黒ずみ毛穴との違いは?メラニン毛穴の治し方はハイドロキノンしかない!

メラニン毛穴はいわばシミのようなもの、黒ずみ毛穴と治し方が違います。

黒ずみ毛穴だと思って「毛穴パックやオイル洗顔、角栓除去を頑張ってもちっとも毛穴が消えない!」

そんな経験をしているのならその毛穴はメラニン毛穴かもしれません。

メラニン毛穴は肌代謝が落ちている証拠。ここでリセットしないとどんどん増えてしますますよ!

メラニン毛穴の治し方を覚えて日々のケア、毛穴レスな肌を目指しましょう。

【メラニン毛穴の見分け方】茶色い毛穴は黒ずみじゃない!

まずはメラニン毛穴と黒ずみ毛穴の見た目の違いを確認しておきましょう。

メラニン毛穴の特徴 黒ずみ毛穴の特徴
・毛穴が黒ではなく茶色
・よく見ると毛穴に沿ってドーナツ型
・触ってもつるつる
・軽く角栓を出しても黒ずみが残る
・黒ずんでいる
・形は毛穴と同じ丸型
・触るとざらつきがある
・角栓を出すと黒ずみが消える

メラニン毛穴は何らかの原因によってメラニン色素が過剰に発生、その色素沈着によって黒ずんでいる毛穴です。いわば毛穴にできたシミ。

シミの大きな原因に紫外線があげられますが、紫外線を浴びやすい鼻や頬にメラニン毛穴が多くできています。

クレンジングのし過ぎ?メラニン毛穴の原因

メラニン毛穴の原因はメラニン色素のよる色素沈着。ではなぜメラニン色素は生産されてしまうのでしょうか?

紫外線

メラニン毛穴のもっとも大きな原因のひとつが紫外線。

紫外線を浴びるとその刺激によって活性酸素が発生します。発生した活性酸素は肌にダメージを与えます。そのため紫外線浴びると、肌は肌自身を守るためメラニン色素を生産して肌を守ります。

このメラニン色素がメラニン毛穴の原因なのです。紫外線を大量に浴びてしまうとメラニンが過剰発生、メラニン毛穴ができてしまうんですね。

また、特に鼻などは皮脂が多く分泌され、皮脂が溜まったまま紫外線を浴びると皮脂が過酸化脂質に変化します。

この過酸化脂質の刺激によって活性酸素が発生、この活性酸素に反応したメラノサイトがメラニン色素を発生させることもメラニン毛穴の原因です。

肌への摩擦

洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料、擦るようにファンデーション伸ばしている、タオルでゴシゴシ拭いているなど、肌の摩擦も刺激となって活性酸素を発生させ、メラニンを過剰に生み出してしまいます。

黒ずみ毛穴と思って強引な角栓除去や毛穴パックを行うと、メラニン毛穴をもっとひどくなってしまうんですね。

肌のターンのーバーの乱れ

外的刺激から肌を守るためにメラニンは常に生成されています。発生したメラニン色素は通常ならば肌の新陳代謝(ターンオーバー)とともに、角質となり垢となって剥がれ落ちていきます。

しかし、ストレスやホルモンバランスの崩れなどが原因で肌のターンオーバーが乱れると、メラニンは剥がれ落ちずにどんどんと蓄積され、メラニン毛穴となってしまうのです。

老化

通常、肌のターンオーバーは28日周期で新しい肌が生成され、古い角質が剥がれ落ちていくサイクルとなっています。しかし老化することによって新陳代謝が悪くなり、古い肌が剥がれ落ちずに角質がどんどんと蓄積していきます。

毎日少しずつ生成されているメラニンは、本来ならば肌のターンオーバーによって少しずつ剥が落ちていくところが、老化によって代謝が低下、どんどん蓄積されメラニン毛穴となってしまうのです。

自分でできるメラニン毛穴の治し方&予防策

メラニン毛穴の治し方と予防をする上で、大切なことはこの3つです。

・過剰にメラニンを発生させない
・肌のターンオーバーを整える
・生成されてしまったメラニンを排出する

この3つのために何をすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

ピーリング

 
ピーリングは肌のターンオーバーを整える方法のひとつです。蓄積されすぎた角質を取り除くためメラニン毛穴が薄く、さらに肌のごわつきもなくなります。

その後に続く基礎化粧品の吸い込みも良くなるので定期的にピーリングおすすめしますよ。

セルフピーリングにはこのような方法があります。

・拭き取り用化粧水
・ピーリングジェル
・クレイパック
・炭酸水洗顔
・酵素洗顔 

など 

ピーリングは肌の角質をはがすため、やりすぎは肌に負担をかけ、シミができる原因です。週に1回程度にしておきましょう。

家にあるものでできる簡単ピーリング法
1.お風呂のバスタブにゆっくりと浸かる
2.浸かりながら、乳液もしくはクリームを顔の角質になじませるようにマッサージ
3.乳液もしくはクリームが浸透して透明になったら、タオルをお湯で濡らして軽く絞り、ホットタオルパック
4.水分とタオルの暖かさで角質がふやけたら、タオルで軽く乳液やクリームを拭き取るようにオフ

