飲みやすい、女性に人気の日本酒5選!美容効果を高める飲み方とは?

男性の飲み物として敬遠されてきた日本酒ですが、最近では女性の間でも人気になっています。

日本酒に含まれる成分は、肌を美しく保つ美容効果に優れているとか。女性用のかわいいパッケージの日本酒に目を奪われる機会も増えてきました。

今回は、女性に飲みやすい人気の日本酒や、美容効果を高める飲み方について紹介します。

女性に人気の日本酒!飲んでも太らない魅力的なお酒?

人気のダイエット方法の中でもメジャーで実践されている方が多いのが、炭水化物オフダイエットではないでしょうか??

日本酒の原料はお米です。お米は炭水化物の代表格でもあります。ですが日本酒は飲んでも太りにくく、ダイエットに効果的!女性の味方といえるのです。

日本酒はビールより低カロリー?

ダイエットをする際に誰でも気にするのがまずカロリーであると思います。小腹がすいてちょっと間食を、というときにもカロリーの数字をみて断念される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では実際に日本酒のカロリーはどれくらいのものなのでしょうか?

日本酒以外にも一般的にご家庭でよく飲まれている他のアルコール類と比べてみたいと思います。

アルコール類のカロリー
ビール 40kcal
発泡酒 46kcal
日本酒 103kcal
焼酎(乙類) 146kcal
焼酎(甲類) 206kcal

こちらは同じ100mlあたりのカロリーです。飲んでも太らないとお伝えいたしましたがカロリーだけで見るとよくご家庭で飲まれているビールよりも100mlあたりのカロリーは高いのです。

ではなぜ”太らない”なのか?というと、その一つに”飲む量”が挙げられます。

日本酒はビールと比べるとアルコール度数が高いのでぐびぐびとたくさんは飲めないのではないでしょうか?

ただ、それだけでは日本酒が他のお酒よりも女性にもってこいのアルコールだとは言えないです。

(装飾見出し)エンプティカロリーとは?
二つ目にお伝えしたいのは、アルコールに含まれるカロリーの種類についてです。アルコールのカロリーは一般的にエンプティカロリーと言われます。エンプティカロリーとは糖質やたんぱく質などの栄養素はほどんど含まず、体の中に蓄積されにくいカロリーです。

(装飾見出し)太りにくい種類のカロリー
更に、体内に摂取されると他の栄養素より優先的に分解され熱として放出されるという特性もあります。アルコールを飲むと体が熱くなったり、赤くなったりするのもそのためです。

他の栄養素の分解の後回し、ということになりますので、もちろん飲みすぎると少なからず脂肪として体内にカロリーは蓄積されます。要するにアルコールに含まれるエンプティカロリーは太らないカロリーではなく、太りにくいカロリーということになります。

日本酒で太った?その原因はおつまみ?

日本酒を飲んで太った!という方がいればそれは、一緒に食べるおつまみのチョイスに原因があるかもしれません。

(装飾見出し)おつまみにも注目して欲しい!
飲んでいると、ちょこちょこおつまみに手が伸び、気が付けば満腹まで食べ過ぎているなんてこともあるかと思います。

水分だけでは満足感は得られにくいためおつまみを食べながらというのはごくごく普通のことですが、ここで飲むアルコールの種類ではなく食べるおつまみに注意をしてみるのもいいでしょう。

(装飾見出し)おススメのおつまみ
例えば、冷奴や枝豆、お刺身など日本酒に合うおつまみはたくさんあります。他にも、焼き鳥などであればタレより塩を選んだり、カロリーの低いおつまみをチョイスすることをおススメいたします。

ダイエット中に飲むなら日本酒!飲み方が重要?

