鼻の毛穴づまりあなたは何タイプ?悩み別に原因とケア方法を解説

気になりだした鼻の毛穴…。

どうにかして毛穴レスを目指したい!そんな女性は少なくないと思います。

今回は鼻の目立つ毛穴ができる原因や、自分でできる毛穴レス方法などを徹底リサーチ!

おすすめの化粧品も紹介します。またやりがちなNGケア方法を始め、自分では自信がない方に向けて皮膚科や美容クリニックの利用方法も調査。

幅広い女性が憧れる毛穴レス美肌を手に入れるためにその方法をさっそく見ていきましょう!

今すぐおすすめアイテムを見るならこちら♩
▼鼻の毛穴ケアに最適なおすすめアイテム5選▼

タイプは大きく分けて2つ!特徴と原因を調査

鏡で自分の顔を見た時にポツポツ気になる鼻の毛穴。この鼻の毛穴が目立ってしまう原因は大きく分けて2つあります。

それぞれの毛穴の特徴と、できてしまう原因を正しく知ることは、毛穴レスの美肌を目指すために大切なことです。

勇気を出して自分の鼻をじっくり観察して、毛穴のタイプを見極めましょう!

タイプ(1):通称いちご鼻とも呼ばれる「黒ずみ毛穴」

1つ目は通称いちご鼻とも呼ばれる黒ずみ毛穴です。見た目は黒ずんでいて、触るとザラザラするのがこの毛穴の特徴で、小鼻・アゴにできやすいトラブルです。

ここで注目したいのが毛穴の黒ずんでいる部分がどこなのかどうかです。

実は黒ずみ毛穴にはもう1種類メラニン毛穴と呼ばれるものがあります。黒ずみ毛穴が毛穴の角栓が黒ずんでザラザラしているのに対して、メラニン毛穴は毛穴の回りが黒くなっていてザラつきがありません。

黒ずみ毛穴とメラニン毛穴は見た目が似ていますが、対処法が違うため間違えないように注意しましょう。

黒ずみ毛穴になる原因

黒ずみ毛穴の主な原因は皮脂や汚れなどが、角栓に付着して空気に触れて酸化することで黒くなってしまった状態です。そのためこの黒くなった角栓を洗顔やクレンジングなどで、丁寧に取り除くことで改善します。

それに対してメラニン毛穴は無理な毛穴ケアをしたり、紫外線を浴びすぎてしまったりすることによってその部分が炎症を起こし、メラニンが色素沈着してしまった状態です。メラニン毛穴の場合は、黒ずみ毛穴のケアの他に美白ケアを取り入れる必要があります。

タイプ(2):若年層に多く見られる「開き毛穴」

次に小鼻周りや頬の部分に現れやすいのは開き毛穴です。年代問わず20代の頃から発生しやすい悩みで、もともとの肌質によってできる開き毛穴の種類は変わっていきます。

乾燥しがちな頬などに多い乾燥毛穴・オイリー肌の人やTゾーンに多くニキビになりやすいつまり毛穴、
ニキビ跡や肌トラブルの後に目立つ炎症毛穴・加齢によって頬など皮膚の柔らかいところにできやすいしずく型のたるみ毛穴の4つに分類されます。

開き毛穴になる原因

紹介した4つの開き毛穴は、できてしまう原因に違いがあります。肌表面の水分・油分のバランスの乱れによって起こるものの、肌の土台部分の弾力不足によって引き起こされるものもあります。

それぞれの毛穴ができる原因を詳しく見ていきましょう。

乾燥毛穴 乾燥により角質層が厚く・固くなることによって毛穴が目立った状態。
つまり毛穴 過剰な皮脂分泌によって皮脂の出口である毛穴が開いた状態。
炎症毛穴 ストレスや外的刺激・紫外線によって肌のバリア機能が損なわれて毛穴が目立った状態。
たるみ毛穴 加齢によって肌のハリ・弾力が失われ、毛穴が縦にたるんで伸びた状態。