乳液やクリームを軽く拭き取ると同時に古い角質がはがれます。この時肌に刺激を与えないようにタオルを絞りすぎないようにしましょう。

美白コスメ

メラニン毛穴は毛穴にできたシミです。そのためシミ対策となる美白コスメもおすすめ。美白コスメはメラニンを発生させない、さらに生成されたメラニンを排出する働きをしてくれます。

美白コスメは薬用化粧品がおすすめです。薬用コスメは厚労省が認めた美白成分を含んでいます。

おすすめ美白成分
ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、トラネキサム酸、エラグ酸、カモミラET、リノール酸、ルシノール、4MSK、コウジ酸 など

このほかにも厚生労働省からははまだ認可が下りていないけれど、美白成分として実績のあるハイドロキノンのような成分もあります。 

保湿の徹底

美肌を作るためには保湿が絶対に必要。これは多くの方が知っていることでしょう。実は徹底した保湿は肌のターンオーバーを整える作用があります。

肌のターンオーバーは肌内部の保湿成分が絶対に必要で、肌内部が乾燥してしまうと肌のターンオーバーが出来なくなってしまいます。乾燥した肌は角質が蓄積しささくれだち、キメが荒く、外的から肌を守れなくなって敏感肌に。

また大切なことは化粧水バシャバシャ塗ることではなく、保湿成分を肌内部に浸透させることです。これらの保湿成分が含まれている保湿コスメを選ぶようにしましょう。

おすすめ保湿成分
セラミド、スフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロール、大豆レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似物質、天然保湿因子(NMF)など

メラニン毛穴には「保湿成分の含まれた美白コスメ」を使うか、「美容液は美白重視、クリームは保湿重視」といったアイテムで目的を変えた使い方がおすすめですよ。

紫外線対策

紫外線対策はメラニンを生成させないことに直結しています。日傘や帽子はもちろんのこと、UV対策のなされたファンデーションや下地。日焼け止めを必ず毎日塗りましょう。

使うべき日焼け止めの強度の目安はこのようになっています。

日焼け止めの目安
日常生活・・・SPF15/PA+
屋外での軽いスポーツ、レジャー・・・SPF15~30/PA++
真夏の屋外レジャー・リゾートでマリンスポーツ等:SPF30~50+/PA+++ 

日焼け止めを塗っていても汗をかいたり、タオルで汗をぬぐったりしてしまえば日焼け止めはすぐに取れてしまいます。こまめな日焼け止めの塗り直しをしてくださいね。

洗顔は低刺激

肌への摩擦や洗顔料の強すぎる成分は、肌にダメージを与え活性酸素を生み出し、メラニン毛穴の原因となります。低刺激の洗顔は、メラニン色素を発生させないことにつながります。

・洗浄力の強すぎない洗顔料を使う
・ゴシゴシ洗いすぎない
・洗顔はぬるま湯で
・タオルでゴシゴシ拭かない

 このようなことに気をつけましょうね。

適度な運動

適度な運動は血流を上げ、体の新陳代謝を促し肌のターンオーバーも整えます。また運動のみならず、半身浴も血流を上げるため肌代謝にも効果的。血流をよくすることを意識しましょう。

血流が上がることによって体内の老廃物の排出されやすくなり、食べ物から摂取した栄養素も肌に行き届きやすくなります。メラニン毛穴対策だけではなく、肌のハリやツヤもアップ、クマ改善にも効果的です。

特に冷え性、肩こりの方は定期的な運動がおすすめです。筋力がアップすることで日常的に巡りがよくなるからです。無理せずウォーキング程度から始めてみましょう。 

プロに任せる 

美容皮膚科やエステでのメラニン毛穴対策は、肌のターンオーバーを整えること、新たなメラニンを生成させないこと、生成されたメラニンを排出すること、全てに有効です。

・イオン導入
・レーザー治療
・光治療
・イオン導入

このような施術が行われることが多いようです。プロに任せると即効性も高く、アドバイスも受けられるため安全です。

ただし、価格がかなり高額なので気をつけてくださいね。効果がとても高いのでメラニン毛穴に長い間悩む方は、検討してみることをおすすめします。

油分の多い食事を控える

食事の油分を控えたり、バランスの良い食生活に気をつけることは肌のターンオーバーを整えます。

脂っこい食事は皮脂の分泌を促すため、毛穴に皮脂がたまりやすく、酸化した皮脂から活性酸素が発生しメラニン毛穴ができやすくなってしまいます。バランスのとれた食生活を意識するようにしましょう。

