肌荒れは栄養不足が原因!?栄養バランスが良い食事で美しくなろう!

「最近、なんだか肌荒れがひどくって・・・」

ある日突然、ニキビができたり。いつも以上に、肌がくすんで見えたり・・・。

肌荒れの原因はさまざまありますが、自分の肌荒れの原因を明確にして、肌荒れを改善したいところです。特に、ダイエットをいていたり、忙しくて食生活が乱れていれば、「栄養不足」が原因であることも。

健康的な毎日を送るためにも、栄養バランスが良い食事をきちんととることが大切です。美容や肌荒れのための食習慣や、なるべく避けた方が良い食べ物などをご紹介!

色の白いは七難隠す「美白ケア」も取り入れて、もっと美しくなりましょう!

肌荒れの原因はさまざま・・・

ほんのちょっとのことで、すぐに肌荒れを起こしてしまう人から、「滅多に肌荒れはしない・・・」という人まで、肌質によって違いがあります。特に、敏感肌や乾燥肌の方などは、肌の状態が過敏になっている時には、環境の変化ですぐに肌が荒れてしまいます。

また、肌荒れを起こす原因もさまざまあり、人によって「何に対して肌荒れが起きるのか?」に違いがあります。原因は一つとは限らず、複合的な要因が重なって肌荒れが起きてしまうこともあります。

主な肌荒れの原因
・化粧品が合っていない、間違ったスキンケア
・気候の変化、大気汚染、花粉、紫外線など
・生理中、妊娠中、加齢など、ホルモンバランスの乱れ
・日頃のストレス、睡眠不足などの生活習慣
・栄養不足、暴飲暴食などの食習慣

栄養不足が原因の場合

肌荒れを起こす原因の一つに「栄養不足」が挙げられます。まずは、栄養バランスの良い食事をきちんと食べて、内側からお手入れをすることが大切です。

ダイエットなどで偏食が続くと!?
好きなお菓子を食事代わりに食べていたり、「太りたくない・・・」という理由でダイエットしている方は、特に注意が必要です。栄養バランスを考えないで、毎回同じような食事を食べていれば、当然栄養バランスが偏ってしまいます。

また、行き過ぎた食事制限は栄養不足を招いてしまいますので、肌荒れの他にもさまざまな不調を起こしてしまいます。ダイエット中は、美白に欠かせないたんぱく質やビタミン類が不足しがちになるので、意識して摂取することをおすすめします。

栄養不足で起きる肌荒れの症状!

栄養不足で起きる肌荒れには、どのようなものがあるのでしょうか?

どんな肌荒れが起きるの?

肌荒れの症状も人によってさまざまです。通常、肌の新陳代謝、生まれ変わりを指す、約28日~のサイクル「ターンオーバー」を繰り返すことによって、健康な肌が保たれますが、栄養不足の他さまざまな原因が重なって、ターンオーバーが乱れたり、肌のバリア機能が低下することで、以下のような肌荒れを起こしてしまいます。

主な肌荒れの症状
・ニキビ・吹き出物
過剰な皮脂の分泌で毛穴に皮脂が詰まってしまうと、アクネ菌が繁殖して、ニキビ・吹き出物ができてしまいます。

・毛穴の目立・くすみ
皮脂と古い角質が混ざった「角栓」が毛穴を広げて目立たせます。酸化すると黒ずみに。たるみやメラニンによって目立つことも。毛穴の汚れ、血行不良、乾燥などによってくすみ肌に。

・乾燥・カサつき
角質層の水分保持能力が低下して、水分が奪われて乾燥します。肌の表面がめくれてカサカサになったり、粉をふいたような状態に。

・赤み・かゆみ
皮膚のバリア機能が低下している時に、外部からの刺激に敏感に反応して、赤み、かゆみが出てしまいます。

肌荒れにおすすめの栄養素!
肌荒れのない美しい肌を作るためには、「ビタミン類」の摂取が欠かせません。ビタミンA、C、E、B群などを積極的に摂取しましょう。

・ビタミンA
肌のターンオーバーを促進します。乾燥肌の改善にも効果的!
ほうれん草、かぼちゃ、にんじんなど

・ビタミンC
メラニン色素の生成を抑えます。コラーゲン生成にも働いて、美白、美肌に欠かせません!
パプリカ、キャベツ、イチゴなど

・ビタミンE
肌の血行を促進します。強い抗酸化作用もあり、アンチエイジングにもおすすめ!
アーモンド、アボカド、オリーブオイルなど

・ビタミンB群
「美肌ビタミン」と呼ばれるビタミンB2をはじめ、皮膚炎の予防に働くビタミンB6など、健やかな美肌作りに欠かせません!
うなぎ、鶏・豚・牛のレバーなど

基本の「5大栄養素」と不足しがちな栄養素!
・5大栄養素「たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル」
「たんぱく質・脂質・炭水化物」の3大栄養素は、エネルギー源、身体の組織作りに欠かせません。これに加えて「ビタミン・ミネラル」は、身体の調子を整えてくれます。この5大栄養素は、人間にとって欠かせない基本的な栄養素です。

・不足しがちな栄養素
日本の食事「和食」は、ヘルシーで栄養バランスが良いと言われていますが、現代人の食事内容が欧米化していることもあり、「魚不足」「野菜不足」になりがちです。忙しくて外食や加工食品が多くなると、どうしても「ビタミン・ミネラル」が不足してしまいます。

野菜ジュースやスムージーで野菜不足を補ったり、食事以外に「サプリ」などで栄養を補う方法も。「サプリメント外来」のあるクリニックで、専門医に相談すると良いでしょう。

美容・肌荒れのために、栄養不足を改善するには!?

