敏感肌女性におすすめの人気スキンケア!プチプラからブランドまで

敏感肌の人はスキンケア選びが大変ですよね。だからこそ敏感肌専用スキンケアを使っている人も多いでしょう。

しかし「専用スキンケアを使っているのに、なぜか肌の調子が悪いんだけど……」と言う人も多いはず。

実は敏感肌にも肌質・種類があることを知っていますか?

敏感肌の中でも自分の肌質に合った基礎化粧品を選ばないと、肌トラブルが起きてしまうんです!どういった敏感肌なのか、チェックして自分に合ったスキンケアをしましょう。

美肌は絶対に目指せますよ!

おすすめの人気敏感肌スキンケア用品

一口に敏感肌といっても3つの肌質にわけられます。

・乾燥性敏感肌→化粧水を使うと肌がピリつく
・脂性敏感肌→ニキビができやすい
・ゆらぎ敏感肌→ホルモンバランスが乱れやすい

この3種類の肌質別のおすすめスキンケアをまとめてみました。

「乾燥性敏感肌」におすすめスキンケア

化粧水を使うと肌がピリつくというタイプの人は、乾燥性敏感肌。極度な乾燥が原因の敏感肌です。

このタイプは徹底的な保湿が重要!保湿成分セラミドや肌そのものの力をパワーアップさせる和漢が配合されたスキンケアアイテムがおすすめです。

カネボウ フリープラス モイストケアライン

日本や中国で古来より美容のために使われてきた和漢植物をふんだんに取り入れて優しく保湿してくれます。ヨクイニンやチンピ、ナツメといったなじみのある漢方植物ばかり。

和漢で肌本来の力を取り戻し、さらにナイアシンが角質を保護して肌に潤いを与えます。植物成分なので優しく、じっくりと肌の変化が感じられます。急激な変化が怖いという敏感肌の人におすすめです。

さっぱりとした使い心地の敏感肌専用スキンケアアイテムです。

特徴 おすすめポイント
・和漢植物で優しく保湿
・敏感肌専用スキンケア
・さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類
・お試しセットあり

ETOV(エトヴォス) モイスチャーライン

ヒト型セラミド、リピジュア、ヒアルロン酸といった高保湿成分をふんだんに含んでいるため、超乾燥肌・敏感肌の人におすすめのスキンケアアイテムです。特に美容液のモイスチャライジングセラムは口コミランキングでもかなり人気の商品。肌のキメが細かくなります。

化粧水やクリームにもヒト型セラミドが数種類使われており、保湿成分がバランスよく配合。 シリコンやパラペンなども使われておらず低刺激、安心して使えますよ。

特徴 おすすめポイント
・肌に優しい6つの不使用で低刺激
・ヒト型セラミド数種類を配合
・お試しセットあり
・口コミ評価が高い

>>(ETVOS)モイスチャーライン お試しセットはこちら

花王 Curel(キュレル) エイジングケアシリーズ

ボディローションなどでは多くの人に利用されている花王のキュレル。フェイスケアとなるといまいちピンとこない人も多いかもしれません。しかし乾燥性敏感肌専用スキンケアラインで、特にエイジングケアシリーズは翌朝のふっくらとした肌の質感に驚くはずです。

セラミドで潤いを、ショウキョウエキスなどで肌にハリを、仕上げはジェルもしくはクリームの2種類から選べるところもポイントです。何しろ乾燥がひどい、と言う人はぜひ使ってみてください。ウソのように乾燥から解放されますよ。

特徴 おすすめポイント
・乾燥性敏感肌専用スキンケア
・セラミド配合
・仕上げはジェルもしくはクリームの2し種類から
・エイジングケアにも
・お試しセットもあり

「脂性敏感肌」におすすめスキンケア

乾燥している部分もあるのになぜか肌がべたつく、ニキビもできる、そのような敏感肌の人は、肌が乾燥しているからこそ皮脂が分泌してしまい、ニキビができてしまいます。

保湿も重要ですが、ニキビを治す・防ぐといった成分(抗炎症成分や殺菌成分)が入ってることが重要です。またノンコメドジェニック済みといって、ニキビの原因となる成分が入っていないスキンケアを選ぶといいですよ。

