シミ取りレーザーに失敗?原因とアフターケア対策を徹底解説

シミが気になり始めて、シミを消すという化粧品を使ってみたりもしたけれど、なかなかシミが消えないという人、多いですよね。長い間悩み続けている人の中には、レーザー治療を受けてみようかと考える人もいるでしょう。

でも、シミ取りのレーザー治療をして、以前よりシミが濃くなってしまったり、水ぶくれになってしまったりという失敗談を耳にすること、ありますよね。せっかく意を決してレーザー治療を受けようと思っているのに、失敗するのは避けたいと思うのが当然の気持ちでしょう。

シミ取りレーザーの失敗を避けるために、失敗と感じたときの対処法や、治療前に準備しておくべきことを知っておきましょう。

レーザー治療に失敗?濃くなったシミや水ぶくれの原因は?

シミ取りのレーザー治療を受けた後、シミが濃くなった気がしたり、照射した部分が水ぶくれになってしまったりして、「あれ?もしかして失敗したのかな?」と思うことがあります。それらは本当に失敗なのでしょうか。

もしかして色素沈着?唇や肌のシミが濃くなった

レーザー治療を受けて1ヶ月ほど経った頃、受ける前よりもシミが濃くなっているように感じることがあります。これは炎症後色素沈着を起こしている状態です。

レーザー治療でレーザーを当てることによって、肌の奥のメラノサイトが刺激され、メラニン色素が生成されやすくなってしまうことがあります。黄色人種である日本人の肌はどうしてもメラニン色素が生成されやすい肌質なので、炎症後色素沈着が起きやすくなってしまうのです。

(装飾見出し)炎症後色素沈着は気にしすぎないこと!
あまり気にし過ぎて触ったりこすったりすると、その摩擦が刺激となってさらにメラニン色素を増やしてしまうので、あまり気にせず、紫外線の刺激からは守ってあげるようにしましょう。

炎症後色素沈着は、数か月から1年くらいのうちに時間をかけてだんだんと薄くなっていくことが多いので心配のしすぎは避けましょう。

隠れ肝斑が原因?

30代~40代の女性に多い、左右対称にほぼ同じ大きさに現れるのが肝斑です。ぽつぽつとした小さいシミではなく、地図の様にもやもやっと広がってできることが多い肝斑ですが、やっかいなことにこの肝斑が隠れてしまっている場合があります。これが「隠れ肝斑」です。

(装飾見出し)隠れ肝斑は事前の肌診断で見つけよう!
隠れ肝斑にレーザーが照射されると、レーザーが刺激となって肌の表面に浮き出てしまうことがあります。このため、消したかったシミは薄くなったけれど、肝斑が新たに表れてしまうということがあるのです。

これを防ぐには、事前に肌診断の機械などで隠れ肝斑がないかを調べておくことが効果的です。もし隠れ肝斑があることが分かったら、そのままレーザー治療を受けるのではなく、自分が納得のいくまで医師と治療方針を相談しましょう。

肌に水ぶくれが!その原因とは?

シミ取りレーザーを照射した後に、水ぶくれができることがあります。レーザーの熱によって、メラニン色素周辺の肌細胞が軽い火傷を負うことがあるからです。

水ぶくれができたからといって、すぐに治療の失敗と決めつける必要はありません。ただし、放っておくと傷跡として残ってしまうことがあるので、火傷のケアと同じようによく冷やすことが有効です。

もしあまりにひどい水ぶくれになってしまったら、すぐに医師に相談し適切な処置を受けましょう。

シミ取りレーザーに失敗したと思ったら?ケア方法を紹介

シミ取りレーザー治療を受けたあとにシミが濃くなったと感じたら、治療が失敗だったと思う前に、少しでも早く改善するためのケアをしましょう。

施術後の紫外線はNG?日焼け対策は万全に!