同じように見える開き毛穴にもさまざまな違いがあるため、症状に合わせたケアが必要です。

基本は保湿ケアが重要

さまざまな毛穴トラブルを紹介しましたが、ケアの基本は保湿になります。

鼻の毛穴というと油分が多くて発生するイメージが強いかもしれませんが、そもそも油分過多になる原因の1つに水分不足があげられます。水分が足りず肌が乾燥しているから、もっと保湿しないと!と皮脂を過剰分泌してしまうためです。

ついつい洗顔やクレンジングなど、取り除く行為に意識がいってしまいがちですが、洗顔後の保湿ケアを大切にしましょう。

正しい洗顔方法をしっかり実践

鼻の毛穴を綺麗にしたい!と考える人が1番に意識するのは洗顔だと思いますが、洗いすぎは肌への刺激になったり、水分を取り過ぎてしまったり、逆に毛穴を目立たせてしまう原因になります。正しい洗顔方法をもう一度見直すようにしましょう。

<正しい洗顔方法>
ぬるま湯で手と顔をしっかり濡らします。

泡立てネットなどを使い、きめ細かく柔らかい泡を作ります。

手と鼻が直接触れないよう、泡のクッションで優しく洗います。

しっかりと洗顔成分を洗い流します。(目安すすぎ30回)

清潔なタオルで優しく押さえるように拭きましょう。

生活習慣を見直す

毛穴に限らず美肌を保つためには生活習慣の見直しは欠かせません。1日3回の規則正しい食生活・適度な運動・質の良い睡眠は美容にも健康にも大切です。

食生活に関しては、揚げ物やジャンクフードなど脂質が多いものは皮脂の過剰分泌に繋がるため避けるようにしましょう。野菜を中心とした食生活が大切です。

適度な運動や汗をかくことは、血行を促進して新陳代謝を高めることで、毛穴の開きやつまりを防いでくれます。また質の良い睡眠をとることは、成長ホルモンの分泌を促すため、肌のターンオーバーを整え毛穴レス美肌を目指すためには欠かせません。

鼻の毛穴ケアは自宅でも簡単にできる!

自分の気になる毛穴の悩みはどのタイプかわかりましたか?自分の悩みと原因がしっかりわかったら、実際に鼻の毛穴ケアに挑戦してみましょう。

今回は後で使う保湿成分をしっかり浸透させるためにできる、汚れがつまった毛穴をすっきり綺麗にさせる方法を紹介します。

蒸しコットンで毛穴を自然に開かせる

無理に毛穴を開かせる方法は、別の毛穴トラブルに繋がる危険性があります。優しく・自然に毛穴を開く方法に蒸しコットンを使用する方法があります。蒸しコットンはホットコットンとも呼ばれ、蒸しタオルより手軽に作ることができるので、忙しい時におすすめです。

今回は手洗いの10倍綺麗に洗えるとして話題の、洗顔ブラシも併用した洗い方を紹介します。

クレンジングでメイクを落とした後、お湯で温めたコットンを小鼻の上に1分間置きます。

温感によって毛穴の角栓が柔らかくなり、毛穴が開いたら、洗顔ブラシで優しく洗顔します。

ゴシゴシ擦らず、毛が垂直になるよう優しくあてて小さな円を描くように洗いましょう。

ぬるま湯でしっかり洗い流して、素早く保湿します。

クレンジングオイルでマッサージ

もう1つ毛穴の角栓を優しく取り除く方法に、クレンジングオイルを使ったマッサージがあります。界面活性剤の多く含まれたクレンジングオイルは、洗いすぎによる乾燥を引き起こす可能性があるので、植物由来の肌に優しいクレンジングオイルを使うようにしましょう。

クレンジングオイルを手のひらにとり、人肌になるまで温めます。

温まったら皮脂の多い箇所を中心に肌に馴染ませます。

小さく円を描くように優しくクルクル汚れを落とします。

少量のお湯をプラスして、オイルを乳化(白く濁った状態)させます。

汚れが落ちたらたっぷりの水で優しく洗いましょう。

オイルを乳化させることで、メイク・汚れとオイル・水が上手く混ざりあって、汚れが落ちやすく、肌への摩擦を減らすことができるため、必ず乳化させてから洗い流すようにしましょう。

黒ずみ原因は産毛の可能性も!