ORBIS(オルビス) クリアシリーズ

オルビスの薬用ニキビケアシリーズです。消炎作用のある甘草エキスが今できているニキビにアプローチ、さらに紫根エキスが消炎・代謝促進、保湿をしてニキビをできにくくしてくれます。

しかも100%オイルをカットすることで肌のベタつきをなくし、浸透型コラーゲンが保湿、まさに敏感肌なのにニキビができる人のためのスキンケアアイテムです。

シリーズの中でも特に化粧水がニキビにいいと評判。継続していくことでニキビの発生が確実に減っていきます。ただ、若干薬っぽい匂いを感じるかもしれません。

特徴 おすすめポイント
・100%オイルカット
・甘草エキス・紫紺エキスがニキビにアプローチ
・浸透型コラーゲン配合
・薬用
・化粧水はさっぱりとしっとりの2種類
・お試しセットあり

>>オルビス クリアトライアルセットはこちら

富士フィルム ルナメアAC

富士フィルム独自の技術で有効成分をナノ化して浸透させるルナメアの、ニキビ専用スキンケアラインです。

植物繊維が優しく角質を除去、天然ビタミンEなどから生まれた独自の成分アクネシューターが直接ニキビに届いて集中ケア、さらに天然由来の保湿成分が優しく肌を保湿します。

化粧水の浸透力の高さ、余計な皮脂だけを落としてくれる洗顔フォームの使い心地にはびっくりするはず。しかも肌に優しいからニキビのできない目の周りなどはつっぱらず、ニキビができている部分だけがさっぱりする、敏感肌でありながら大人ニキビにぴったりのスキンケアです。

特徴 おすすめポイント
・大人ニキビ専用スキンケア
・植物由来成分
・有効成分がナノ化され浸透力が高い
・ノンコメドジェニックテスト済み
・低刺激
・化粧水はしっとりとノーマルの2種類
・お試しセットあり

>>ルナメアAC 1週間お手入れキットはこちら

NOV(ノブ) ACシリーズ

臨床皮膚医学に基づいて開発されたノブは、皮膚科でも勧められるめられるスキンケアシリーズ。なかでもACシリーズはニキビのできる敏感肌専用スキンケアケアラインです。

ノンコメドジェニックテスト済みでオイルフリー処方、 グリチルレチン酸ステアリルも配合し、今できているニキビにも、ニキビ予防にもおすすめです。

リピジュアとヒアルロン酸を配合し敏感肌も優しく保湿してくれます。何しろ低刺激なのでニキビができていない部分は乾燥して肌がピリピリするという、重度の脂性敏感肌の人にもおすすめです。

特徴 おすすめポイント
・ニキビ敏感肌専用スキンケア
・ノンコメドジェニックテスト済み
・オイルフリー処方
・リピジュア・ヒアルロン酸で保湿
・ニキビ敏感肌専用スキンケア
・ノンコメドジェニックテスト済み
・オイルフリー処方
・リピジュア・ヒアルロン酸で保湿

「ゆらぎ・敏感肌」におすすめのスキンケア

ゆらぎ肌とはストレスを感じたときや、生理前といったホルモンバランスの崩れるタイミングなど、日々肌の調子が変わってくる敏感肌のタイプです。前月使ったばかりのスキンケアが今月は肌に合わないと感じたらまさにこのゆらぎ肌。

