毛穴の黒ずみはどこまで除去できる?|鼻の黒ずみをクレンジング・洗顔・スペシャルケア方法とおすすめアイテム

気がつけばできてる鼻の毛穴のポツポツや黒ずみたち。毎日しっかり洗顔しているのになかなか取れずに、イライラしてしまうことってありませんか。とはいえ、自宅ケアで無理に除去するのは厳禁!

今回は、毛穴の黒ずみをきれいに除去する基本のクレンジングや洗顔方法に加え、自宅でできるスペシャルケアをご紹介。あわせておすすめのアイテムもピックアップしたので、小鼻の黒ずみや角栓つまりに悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

小鼻の角栓黒ずみの原因と改善方法

そもそも毛穴の黒ずみってなぜできるのでしょうか。小鼻や鼻の頭にできる黒ずみの正体は、「酸化して黒くなった角栓」です。

これは「黒角栓毛穴」といって、過剰に分泌された皮脂と古い角質・メイク汚れなどが毛穴の中で詰まってしまい、そのまま出られずに角栓の出口が空気に触れることで酸化して黒ずむというものです。

この角栓を放置しておくと、乾燥などによって肌表面の角質が分厚くなり、ますます排出しづらくなってしまうことも。

毛穴の黒ずみを見つけたら、それはもうすでに角栓が出られずに、毛穴に長時間止まっているというサイン。毛穴の黒ずみを防ぐためには、早めに処置をすることが重要です。

黒ずみ改善にはたっぷりの保湿が大切

肌が乾燥してくると、不足した水分を補うために、自らの皮脂で補おうとする性質があります。皮脂の過剰分泌の隠れた原因は「乾燥」であることも。

また、乾燥により肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れると、肌表面の角質が厚くなって毛穴をふさいでしまうこともあります。

毛穴を詰まらせないためには、乾燥対策が必須。化粧水や乳液などでたっぷりと保湿することが、美肌への第一歩となります。

体の中からケアすることも重要

毛穴の黒ずみを改善するためには、外側のケアはもちろん、体の内側からアプローチすることも大切です。

特に、ビタミン類は美肌を作る上で欠かせない栄養素。ビタミンB群は、ニキビや吹き出物、毛穴の詰まりにも効果があるとされています。

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるため、積極的に摂りたい栄養素です。サケ・レバー・鶏卵・のりなどに多く含まれます。また、ビタミンB6は、酸化した皮脂の分解を助ける働きがあります。にんにく・マグロ・かつおなどから多く摂取できます。

また内側からも水分はたくさん摂りましょう。体の巡りを良くすることで余分なものをデトックスしてくれます。ペットボトルなどを手元に置いていつでも水を飲める状態にしておくのがベストです。

コレがいち押し!毛穴の黒ずみケアは正しいクレンジングと洗顔が基本

毛穴の黒ずみや角栓の除去には、正しいクレンジングと洗顔が基本。「その日の汚れはその日のうちに素早く落とす」ことが鉄則です。

黒ずみや角栓ができる前に予防することが最も大切なのですが、万が一角栓や黒ずみができてしまった場合でも、徐々に改善することができるのでしっかりとマスターしておきましょう。

毛穴のメイク汚れはクレンジングで徹底オフ

普段からメイクをする方は、メイク汚れが毛穴の中で角栓化してしまう前に、クレンジングでしっかりと落とすことが大切です。

ちなみにできてしまった角栓や黒ずみは肌のターンオーバーを正常化すれば、自然と排出されるもの。クレンジングで無理やり取り除く必要はないのです。

まずは帰宅したらすぐにメイクを落とすということを習慣づけるのが、美肌に近づく第一歩です。

STEP1.クレンジング剤は、クリームでもオイルでも自分の使いやすいものを選びましょう
クレンジング剤は、肌質やメイクの濃さに合わせて選びましょう。アイメイクなどのポイントメイクは、専用クレンジングで先に落としておきましょう。

STEP2.メイクの残りやすい小鼻周りや目の下は特に注意
手のひらで少しクレンジング剤を温めたら、皮脂の多いTゾーンからくるくるとなじませていきましょう。この時、クレンジング剤の量が少なかったり、ゴシゴシこすりすぎると摩擦が起き肌を傷める原因となるので、優しく指の腹でなじませてください。メイクの残りやすい小鼻周りや目の下は特に念入りに。