保湿や肌のターンオーバーに有効な栄養分はこのようになっています。

おすすめ栄養分
ビタミンA・・・ 人参、卵、ピーマン、アナゴ、さば など
ビタミンB・・・ 卵、豚肉、レバー、豆類 など
ビタミンC ・・・レモン、いちご、ピーマン、しいたけ など
ビタミンE ・・・ごま、豆類 など
セラミド・・・ こんにゃく、豆類、ほうれん草、ひじき、わかめ、ヨーグルト など

メラニン毛穴を治す基礎化粧品を選ぶポイント

メラニン毛穴におすすめの美白成分には様々なものがありますが、中でも特に使ってほしい成分この3つ。

ビタミンC誘導体
アルブチン
ハイドロキノン

特ににビタミンC誘導体とアルブチンは、厚生労働省で効果が認められた美白成分でメラニンの働きを抑えてシミを抑える効果があります。

ハイドロキノンはビタミンC誘導体やアルブチンの10~100倍の効果があるとも言われ、市販で唯一、できてしまったシミに効果のある成分です。 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、肌内部に浸透しにくいビタミンCを改良したもの。厚生労働省が認めた美白成分は13個種類ありますが、ビタミンC誘導体もそのひとつです。

ビタミンC誘導体が含まれたコスメは医薬部外品となり、効果としては化粧品と医薬品の間で、薬の次に美肌効果が高いためぜひ使ってもらいたい成分です。

ビタミンC誘導体の効果・働きはこのようになっています。

・過剰な皮脂を抑える
・毛穴の収縮
・メラニンの合成を阻害するためシミを作らせない
・抗酸化作用によって活性酸素が除去されアンチエイジング
・コラーゲンの生成を促し肌にハリを与える
・抗炎症効果によってニキビの防止改善

メラニンの合成を防ぎ、活性酸素を除去する働きもあるためためシミを作りません。またコラーゲンの生成促進や肌のターンオーバーを促すため、シミを薄くする作用もあると言っていいかもしれません。

おすすめアイテム

チェーンメーカーズ(TUNEMAKERS) VC-6ビタミンC誘導体

VC-6ビタミンC誘導体

特徴
・ビタミンCの原液
・ビタミンC誘導体の中でも浸透率の高いリン酸アスコルビルmg配合
・ビタミンC誘導体6%配合
・余計なものは一切入ってないのでビタミンC誘導体のパワーを感じることができる
・そのまま塗っても、手持ちの化粧水やクリームに混ぜても OK

口コミサイトでもかなりの評判を誇るVC6ビタミンC誘導体は、ビタミンCの原液なので純粋にビタミンC誘導体の効果を感じたい方におすすめです。継続2週間程度で肌のトーンが上がり、2~3本使えばメラニン毛穴やシミが薄くなったという体験談が多く見られました。

そのまま美容液として塗って肌が突っ張るようなら、肌の調子を見ながら化粧水に混ぜて使ってみてくださいね。

アルブチン

ハイドロキノン誘導体とも言われるアルブチンは、肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンを参考にして作られた成分です。

アルブチンはチロシナーゼという成分に働きかけることでシミを抑制します。チロシナーゼはメラニンを酸化させることでメラニンが黒色に変化させますが、アルブチンはこのチロシナーゼの発生を抑えるため、黒色に変化することを抑えてくれるのです。

そのため、たとえ紫外線を浴びてしまってもメラニンが黒くなる前ならアルブチンによってメラニン毛穴が抑制できるのです。特に紫外線を浴びがちな夏にはおすすめの成分と言えるでしょう。またビタミンC誘導体とともに使うことでより効果を発揮します。

おすすめアイテム

アンプルール(AMPLEUR) 薬用美白美容液 ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ

ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ

特徴
・ビタミンC誘導体配合
・保湿成分が豊富
・肌代謝促進成分も豊富
・アンプルール独自のアクティブホワイターによって多角的にメラニンを抑える

乳液タイプの伸びのいい美容液。浸透力も高いためその後につける乳液やクリームを一切邪魔しません。

鎮静成分や保湿成分が含まれているため、赤みのある肌でもすぐに落ち着きます。全体的なトーンニングはすぐに実感できるようですが、濃いシミやメラニン毛穴は時間がかかるという声も。