めくるめく肌の状態が変わるので、できるだけシンプルな処方のスキンケア用品でバランスを整えることが大切になってきます。

>>Nov ACアクティブトライアルセットはこちら

LA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ) トレリアンセンシティブシリーズ

フランス生まれの敏感肌専用スキンケアブランド、ラロッシュポゼは日本でも皮膚科のドクターがすすめるスキンケアアイテムです。

中でもトレリアンセンシティブシリーズは、うるおい成分70%も配合して48時間潤いが続くをコンセプトにしています。保湿成分であるセラミドとビタミンBの一種、ナイアシンアミドを配合することで肌の改善や肌のターンオーバーを促すシンプルなケア。

低刺激はもちろんのこと使い心地がとてもなめらかで、ここまでスムーズにスキンケアアイテムが肌にのる感覚はなかなかありません。

特徴 おすすめポイント
・敏感肌専用ブランド
・セラミド、ナイアシンアミド配合
・皮膚科医も勧める
・使い心地が非常に滑らか
・お試しセットあり
・UVやコスメなどの関連用品も多い

資生堂 dプログラム モイストケアプログラム

ときどき敏感肌というゆらぎ肌をターゲットにしたスキンケアラインのdプログラム。 その中でも、モイストケアプログラムは過去にアトピーだったという人でも使えるほど優しい処方です。

荒れや刺激から肌を守り保湿することで肌を育むという、いたってシンプルなメカニズム。にもかかわらず使ってみるとベタつかないのにしっとりと潤ってきます。ゆらぎ肌専用のスキンケアラインはなかなかないので、ぜひ使ってみてください。

特徴 おすすめポイント
・薬用スキンケア
・ゆらぎ肌専門スキンケア
・低刺激
・お試しセットあり

無印良品 敏感肌シリーズ

なんといってもコスパがいいことで知られる無印良品のスキンケアアイテム。しかし優れているのは価格だけではありません。天然植物成分を配合し、肌を保護するリピジュアやヒアルロン酸といった高保湿成分も配合。シンプルなスキンケアがおすすめのゆらぎ肌にはぴったりのアイテムです。

敏感肌シリーズは化粧水、乳液、ジェル、クリーム、さらには薬用アイテムなど、かなり豊富なラインナップ。一番人気は高保湿タイプの化粧水で、岩手県の天然水を使用しておりしっかりと保湿できるのにコストパフォーマンスが良いため、バシャバシャ使えるととても人気です。是非一度使ってほしいシリーズです。

特徴 おすすめポイント
・敏感肌専用スキンケア
・シンプル処方
・コストパフォーマンスが良い
・ラインナップが豊富
・手軽に購入できる

敏感肌におすすめコスメ

肌荒れしている時でも仕事や外出はしなければなりません。その時困るのが化粧品です。肌に負担をかけたくない、しかしすっぴんで出かけるわけにはいかないですよね。

そんな敏感肌の人が化粧品を選ぶポイントはこの2つ。

● ファンデーションは油分の少ないものを
● 低刺激・無添加

油分が多いものはクレンジングを使うなど、しっかり洗顔をしなければならず肌に負担がかかります。そのため石鹸で落とせるなどのファンデーションがおすすめ。

またリキッドやクリームではなく、パウダータイプを選びましょう。さらに低刺激・無添加も重要。肌に負担になるものは避けて選びましょうね。

VINTORTE(ヴァントルテ) ミネラルシルクファンデーション

100%天然成分とシルクで作られたパウダーファンデーション。10の無添加処方で石鹸で落ちるほど肌に優しいアイテムです。ピュアシルクを100%配合しており保湿力も高く、ファンデーション塗っていてもしっとりが続きます。

下地やクレンジング不要、ノンケミカルの紫外線カット成分も含まれていますよ。

おすすめポイント
・石鹸で落ちる
・100%天然成分
・高保湿成分配合
・毛穴が目立たない仕上がり

>>公式サイトはこちら

オンリーミネラル ファンデーション

防腐剤や香料などを使用せず、100%ミネラル成分のみで作られたオンリーミネラルのファンデーションは、つけたまま眠れるほど肌に優しいアイテムです。

超微粒子が肌の皮脂と混ざり合ってしっかりと密着、ミネラルに含まれる光拡散成分でシミをしっかりカバーしてくれます。肌に優しいのにこんなにカバー力の強いファンデーションは他にありません。