ダイエットを意識している女性に日本酒をおススメさせていただきましたが、ただただ飲むだけではなく、少し飲み方に気をつけていただくだけで日本酒が更に”太りにくいお酒”に近づきます。

(装飾見出し)食べないのは逆効果?
まず、ひとつ前でおつまみについて紹介させていただきましたが、太りたくないからと言って何も食べずに空腹の状態でアルコールを摂取するのは禁物です。それは日本酒だけでなく、どの種類のアルコールに対しても言えます。

空腹状態で飲むとアルコールの成分が胃で吸収され、血中アルコール濃度が急激に上がります。そして肝臓でのアルコール分解がしきれずそのまま全身を巡り、酔いが一気に回ってしまいます。

(装飾見出し)代謝を上げること
そして二つ目に日本酒の飲み方でおススメなのが、冷やよりも熱燗で飲む。ということです。体は冷えると代謝が下がり脂肪を溜めこもうとする働きがあります。

同じダイエット法を試しても冬の方が痩せにくいのはこのためです。

また、夏でも暑いからと言って冷たいものを飲んだり食べたりばかりしていると代謝が下がりむくみの原因などにもつながります。

そういった理由から私はここで日本酒を熱燗で飲むことをおススメいたします。熱燗だと、体が温まり代謝が上がるのでカロリーの消費も早くなり、更に冷やよりも日本酒の香りを楽しんでいただくことが出来ます。

日本酒は美容効果抜群?その効果が知りたい

日本では縄文時代から、お米を原料としたお酒が造られ始めたと言われています。それほど昔から愛され、飲まれ続けている日本酒。ただただ美味しいから、という理由だけで愛され続けているわけではないようです。

女性に嬉しい美容効果も期待されることが近年の研究では分かってきており人気を集めています。ここでは日本酒が持つ美容効果について紹介させていただきます。

お肌の張りを高めるコラーゲンの力とは?

(装飾見出し)コラーゲンとは?
化粧品や健康食品などを選ぶ際にコラーゲンという言葉をよく耳にしませんか?コラーゲンはお肌の調子を整えるのに重要な栄養素で、お肌の弾力を保つ働きがあります。

また、お肌だけでなく骨や血液を形成する役割も担っているため、私たちの体には必要不可欠な栄養素なのです。このコラーゲンは年齢を重ねるごとに自然に減ってしまいます。

そのため化粧品などでコラーゲンが入った商品がとても人気があるのです。

(装飾見出し)日本酒の中のコラーゲン
そしてそのコラーゲンは日本酒を飲むことでも摂取できるということが、石川県の酒造会社・車多酒造の共同グループの研究でわかっています。
日本酒に含まれる旨味成分”a-EG”が飲用でも塗布でもコラーゲン量を増やすということが世界で初めて実証されたのです。

年配の女性であればぐい飲みに一体程度(50ml)飲むだけでも効果があると認められているのです。化粧品だけでなく、日本酒を飲むことで減ってしまったコラーゲンを補うことも出来るのです。

アミノ酸で保湿効果がアップ?

(装飾見出し)保湿に欠かせないアミノ酸?
お肌のお悩みをお持ちの方の中には乾燥で悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。お肌の潤いを保つのに欠かせない天然保湿因子の約半分はアミノ酸で出来ています。

そして日本酒にはアルギニンやロイシン、グルタミン酸など、約20種類のアミノ酸が含まれています。一度日本酒のラベルに注意をして見てみて下さい。「アミノ酸度」という表示があり、これは日本酒に含まれるアミノ酸の量を表したものです。

(装飾見出し)日本酒の中のアミノ酸?
アミノ酸度は1.0~2.0の値のものが多く、アミノ酸が適度に含まれる日本酒はコクがあり美味しいと言われています。そして日本酒に含まれるアミノ酸の中で、プロリンというアミノ酸は上記でお肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させ、保湿力を上げてくれます。

麹酸でシミ、そばかすを撃退?

