シミを防止する美白美容液ランキングおすすめ10選!

年齢とともに増えていくシミ。鏡で新たなシミを見つけるたびに憂鬱な気分になりますよね。

そんな人には、シミの発生を抑える美白美容液がおすすめ。美白美容液は紫外線によるメラニンの生成を抑え、シミの原因を根本からケアします。

また、シミの予防には生活習慣の見直しも大切です。今気をつけておくことで将来のシミをぐっと減らすことができるので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

シミ用美容液ランキングの基準

それでは、美白成分が含まれている美容液を厳選してご紹介します。

美白成分とは、厚生労働省が認可している「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」のことで、2018年現在では約20種類存在します。美白成分には、メラニンの生成を抑えて、紫外線によるシミやそばかすを予防する働きがありますよ。

また、人気やコストパフォーマンスの高さも考慮して選びました。

どの美容液を選んでいいかわからない人はぜひ参考にご覧ください。

1位 メラノショット ホワイト (ONE BY KOSE)

メラノショット ホワイト

メラノショット ホワイト」は、シミのもとを無色化し、シミを作らせない美容液。美白成分である「コウジ酸」が肌の奥まで浸透し、色ムラのない透き通るような肌へと導きます。

乳白色のさらりとしたテクスチャーで化粧水と乳液の中間のような使用感です。肌をなめらかにし、もちもちした感触に仕上げてくれますよ。

容量:40ml

2位 Cセラム (b.glen ビーグレン)

ビーグレン Cセラム

美容成分「ピュアビタミンC」が高濃度で配合された美容液「Cセラム」。超微小カプセルに包まれたビタミンCが角質層へ浸透し、内側から明るく輝くような肌へと導きます。肌にハリが出るので、たるみが気になる人にもおすすめです。無香料・無着色・アルコールフリーなので、敏感肌の人でも使用できるのが魅力ですね。

容量:15ml

3位 メラノフォーカスⅤ (HAKU)

メラノフォーカスⅤ

美白有効成分である「4MSK」と「m-トラネキサム酸」がダブル配合されたシミ用美容液「メラノフォーカスⅤ」。乳液のようにしっとりと肌を包み込み、くすみのない透明感のあふれる肌に仕上げます。肌なじみが良く、保湿力もバッチリ。保湿しながら美白ケアも行いたい人にピッタリの製品です。

容量:45g

4位 エッセンス インフィルト (富士フィルム)

エッセンス インフィルト

エッセンス インフィルト」は、美白有効成分のほかに独自開発の保湿成分をたっぷり配合し、美白しながら肌にうるおいと輝きを与えます。ほのかなローズの香りの、オレンジ色のジェル状美容液です。浸透力と保湿力に優れているので乾燥肌さんにおすすめですよ。肌に弾力が出て、ぷるんとした仕上がりに。

容量:30ml

5位 ジェノプティクス オーラ エッセンス (SK-II)

ジェノプティクス オーラ エッセンス

ジェノプティクス オーラ エッセンス」は、美白有効成分「D-メラノTM」が紫外線のダメージを抑え、内側から輝くような肌に導きます。なめらかなミルクのようなテクスチャーで、肌のキメを整えてツヤを与えてくれますよ。くすみがなくなることで、顔色がワントーン明るくなったかのように感じられる美容液です。

容量:50ml

6位 ホワイトエッセンス (肌ナチュール)

肌ナチュール ホワイトエッセンス

美白・ニキビ・保湿の3つのケアができるオールインワン美容液「肌ナチュール ホワイトエッセンス」。これ1本で化粧水と美容液、乳液とクリーム、パックの5つの役割を果たします。高濃度の炭酸が肌をやわらげて浸透、肌の内側からみずみずしいうるおいを与えます。香料や鉱物油、紫外線吸収剤やシリコンといった、肌へ刺激を与える成分が使用されていないので、敏感肌の人にもおすすめです。

容量:70g

7位 ホワイトフィラー クリエイター (ALBION アルビオン)