STEP3.熱いお湯は避けてぬるま湯で洗い流しましょう
熱いお湯は、肌の水分をうばい乾燥を招くので、洗い流す際はぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。特に生え際や首は洗い残しが多いため、ぬめりがなくなるまで最低でも20回ほどすすぐようにしてください。

黒ずみ毛穴におすすめのクレンジング
フルリクリアゲルクレンズ
【価格】
Amazon 3,800円(税込)
楽天 3,780円(税込)
公式 3,500円(税込)

【内容量】
150ml

毛穴の黒ずみに悩む方のために作られたクレンジングゲル。毛穴にたまりがちなメイク汚れと皮脂をすっきりと洗い流し、使い続けるうちに毛穴の目立たない肌へと導きます。ダブル洗顔不要で、肌に不必要なものはとことん排除。やさしいスキンケアに変えることで、肌のターンオーバーが正常化され、徐々に頑固な角栓も自然に排出されます。

DHCポアナクレンジングオイル
【価格】
Amazon 2,800円(税込)
楽天 なし
公式 2,160円(税込)

【内容量】
150ml

角栓クリア成分(ローヤルゼリー酸、アミノ酸系オイル)が、通常では落とすことができない頑固な角栓にアプローチ。毛穴に詰まった角栓までも溶かし出してすっきりとオフします。さらに、角栓コントロール成分(アボカドオイル)が、過剰な皮脂分泌を抑え、角栓の再発をブロックしなめらかな肌へと整えます。

角栓・黒ずみがスッキリ取れる洗顔テクニック

毛穴の黒ずみや角栓を取りのぞきやすくするステップとして、洗顔は基本中の基本。毛穴の汚れを分解して溶かし出す酵素洗顔料などを利用すれば、より効果的な洗顔ができます。

STEP1.洗顔の回数は朝晩2回が基本
毛穴の黒ずみが気になるからと、必要以上に洗顔するのはNG。必要な皮脂まで取り除いてしまい、過剰な皮脂分泌を招く原因となるので、洗顔は朝晩2回が基本です。

STEP2.洗顔料はしっかりと泡立ててから肌にのせましょう。
洗顔料を肌にのせる場合は、キメの細かい泡を作り、泡のクッションで優しくなでるように洗いましょう。ただし、泡立たない洗顔料の場合は、そのまま使ってOK。特にTゾーンは皮脂の多い部分。指に腹を使って優しく手際よく洗いましょう。

STEP3.熱いお湯は避けてぬるま湯で洗い流しましょう
クレンジング同様、熱いお湯ではなくぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。洗顔料のすすぎ残しも、毛穴の黒ずみやトラブルの原因になるため、ぬるっとした感触がなくなるまでしっかりとすすぎましょう。

黒ずみ毛穴におすすめの洗顔料
石澤研究所 毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔
【価格】
Amazon 1,296円(税込)
楽天 1,296円(税込)
公式 1,296円(税込)

【内容量】
100g

重曹のパワーで毛穴の皮脂や汚れを浮かせて洗い流す洗顔料。さらには重曹の柔らかいスクラブが、肌表面の古い角質を取り除き、硬くなって詰まってしまった角栓を取りのぞきやすい状態に。毎日の洗顔に取り入れれば、自然に角栓も排出しやすくなり、黒ずみが目立たない肌へ生まれ変わります。

ORBIS パウダーウォッシュプラス
【価格】
Amazon 1,296円(税込)
楽天 1,228円(税込)
公式 1,296円(税込)

【内容量】
50g

たんぱく質分解酵素(プロテアーゼ)と皮脂分解酵素(リパーゼ)、2つの酵素が頑固な汚れを小さく分解し、角栓つまりを解消する酵素洗顔料。もともちの濃密泡で汚れや分解した角栓を絡め取って洗い流します。さらには3つの保湿成分で肌を潤し、角栓の再発も防げますよ。

カネボウsuisai ビューティクリアパウダー
【価格】
Amazon 1,813円(税込)
楽天 1,674円(税込)
公式 オープン価格

【内容量】
0.4g×32個

2つの酵素とアミノ酸系洗浄成分配合で、角栓の元となる「古いタンパク質」と「過剰な皮脂」を分解。すっきりと洗い上げます。潤いを守りながら洗うので、洗顔後はつっぱらずにざらつきやくすみのないなめらかな肌へと整えます。すっきりとした洗い上がりが好みの方におすすめ。個包装なので1回量がわかりやすいのも魅力です。