(装飾見出し)近頃よく耳にする”麹”の効果
最初に、日本酒はお米を原料としていると申し上げましたが、正確にはお米、米麹、水を原料に作られています。そして、この米麹には女性に嬉しいたくさんの働きがあります。

米麹に含まれる、麹酸がすごい働きを見せるのは特に、シミやそばかすに対してです。シミの原因となるメラニン色素ですが、まだ表皮に出現していない肌の奥深くに眠っているものもあります。

(装飾見出し)日本酒の中の麹酸
日本酒に含まれる麹酸にはメラニン色素を作る酵素の働きを抑える働きがあります。 更に麹酸には活性酸素を取り除いてくれる働きもあります。活性酸素が増えると、お肌のターンオーバーが遅くなりメラニン色素のある細胞がお肌に住み続けることになってしまいます。

麹酸のメラニン色素の生成を抑える働きと、ターンオーバーを正常に整える働きによってシミやそばかすにも効果的といわれているのです。実際に日本酒を作る杜氏(とうじ)の手は白くてスベスベだともいわれます。

血行促進で冷え性対策

(装飾見出し)飲んでポカポカするのは一時的なもの?
女性に多い冷え性に日本酒が良いと言われています。アルコールを摂取すると体がポカポカ温かくなりますが、これらの多くは体内で分解される際に放出される熱のためであり、基本的にはアルコールを摂取すると体を冷やすことに繋がります。

ですが、日本酒は唯一と言ってもいいくらい、体を中から温める効果があります。 

(装飾見出し)日本酒は体の中からポカポカ
それは日本酒に含まれるアセトアルデヒドという成分には血管を広げる効果があり、アデノシンという成分には血管の収縮を妨害する効果があるからです。これらの働きにより、一時的ではなく、血行が良くなり冷えやむくみの改善に繋がります。

そして、アデノシンは他のアルコールにも含まれる成分ではありますが、日本酒に含まれるアデノシンは他のアルコール飲料よりも多く含まれているため、体温を上げストレス軽減や肩こりなどにも効くと言われているのです。

失敗しない!自分に合った日本酒の選び方とは?

美容効果が!ダイエットにも最適!と知って日本酒を飲んでみたいという女性もいらっしゃるかと思いますが、日本酒と一言で言っても種類が多すぎて何を飲んでみれば良いのか?という方もいらっしゃるかと思います。

初めて飲む方にも、最初に試した日本酒が口に合わず、そこから敬遠してしまっているという方にもお試しいただきたい自分に合った日本酒の選び方についてご紹介させていただきます。

日本酒を選ぶなら純米酒がおススメ

日本酒のラベル表記や、お店の陳列棚の表記などで「純米」や「大吟醸」といった表記で日本酒を分けているのをまず目にされるかと思います。これらは”特定名称酒”と言い、原料やお米の精米度合いで分類されたもので全部で以下の8種類に分かれています。

(装飾見出し)特定名称酒
・本醸造酒
・吟醸酒
・大吟醸酒
・純米酒
・純米吟醸酒
・純米大吟醸酒
・特別純米酒
・特別本醸造酒

(装飾見出し)おススメの純米酒とは?
この中でまずおススメさせていただきたいのが「純米酒」です。純米酒はクセがあまりなく初心者の方でも飲みやすいです。日本酒の分類の中で”純米”という言葉が入っているものは醸造アルコールが入っていないお酒という意味になります。

要するに、お米、米麹、水のみで作られています。

(装飾見出し)醸造アルコールとは?
醸造アルコールとは食用に用いられるアルコール分で、原料にはサトウキビが用いられます。人工的なアルコールということになりますが、防腐の効果や香り立たせる役割があるため、日本酒を作る際にも用いられることがあるのです。

ただ、安価な日本酒のなかには「純米酒」と謳っていても醸造アルコールが含まれるものも少なからずあるのは現実です。日本酒を選ぶ際にはラベルの表示を良く確認していただきたいです。

日本酒初心者なら甘口を選ぼう

次に日本酒の分類の方法としては甘口、辛口などもあります。日本酒を作る過程でお米が麹菌の働きで分解され、糖になります。そして糖が酵母の働きでアルコール分に変わっていきます。

日本酒度は糖分の多いものがマイナス(-)に、糖分の少ないものがプラス(+)という測り方をします。日本酒の甘口、辛口にはこの日本酒度と酸度が大きく関わっており、甘口の日本酒はお米の甘さも感じられ、初心者の方でも飲みやすいです。