UV カット成分も含まれ、日本人の肌の色に合わせてカラーバリエーションは18色。シミやくすみに悩む人にはぜひおすすめです。

おすすめポイント
・100%ミネラルファンデーション
・つけたまま眠れる
・クレンジング不要
・カバー力が高い

>>公式サイトはこちら

ベアミネラル マットファンデーション

パウダーファンデーションは粉っぽく見えるからどうも好きじゃない、という人に使ってもらいたいのがベアミネラルのマットファンデーション。マットな仕上がりなのに薄付きで クリーミーなパウダーです。
皮脂を吸収してくれるため、テカリにくくメイク崩れもしにくいのが特徴です。ノンコメドジェニックなのでニキビを気にする人にもぴったりですよ。

おすすめポイント
・鉱物油合成香料合成着色料不使用
・ノンコメドジェニックテスト済み
・メイク崩れしにくい
・マットな仕上がりなのに薄付き

敏感肌はスキンケアでは改善しない?

敏感肌に悩んでいる人たちは、いくつものスキンケア用品を使ってきたはずです。しかし今まで敏感肌が改善されたと感じたことはあまりないかもしれません。

ですが、お手入れ次第で敏感肌は改善します!敏感肌用スキンケアを使ってもちっとも敏感肌良くならないのは、スキンケア用品の選び方が間違ってるのかもしれませんよ?

敏感肌とはただの乾燥状態ではない

敏感肌と乾燥肌の違いはこのようになっています。

・敏感肌・・・乾燥などが原因で肌バリア機能が崩壊し異物が侵入しやすい肌
・乾燥肌・・・肌が乾燥してキメが荒くなっている

つまり敏感肌とは、肌にとって良くない外敵が簡単に侵入してくる状態なのです。当然肌トラブルが起きてしまいます。

また敏感肌の原因のひとつに乾燥があげられます。そのため敏感肌改善には保湿が絶対に必要です。しかし水分を与えるだけでは意味がありません。肌内部に水分を保持する成分を閉じ込めることが大切なのです。

敏感肌にも種類がある!

敏感肌と一口に言っても、敏感肌には種類が3つあります。この3つの肌質に合ったスキンケアを使わないと敏感肌は改善されません!

乾燥性敏感肌
目の周り、口の周り、頬など化粧水がしみる、ピリピリと刺激を感じるのなら乾燥性敏感肌です。重度の乾燥が原因で敏感肌になっています。元々の肌質が乾燥肌であること、さらにエアコンや間違ったスキンケアの刺激によってこのような状態になってしまいます。
【ケア方法】
● 肌バリア機能の重要な役割であるセラミドが豊富に含まれたスキンケアが重要
● 和漢植物成分が含まれたスキンケアも肌本来の機能を高めるためおすすめ
脂性敏感肌
肌が乾燥しているのにニキビができる、またTゾーンがベタつく、テカるいった敏感肌と肌のテカリが混在している状態を脂性敏感肌と言います。肌は水分と油分のバランスによってバリア機能が整っています。しかし肌が乾燥することによってバリア機能が崩壊、そのため肌を守ろうと皮脂の分泌が活発になっているのです。そして毛穴に皮脂が詰まりニキビができてしまいます。
【ケア方法】
● 肌内部の水分量を保持するセラミドが含まれたスキンケアが必須
● できてしまったニキビには抗炎症作用(グリチル酸ジカリウム、ビタミン Cなど)の入ったスキンケア
● 角質をやさしくオフし毛穴づまりを防いでくれるスキンケアアイテムでニキビ予防
ゆらぎ肌で敏感肌
ホルモンバランスやストレスによって肌の状態は日々変わってしまう肌質を、ゆらぎ敏感肌といいます。仕事に忙しい30代や、閉経に向かってホルモンバランスが崩れ始める40代以降に多くなっています。
【ケア方法】
● 日々肌が変化するので、できるだけシンプルなスキンケアアイテムを選ぶ
● 美白コスメなどは少し刺激が強いこともあるので気をつけるべき