アルビオン ホワイトフィラー クリエイター

メイクアップベースとしても優秀なアルビオンの美白美容液「ホワイトフィラー クリエイター」。色ムラをなくしてキメ細かくなめらかな肌に整え、ファンデーションのノリを良くします。美伸びが良くて塗りやすく、ベタつきません。ほんのりとしたピンク色で、血色の良い健康的な肌色に見せてくれますよ。

容量:30g

8位 ホワイトジーニアス (BENEFIQUE ベネフィーク)

ホワイトジーニアス

「m-トラネキサム酸」と「4MSK」のダブルの美白成分配合で、肌の内側から透明感を与える美白美容液「ホワイトジーニアス」。乳液のようなとろみのあるテクスチャーで肌に溶け込むように浸透します。肌にハリを与えて、ふっくらとみずみずしい肌触りに仕上げる美容液です。

容量:45ml

9位 セラムコンサントレエクレルシサン (cle de peau BEAUTE クレ・ド・ポー ボーテ)

セラムコンサントレエクレルシサン

美白成分がメラニン生成を抑え、シミやそばかすを予防する美容液「セラムコンサントレエクレルシサン」。肌に蓄積されたメラニンが排出されやすくなるよう、肌をしっかり保湿しうるおいを与えます。天然のローズやランの香りが調合されており、心地よい贅沢なスキンケアタイムを楽しめます。

容量:40ml

10位 ホワイトロジスト ブライトエクスプレス (COSME DECORTE コスメデコルテ)

ホワイトロジスト ブライトエクスプレス

ホワイトロジスト ブライトエクスプレス」は、美白成分「コウジ酸」が肌の色ムラやシミのもとをなくし、シミやそばかすを防ぎます。ジェル状の美容液で、保湿力が高いのにベタつかず、さっぱりとした使用感です。フレッシュグリーンフローラルの香りで、心地よいスキンケアタイムが楽しめますよ。

容量:40ml

紫外線によるシミをガード!美白美容液の効果とは

美白美容液には、シミのもととなるメラニンの生成を抑える作用があります。紫外線を浴びると、肌の内部でメラニンが生成され蓄積されていきます。

紫外線を浴びてすぐにはシミはできませんが、肌内部のメラニンが排出されずに残ってしまうと将来のシミの予備軍に。つまり、肌内部のシミのもとを分解して排出することが将来のシミの予防になるのですね。

美白美容液には、現在できているシミを消すというよりも将来のシミを予防する効果があるのです。

「今できているシミを消したい!」という人は、後ほどご紹介する皮膚科でシミ用クリームを処方してもらう方法を参考にしてみてくださいね。

美肌になれる美容液の使い方を紹介!

美容液の効果を最大限に発揮させるには、塗る順番や塗り方も大切。いつも塗る順番を気にせず、ただなんとなく塗っていませんか?

効果を最大限に引き出す美容液の使い方をご紹介します。

美容液は化粧水の後に塗ろう

美容液を塗る順番に悩んだことはありませんか?

効果的に美容液を肌に浸透させるには、化粧水⇒美容液⇒乳液 の順番に使用するのが正解です。乾燥肌の人は、乳液の後にクリームをプラスしてもいいでしょう。

化粧水で水分を補った後、美容成分が凝縮された美容液をプラスすることで肌にさらなる栄養を補給できますよ。

美容液で栄養補給を行ったら、次に乳液で美容成分を閉じ込めることを忘れないようにしましょう。乳液には油分が含まれているため、肌表面を保護し美容成分が水分とともに蒸発するのを防いでくれるのです。

美容液はハンドプレスでなじませよう

美容液はいっぺんに塗るのではなく、2~3回に分けて塗ると肌に浸透しやすく効果的です。

乾燥やくすみが気になる部分にはとくに重点的に塗ってくださいね。

一度手のひらにとり、指でくるくると円を描くようにかき混ぜましょう。こうすることで、美容液が体温程度に温まり、肌により浸透しやすくなります。

顔につけるときはハンドプレスで顔全体を包み込むようにゆっくりと浸透させてくださいね。

シミを予防&美肌を保つ生活習慣とは?