シミ取りレーザーを照射した部分は軽い炎症を起こしている状態なので、肌のバリア機能が著しく低下していてとてもデリケートです。いつもは大丈夫なほんのちょっとしたことが肌への大きなダメージになってしまうのです。

肌への刺激となるものは様々ですが、紫外線もその1つです。バリア機能の弱った肌にとって、紫外線は大きなダメージとなります。ダメージが大きいということはメラニン色素を生成しやすくなってしまうということです。

せっかくレーザー治療を受けたのに、紫外線に当たってしまうとまたすぐにシミが再発してしまいます。ですから、レーザー治療後の紫外線対策は非常に大切です。

(装飾見出し)有効な紫外線対策の方法
紫外線対策として真っ先に思い浮かぶのは、日焼け止めクリームを塗ることですね。日焼け止めクリームを選ぶ際は、刺激とならないような肌に優しいものを選びましょう。摩擦も肌への刺激になりシミの原因になりますから、こすらず優しくクリームを肌に置くように塗りましょう。
    
日焼け止めクリームだけでなく、帽子や日傘といった小物を活用するのも効果的です。さらに、目から入ってくる紫外線が肌でメラニン色素を作る原因となることが分かっていますから、サングラスをかける習慣も付けたいですね。

(装飾見出し)レーザー治療を受ける季節にも注意!
また、シミ取りレーザー治療を受けるタイミングとしては、紫外線の強くなる夏場のレーザー治療は避け、紫外線の少ない秋~冬にかけて施術を行うのがベストです。シミ再発のリスクを少しでも回避するために紫外線は徹底的にブロックしましょう。

シミに効果あり!おすすめの美白成分とは?

シミに効果がるとされる美白成分にはどのようなものがあるのでしょうか。人気の美白成分2つを詳しく見てみましょう。

(装飾見出し)ハイドロキノン
シミに効果のある美白成分として有名なのは、なんといってもハイドロキノンですね。メラニンを合成させるチロシナーゼという酵素を弱らせ、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑えて、シミの原因であるメラニン色素の数を減らします。

さらに、還元作用があるハイドロキノンは、肌の酸化を還元するので、メラニン色素の黒色を薄くする、つまり、すでにできてしまったシミを薄くする効果もあるのです。

シミを予防する効果と、すでにできてしまったシミを薄くする効果を併せ持ったハイドロキノンは、他の美白成分の100倍の美白効果があると言われており「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

(装飾見出し)ルミキシルペプチド
ルミキシルペプチドは、スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分です。天然由来のアミノ酸から成るたんぱく質で、シミの合成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑えるので、シミの原因であるメラニン色素の数を減らすことができるのです。その効果は非常に高く、ハイドロキノンの17倍の有効性を持つとも言われています。

ルミキシルは、そんな新しい美白成分であるルミキシルペプチドを配合した、医療機関専売品の美白クリームです。肌に塗った部分が、白く色抜けしたりすることなくシミを改善する効果の高い美白クリームとして、一部の医療機関で取り扱っています。

治療後は医師の指示に従おう!自己判断は禁物

クリニックでシミ取りレーザー治療を受けた場合、なんといっても大切なのはアフターケアです。レーザーを照射したら終わり!ではないのです。せっかくレーザー治療を受けたのなら、しっかりアフターケアをしてその効果をしっかり感じたいですよね。

照射後になんのケアもせず患部を放置していたら、シミは当然消えません。そればかりか、シミが悪化するリスクが高くなります。

(装飾見出し)適切なアフターケアは医師の指示通りに!
シミ取りレーザー治療を成功させるには、レーザー照射後のアフターケアは必ず医師に教えられた通りに行いましょう。

もし、治療後にシミが悪化したと感じたら、必ずレーザー治療を受けたクリニックで相談しましょう。

レーザー治療を受けてシミが悪化したから、またすぐに他のクリニックでレーザー治療を受ける…なんていうことを繰り返していると、元のシミが消えないばかりかますます悪化してしまいます。

「失敗したのかも…」と不安に感じたら、必ず治療を受けた医師に相談しましょう。外用薬や内服薬が処方され、適切なケア方法を指示してもらえるはずですよ。

隠れ肝斑の場合は?生活習慣の改善が必須?