特定名称酒の他にも-、+の上記も気にかけてみて下さい。まずは日本酒度の表記は-になっているものから飲んでみることをおススメします。

日本酒の精米歩合でアミノ酸の量をチェック

(装飾見出し)精米歩合とは?
日本酒のラベルに表記される項目の中に精米歩合というものがあります。精米歩合は%(パーセンテージ)で表され、精米後のお米の、元の玄米に対する重量の割合を意味します。要するにそのお米がどれだけ削られているのか?の数値ということになります。

例えば精米歩合が40%というのは、お米の周りを60%削っているということになります。お米の中心部を使った日本酒は雑味がなく高価なものに多いので、精米歩合の%が低いものは高価な日本酒に多い傾向にあります。

(装飾見出し)精米歩合で変わる日本酒の味
特定名称酒で言うと、精米歩合が60%以下のものが吟醸酒、50%以下のものが大吟醸酒という部類になります。そして日本酒としての香りも、精米歩合が低いほど豊かなものになります。

日本酒が美容効果抜群とご紹介させていただいたところで日本酒にはアミノ酸が含まれるとお伝えさせていただきましたが、お米を削る過程でアミノ酸などの栄養素も削り落とす必要がありますので、精米歩合が低いものはアミノ酸量も低いものになります。

パッケージもかわいい?女性でも飲みやすい日本酒を紹介

ここからは、これまでにご紹介させていただいた日本酒の知識をもとに、女性でも飲みやすい日本酒を5種類ご紹介させていただきます。見た目がかわいいボトルのものから、定番の日本酒まで。お好みのものを是非試してみて下さい。

松竹梅白壁蔵 澪 スパークリング清酒

ほのかな甘みとほどよい酸味が人気のスパークリングタイプの日本酒です。果実酒のような甘い味わい、鼻を通るほのかな日本酒の香りが楽しめます。日本酒なのに和食以外にもイタリアンやフレンチなどにも合う、お食事を邪魔しない強すぎない味わい。

日本酒なのにアルコール度数5%と低めで女性にも人気です。外食の際でももちろんですが、スーパーやコンビニなど、身近な場所で購入できるというのも人気の理由ではないでしょうか。 価格:150ml・282円 300ml・475円

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分

男女問わず人気を博している獺祭シリーズ。こちらの蔵で作られる日本酒は純米大吟醸のみ、使われるお米は山田錦に限られています。その獺祭の中でも今回は純米大吟醸 磨き三割九分をご紹介。数ある獺祭シリーズの中では真ん中くらいのクラスにあたります。

精米歩合は39%と大変低く、お米の甘み、香りも味わえる日本酒です。精米歩合30%台のお酒を通年にわたり生産し続ける技術はこちらの蔵の技術ならではといえます。辛口の部類にはなりますが、フルーティーな香りと上品なお米の甘みで洗練された軽快な喉ごしが味わえます。価格:1.8ℓ・4835円 720ml・2418円

一の蔵 発砲清酒 すず音

シンプルなのにかわいいパッケージが女性に人気の発泡性の日本酒です。一見日本酒っぽさを感じさせない見ためですが、味はしっかりと日本酒で、元祖発泡性日本酒と言われています。

濁り酒のため飲む前には2~3度振ってから開けます。炭酸はかすかに感じる微炭酸程度で、香りは控えめ、飲み心地はまろやかです。濁りのおかげでまろやかになっており、日本酒特有のクセは感じにくいです。価格:300ml・741円

山名酒造 自然酒 □土酒 五百万石

山名酒造の○△□シリーズの□土酒。有機栽培の五百万石で作られた純米吟醸酒です。薄いブルーに手でちぎったような和紙のラベルが涼しげで”自然酒”というのがよく表れています。同じ自然酒シリーズの○、△と比べると甘口で飲みやすく、梨系のほのかな香りが味わえます。

口に含むと、ほのかな甘み、苦み、かすかにミルキーさも感じられ、後味はさっぱり、すっきりしています。価格:720ml・2106円(内税)

八海山 純米吟醸

日本酒のある居酒屋などでは必ずと言っていいほど置いてある定番中の定番の大人気の日本酒と言えるでしょう。日本酒の独特の香りや味など、個性を主張しすぎないところが、食事の味の邪魔をせず、むしろ食事の味を引き立てるとし長年愛されています。穏やかな香りと、米の旨味をこれでもか!と言わんばかりに味わえます。

美容効果を高める日本酒の正しい飲み方とは?

