目立つ毛穴の開きを改善!タイプごとの原因と引き締め対策方法

「最近毛穴の開きが気になる」
「ファンデーションのノリが悪い」
「皮脂オフケアをしているのに毛穴が目立つのはなぜ?」

普段からスキンケアを欠かさない人ほど「毛穴の開き」は気になる悩みだと思います。

毛穴の開きの原因には肌質・部位・年齢などさまざまあります。

ここでは、毛穴が開く原因について、そして改善する方法について詳しくご紹介します。

毛穴の開きが目立つのはなぜ?

いつも空気にさらされている顔は、乾燥など外部刺激から肌を守るため、ほかの部位に比べて皮脂腺が発達しています。そのため、肌の状態が悪いと、毛穴が開いたり、皮脂が過剰に分泌されたりすることで、毛穴が目立ちやすくなってしまうのです。

毛穴が目立つ原因には次のようなものがあります。

肌質によるもの・・乾燥肌、脂性肌、敏感肌、ニキビ肌など
外部刺激によるもの・・乾燥、紫外線、間違えたスキンケアなど
年齢によるもの・・加齢によるたるみ、肌のターンオーバーの乱れなど

毛穴の開きは原因により対策も変わってくるため、自分の肌状態と原因をよく把握することが大切です。

あなたはどのタイプ?毛穴開きの原因とスキンケアでの対策をチェック!

それでは、原因別の対策を見ていきましょう。

タイプ①肌のうるおい不足「乾燥毛穴」

乾燥毛穴は、乾燥肌や敏感肌の人に見られるタイプです。乾燥肌や敏感肌では、角質層の水分不足で肌を守るバリア機能が低下し、肌の保湿力も下がっています。

そのため、肌にうるおいがなくキメが乱れ、毛穴が目立ちます。間違ったスキンケアや紫外線刺激、肌の栄養不足で起こりやすくなります。

こんな人がこのタイプ!
・頬を中心に毛穴が目立つ
・肌がかぶれやすい
・毛穴パックやピーリングを頻回にしている
・肌がカサカサし表面が厚い感じの肌
・仕事などで屋外にいることが多い
・紫外線ケアをしていない 
・無理なダイエットをしている

これらの項目に当てはまる人は、乾燥毛穴の可能性があります。

【対策方法】とにかく保湿の徹底を
乾燥毛穴タイプの毛穴対策は、保湿の徹底です。洗顔後に化粧水で肌に水分と保湿成分を十分与え、美容液、乳液などで肌に不足している油分も補いましょう。

毛穴が気になるからと毛穴パックやピーリングを頻回にやり過ぎると、角質を傷つけ、必要な皮脂も取り除いてしまうため、肌のうるおいがさらに保てなくなってしまいます。

毛穴パックやピーリングは、週1回程度が適当です。特に敏感肌の人は、ピーリングで肌トラブルを増長させてしまうため、自己流にすることはおすすめできません。皮膚科などで専門医に相談しておこないましょう。

▶︎おすすめアイテムはこれ!
オルビスユーシリーズ

肌の分岐点と言われる30代からのエイジングケアにおすすめの基礎化粧品です。角質細胞に働きかけ、細胞自らの保湿活性を高め、肌のセルフコントロールを促します。角質細胞をうるおいで満たし、キメを整えハリと輝きのある肌を作ります。

タイプ②皮脂や汚れが詰まって毛穴が広がる「つまり毛穴」

つまり毛穴は、脂性肌の人に見られるタイプです。脂性肌の人は、もともと皮脂腺が大きく皮脂も多く排出されます。皮脂量が過剰になると皮脂の排出口である毛穴が開きすぎたり、スキンケアが十分でないと皮脂や汚れがたまることで毛穴が開いたままになり毛穴が目立ちやすくなります。