黒ずみ毛穴には、メラニンの色素沈着によるメラニン毛穴があることはお伝えしましたが、もう1つ毛穴の中の産毛が可能性の場合もあります。

産毛が原因の毛穴の黒ずみは、本来まっすぐ生えてくるはずの産毛が汚れや皮脂によって毛穴の奥につまってしまった状態にあります。まずは先ほど紹介した方法で角栓を取り除き、出てきた産毛はシェービングで取り除くようにしましょう。

コレはNG!やってはいけないケア方法

小鼻のケアには有名だけど、実はやってはいけないケア方法がいくつかあります。これらの方法は一見効果があるように見えますが、その場だけの効果だったり、長い目で見ると余計に毛穴を悪化させたりする原因でもあります。

ついついやっていないか、きっちりチェックしておきましょう。

冷水で行う洗顔

毛穴をきゅっと引き締めるために冷水で洗うといい!と思うかもしれませんが、実はこれはNG行為です。確かに冷たい水には毛穴を引き締める効果がありますが、冬場の水などキンキンに冷えた水は逆に肌への刺激になってしまいます。

また皮脂やメイク汚れなどは冷たい水だと落ちにくくなってしまいます。クレンジング・洗顔を行う際はぬるま湯を使うようにしましょう。

1日に複数回洗顔をする

皮脂を減らしたい・汚れを減らしたいという一心から1日に何度も洗顔したくなるかもしれませんが、これもNG行為です。過度な洗顔は、肌が本来必要な水分・油分まで奪ってしまい、乾燥や皮脂の過剰分泌の原因になってしまいます。

洗顔は1日2回が基本です。夜はクレンジングと洗顔できっちり汚れを落とし、朝の洗顔は洗顔料を使わず水洗顔で十分です。

毛穴パック

鼻の毛穴ケアと聞けば1番に思い浮かぶのが毛穴パックではないでしょうか?

確かに目に見えて角栓が取れますし、角栓が取れることで毛穴がすっきりしたと感じるかもしれませんが、強引に角栓を取り除く方法は肌に負担をかけます。

開いた毛穴をそのままにしておくと、雑菌が入りやすくなったり毛穴が開いたままになったりするなどの毛穴トラブルを起こす原因にもなります。

どうしても使用する場合は、使用後のケアをきっちり行うようにしましょう。

鼻の毛穴ケアに最適なおすすめアイテム5選

鼻の毛穴ケアに最適なおすすめアイテムを紹介します♩

汚れ・角栓を取り除くものから、水分・油分を補って毛穴を目立たなくさせるものまで、毛穴の原因あわせて取り入れましょう。

どろ豆乳石鹸どろあわわ

分厚くなった角質や固くなった角栓を国産白麹エキスと米ぬか発酵エキスが優しくほぐした後、沖縄産マリンシルト・国産ベントナイト・タナケラクレイの3種類が毛穴の奥から汚れや角栓をスッキリ吸着。コラーゲンヒアルロン酸など5つの美容成分がすっきりした毛穴に入りこむことで、優しく毛穴をケアしてくれます。

黒ずみ毛穴・開き毛穴などあらゆる毛穴の悩みにおすすめです。

【内容量】110g(約30回分)
【使い方】毎日の洗顔

バランシングセラムC

毛穴に悩んでいる93%の人が効果を実感した毛穴のための美容液バランシングウセラムC。高濃度保湿型のビタミンC誘導体配合で、乾燥やコラーゲン不足によってトラブルを起こしている毛穴に長時間働きかけてくれます。

メラニンの蓄積・コラーゲン不足・水分不足その全てに働きかけるから、全ての毛穴悩みにおすすめです。

【内容量】30ml(約30日分)
【使い方】毎日、化粧水の前

ポアゴマージュペースト PL

沖縄産まれの天然吸着成分ラメールパウダー配合の鼻用ゴマージュ。週に1回気になる毛穴に、塗ってクルクル洗い流すだけで、こんにゃく由来の粒が汚れ・角栓を吸着して取り除いてくれます。