シミを予防して、透明感のある肌を保つには生活習慣の見直しも大切。シミを予防する生活を心がけることで将来のシミを撃退してくださいね。

紫外線を浴びない

シミを作らないためには紫外線を浴びないことが大切です。夏だけでなく、紫外線は1年中放出されているため、冬でも気を抜かず日焼け止めを塗りましょう。

また、窓ガラスを通して紫外線を浴びた場合でもシミの原因となります。「家の中だから大丈夫」と思わず、しっかり日焼け止めを塗りましょう。

睡眠の量と質に気をつける

家事や育児で時間に追われ、睡眠時間が短くなっていませんか?

どれだけ忙しくても美容のために睡眠時間は意識してとるようにしましょう。

睡眠中は脳から「メラトニン」というホルモンが分泌されます。メラトニンにはシミの原因となるメラニンを代謝する働きがあるので、眠れば眠るほど肌のくすみや将来のシミ予備軍が分解されきれいな肌になれるのです。

肌のくすみやシミが気になる人は、睡眠時間を見直してみるといいですね。

きちんとメイクを落とす

忙しいからといって、クレンジングや洗顔がずさんになっていませんか?

肌に残ったメイクは汗や皮脂と混じって酸化し肌に多大なストレスを与えます。肌の新陳代謝が衰え、くすみや肌荒れの原因になるため、忙しくてもしっかりとメイクを落とすことが大切です。

クレンジングでメイクを落とすときには、こすらずに優しくマッサージするように落としましょう。強くこするとシミやくすみが出ることがあるので、気をつけてくださいね。

夏でもしっかり保湿する

洗顔後に保湿をしないでいると、肌が乾燥してバリア機能が弱まりくすみやたるみが出やすくなります。

脂質肌の人でも、洗顔後は必ず化粧水で保湿をしましょう。乾燥しやすい冬だけでなく、夏でも保湿を心がけてくださいね。

手のひらに500円玉ほどの量をとり、ハンドプレスでゆっくりと肌に浸透させましょう。

美容皮膚科でシミ用のクリームを処方してもらう方法も

「もっと効果的にシミを消したい!」という人は、美容皮膚科でシミ用のクリームを処方してもらう方法もあります。

美容皮膚科のメリットは、市販では購入できないクリームを処方してもらえること。市販のシミ用クリームは、濃度や配合できる成分に制限があるため、効果が十分に得られないことがあります。

その点、美容皮膚科なら医師のもとでクリームを使用するので市販品ほどの制限がありません。また、赤みやかゆみなどの肌トラブルが出たときにも対処してもらえるので安心だといえるでしょう。

美容皮膚科でシミ用クリームを処方してもらう場合、初診料とクリーム代がかかります。それぞれ約3,000円ほどになるので、予算に応じて利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

シミの予防におすすめの美容液をランキングでご紹介しました。どれも美白成分が含まれていてシミ対策にはバッチリ。気になる美容液があれば、ぜひ試してみてくださいね。

また、シミを防ぐためには生活習慣の改善も大切です。シミは、メラニンが長年肌に蓄積されることによって発生します。少しでもシミの発生を抑えるためには、メラニンを蓄積させない日々の心がけが必要なのです。

現在できているシミをなんとかしたい人は、美容皮膚科でシミ用クリームを処方してもらうのもいいですね。

いろいろな方向からアプローチしてシミを改善していきましょう!

関連記事

  1. シミ取りレーザー治療後のケア方法が知りたい!お風呂や化粧の注意点は?

  2. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本気でシミに効く12選

  3. ハイドロキノンは皮膚科で購入すべき?シミ消しの効果は?

  4. ほうれい線におすすめの化粧品10選!ほうれい線の溝を浅くする小技も

  5. 放っておくと黒ずむことも!虫刺されのシミを消すには?

  6. シミを消す方法を暴露!美容皮膚科とエステの魅力&おすすめ店舗紹介【ベスト5】

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!