つまり毛穴は、毎日メイクをするようになり、食生活や生活習慣が乱れがちな20代の人に多く見られます。

こんな人がこのタイプ!
・鼻などに毛穴の黒ずみがある
・毎日メイクをしている
・メイク崩れが早い
・肌のくすみが気になる
・肌がザラつく

これらの項目に当てはまる人は、つまり毛穴の可能性があります。

【対策方法】保湿と角質ケアの両方からアプローチ
つまり毛穴タイプの毛穴対策は、古い角質や毛穴の詰まりを取り除くとともに、開いた毛穴を引き締めながら保湿をする両方からのアプローチが必要です。

▶︎おすすめアイテムはこれ!
クリニーク クリアファイングローション2

脂性肌の肌トラブルの原因である皮脂の汚れや古い角質を取り除き、潤いやすい肌を作ります。ローションでふき取り後に乳液を使用することで、肌をうるおいで満たし、水分と油分のバランスをベストな状態にキープしてくれます。毎日のケアで透明感のある輝く肌に導きます。

タイプ③ニキビや吹き出物が原因の「炎症毛穴」

炎症毛穴は、ニキビや吹き出物ができやすいニキビ肌の人に多く見られるタイプです。思春期は性ホルモン分泌の影響で皮脂腺が活発になるため、皮脂量が増えニキビ肌になりがちです。

20代でも皮脂量が多い人は、食生活や生活リズムの乱れ、ストレスなどでニキビができやすくなります。また、おでこ・鼻・あごのTゾーンは皮脂量が多く、頬は乾燥している混合肌の人もニキビに悩まされます。

ニキビや吹き出物は、毛穴に皮脂などの汚れがたまり、そこに細菌が繁殖、炎症を起こすことで発生します。洗顔が十分でなかったり、洗顔後のケアをきちんとしていないなど、間違ったケアをしていると肌に汚れが残り毛穴が開いたままになってしまいます。

汚れはさらなる炎症を引き起こし、毛穴が開いていると皮脂の分泌が増加するなど、悪循環を繰り返します。また、ニキビをつぶしてしまうと炎症がさらに悪化してしまいます。

こんな人がこのタイプ!
・洗顔をしないで寝てしまう
・洗顔フォームを使わない
・洗顔後に何もつけない
・ニキビをつぶすのがクセ
・暴飲暴食や偏食など食生活が乱れている
・寝不足
・ストレスが多い

これらの項目に当てはまる人は、炎症毛穴の可能性があります。

【対策方法】ニキビを作らないのが基本。出来てしまったときは…
炎症毛穴タイプの毛穴対策は、まずはニキビを作らないことが基本です。ニキビや吹き出物ができてしまった場合は、しっかり洗顔し余分な皮脂や汚れを落とします。

そして、肌タイプに合った化粧品で毛穴を引き締め、乳液などで保湿もきちんとします。べたつくから、皮脂量が多いからと保湿をしないと、肌をうるおそうとし皮脂量がさらに増加してしまうのでニキビ肌にも保湿はとても重要です。

▶︎おすすめアイテムはこれ!
ファンケル アクネケアエッセンス

ニキビや吹き出物の原因となる毛穴の詰まりを防ぎ、集中ケアしてくれるエッセンスです。同シリーズの洗顔クリームで毛穴の皮脂や汚れを取り除き、化粧液で毛穴を引き締め、余分な皮脂の発生を抑えます。その後エッセンスでニキビを集中ケアし、最後にジェル乳液で肌を整え、バリア機能を高め保湿を促します。

タイプ④しずく型に広がる「たるみ毛穴」
たるみ毛穴は、加齢による肌の弾力やハリの低下が原因です。肌の弾力は、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが担っています。年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンの生成力が低下、さらにタンパク質であるコラーゲンやエラスチンは、体内の酸化や糖化で変性し劣化していきます。

そのため、肌は弾力を失いたるみ、それに従い毛穴もたるんでくるため、楕円形やしずく型の毛穴が目立つようになります。

こんな人がこのタイプ!
・肌のハリがなくなってきた
・ほうれい線が気になる
・まぶたや目じりが下がってきた気がする
・屋外にいることが多い

これらの項目に当てはまる人は、炎症毛穴の可能性があります。

【対策方法】肌内部のコラーゲン生成とトレーニングでたるみを解消
たるみ毛穴タイプの毛穴対策は、肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンの生成を促すことがポイントです。また、加齢により肌の保湿成分も減少するため、うるおいを十分与え、肌のハリをキープすることも重要です。

