毛穴

メラニン毛穴の治し方!改善するにはハイドロキノンしかない!

「毛穴の黒ずみ対策をしているのに、いつまで経っても黒ずみは改善されない……」と悩んでいませんか?

実はそれ、もしかしたら「メラニン毛穴」という厄介な毛穴トラブルの可能性があります。

メラニン毛穴は、普通の毛穴トラブルとは違ってシミやそばかすと同じ、メラニン色素が原因となって起こるもの。普通の黒ずみ毛穴と同じ対策を取っても改善することができないため、適した美白成分でケアをすることが大切なのです!

そこで今回は、メラニン毛穴の特徴や原因、効率良く改善できる方法について詳しくお伝えしていきます!

▼メラニン毛穴をなかったことに!?おすすめ化粧品TOP3▼

これってメラニン毛穴?黒ずみ毛穴との見分け方

まずは、メラニン毛穴についての基礎知識です!

メラニン毛穴の特徴や、見分け方について詳しく見ていきましょう。

メラニン毛穴とは

メラニン毛穴とは、毛穴や毛穴の周りにメラニンが色素沈着して起こる毛穴トラブルです。つまりは、毛穴にシミができているような状態だということ。

色は茶色~濃い茶色が多く、放置しているとだんだんと濃くなり、シミやくすみのように見えてしまいます。

あなたの毛穴はメラニン毛穴?まずはチェック!

メラニン毛穴は、他の毛穴トラブルと似ている部分もあるのでなかなか判断が難しいです。

そこで、自分の毛穴がメラニン毛穴かどうか、以下の項目をチェックしてみましょう。

□毛穴を触るとつるつるしている
□よく見ると黒色ではなく、茶色っぽい
□毛穴の周りに丸いドーナツ型になっている
□ピーリングなどの角栓除去ケアを行っても改善されない

チェックが多いほど、残念ながらメラニン毛穴である可能性が高いです。

黒ずみ毛穴とは違うので要注意!

黒ずみ毛穴も毛穴や毛穴の周りが黒くなる毛穴トラブルですが、発生する過程や原因が全く違います。

黒ずみ毛穴

特徴
毛穴に皮脂や汚れなどが詰まることで角栓となり、角栓が酸化したもののこと。また、触るとざらざらとしているのが特徴。

対処法
角栓をきちんと落とすケアができれば改善される。

メラニン毛穴

特徴
黒ずみを落とせば改善されるというわけではく、メラニンが皮膚に色素沈着を起こしている。

対処法
メラニンを排出するケアを行う。

メラニン毛穴はなぜできる?おもな3つの原因

そもそも、メラニン毛穴はなぜ発生するのでしょうか?

主な原因をチェックしていきましょう。

おもな原因① 紫外線

メラニン毛穴の1番の原因は、紫外線だと言われています。紫外線を浴びると、メラノサイトが肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。

メラニン色素は活性酸素を除去するという大切な働きも持っていますが、過剰に生成されると体外に排出できずに、メラニン毛穴をはじめ、シミやそばかすの原因になってしまいます。

おもな原因② 摩擦

メラニン色素というと紫外線だけで発生すると思われがちですが、実は日常起こる肌への摩擦でも発生します。例えば、洗顔やメイクなどで肌を触ったり、毛穴の黒ずみを指で押し出したりすることによってもメラニン色素は発生します。

また、メガネをかけている方は、日常的にメガネのフレームなどが当たっている部位にも要注意!毎日の摩擦の積み重ねが、メラニン毛穴の原因となってしまいます。

おもな原因③ ターンオーバーの乱れ

メラニン色素は日常的に生成されているものですが、通常であれば古い角質と共に肌のターンオーバー(新陳代謝)によって体外に排出されるものです。

しかし、加齢やホルモンバランスの乱れによってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンを十分に排出することができません。毛穴にメラニン色素が溜まりやすくなり、メラニン毛穴ができるリスクが高まってしまいます。

メラニン毛穴を改善する化粧品の選び方

メラニン色素が原因のメラニン毛穴はシミやそばかすと同じく美白成分で改善することができますが、普通の「美白成分」ではメラニン毛穴を改善することはできません。

そこで、どんな美白成分であればメラニン毛穴を改善できるのか、選ぶポイントをお伝えしていきます!