美容、肌荒れのためには、栄養バランスが良い食事をきちんと食べることが大切です。栄養バランスが良い食事とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

栄養バランスが良い、美味しいごはんを食べよう!

栄養バランスが良いことはもちろん、「ごはんを美味しく食べる!」ということも、食事に大切な要素です。栄養を摂取することだけが食事の目的ではありません。

「食育」という言葉があるように、人間性を育てる上でも、コミュニケーションの場所としても、楽しみながら食べることが大切です。

大切な「1日3食」の食習慣
ついつい忙しくて、「朝食を抜いてしまう・・・」といったことが現代人にはありがちです。1食でも食事を抜いてしまうと、勉強や仕事をするためのエネルギーが蓄えられません。毎日を元気良く過ごすためにも、規則正しい食習慣が大切です。

自分の生活に合わせたベストな食事内容を見つけて、実践することが大切です。足りない部分はどこかで補ったりして、全体の栄養バランスを整えましょう!

まごは(わ)やさしい
「孫は優しい」和食材を使うことで、自然と栄養バランスが良い食事を食べることができると言われています。具体的な食材と栄養素を見てみましょう!

「まごは(わ)やさしい」和食材

・ま(まめ)
豆類、納豆や豆腐、油揚げなどの豆製品には、植物性たんぱく質が豊富に含まれています。

・ご(ごま)
ごま、ナッツなどの種実類には、たんぱく質、脂質、ミネラルが豊富に含まれています。

・わ(わかめ)
わかめ、ひじき、のりなどの海藻類には、ミネラルや鉄分が豊富に含まれています。

・や(やさい)
葉野菜、根菜など野菜類には、ビタミンやミネラルの他、さまざまな栄養素が含まれています。

・さ(さかな)
魚類は、たんぱく質が豊富に含まれています。

・し(しいたけ)
キノコ類には、食物繊維やミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

・い(いも)
いも類には、食物繊維、炭水化物が豊富に含まれています。

何を食べて良いのか迷ったら、「まごは(わ)やさしい」和食材を使って、調理することをおすすめします。和食のメニューを作るのが一番良いですが、忙しかったり、料理に自信がない場合は、「鍋料理」が簡単でおすすめです!

鍋に野菜や旬の具材などを全部入れて味付ければ、それだけで一品料理に。スープを少なめにして一緒に食べれば、逃げた栄養素も丸ごと摂取できます。「食べるスープ」を作るためには、味付けの「塩分」は少なめにしましょう!

その他、みそ汁や炊き込みご飯なども簡単に作れて、美味しく食べられます!

美容・肌荒れのために、なるべく避けたい食べ物!

美容、肌荒れのために、なるべく控えた方が良い食べ物をご紹介します。

油もの・甘いもの

油分は肌の乾燥を防げる反面、摂り過ぎると皮脂の分泌を過剰にして、ニキビなどの肌荒れを起こします。特に、質が悪い酸化した油や、甘いものに含まれる糖分は、肌の老化を進行させますので注意しましょう!

激辛もの

辛いものを食べることで汗をかき、血行が良くなる反面、胃腸に負担がかかってしまいます。胃腸がダメージを受けると、便秘、下痢にもつながって、肌荒れを起こしてしまいます。

冷凍食品・カップ麺

冷凍食品やカップ麺などのインスタント食品は、忙しい生活の中で簡単に食事が食べられる反面、食品添加物が多く含まれています。添加物を多く摂ってしまうと、体内で活性酸素が多くなって、肌の老化を進行させます。

また、栄養が偏りがちになるので、肌荒れを起こしてしまいます。

アルコール・カフェイン

アルコールはリラックス効果などがある反面、甘いカクテルなどには糖分を多く含んでいるので、皮脂を過剰に分泌させて肌荒れを起こします。また、アルコールを分解する過程で多くの水分を使うことで、肌が乾燥してしまいます。

カフェインは眠気を覚ます作用がある反面、質の良い睡眠を妨げてしまいます。また、利尿作用によって、美肌に大切なビタミンやミネラルまで排出してしまうため、肌荒れを起こしてしまいます。

肌荒れケアの延長に、美白ケアも取り入れよう!

栄養バランスが良い食事をきちんと食べて、規則正しい生活を送るのと同時に、正しいスキンケアを実践することが大切です。肌荒れを起こしている時は、なるべくメイクなどは控えて、過度なクレンジングや洗顔で刺激を与えないようにしましょう。

肌に刺激の少ない化粧品(防腐剤、界面活性剤、着色料、合成香料、鉱物油、アルコールなどが含まれていないもの)やオーガニック化粧品などを使って、丁寧にスキンケアをすることが大切です。

色の白いは七難隠す・・・

「ニキビ肌用」「敏感肌用」「乾燥肌用」など、自分自身の肌質に合わせて、肌荒れを悪化させないスキンケアを行うことが大切です。肌荒れケアの延長に「美白ケア」を取り入れることで、シミやくすみ、毛穴、ニキビ跡などの改善にもつながります。

昔から、「色の白いは七難隠す・・・」と言われていますので、肌を美しく見せる「美白ケア」も取り入れてあげると、ますます美しくなることでしょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 睡眠不足を解消!こんな野菜や食物が効果抜群!

  2. 日焼けして戻らない肌色を美白に!その方法と凄ワザコスメ!

  3. 化粧ノリを良くしたい!おすすめ化粧水と正しいなじませ方!

  4. 睡眠不足のお肌にはこれ!即効性がある朝ケア&美肌力アップの夜ケアを一挙公開!

  5. 地黒でも白くなる方法がわかった!簡単にマネ出来る4つの秘訣

  6. スマホによる睡眠不足は女性を老けさせる!?知っておきたい肌への影響と解決策!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。