アンチエイジングには、化粧品で外からアプローチすると同時に、食生活や生活習慣を見直し内側からのアプローチも大切です。また、適度な運動を取り入れると代謝が促され、みずみずしく、たるみのない肌につながります。

▶︎おすすめアイテムはこれ!
アスタリフト ジェリーアクアリスタ

ナノ・サイエンスにより保湿成分セラミドを角質層まで浸透させ、うるおいに満ちた肌を導きます。洗顔後、化粧水の前のファーストステップにジェリーアクアリスタひと粒を、顔全体を包み込むように肌になじませます。

セラミドが角質層のすみずみまで行き届き、しっかりしたうるおいベースを作り出してくれます。また、サイズと機能が異なる3種のコラーゲンが肌にハリを与えます。

【全タイプ共通】毛穴開きで悩むならライフスタイルを見直そう

どのタイプの毛穴開きも、洗顔や保湿などのスキンケアとともに、内側からのケアも大切になります。

紫外線対策はオールシーズンマスト!

まず、紫外線対策は必須です。紫外線は、肌の真皮まで侵入しダメージを与えます。角質層では、肌のバリア機能を壊し保湿力を下げ、乾燥しやすくキメの粗い肌にするため、毛穴が目立つようになります。

また真皮では、コラーゲンやエラスチン繊維を壊し劣化させるため、肌は弾力を失いたるみ、毛穴のたるみが起こります。

紫外線対策としては、オールシーズンで日焼け止め化粧品の使用が基本です。紫外線は1年中降り注ぎ、家の中でも窓を透過するため、外出しない日も対策を怠らないようにしましょう。食事では、抗酸化作用のある成分を意識して摂ると効果的です。

食事で体の内側からケアを

毛穴対策には、食事で内側からケアすることも大切です。紫外線やアンチエイジング対策として、抗酸化作用のある成分、弾力成分のコラーゲンやエラスチンを作るタンパク質を意識して摂るようにしましょう。

【抗酸化作用のある成分と食品】
ビタミンC:オレンジなどかんきつ類、イチゴ、キウイ、ピーマン、カリフラワーなど
ビタミンE:アボカド、アーモンド・クルミなどナッツ類
リコピン:トマト、スイカなど
β‐カロテン:ニンジン、カボチャ、ほうれん草など
アスタキサンチン:サケ、イクラ、カニ、エビなど
【タンパク質・コラーゲンが豊富な食品】
肉類:手羽先、軟骨、豚骨スープ、牛テール、牛スジなど
魚介類:うなぎ、カレイ、エビ、スッポン、フカヒレなど
乳製品:牛乳、チーズ、ヨーグルトなど
その他:ゼラチン、杏仁豆腐など

コラーゲン生成には、ビタミンCが必要です。野菜や果物で一緒に摂るようにしましょう。

良質な睡眠で肌を回復させる

睡眠不足は、肌に悪いとよく聞くと思います。それは、睡眠中に分泌される成長ホルモンが肌に大切な役割をするためです。

成長ホルモンは新陳代謝を活発にし、細胞の再生や修復を促す働きをします。ぐっすり眠ると肌の調子が良くなるのもこのためで、逆に睡眠不足では成長ホルモンの分泌が不十分で肌細胞の再生や修復ができず肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

その結果、表皮に古い角質が残ったり肌のバリア機能が低下するため、乾燥しキメが乱れ毛穴も目立ってしまうのです。成長ホルモンは、就寝した2時間後から分泌が始まるためその時間は深く眠っていることが重要です。