そもそも美白成分とは

美白成分とは、厚生労働省から「メラニン色素の生成を抑制して、しみやそばかすを防ぐ効果がある」と認められた成分のことです。現在、美白成分の種類は約20種類ほどありますが、肌への刺激やメラニン色素へのアプローチは各成分で異なります。

美白成分を大きく分けると2つに分かれる

美白成分を大きく分けると、2つの種類に分かれます。詳しく見ていきましょう。

「予防」する成分
メラニン色素の生成を抑制する&メラニン色素の排出を促進するため、これからできるシミやそばかすを抑える効果があります。

「改善」させる成分
すでに色素沈着しているメラニン色素を還元させる効果があり、今あるシミやそばかすを改善させる効果があります。

今あるメラニン毛穴は「改善」させる成分を選ばないと消えない!

メラニン毛穴は、すでに肌に色素沈着が起こっている状態です。そのため、今あるメラニン毛穴には「改善」させる成分を選ばないと意味がありません。

しかし、美白成分の中で、改善させる効果を持っている成分はごく少数です。その中でも、現在市販で購入できる化粧品にも配合されている人気美白成分は2つ!

メラニン毛穴を改善させる美白化粧品を選ぶ時には、以下の美白成分が配合されているかチェックしてみるとより効率良くケアを行うことができますよ。

ハイドロキノンをチェック!

ハイドロキノンとは、「肌の漂白剤」とも言われるイチゴや麦芽に存在する天然成分です。

メラニン色素の還元、さらに、メラニン色素を作るチロシナーゼ酵素やメラノサイトの活動を抑制して減少させる働きがあるため、シミやそばかすの改善と予防を同時に行うことができます。

ただ、ハイドロキノンは美白効果に優れている反面、肌への刺激が起こりやすい成分でもあるため、用法・用量は必ず守って使用することが肝心です。

ビタミンC誘導体をチェック!

ビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを安定化させた成分です。

ハイドロキノンと同じくメラニン色素の還元、チロシナーゼの働きを抑制する他、活性酸素の除去、コラーゲンの合成、皮脂分泌を抑える効果に優れているため、メラニン毛穴だけではなく黒ずみ毛穴、ニキビなど、さまざまな肌トラブルの改善に効果が期待できます。

メラニン毛穴をなかったことにしてくれる化粧品TOP3!

いよいよ、メラニン毛穴を改善させてくれる化粧品をお伝えしていきます。

今回選んだのは、ハイドロキノンとビタミンC誘導体の両方が配合された美白化粧品です。じっくりメラニン毛穴にアプローチしてくれますよ。

ビーグレン
ホワイトケアトライアルセット

ビーグレン ホワイトケアトライアルセットビーグレン テクスチャ

【特徴】
美容液「Cセラム」にビタミンC誘導体、美白クリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」にハイドロキノンが含まれている人気メーカーのトライアルセットです。

浸透技術であるQuSomeが肌トラブルの原因にじっくり浸透するため、明るい透明感のある強い肌を作ることができます。

365日間の返金保証が付いているので、ハイドロキノン初心者の方でも気軽に試せるのもメリット。

容量:洗顔料15g・化粧水20m・美容液5ml・クリーム2種類5g&7g

ビハクシア

ビハクシアビハクシア テクスチャ

【特徴】
シミ・乾燥小ジワの両方を改善させてくれる薬用美白クリームです。シミに効くハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体、抗炎症成分であるグリチルリチン酸2Kが配合されています。

メラニン毛穴の他、エイジングサインが気になる方におすすめです。

容量:27g

セルピュア
ブライトニングクリスタル

【特徴】
皮膚の専門家監修のもとで作られたハイドロキノンクリーム。

ハイドロキノンのほか、ビタミンC誘導体やアルブチン、ビタミンA誘導体など、美白を促す優れた成分が配合されているため、メラニン毛穴に徹底アプローチ!スキンケアの最後に馴染ませるだけのお手軽ケアです。

容量:12g

メラニン毛穴は複合ケアで徹底排除!!今すぐできる3つの方法

メラニン毛穴は普通のシミやそばかすと同様、スキンケアをしたからといってすぐになくなるわけではありません。

肌の内外からアプローチを行うことでより効率良く改善させることができるため、これからお伝えする3つのケアを試してみてください!