ですが、確実に美白効果があるという声が多数、使ってみる価値はありですね。  

ハイドロキノン

メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、メラニン色素の細胞そのものを減少させる作用があるハイドロキノンは、現在の市販品の中でもっとも美白効果が高い成分と言われています。

また新たなシミを作らないだけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素、つまりできてしまったシミを排出する作用がある唯一の成分です。

ただし、安定性は低く副作用が高いため、扱いには注意が必要。厚生労働省では2%配合量の化粧品が推奨されていますが、5%までは副作用が出ないというデータもあり、ハイドロキノン含有量は自分の肌質で選びましょう。

敏感肌の人は2%以下をおすすめします。また副作用の代表的な例はこのようになっています。

・赤みや炎症
・高濃度のハイドロキノンを長期間使った場合白斑が起きる

おすすめアイテム

ロート製薬 エピステーム HQレーザークリア

エピステーム HQレーザークリア

特徴
・デパートで販売しているからアドバイスが受けられる
・製薬会社が製造
・保湿成分も配合
・気になるところにスポット使いの夜用美溶液

残念ながらハイドロキノン配合量がわからないのですが、刺激が強すぎるといった口コミがあまり見られない美容液です。2ヶ月程度継続しているとシミやメラニン毛穴が薄くなりハイドロキノンの効果を確実に感じます。塗った箇所が若干がべたつきますが、肌への密着が高いのが特徴です。販売員のアドバイスも受けられるため、ハイドロキノンでそれなりに効果を出したい、でもちょっと心配という方にはぜひおすすめです。

メラニン毛穴にいいらしい噂の美容法検証!実はおすすめ!!

ネットなどで噂になっている、メラニン毛穴対策の美容法を知っていますか?自宅にあるもので簡単にできる方法なので、本当に効果的なのか検証、おすすめ度数を星の数で表してみました!

米のとぎ汁洗顔

おすすめ度:★★★☆☆
米のとぎ汁には汚れを落とす効果や、肌を補修する効果があると言われています。

昔から杜氏の手がきれいだったり、衣類についた墨汚れを米汁で落としたり、効果は確実。ですが最近のお米は精製されすぎてとぎ汁があまり白く濁らないため、おすすめ度としては5段階中の★3つです。

期待できる効果
・お米の細かな粒子による優しいピーリング効果
・米に含まれるセラミド・オレイン酸による保湿効果、肌のターンオーバーを整える効果
・米に含まれるビタミンが肌代謝を高める

主に余計な角質を取り除き、肌代謝を整えることからメラニン毛穴対策にいいとされています。

米のとぎ汁の洗顔方法
①お米を流水でざっと洗い、その水は捨てる。
②お米を軽く擦り合わせるように2~3分とぎ、そのとぎ汁を他の容器に移す。
③通常の洗顔を行い、3のとぎ汁をお湯で1.5倍程度に薄める。
④薄めたとぎ汁でバシャバシャと顔全体を流し洗う。

肌がもちもちとした感覚が得られるはずです。

唾液分泌マッサージ

おすすめ度:★★☆☆☆
唾液に含まれるパロチンというホルモンは、別名若返りホルモンとも呼ばれ、唾液を分泌せることによってアンチエイジング効果が高まるという美容法です。
さらにパロチンには肌代謝を促進させる効果があることも分かっています。

科学的分析された成分であること、年齢とともに唾液の分泌量が減ってくるエイジングには密接な関係があり、メラニン毛穴対策としての効果はあります。しかし、実感するまでに時間のかかる美容法であることから★は2つです。

期待できる効果
・唾液に含まれるパロチンによる肌の新陳代謝の活性化
・パロチンのエストロゲンの活性化作用による肌のハリ・ツヤアップ

唾液分泌量の低下は、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなります。メラニン毛穴対策としてだけでなく、健康対策としても唾液は常に分泌されるべきです!