敏感肌用基礎化粧品を選ぶコツ

敏感肌にも種類があることがわかったところで、敏感肌の人全てが共通して選ぶべきスキンケアアイテムのポイントを覚えておきましょう。

高い保湿成分がはいっていること

敏感肌に重要なことは保湿です。保湿はただ水分を与えることではありません。肌内部に水分を保持する成分を閉じ込めることが大切です。

● セラミド
● リピジュア
● コラーゲン
● ヒアルロン酸

このような成分が高保湿成分です。なかでもヒト型セラミドがもっとも高保湿で、もっとも人間の肌内部に存在するセラミドと構造が似ています。セラミドにはいくつかの種類があり働きもセラミドによって若干変わってくるので、参考にしてスキンケア用品を選んでくださいね。

 

セラミドの表記名 セラミドの種類 セラミドの働き
セラミドEOP セラミド1 かなり高い肌バリア
保湿
セラミドNG・NS セラミド2 かなり高い保湿能力
セラミドNP セラミド3 保湿
シワの軽減
セラミドAP セラミド6・6Ⅱ 保湿
シワの軽減
肌代謝の促進

低刺激であること

敏感肌は肌のバリア機能が崩壊しているため、少しの刺激でもかなりのダメージを受けてしまいます。そのため肌に刺激の強い成分は避けるべき。このような成分には気をつけた方がいいですよ。

● アルコール(エタノール)・・・殺菌成分ではあるが肌に刺激が強い
● ビタミンC誘導体・・・美白成分ではあるが皮脂を奪い肌を乾燥させることも
● アルブチン・ハイドロキノン・・・強力な美白成分で美白効果は高いが肌に刺激が強い
● 香料・・・たとえ天然香料でも肌に刺激も強いものもある
● 殺菌剤・防腐剤・・・化粧品を長持ちさせる成分ではあるが肌に刺激が強い

なかでも殺菌・防腐剤はパラベン、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸などが肌に負担がかかるため、入っていないものを選びましょうね。

敏感肌からモチモチ肌になるスキンケア方法

いくら肌に合った敏感肌用スキンケアを使ったからといっても、使い方が悪ければ敏感肌が改善されません。敏感肌を悪化させない、さらに改善するようなスキンケア方法を身につけましょう。

クレンジング方法

最も肌に刺激を与えているのはクレンジングです。洗浄力の強すぎないもの、さらに刺激を与えないようにメイクを落としましょう。ポイントはこのようになっています。

● 乳液・ミルクタイプ・クリームタイプのいずれかをチョイス
● アイメイクが濃い場合はアイメイクリムーバーで先に落とす
● 洗浄力の優しいもの選ぶ
● 必要以上に時間をかけない
● くるくるとらせんを描くように優しく指の腹を使って落とす
● 目の周りはやさしく

拭き取りタイプのクレンジングは肌に負担がかかるためNGです。

また、洗い流すのはぬるま湯で、30~34℃前後のお湯にしましょう。熱すぎお湯は皮脂を取り過ぎてしまい肌が余計に乾燥してしまいます。

洗顔方法

1日2回の洗顔が基本と思っている人が多いかもしれませんが、敏感肌の状態がひどい場合は夜だけ洗顔、朝はぬるま湯で洗い流す程度でも構いません。

ただしこれはニキビがない場合のみです。ニキビがある人は寝ている間の皮脂もきちんと落とさなければいけないので、1日2回洗顔をしましょう。

また、洗顔の時に注意するポイントはこのようになっています。

● 洗顔の前に手を綺麗に洗う
● ぬるま湯で顔を予洗いする(30~34℃程度)
● 洗顔料をよく泡立てる
● Tゾーン、頬、目・口の順で洗う
● 手でこすらず、泡で顔を洗う
● こめかみ、生え際、顎などに泡を残さないように綺麗にすすぐ
● 清潔なタオルで水分を吸い取るように拭く

