。コラーゲンの育成を手助けして皮膚再生を促します。クリニックによっては様々ですが10万前後がほとんどです。

3週間おきに3回から5回通うことをおすすめしているクリニックがほとんどで、回数が多すぎると肌に負担がかかり、その後のマッサージは控えた方が良いです。

継続期間がレーザーに比較して短く3,4か月なので定期的にクリニックへ通わないとすぐに戻ってしまう場合もあります。

ピーリング
フルーツ酸などを使った皮膚にダメージの少ない特殊なクリームを顔に塗って薄く古い角質を除去していく作業です。ターンオーバーが早まります。

安いところで5千円、高品質高濃度のピーリングを用いているところだと1万円ほどで施術できます。また、2.3週間おきに5回ほど通いピーリング行わないと効果があまり感じられません。ピーリングは時間が掛かるので根気が必要です。

肌荒れを起こしやすい人やアレルギー反応が出る人はピーリングは向いてません。ピーリング後は必ず日焼け止めをしないとすぐにシミになり意味がないので注意しマッサージも控えましょう。

シミをしっかり消すメイク方法

シミを目立たなくするには、化粧のやり方も変えてみましょう。CCクリームやコンシーラーを部分的に使用してお粉を使ってみるのもおすすめです。また、ハイライトをいれて立体的に見せることでシミが目立たなくなります。

美白化粧品とレーザー治療の比較

さて、美白効果の高い化粧品を使う場合とレーザーなどの方法とでは、どのような違いがあるのか、そのメリットやデメリットを具体的にご説明していきます。

美白化粧品とレーザー治療の比較

美白化粧品(メリット・デメリット)
美白化粧品は、比較的手ごろで続けやすいので色々なメーカーを手に取って選ぶことが出来ます。肌に合う合わないと選べるうえに、美容成分が豊富なので、シミ以外にも効果があり肌がプルプルになったり透明感がアップしたりして、美容効果が直で感じられます。

しかし、時間が掛かってしまうこととあくまで少しシミを薄くすることまでしかが限界で、確実に抜本的に消すのは難しいという事です。

レーザー治療(メリット・デメリット)
即効性があり、肌の隠れている将来シミになるであろうシミにまで行き届いてメラニンを破壊してくれるのが大きなメリットで、ただ価格が高いという事、続けにくいことがデメリットとして 挙げられます。

比較
まだシミが出始めた段階や、そばかすが薄い状態であれば自宅で化粧品を使っての方法が1番だと思いますが、あまりに目立つ状態になった場合はレーザーも視野に入れた方が良いでしょう。

即効性を求めるならレーザー治療

シミが濃くなりすぎ、目立っている状態なら、そして即効性を求めるならレーザー治療をお勧めします。

美白ケアは時間が掛かる上に、肌に合うか合わないかを様子見ている間にどんどんシミが悪化する場合があります。紫外線対策を日ごろからしていても限界があるので、肝斑が大きくなったりシミがどんどん増えてくる場合はレーザーをお勧めします。

恐ろしい紫外線の脅威….将来のシミを防ぐには紫外線対策が1番効く!

ここまで必ず紫外線対策をするようオススメしてきました。

日中家にいても紫外線は入り込み、肌へダメージを与えています。しかも晴れているときだけでなく、曇りの時も冬の間も年中紫外線を浴びているのです。

紫外線のダメージを受け続けるとどんなお肌へとなってしまうのでしょうか?

紫外線対策

紫外線対策と言ってもおそらく日焼け止めを塗る程度の人がほとんどだと思います。

以前某番組で、トラックの運転手が30年以上紫外線を浴び続けてシミがいっぱいでき、たるみやシワシワになってしまったという紹介がありました。その上メラニンが育成されすぎて皮膚がんを患わっていたのです。紫外線が肌ダメージだけでなくがん組織の発達にも手助けすることもあります。

日焼け止めもSPFを良く見て、帽子や手袋などの対策が必要です。化粧下地を重ね塗りするのも良いでしょう。

シミ完全対策法

日焼け止めや帽子、手袋などの紫外線対策の他に、紫外線を浴びた後に専用のサプリや薬を服用する事で予防できることも大事で、そして即効性に期待できるハイドロキノンを使用してシミを徹底的に予防してください。夜間のメラニン育成を抑えてくれます。

韓国コスメは危険?

IKKOさんや色々な有名人が韓国コスメを使用していますが、日本産ではないから危険があって使えないという人もいます。しかし韓国のコスメは非常に美容効果が高く、実際BBクリームは韓国が発症になっています。無添加のものや植物由来エキスをもととしたメイク用品もたくさんあります。

また、日本に輸入される海外製品は日本の安全基準をクリアしたモノのみなので安心して使用いただけます。

まとめ

シミの原因は紫外線が主な要因で、そのほかには生理不順や食生活の乱れもあります。日ごろからケアできるとすればやはり紫外線対策です。

今は大丈夫と思わず、隠れシミのことも考えて紫外線ケアを行い美白成分のある化粧水を使うことをお勧めします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 紫外線が強い時期はいつ?徹底対策で肌ダメージを完全防御!

  2. 【市販危険】ハイドロキノンクリームの美白効果とおすすめ10選!

  3. ほうれい線におすすめの化粧品10選!ほうれい線の溝を浅くする小技も

  4. ハイドロキノンクリームの輸入品で知っておきたいリスクと市販品・皮膚科を徹底比較!

  5. ほうれい線を無くすクリームおすすめ人気ランキング10選!!効果のあるクリームはこれ!

  6. 【徹底解説】30代から始めるエイジングケアに効果抜群の化粧水5選!リーズナブルな専門家おすすめのプチプラ化粧品もご紹介!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。