唾液分泌マッサージのやり方
唾液にはサラサラの唾液とネバネバとした唾液の2種類があり、サラサラとした唾液を分泌させることがメラニン毛穴には大切です。そのサラサラ唾液にしかパロチンは含まれておらず、口の中に存在する耳下腺からしか分泌されません。

①下顎から耳たぶの付け根あたりまで、手の4本の指を添える。
②後ろから前に円を描くように軽くマッサージをする。
③1回20秒3セット行う。

サラサラの唾液は副交感神経が優位なリラックスした時にしか分泌されません。リラックスタイムであるお風呂の中でこのマッサージを行うと、より若返りホルモンが分泌されメラニン毛穴対策に効果的ですよ。 

温冷タオルパック

おすすめ度:★★★★☆
暖かいタオルと冷たいタオルを交互に顔にあてることで、タンパク質にアプローチする美容方法です。血流が良くなるだけでなく、肌のターンオーバーも整えられるためメラニン毛穴対策だけでなく、肌のツヤアップにもおすすめです。

手軽で簡単、血流アップ効果は確実なのでおすすめ度星4つです。

期待できる効果
・温冷効果によるヒートショックプロテインによってタンパク質が生成され肌代謝がアップ
・血流が上がることによって肌に栄養分が効率よく行き渡る
・肌のくすみ改善にも

さらに気持ちがよくてやみつきになるという、精神的なリラックス効果にも期待できます。

温冷タオルパックのやり方
①濡れたタオルをビニール袋やラップに包み、冷蔵庫で冷やしておく。
②冷蔵庫に入れておいたタオルで顔全体を包み込み、顔を冷やす。
③濡らしたタオルを電子レンジに入れ、あたため、42°ぐらいにする。
④そのホットタオルで顔全体を5分間包み込む。

タオルの温めすぎは肌の刺激となってしまいます。お風呂の温度よりも少し熱い程度にしておきましょう。

卵は食べずに顔に使う

おすすめ度:★★★★★
卵には皮膚の組織を活性化させたり、代謝をアップさせる効果があり、プロレスラーや格闘家などが傷の応急処置に卵を使うことから効果は確実といえます。
手軽で便利、肌に刺激も少なくかなりおすすめ。即効性の高いためおすすめ度は★5つです。

期待できる効果
・卵に含まれるレシチンやビタミンによる肌の細胞の活性化、肌代謝の促進
・卵に含まれるヒアルロン酸による保湿効果、肌のターンオーバーを整える
卵は殻以外、白身、黄身、薄皮と全て使うことができます。目的によって使う部位が違うので使い方をきちんと覚えてくださいね。

卵黄パックのやり方
①卵黄1個、小麦粉大さじ2杯、水大さじ1杯を混ぜ合わせる。卵の大きさによって硬さが少し変わってきます。手の甲に乗せて落ちなければOK。
②顔全体に伸ばして10分ほどそのまま待つ。 乾いて突っ張ってきたらぬるま湯で流す。

敏感肌の方は目の周りと口の周りは避けて塗りましょう。皮膚の細胞が活性化するため、メラニン毛穴だけでなくシワやたるみ対策としてもおすすめです。

薄皮シートパック
①卵の殻の内側についた薄皮をきれいに剥がす。
②メラニン毛穴が気になる部分に貼り付ける。
③乾いててパリッとしてきたら、ぬるま湯で洗い流す。

薄皮にはヒアルロン酸が含まれているため保湿効果もアップ。肌のターンオーバーを整えます。メラニン毛穴以外にも目じり、口周りの小じわ対策としてもおすすめです。

このほか、白身を顔全体に塗ってマッサージ、ぬるま湯で洗い流せば突っ張らずに皮脂を切れいに洗い流してニキビ対策に。もっちりとした肌の感触になります。

メラニン毛穴の治し方はシミ対策

メラニン毛穴の治し方は、シミ対策と共通する部分が多くあります。メラニン毛穴は紫外線などの刺激によるメラニン色素による沈着です。

・肌のターンオーバーを整える
・新しい色素沈着を起こさない
・今現れているメラニン色素を排出する

この3つを徹底して行えば、メラニン毛穴は完全になくなります。メラニン毛穴対策に有効な基礎化粧品の成分を参考にして、さらに新たなシミを作らないようにしてくださいね。

必ず毛穴が目立たなく、美肌になれるはずですよ!!

関連記事

  1. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  2. 毛穴悩みに効く洗顔おすすめ人気ランキング12選!黒ずみから開きたるみもこれで解決!

  3. 毛穴パックは正しく使えば効果的!タイプ別おすすめ毛穴パック&【イチゴ鼻】解消法をご紹介!

  4. 【開き毛穴タイプ別】毛穴をしっかり引き締める、おすすめ対処法&8つの厳選化粧品をご紹介!

  5. ビーグレンホワイトケアは毛穴の黒ずみまで改善できる!?毛穴ケアラインとどちらを選ぶべき?

  6. 「白いニュルニュル」の正体は角栓!鼻の毛穴ケア、間違っていませんか?

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!