洗顔後の保湿は念入りに

クレンジングや洗顔で毛穴の汚れを落として、角栓や黒ずみを取り除きやすい肌に整えることは、もちろん大切ですが、角栓や黒ずみを繰り返さないためにも、しっかりと肌を保湿することは、最も重要です。

肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、肌表面の角質を厚くする原因となります。角質が厚くなって剥がれにくくなると毛穴がつまり角栓となってしまうため、根本原因である乾燥をまずは防ぐことが大切です。

STEP1.洗顔後すぐの肌に保湿しましょう
洗顔後すぐの肌は、水分が奪われ敏感な状態。肌が乾燥しないうちに洗顔後なるべく早く化粧水などで保湿しましょう。

STEP2.しっかりとハンドプレスしながら化粧水を浸透させましょう
化粧水は、しっかりと肌に浸透するようにハンドプレスして入れこみましょう。化粧水でたっぷりと保湿したら、水分保持のため乳液やクリームで肌にフタをするのがおすすめです。

黒ずみ毛穴におすすめの化粧水
カネボウ スイサイ スキンタイトニング クールローション
【価格】
Amazon 2,090円(税込)
楽天 1,361円(税込)
公式 オープン価格

【内容量】
150ml

発酵美肌成分が、毛穴をキュッと引き締めてなめらかな肌に整えるクールな感触の化粧水です。オイリー肌で、保湿力の高い化粧水のベタつきが気になるという方や、暑い季節のクールダウンにもおすすめ。清涼成分入りで、肌にのせるとひんやりとした感触が楽しめます。

ナリスアップ コスメティックス ネイチャーコンク 薬用 クリアローション
【価格】
Amazon 1,200円(税込)
楽天 745円(税込)
公式 オープン価格

【内容量】
200ml

肌にこびりついた古い角質は、肌乾燥の根本原因。拭き取りタイプだから、洗顔で落としきれなかった毛穴の汚れや肌表面の古い角質もスッキリとオフ。次に使う化粧品の浸透力を高め、垢抜け肌へと変身させます。そのうえ高保湿タイプなので、しっかりうるおって毛穴を目立たせません。

毛穴の黒ずみを除去するスペシャルケア

普段のクレンジングや洗顔だけでは、どうしても物足りない、という時は週に1~2度のスペシャルケアを取り入れて、リフレッシュしてあげましょう。

ただし、やりすぎは肌表面を傷める原因となるので厳禁。ここぞという時だけに止めてくださいね。

肌を温めてて穴開き!蒸しパックのやり方

肌を温めることで、毛穴が開きやすくなり黒ずみや汚れが取れやすくなります。蒸しパックなどをした後で、パックやマスクを行うと想像以上に毛穴がスッキリして、成分も入りやすくなるといったメリットも。肌が敏感な方にもできるやり方です。

STEP1.まずは肌を温めましょう
濡れたタオルをレンジでチンすることで、簡単に蒸しタオルが出来上がります。火傷に注意しながら、しばらく肌にのせ毛穴を開かせてあげましょう。

STEP2.毛穴の気になる部分にのみパックを
毛穴の黒ずみが気になる鼻・ほお・眉間などを中心にパック、もしくはマスクを行います。クリームタイプのマスクなら、塗布した後にラップで鼻などを覆ってあげると、より毛穴まわりが柔らかくなるのでおすすめ。汚れも排出されやすくなりますよ。

STEP3.パックやマスク後はしっかり保湿
お使いのパックやマスクの使い方に合わせて、オフしたり洗い流したりしましょう。ゴシゴシ取りすぎないように優しくオフするのがポイント。お手入れの最後には、必ず化粧水や美容液で保湿してくださいね。

蒸しパックにおすすめのパック&マスク
MTG プロージョン クリアジェルパック
【価格】
Amazon 2,546円(税込)
楽天 3,323円(税込)
公式 3,300円(税込)

【内容量】
40ml

炭酸ジェルが、肌にのせたとたんモコモコと発泡。最終的に炭酸泡となって肌にとどまり毛穴の汚れや皮脂をスッキリとオフ。泡が消え始めたら、洗い流して洗顔と通常のスキンケアを行ってください。アーティチョーク葉エキスが、開いた毛穴もきゅっと引き締めてくれます。

毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパック
【価格】
Amazon 1,296円(税込)
楽天 1,296円(税込)
公式 1,296円(税込)

【内容量】
15g

重曹が毛穴のまわりを柔らかくし、医王山(石川県と富山県の県境)という山でしか採取できない貴重な鉱物「吸着石」が、毛穴汚れを吸い込んで毛穴の中から引っ張り上げます。はがしたりゴシゴシするタイプではないので肌にも優しくおすすめ。5分間肌にのせるだけという手軽さも魅力です。

オイルと綿棒だけで毛穴の黒ずみをオフ

オイルと綿棒で毛穴の黒ずみをオフする方法もあります。綿棒に思いのほか汚れがついて病みつきになりそうですが、あまり強くゴシゴシしたりやりすぎはNG。週1回ほどを目安に行いましょう。

綿棒とオイルの使い方
綿棒はなるべくなら柔らかめの方が、肌を傷めずおすすめ。オイルは、ベビーオイルなどでもかまいませんが、肌のことを考えると負担とならないナチュラルな素材がおすすめ。

綿棒の先にオイルをたっぷりつけたら小鼻や毛穴の黒ずみや気になる部分を優しくクルクルと回しながらなじませましょう。オイルが足りなくなったら摩擦を防ぐために都度補充して。終わったら洗い流すか、ティッシュなどで残ったオイルをオフしましょう。

毛穴の黒ずみをオフするおすすめオイル
無印良品 ホホバオイル
【価格】
Amazon 2,480円(税込)
楽天 2,160円(税込)
公式 1,590円(税込)

【内容量】
100ml

化粧用に精製したホホバオイル。肌馴染みが良くさらっとした使用感で、肌のお手入れやマッサージ、頭皮のお手入れと万能に使えます。ホホバオイルは室温が下がると白濁するという性質を持っています。品質には問題はありませんが、白濁してしまった場合は、暖かい場所に置いたりぬるま湯につけることで、サラサラなオイルに戻りますよ。

ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル
【価格】
Amazon なし
楽天 なし
公式 4,352円(税込)

【内容量】
55ml

100%オーガニックのホホバオイル。日本では唯一2機関でオーガニック認証を受けた正真正銘のナチュラルオイル。非加熱のコールドプレス製法で作られたホホバオイルは、ビタミンやミネラルが壊されることなくそのまま含まれています。肌荒れから乾燥、吹き出物、アトピー肌にまで負担をかけずに使えます。

スクラブ・クレイパックで毛穴の黒ずみケア

肌表面の古い角質を取り除いて、ターンオーバーを促進させると、ごわごわでカサついた肌にもしっかりと化粧品の成分が入りやすくなり、結果、毛穴の黒ずみや角栓も排出しやすい肌に。ただし、肌に負担がかかりやすいため、肌の調子がイマイチのときは避けてくださいね。

*スクラブかクレイどちらを選ぶかは肌次第*
スクラブは肌表面の古い角質などを取りやすい反面、肌刺激も大きいです。特に敏感肌で肌バリア機能が低下している方は、使用を控えまずは保湿に専念しましょう。クレイなら毛穴の汚れを吸着して取り除くタイプなので、スクラブほど肌刺激はありません。肌質などを考慮して適切なタイプを選んでみましょう。

*ケアの最後にはやっぱり保湿*
ケアの最後には、必ず保湿。しっかりうるおしながら毛穴を引き締めてあげることで、皮脂の過剰分泌や角栓つまりも予防できます。。

毛穴の黒ずみをすっきり取り去るおすすめスクラブ・パック
ポアゴマージュペースト PL
【価格】
Amazon なし
楽天 1,944円(税込)
公式 1,620円(税込)

【内容量】
20g

海由来の吸着成分で、毛穴の黒ずみ汚れを取り除く、鼻用のゴマージュペーストです。鼻に厚めに塗布し3〜5分待ってからくるくるすると、面白いほど黒ずみがスッキリ。こんにゃく由来のつぶつぶスクラブなので、肌に負担をかけずにケアできます。

オルビス ディープクレイスパ 贅沢な海のパック
【価格】
Amazon 1,813円(税込)
楽天 1,674円(税込)
公式 1,944円(税込)

【内容量】
100g

ミネラルをたっぷりと含んだホワイトクレイが、毛穴の汚れや余分な皮脂を吸着。同時にマリンモイスチャーコンプレックス(保湿成分)が、肌に潤いを与えしっとりと吸い付くようなもち肌に仕上げます。刺激が少なく、敏感肌にもおすすめです。