日本酒の特性や種類、どういった種類のものがあるのかお伝えさせていただきました。女性には大変うれしい美容効果もある日本酒ですが最後に、美味しい飲み方、更に効果的な飲み方について説明させていただきます。

日本酒の美味しい飲み方とは?

お店などで日本酒を注文する際に「熱燗で。」や、「冷やで。」といった注文の仕方をよく耳にするかと思います。単純に日本酒を飲むときの温度についてなのですが、実は細かく分かれており温度によって日本酒の風味も変わってきます。

(装飾見出し)日本酒の温度について
まず、飲む際の温度についてです。少し紛らわしいですが、「冷や」というのは冷たい温度で飲むという意味ではなく常温ということになります。細かく分けると10段階に分かれると言われていますが実際にお店で注文をする際に知っておいていただきたいのは、冷酒、冷や、燗の3種類になります。

7~10℃のものを冷酒、15~20℃が冷や、40~50℃が燗という分類になります。要するに冷やというのは常温で日本酒を飲む際の呼び方ということになります。

(装飾見出し)飲む際のおススメの温度
自身の好みの温度を見つけていただきたいのはもちろんですが、日本酒の種類によっておススメの温度があります。

例えば、濁り酒やスパークリングは冷やして冷酒で飲んでいただくとすっきりとした味わいを楽しんでいただくことが出来ますし、純米酒や醸造酒などお米の香りを楽しんでいただきたい日本酒は燗をして飲んでいただくことで更に香りが増します。

(装飾見出し)二日酔い対策によい日本酒の飲み方とは?
日本酒を注文するとチェイサーとしてお水も持ってきてくれるお店も少なくないかと思います。日本酒のアルコールは決して低くはないです。そして、ウィスキーや焼酎のように水などで割って飲むということも基本的にはしないです。

そのため、体に負担をかけないためにも合間に水を飲みながら飲むことをおススメします。その方が肝臓にも優しく二日酔いにもなりにくく、更に、口の中をリフレッシュすることで日本酒の繊細さを味わいやすくもなります。

美容効果を高めたい!日本酒の飲み方とは?

続いて、日本酒が秘める美容効果を高める飲み方についてです。アルコールに強い人にも、そうでない人にも美容のために飲んでいただきたい日本酒ですが、決してたくさんの量を飲めば飲むほど肌がきれいになる、というわけではありません。

1日にほんの50mlの日本酒を飲むだけで美容効果は十分に期待できます。そして、前半の方でもお伝えしたようにダイエットを気にされている方であれば代謝を高めるためにも熱燗で日本酒を飲むことをおススメします。

まとめ

日本酒の持つ美容効果、美味しい飲み方についてご紹介させていただきますたが、いかがでしたでしょうか。

今回は特に女性にスポットをあてて、日本酒の嬉しい効果についてお伝えしましたが、日本酒は大変奥深く、生活習慣病の予防やがん予防にも期待されるという研究も過去に発表されている飲み物なのです。

男女問わず、何歳になっても楽しんでいただける種類のお酒です。今では日本酒は150種類以上もあるといわれています。ご自身のお好きな味、香りの日本酒を見つけて是非ご友人と、ご家族と日本酒を楽しんでください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【必見】秋田美人の肌が白くて美しいのはなぜ?県民だけが知る4つの秘密

  2. 色が白い女性が密かにしている美白習慣7つ

  3. つるすべ美肌への近道!日本酒成分配合の化粧品のおすすめ12選と選び方

  4. 男性も女性も魅了する!憧れの「大和撫子顔」になる5つの方法

  5. 【日本三大美人】秋田美人・博多美人・京美人の特徴は?共通点は美肌!

  6. 【美肌美人の秘密】日本酒が秘めた美肌効果|おすすめ化粧水厳選5点

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。