毛穴ケアのためには、生活のリズムを整え、夜更かしせず質の良い睡眠を摂れるようにしましょう。

ストレスは美肌の敵!リフレッシュ方法を見つけよう

ストレスも毛穴が開く原因の1つです。

働く女性は、日々の疲れや仕事でのストレスがたまりやすい状態です。体はストレスを受けると、自律神経のうち体を緊張させる交感神経が優位になります。

交感神経は血管を収縮させるため、肌も血行不良でバリア機能や保湿力が低下し乾燥に傾きます。その際、肌の乾燥を防ごうと皮脂分泌が盛んになるのです。過剰な皮膚分泌は、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりにつながり炎症毛穴やつまり毛穴を引き起こします。

毛穴の開きを防ぐには、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスを調整することが大切です。

ストレスを感じていると、交感神経が優位な状態が長く続いてしまします。ストレスを減らし、体をリラックスさせることで副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

運動や趣味活動など、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて実践してみてください。

まだタバコを吸っている?禁煙は毛穴レス肌の必須項目

喫煙は、血管を収縮させる作用がとても強いです。さらにニコチンなどの働きで体を酸化させる作用もあります。

肌は血行不良となりバリア機能や保湿力が低下、コラーゲンやエラスチンも酸化により破壊されるため、肌はカサカサ・キメの乱れ・弾力やハリの低下が起き、乾燥やたるみで毛穴が目立つようになります。

毛穴ケアのためには、節煙、さらに禁煙を目指しましょう。

今すぐ毛穴の目立ちを何とかしたいならメイクで対策

開いてしまった毛穴は、すぐには戻りません。今すぐ目立たないようにするには、メイクで対応してみましょう。

スキンケアでふっくら毛穴の土台を作る

まずは、スキンケアしっかり行います。洗顔でほこりや余分な皮脂など汚れを落とし、ピーリングで毛穴に詰まった古い角質や皮脂を取り除きます。すすぎも十分にします。

その後、化粧水や美容液で保湿成分を補い、毛穴を引き締めた後、乳液やモイスチャーで保湿成分を閉じ込めうるおいを高めます。角質層のすみずみまでうるおいを浸透させるとふっくらした肌土台が作れます。

毛穴の開きは下地でカバー

メイクをする時は下地で毛穴をカバーします。毛穴による肌の凸凹を整えなめらかな肌にするため、保湿力やカバー効果の高いものを選びます。

シミやくすみもカバーできるタイプもおすすめです。下地を塗る時は、顔の中心から外側に伸ばす要領で肌になじませていきます。

コンシーラーを使いこなそう

部分的に気になる毛穴は、コンシーラーでカバーします。ファンデーションを塗る前に気になる部分に塗ると毛穴をしっかりカバーできます。

毛穴を目立たせないメイクのテクニック

ファンデーションは、リキッド状のものを選びましょう。肌に密着するため毛穴が目立たなくなります。

皮脂の多い人は、皮脂をコントロールするファンデーションを選ぶと、毛穴カバーと、テカリ・化粧くずれ防止もでき一石二鳥です。

ファンデーションの後にフェイスパウダーを使うと、さらに毛穴をしっかりカバーしてくれます。肌を明るくしキメを整えてくれるため、毛穴が目立たず、サラサラ肌で化粧くずれを防ぎます。

まとめ

年齢とともに悩みが深まる毛穴の開き。原因を知り、適切なケアをおこなえば毛穴の目立たない美しい肌が蘇ります。

そのためには、正しいスキンケアとともに、体の内側からのケアも同時に行う必要があります。

食事やライフスタイルを見直し、肌に良い食事、適度な運動、質の良い睡眠をとりストレス解消も心がけていきましょう。

関連記事

  1. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すための5つの方法&おすすめ化粧品3選!

  2. これであなたも毛穴レス美人!【毛穴タイプ別】目立つ毛穴の原因&おすすめ対処法!最強化粧品もご紹介!

  3. 毛穴悩みに効く洗顔おすすめ人気ランキング12選!黒ずみから開きたるみもこれで解決!

  4. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  5. 【開き毛穴タイプ別】毛穴をしっかり引き締める、おすすめ対処法&8つの厳選化粧品をご紹介!

  6. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!