洗顔料を流す時はシャワーは肌に負担になります。必ず手でお湯をすくうようにして洗い流しましょう。

化粧水・美容液・乳液・クリーム

基礎化粧品は肌にきちんと吸収される使い方をしましょう。そうしないとせっかくの高保湿成分が無駄になってしまいます。

化粧水の塗り方
● 化粧水は洗顔後すぐにつける
● 特に指示がない限り、一般的な適量は500円玉大程度
● 適量を数回に分けて肌になじませる
● 手のひらに化粧水をのせたら手のひら全体に広げ、肌に押し込むようにハンドプレスしながらなじませる。少量ずつ肌になじませるため数回行う
● 乾燥が気になる部分は重ねづけをする
● 化粧水を塗り終わったらもう一度ハンドプレスして、手の温度で毛穴の開き化粧水を吸収させる

手のひらに肌が吸い付くような感覚があれば、化粧水が馴染んだサインです。さらに週に2~3回シートマスクなどで化粧水パックするのもおすすめです。コットンで化粧水を塗る人もいるかもしれませんが、敏感肌にはコットンの毛羽立ちが刺激になるため、手のひらで塗るようにしましょう。

美容液の塗り方
美容液は化粧水が吸い込んでから、かつ肌が乾燥しないうちに塗ります。

美容液の適量は指示がない場合、リキッドは10円玉大、クリーム状の場合は2cm程度が基本です。目元や口元の集中美容液は1cm程が基本量と思ってください。

● クリーム状の場合は両頬、おでこ、顎、鼻の5箇所に乗せ、内側から外側へ、下から上へ伸ばすように優しくなじませる
● リキッドの場合は数回に分けて、手のひらで温めてハンドプレスにしながら肌になじませる
● リキッド・クリーム共に塗り終わったらハンドプレス。体温で毛穴を広げ吸収を良くしましょう

乳液とクリームの塗り方
乳液もしくはクリームで手仕上げです。乳液とクリームの両方使う必要はありません。ベタつきが気になる人は乳液、保湿力が高い方がいい人はクリームを使いましょう。

ともに美容液が肌になじみ、なおかつ乾燥しないうちに塗ります。特に指示がない限り、基本量は乳液が10円玉~500円玉大、クリームはパール大です。

● 両頬、鼻、顎、おでこ5点にクリームもしくは乳液をのせます。内側から外側へ、下から上に向かってこすらず優しく肌全体に伸ばします
● 口周りや目元など、乾燥しやすい部分は重ね付けしましょう
● 最後に手のひらでハンドプレスしてしっかり吸収させます

テクスチャーの緩めの乳液は、化粧水のように適量を数回に分けて少量ずつ塗ってもいいでしょう。もちろん最後のハンドプレスは忘れないでくださいね。

敏感肌はスキンケアで改善!美肌になれる!

敏感肌はスキンケアで改善されます!敏感肌の種類、肌質を見極めること、またそれに見合ったスキンケアを行うことが大切です。さらに肌に刺激を与えない基礎化粧品の塗り方もマスターしましょう。

低刺激・高保湿を意識してスキンケアを行ってくださいね。優しくケアすることで必ず美肌になれるはずですよ!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 紫外線が強い時期はいつ?徹底対策で肌ダメージを完全防御!

  2. 睡眠不足が肌老化を招く!美白対策に必要な質の良い睡眠対策7選

  3. 化粧ノリを良くしたい!おすすめ化粧水と正しいなじませ方!

  4. 睡眠不足を解消!こんな野菜や食物が効果抜群!

  5. 化粧ノリを良くする方法は『朝のシンプルステップ』で完璧!

  6. スマホによる睡眠不足は女性を老けさせる!?知っておきたい肌への影響と解決策!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。