季節を問わず紫外線対策を
紫外線はメラニン毛穴の他、シミ、シワ、肌のたるみを引き起こす原因になります。今あるメラニン毛穴を改善できたとしても、さらなるメラニン毛穴が発生してしまっては元も子もありません。

紫外線の量が多い時期に限らず、季節を問わず紫外線対策を徹底することが、将来の美肌への近道ですよ。

摩擦はNO!正しい洗顔を
メイクや角質、汚れを落とそうと、ゴシゴシと洗顔をしていませんか?正しい洗顔を心がけるのも、メラニン毛穴を改善させる大切なポイントです。

肌に手が触れたりこすったりする時点で、新たなメラニン色素が肌内部で生成されていることを忘れないようにしましょう。

【正しい洗顔方法】
1. 洗顔前に手を洗って清潔にしておく。
2. 洗顔料を十分に泡立てて肌と手の間に膜を作り、優しく丁寧に洗う。
3. 34~36度ほどのぬるま湯で、しっかりとすすぐ。
4. 清潔なタオルを顔に押し当てるようにして、水分を拭き取る。

美の基本!保湿ケアを徹底的に
とにもかくにも、保湿ケアは美の基本!

肌内部の水分量は加齢に伴い減少すると言われていますが、保湿ケアを十分に行えば肌細胞間の水分量を保ち、肌のバリア機能を高めることができるのです。

また、保湿は肌のターンオーバーを正しく整えて毛穴に色素沈着したメラニン色素の排出を促すことにも繋がるため、今後のメラニン毛穴の予防、そして、美肌を保つためにも保湿ケアを念入りに行うようにしましょう。

メラニン毛穴改善のために知っておきたいQ&A!

最後に、メラニン毛穴を改善するためのQ&Aを紹介します。

疑問点をなくして、心置きなくケアに臨みましょう!

Q.メラニン毛穴を改善できる化粧品でシミは消える?

A.メラニン毛穴を改善できる美白化粧品=メラニン色素を還元できる美白成分が配合されているということ。そのため、シミやそばかすなど、すでに肌に色素沈着が起こっていても改善に期待ができます。

ただし、肌の状態やシミの濃さには個人差はありますが、一般的にシミを消すためには3ヶ月~1年ほどかかると言われているため、継続してケアを行うことが重要でしょう。

Q.黒ずみ毛穴やたるみ毛穴も混在している場合のケアは?

A.簡単に言えば、黒ずみ毛穴の原因は毛穴に詰まった皮脂が酸化して起こるもので、たるみ毛穴の原因は、加齢などによって肌のコラーゲンが減少して起こるものです。

メラニン毛穴と混在している場合には、しっかり洗顔→美白化粧品→保湿を行うことで、これらの毛穴トラブルにアプローチをすることができるでしょう。ただし、メラニン毛穴に効く美白成分があるように、毛穴トラブルの種類によってケア方法が違うことを知っておくことも大切です。

特にたるみ毛穴に関してはアンチエイジング化粧品を取り入れてリフトアップを促すことが重要となるため、それぞれの毛穴トラブルの対処法を知ってケアを行うようにしましょう。

Q.美白成分は敏感肌でも使える?

A.今回紹介したハイドロキノン、ビタミンC誘導体は、比較的肌への刺激が起こりやすい成分だと言われています。

敏感肌の方は肌のバリア機能が弱っている状態のため、副作用として赤みやかゆみなどの症状が起こることも考えられます。

必ずパッチテストを行って問題なく使用できるかを確認し、肌状態と相談しながら美白ケアを進めていくことが大切でしょう。

メラニン毛穴は正しいケアで改善!毛穴レスの美肌を目指そう!

メラニン毛穴は正しいケアで改善!

メラニン毛穴のケア方法は、メラニンをいかに還元できるかにかかっています。つまり、シミやそばかすのケアと一緒なのです。

メラニン毛穴はシミやそばかすと同じく即効で改善できるというものではないですが、しっかりケアを続けることで透明感のある明るい肌を目指すことができますよ。

ぜひ、正しいケアを行って、毛穴レスの美肌を目指しましょう!