毛穴の黒ずみが気になる・毛穴のザラつきが気になる人におすすめの商品です。

【内容量】20g
【使い方】週に1回、洗顔の後

リナライズ

自宅で簡単エステ級の小顔効果が得られるリナライズ。たるんでしまった肌をキュッと持ち上げることで、ハリと弾力ある肌へ導いてくれます。世界三大美女のクレオパトラが愛用した純金に、微弱な静電気を発するトルマリン・引き締め成分のゲルマニウムやグラウシンを贅沢に配合。

開き毛穴のうち特にたるみ毛穴が気になる人におすすめの商品です。

【内容量】30ml(約1ヶ月分)
【使い方】毎日、化粧水・乳液の間

コラージュ洗顔パウダー

乾燥肌・敏感肌だけど優しく毛穴のケアをしたい!そんな人におすすめしたいのはコラージュが発売する酵素配合の洗顔パウダーです。酵素が毛穴につまりやすい古い角質を優しく取り除くことで、後で使う化粧水や乳液の浸透率を高めてくれます。

黒ずみ毛穴・ザラついた毛穴・つまり毛穴などあらゆる毛穴悩みにおすすめです。

【内容量】40g
【使い方】毎日の洗顔

どうしても改善しなければクリニック利用も

毛穴の悩みは自宅のお手入れでケアが可能ですが、メラニン毛穴や頑固な毛穴トラブルは改善まで時間がかかってしまいます。

特別なイベント前などどうしても早く、しっかり毛穴をケアしたい!そんな人は美容クリニックを利用する方法もあります。

クリニックで治療も可能

クリニックでの治療はさまざまな種類がありますが、一般的な方法は角栓除去やピーリング、熱作用によって皮膚を引き締める方法や、高濃度の美容液を浸透させる方法が多くなります。

レーザー治療などの高度な治療は、症状が悪化した人が行うもので、最初からいきなり進められることはありません。

簡単な治療であれば数千円~1万円程度でできますし、毛穴ケアは悩む女性が多いため初回お試しコースで用意されているクリニックも多くなっています。

クリニックでの一般的な治療手順

一般的な治療方法としては、まず初めに洗顔・クレンジングを行い、肌をスッキリさせた後スタートさせます。スチームや薬剤を利用して、角栓を浮かしだし、浮いてきた角栓を吸引していきます。

その後毛穴にピーリング剤や美容液など、その人に合わせた必要な成分を浸透させていきます。

クリニックの治療は店舗によって違いがありますが、シミやしわの治療に比べると一番手軽にスタートできる方法でもあります。気になる人はお近くのクリニックに電話相談してみるのもおすすめです。

クリニックを利用するメリットとデメリット

クリニックを利用する場合のメリットは、やはりその効果の高さです。自宅ではできないレベルのケアができるため、毛穴の悩みを早く・確実にケアすることができます。

デメリットは費用の高さ。毛穴の治療は皮膚科で行った場合でも保険は適用されないため、全て自費になります。レーザー治療に比べると初期の毛穴ケアはそこまで高くありませんが、それでもセルフケアに比べると高くなります。

メリットとデメリットをよく考えて、普段はセルフケア・特別な時はクリニックでケアと上手に併用するようにしましょう。

正しい方法で毛穴レス美人を目指そう!

鼻の毛穴ケアは難しい方法ではありませんが、正しい方法で行わないと逆に毛穴トラブルを悪化させる原因になります。毛穴は洗顔・メイク・紫外線など日々外的刺激と戦っています。その日に受けた汚れ・刺激をすぐにケアして、ため込まないようにするのも大切ですよ。

正しい方法でケアして、アップでも大丈夫な毛穴レス美人を目指しましょう!

関連記事

  1. 毛穴ケア徹底解説!黒ずみ毛穴・開き毛穴・たるみ毛穴に効くケア方法と人気化粧品まとめ

  2. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わせた化粧品の選び方は?

  3. 【開き毛穴タイプ別】毛穴をしっかり引き締める、おすすめ対処法&8つの厳選化粧品をご紹介!

  4. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すための5つの方法&おすすめ化粧品3選!

  5. これであなたも毛穴レス美人!【毛穴タイプ別】目立つ毛穴の原因&おすすめ対処法!最強化粧品もご紹介!

  6. 「白いニュルニュル」の正体は角栓!鼻の毛穴ケア、間違っていませんか?

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!