シミ取りのレーザーには様々な種類があり、近年は肝斑の治療にも効果的なレーザーがあるとは言われていますが、原則として、レーザーは肝斑の治療には向いていないとされています。

肝斑が目に見えている場合は、レーザー以外の治療を行う場合が多いのですが、目に見えない隠れ肝斑の場合、それに気づかずにレーザー照射をしてしまうと隠れていた肝斑が浮き出してくることがあります。

隠れ肝斑が肌の表面に出てきてしまったら、どのように対処したらいいのでしょうか。

隠れ肝斑によるシミは医師に相談!薬を活用しよう

隠れ肝斑が出てきてしまったら、まずは医師に相談しましょう。皮膚科クリニックの医師はシミ治療のプロですから、シミの種類や状態を正しく診断し、適切な治療を行ってくれます。

(装飾見出し)内服薬の活用
肝斑の治療には、内服薬治療を行うことが多くあります。メラニン色素の生成を抑えながら、できてしまったメラニン色素の排出を促すビタミンCや、抗酸化作用が高く、シミなどの老化の原因である活性酸素を抑えるビタミンE、色素沈着を抑制するトラネキサム酸といった内服薬が処方されます。

市販薬でもこうした成分の飲み薬は売られていますが、金額的にも処方薬の方がお得な場合が多いようです。

(装飾見出し)外用薬の活用
肝斑治療では、内服薬と併用して、外用薬が処方される場合が多いです。メラニン色素の合成を抑えたり、できてしまったシミを薄くする効果の高いハイドロキノン、肌の代謝を促進してメラニン色素の排出を促すトレチノイン、メラニン色素の合成を阻んだり、還元作用ですでにできてしまったシミを薄くするビタミンC誘導体といった成分の外用薬が処方されます。

市販品でも、これらの成分が入ったクリームなどがありますが、配合されている有効成分の濃度は、処方薬の方が圧倒的が上です。つまり、効果が高いということですね。

規則正しい生活習慣でシミが消える?

シミの原因は紫外線と考えがちですが、すべてがそうではありません。肝斑は、30~40代女性に多く出現しますが、これは肝斑の大きな原因が、ホルモンバランスの乱れにあるからです。ですから、ホルモンバランスを整えると、シミができにくくなったり、薄くなったりする効果を期待できるのです。

(装飾見出し)肝斑の予防には睡眠が重要
まず必要なことは、早寝早起きを心掛けて質の良い睡眠をとることです。肌のターンオーバーは就寝中に活発になります。このターンオーバーでメラニン色素を排出できれば、様々な刺激によってメラニン色素が生成されても、肌の表面にシミとして出てくることはないのです。

また、ホルモンバランスを整えるという意味でも睡眠はかなり重要です。

(装飾見出し)食生活にも気を遣おう!
そしてもう1つ重要なのが、食生活です。私たちの体は自分の食べたものでできていますから、体が必要としているものを摂ろうと意識することが大切です。

たとえばトマトには、活性酸素を除去してくれるビタミンCやビタミンE 、リコピンが豊富に含まれています。また、人参に含まれるβカロテンには、皮膚や粘膜を丈夫に保つ作用、そして老化を防ぐ抗酸化作用もあります。発酵食品である納豆には、アミノ酸やビタミンがバランスよく含まれており、タンパク質も豊富で肌を健康に保ってくれます。

シミができてしまっているということは、これらの栄養素が足りていないのかもしれません。今一度、自分の食生活を振り返ってみましょう。ある程度の年齢になったら「好きなもの」だけを食べるのではなく、「体が必要としているもの」を食べることも、シミを防いだり減らしたりするにはとても大切なことです。

シミの種類によってレーザー治療の種類も異なる?

シミ取りレーザー治療と一言で言っても、実はレーザーには様々な種類があります。シミの種類によっても適切なレーザーが異なってきます。どんなレーザーの種類があるのか見てみましょう。

施術後メイク可能?ダウンタイム期が少ないのは?

ダウンタイム期とは、レーザー治療を受けた後、痛みは腫れなどが落ち着くまでの期間のことを指します。この期間は、肌が非常にデリケートになっているので、刺激となってしまうメイクは一切することができません。レーザーの種類によってダウンタイム期の長さも異なってきます。

詳しく見てみましょう。

(装飾見出し)フォトRF(オーロラ)
フォトRFは、光エネルギーに出力が強くなくても肌の奥まで作用する高周波のRFをプラスした施術です。2種類の光線の作用で、肌色の改善と肌のたるみをまとめて改善できるため、アンチエイジング治療として人気です。

1回の施術でも効果を感じられる人もいますが、多くの場合は1ヶ月ごとに5~10回程度の照射が必要です。肌表面に集中してできているようなシミ・そばかすや、肌の広い範囲に広がるくすみの改善にも効果的です。

