シミ取りレーザー治療後に戻りシミが!消えない理由と正しい対処法

レーザー治療でシミ取りを行った人の中には、なぜかシミが再発する「戻りシミ」と呼ばれる現象が起こる場合があります。

あんなに気になっていたシミがキレイになると思っていたのに、戻りシミのせいでまた悩まされるなんて絶対に避けたいものですよね。

レーザー治療後に発生する可能性がある戻りシミについて、正しい知識を知っておくと慌てずに正しい対策ができます。

そこで今回は、レーザー治療後に戻りシミができる原因や正しい対処法について詳しく紹介します。

この記事を最後まで読んでいただければ、レーザー治療後に戻りシミができても冷静に対処できますのでぜひ参考にしてください!

慌てないで!シミ取りレーザー治療後にできる戻りシミは消えるもの

シミ取りレーザー治療を行った後にできる戻りシミ(炎症後色素沈着)とは、ある意味誰にでも起こり得る現象でありあまり心配しなくても大丈夫です。個人差はありますが、戻りシミができてから半年くらいで自然に消えるものであり、中には3ヶ月で消える人や、1年くらいかかる人もいます。

レーザー治療術後には必ず戻りシミができるものではなく、術後2週間から1ヶ月後に半分くらいの確率で出来る可能性があると言われています。せっかくシミが取れると思って喜んでいたのに、またシミが出来てしまった!と焦る気持ちもわかりますが、慌てて過剰なケアを行う必要はありません。

シミ取りレーザー治療後に戻りシミができる原因

シミ取りレーザー治療を行った後に戻りシミができるのは、シミができるメカニズムに原因があります。シミは見た目が悪いため厄介な存在のように感じられますが、本当はこれ以上肌に刺激を与えないように保護する役割があるものです。

レーザー治療でシミが取れるのは、シミの原因であるメラニン細胞をレーザーで破壊するからで、メラニン細胞が破壊された部分は理論的にはシミはできません。

しかし、レーザーを照射することで少なからず肌に刺激を与えてしまい、肌内部のメラノサイトを活性化させて新たにメラニン色素を生成します。

レーザー治療を受けた刺激から肌を守るためにできたメラニン色素こそが、戻りシミの原因なのです。

装飾小見出し:戻りシミの原因を簡単に言うと!

戻りシミはレーザー治療で受けたダメージから肌を守るためにメラニン色素が生成されてできる。

シミ取りレーザー治療後に戻りシミを防ぐ方法

シミ取りレーザー治療はどうしても肌にダメージを与えてしまうため、シミができやすい環境を作ってしまい戻りシミが発生しますが、必ず誰にでもできるものではありません。

シミができにくい環境を整えて戻りシミの発生を抑えることは十分可能です。

肌に刺激を与えない
肌への刺激こそが、肌を守るためにメラニン色素を生成させる働きに繋がって戻りシミができる大きな原因になるので、肌に刺激を与えないように十分注意しましょう。

肌に刺激を与える大きな原因となる紫外線には十分注意して、日焼け止め対策などを行ってください。また、レーザー治療後にできたかさぶたを無理に剥がすと刺激になるため、かさぶたはそのままにしておきましょう。

保湿ケアを徹底する
肌を刺激から守るためには、適度な潤いを維持していることも大切です。保湿ケアを重点的に行いますが、自分の肌質に合わないスキンケア化粧品を使うと余計な刺激になるため、配合成分に注意して選ぶようにしてください。

レーザー治療後は肌が敏感なので、美容成分をたっぷり補給するよりも、肌の潤いを守ることを重視した化粧品を選ぶのがおすすめです。

シミ取りレーザー治療後の戻りシミがいつまでも消えない原因

戻りシミは本来であれば半年程度で自然に消えるものですが、中には半年から1年以上経ってもなかなか消えずに残ってしまう場合があります。戻りシミができてなかなか消えないと思っていたのは、実は戻りシミではなくて新たにできたシミの可能性もあります。

新たにシミが現れてきた原因として考えられるのは以下の2つです。

シミの種類に合った治療ではなかった

シミ取りレーザー治療はシミの種類に応じて使い分けなければいけないと言われています。

特に注意しなければいけないのが、シミの一種である「肝斑(かんぱん)」にはレーザーを照射すると濃くなるためレーザー治療できません。

肝斑とシミが重なっていると見分けにくく、まだ肌の表面に現れていない隠れ肝斑が存在している可能性もあるため、プロの医師でも判断が難しいと言われています。誤ってレーザー治療を施していた結果、新しいシミとなって現れている可能性も考えられます。