洗顔ブラシや美顔器で毛穴の黒ずみを一掃

頑固な角栓を作らせないために、洗顔ブラシや美顔器で予防するのもよいでしょう。洗顔ブラシや美顔器は刺激が少なければ毎日使えるので、洗顔やクレンジングの効果を高めるために活用するのもおすすめです。

洗顔ブラシは、顔のパーツごとに合った大きさや硬さのモノがベスト。また美顔器を選ぶ際は、毎日の使用に適しているのか、スペシャルケアだけに使えるのかもしっかりと確認しながら選ぶようにしましょう。

毛穴の角栓も掻き出すおすすめ毛穴ケアグッズ
ツルリ 小鼻つるり筆
【価格】
Amazon 980円(税込)
楽天 1,015円(税込)
公式 1,015円(税込)

指の腹ではなかなか届かない小鼻周りや鼻の頭専用洗顔ブラシです。通常の洗顔ブラシとは異なり、小筆タイプで毛が短いのが特徴。小鼻周りの毛穴にもしっかり届き、汚れや余分な皮脂もしっかり取り除きやすくします。極細でハリのある天然馬毛100%。優しいタッチも魅力です。

MTG リファクリア
【価格】
Amazon 18,840円(税込)
楽天 18,780円(税込)
公式 26,784円(税込)

美容ローラーでおなじみ「リーファ」からリリースされている、世界初の3Dソニックイオンテクノロジーを搭載した、全く新しい洗顔ブラシ。通常の洗顔では落としきれない肌表面の古い角質から毛穴の奥底の酸化皮脂まで、極細ながらコシのある熊野筆と3Dソニックモーション、そしてイオンの力でしっかりと浮き立たせ洗い上げます。

これは注意!毛穴の黒ずみケアNG例

毛穴の黒ずみや角栓、できることならスッキリと取り去りたいところですが、無理に取ろうとすると肌に摩擦が起きたり、肌トラブルを起こしてしまう原因となります。

*洗顔やクレンジングの際は優しくが基本*
黒ずみや角栓を取り除こうと、洗顔時やクレンジング時にゴシゴシ肌を擦るのはNG。洗顔やクレンジングで取り除くのはあくまで毛穴の皮脂汚れやメイク汚れのみ。肌のターンオーバーが正常化されると自然に角栓は取れやすい状態になってきます。まずは健康な肌の土台づくりと思って、優しく洗浄しましょう。

*はがすパックやピンセット、角栓プッシャーは極力避けて*
はがすパックやピンセット、角栓プッシャーは角栓ごとよく取れますが、肌のことを考えると、あまりおすすめはできません。特に肌バリアが低下した肌では、皮膚そのものが傷ついてしまうため、色素沈着や炎症などのトラブルを起こすことも。どうしてもという場合は肌の調子が良い時に月1回程度の頻度で行うのがベストです。

*ケア後の肌はそのまま放置しない*
角栓や黒ずみが取れた場合でも、油断は禁物。毛穴に大きな穴が開いたままの状態になっています。そのまま放置しておくと、水分も奪われ乾燥が進行してしまい、角栓つまりの再発を引き起こす原因に。ケア後の肌にはたっぷりとうるおいを与え、毛穴をキュッと引き締めるケアも行いましょう。

毛穴の黒ずみをオフしてストレスのない肌へ

毛穴の黒ずみを除去する方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。まずやるべきことは、黒ずみや角栓のできにくい肌へと育てること。基本のクレンジング・洗顔・保湿をしっかりと行うことで、その後のスペシャルケアだって不要になるケースもあります。

この記事を参考に、正しい毛穴ケアをマスターして、毛穴の黒ずみや角栓のないストレスフリーな肌を目指してくださいね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シミに効く化粧品はコレ!おすすめシミ化粧品通販ランキング!

  2. ビーグレンホワイトケアは毛穴の黒ずみまで改善できる!?毛穴ケアラインとどちらを選ぶべき?

  3. プチプラでも優秀なおすすめハイドロキノンクリーム5選!

  4. ハイドロキノンに潜む発がん性のリスクはある!!

  5. 【実感】効果を感じたシミ取りクリーム全18厳選!

  6. ハイドロキノンクリームの輸入品で知っておきたいリスクと市販品・皮膚科を徹底比較!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。