施術直後はほくろやシミの周りが少しだけ赤くなりますが、ほとんどの場合1~2時間程度で消えます。レーザーの反応したシミは少しだけ濃くなりますが、1週間ほどで、日焼け後の皮がむけるように自然に剥がれ落ちます。

ダウンタイム期がほとんどなく、施術後にすぐメイクをして帰れるというのも人気の理由でしょう。

(装飾見出し)フォトシルクプラス
フォトシルクプラスは、火傷のリスクが少なく、シミの原因であるメラニン色素の粒子を分解する効果に非常に優れているので、シミが濃くなるのを防止してくれる施術です。

老人性のシミやニキビ跡だけでなく、これまでのフォトフェイシャルでは反応してくれなかった薄いシミやそばかす、くすみにも反応し、今はまだ表面に見えていないシミ予備軍にまで反応するなど、フォトシルクプラスの施術を受けると、総合的な肌質改善効果が期待できます。

施術回数としては、1ヶ月に1度、3~5回くらいは必要です。

フォトシルクプラスを照射すると、数分のうちにシミが濃く浮き出てきますが、すぐにメイクをして帰れるほど、ダウンタイム期はありません。濃く浮き出たシミは、1週間ほど経つと自然と皮が剥がれるように落ちていき、シミが薄くなったり消えたりしているのを実感できます。

(装飾見出し)レーザートーニング
レーザートーニングは、均一にムラなくエネルギーを照射できる施術で、弱いパワーでメラノサイトを刺激せずにメラニン色素だけを破壊することができるので、これまでレーザー治療は向いていないとされてきた肝斑の治療に効果的です。

また、薄いそばかすや広範囲のくすみにも効果があります。

照射するパワーが弱いので、1度の施術では効果は得にくく、5~10回程度は施術が必要です。しかし繰り返し受けることで、これまで治療が難しかった肝斑にも大きな効果を感じられます。

施術後は軽い赤みが生じますが数時間で消え、ダウンタイム期はなく、メイクをして帰宅することができます。施術後にかさぶたができたりもしないので、日常生活に最も支障の少ない施術と言えるかもしれません。

施術回数が少なくて良いレーザー治療とは?

上でご紹介したレーザー治療は、どれもダウンタイム期がほぼない分、1回の施術では効果を得にくく、数回の施術が必要になります。

(装飾見出し)少ない回数で効果的なのはQスイッチヤグレーザー
Qスイッチヤグレーザーは2種類の波長を持ち、皮膚の奥深くまで治療ができるレーザーです。非常に弱いエネルギーで照射できるので、メラノサイトを刺激しないでシミを薄くすることができ、これまでレーザー治療では治せないとされてきた肝斑にも効果のあるレーザー治療として注目されています。照射のエネルギーは弱めで、一気にシミを消すのではなく、徐々にシミを薄くしていく方法です。

シミを消すには4~5回程度の照射を行う場合が多いですが、2~3回でもしっかり効果を実感できる人が多いようです。

照射後に少し赤身やひりひり感を感じる場合もありますが、30分程度で落ち着きます。ダウンタイム期はなく、照射後メイクをして帰宅できます。翌日にはかさぶたができて、数日から数週間程度でかさぶたが自然に剥がれ落ち、新しいピンク色の肌が現れます。

肝斑の治療もできるレーザーとは?

これまでレーザーを当てると悪化すると言われてきた肝斑ですが、レーザートーニングは弱いレーザーを均一に当てる方法なので、肝斑の治療に有効です。

レーザートーニングでは、非常に弱いパワーのレーザーを広範囲に均一に当て、シミの原因であるメラニン色素を作るメラノサイトを刺激せずに、今ある肝斑だけを少しずつ薄くします。

弱いパワーのレーザーなので、個人差がありますが、肝斑を消すには5~10回程度の施術が必要です。照射後に少しだけヒリヒリ感を感じる人もいますがすぐに収まります。ダウンタイム期はなく、照射後はメイクをして帰宅できます。

シミ取りレーザーに失敗しないために!事前にできる対策とは?