また、レーザーの照射が弱くてメラニンを破壊しきれずに、シミが現れてしまう可能性も少なからず考えられます。

シミができやすい生活習慣だった

シミ取りレーザー治療を行ってシミの元が無くなったからといって安心はできません。

肌に刺激を与え続けると、肌を守るためにメラニン色素が生成されてシミができるので、油断をしていると新しいシミがどんどん増える結果になります。

紫外線対策を怠っていた
スキンケア商品が肌に合っていなかった
食生活が乱れがちになっていた
ストレスを溜め込んでいた

これらの原因は全て肌に刺激を与える大きな要因です。

せっかくのレーザー治療を無駄にしないためにも、新しいシミができない肌環境を整える努力を地道に続けなければいきません。

今すぐ実践できる戻りシミの消し方と予防法

戻りシミ(炎症後色素沈着)が半年ほどで自然に消えると言われているのは、ターンオーバーの働きによるものです。

ターンオーバーとは、皮膚の細胞が新しく生まれ変わる働きのことで、古くなった角質が自然に剥がれ落ちるとともにシミも薄くなっていくと考えられます。

ターンオーバーの周期は約28日と言われていますが、年齢を重ねるとともにどんどん長くなり、実年齢の1.5倍から2倍くらいがターンオーバーの目安とも言われています。

年齢だけでなく、生活習慣の乱れなどもターンオーバーの周期を遅らせる原因にもなるので、しっかり対策を行ってターンオーバーを正常化させることが一刻も早く戻りシミを消すために重要です。

ターンオーバーを促すことで、戻りシミを消すのと同時に、新たにシミを作らせない対策にもなるので、ぜひ以下の方法を実践してください。

ターンオーバーを促す睡眠

睡眠がターンオーバーの活性化に重要な要素と言われているのは、ターンオーバーが眠っている間に行われるからです。睡眠不足になると肌荒れしやすくなるのは、ターンオーバーがきちんと行われずに古い細胞が残ってしまうためです。

ターンオーバーを促すためには成長ホルモンの分泌が必要不可欠ですが、最も成長ホルモンが分泌されるのは深い眠りの状態(ノンレム睡眠)の時です。

浅い眠り(レム睡眠)だと十分に成長ホルモンが分泌されないため、ターンオーバーの働きがうまくいかない可能性が高いので、夜中に何度も目が覚めたり、睡眠時間が不規則な人は注意が必要です。

毎日決まった時間にぐっすり眠れる環境を整えることが、戻りシミを一日も早く消して新しいシミを予防するためにも大切なことを覚えておきましょう。

ターンオーバーを促す食生活

毎日の食生活を見直すことも戻りシミの改善・予防に役立ちます。

栄養バランスを考えた食生活を心がけることが前提ですが、特に皮膚の元になるタンパク質とビタミン類を積極的に補給するのが望ましいです。タンパク質を含む食材は魚や肉、大豆類、卵、乳製品などですが、脂っこい調理法にならないように気をつけてください。

また、ビタミンを多く含む果物や野菜を積極的に補うことが望ましいですが、加熱調理に弱いためできるだけ生の状態で補えるようにスムージーなどで補うのがおすすめです。

ターンオーバーを促すスキンケア

毎日のスキンケアでも古い角質をオフして新しい皮膚の再生を促すお手入れを心がけることでターンオーバーの働きを活性化できます。

スキンケア化粧品はいろいろありますが、戻りシミを一日も早く消すための方法としておすすめしたいのは以下のステップです。

洗顔で古い角質を落とす
しっかり保湿をする
シミの色素を還元する

洗顔で古い角質をオフ・アルファピニ28トライアルセット
古い角質をスキンケアでオフする方法として、フルーツ酸などで古い角質をオフするピーリングもありますが、肌に負担を与えやすいのでレーザー治療後のケアとしてはおすすめできません。

酵素洗顔なら、肌に負担を与えにくく古い角質をオフできます。

【初回限定価格】
1370円(税抜)

公式サイトはこちら

セラミドでしっかり保湿・アヤナストライアルセット
アヤナスは肌が敏感な時期にも安心して使える敏感肌用の基礎化粧品シリーズです。ヒトガタセラミドを配合しており、適度な潤いを維持できるのが特徴です。

【初回限定価格】
1480円(税込)

アヤナストライアルセットはこちら

ハイドロキノンでシミを還元・QuSomeホワイトクリーム1.9
ハイドロキノンはメラニン色素の生成に関わるチロシナーゼを抑える作用と、メラニン色素を生成するメラノサイトを減らすことで新たにシミができるのを予防する働きがあります。

更に、既に肌の表面に現れているシミの色素を還元して色を薄くする作用もあるため、シミ対策に効果的な成分です。

「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、ハイドロキノンはもちろんハイドロキノンの働きをサポートする成分もバランスよく含まれています。

【価格】
6,480円(税込)
ホワイトケア トライアルセット 1,846円 (税込) 

公式サイトはこちら
ホワイトケア トライアルセットはこちら

戻りシミができても慌てず地道にケアを続けるのが大事!

シミ取りレーザー治療を行って戻りシミができても、基本的には自然に消えるものなので慌てなくても大丈夫です。

しかし、お手入れを怠ってしまうとなかなか戻りシミが消えなかったり、新たにシミができたりするので、生活習慣やスキンケアに気をつけて地道にお手入れを続けましょう。

関連記事

  1. 美白効果抜群で人気のプチプラ美白美容液15選!

  2. ハイドロキノンに潜む発がん性のリスクはある!!

  3. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本気でシミに効く12選

  4. シミに効果のあるハイドロキノンのおすすめと使い方!

  5. 40代のシミに効く美白化粧品8選!40代の肌悩み解消!

  6. 美白ケアしてもシミは増える?シミができるメカニズムと予防策~妊娠とシミの関係とは~

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!