シミ取りレーザーの施術をせっかく受けるなら、失敗を避けるためにできる限りのことをして臨みたいですよね。施術の前にこんなことに気を付けるといいですよ。

シミの種類を事前に確認!美容皮膚科選びは慎重に

まずは自分のシミの種類を知りましょう。シミの種類によって最適なレーザーの種類が違うからです。紫外線による老人性のシミなのか、ホルモンバランスの乱れによる肝斑なのかを診断してもらい、適したレーザーを当てないとシミが悪化する恐れがあります。

(装飾見出し)肝斑の特徴を知っておこう
老人性のシミは左右に対称性はなく、紫外線が良く当たる部分にできる褐色の、割とはっきりとしたシミです。それに比べて肝斑は、30~40代の女性に多く、頬の両側に左右対称にもやっと広がって境界線の分かりにくいシミです。

(装飾見出し)隠れ肝斑は自分では分からない!
目に見える肝斑はわりと分かりやすいですが、目に見えない隠れ肝斑は自分では分かりません。

VISIAという肌診断の機械があるクリニックへ行くと、隠れ肝斑がないかの測定をしてもらえます。この診断なしに、老人性のシミだけだと思ってレーザーを当てると、実は隠れ肝斑があったために肝斑が一気に肌表面に現れてしまうなんてことになりかねません。

シミ取りレーザー治療を受けたいと思ったら、このVISIAという機械のあるクリニックに行くことをおすすめします。

(装飾見出し)信頼できるクリニック選びも重要
なんといっても、信頼できる美容皮膚科クリニックを選ぶことが大切です。ネット上には病院の口コミもたくさんありますから、気になるクリニックがあったらちょっと調べてみましょう。

また、初診の際に医師が信頼できないと感じたら、そのままそのクリニックでレーザー照射をするのではなく他のクリニックへ行く方がいいでしょう。必ず医師とコミュニケーションをとって、信頼できる美容皮膚科クリニックを選びましょう。

レーザー治療を始める前が肝心?肌や唇の保湿ケア

シミ取りのレーザー治療には弱いパワーのレーザーもありますが、弱いとは言っても、肌に軽い火傷を負うような施術です。ですからレーザー照射の前に肌を健康な状態にしておかないと、ますます肌トラブルがひどくなる恐れがあります。

健康な肌、それはきちんと保湿されてうるおっている肌です。レーザー照射をしようと思ったら、前もって保湿効果の高い化粧水を使うなどして、肌の保水力を高めておきましょう。セラミドの配合された化粧水がおすすめです。

また、唇にレーザーを照射する場合も、ガサガサの唇ではトラブルを起こしやすくなります。事前にリップクリームをこまめに塗るなどして、潤いのある唇にしておきましょう。

まとめ

失敗!?と思っても焦らない!

レーザー治療を受けて「失敗したかも?!」と思っても焦ってはいけません。レーザーによって一時的にシミが濃くなったように感じたり、水ぶくれができてしまっているだけの場合が多いからです。焦ってレーザーの再照射を短期間で繰り返すと、シミが二度と消えなくなってしまうこともあります。

もし不安を感じたら、必ずレーザー治療を受けたクリニックで診察を受けましょう。信頼できるクリニックであれば適切な処置をしてくれます。

失敗しないための事前準備

(装飾見出し)シミの種類を知ろう
シミの種類によって適したレーザーの種類が違うので、失敗を予防するには事前に自分のシミの種類を把握することも必要です。誤った判断で適切でないレーザーを照射するとシミが悪化することがあるからです。

分からなければ、事前に診察を受けて判断してもらいましょう。一番効果的な治療方法を提示してくれるはずです。

(装飾見出し)肌を事前に整えておこう
レーザー治療を受ける前には肌の調子を整えておくことも大切です。乾燥したりダメージのある肌にレーザーを照射すると、シミが消えないばかりか、他の肌トラブルを招くこともあります。保湿はしっかり行いましょう。

普段から紫外線を避けて、シミができにくいような生活習慣を身に着けるなど、できることから始めてみるといいですね。
   

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大事なのは『未来にシミを残さない』化粧品を選ぶこと!!

  2. シミ取りレーザー治療後のケア方法が知りたい!お風呂や化粧の注意点は?

  3. シミ取りのレーザー治療は意外に敷居が低いんです!

  4. シミが消える仕組みとは?透明感のある素肌を目指す4つのシミ対策

  5. シミを消したい!おすすめ海外クリームと使用法から予防法まで

  6. スムージーでシミを消せる?おすすめレシピ&シミの改善方法を調査

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。