【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

思春期の頃からいちご鼻を治したいと悩み、大人になっても悩まされ続けているという状況は周りが想像する以上にストレスでもあり辛いことですよね。

鼻は顔の中心にありますから、自分だけでなく他の人からどう見られているのかもとても気になります。

「いちご鼻を治したい!」と思う気持ちもいっそう強くなります。ですが、「いちご鼻が治る!」と言われる改善方法を試してみても効果が出ないこともよくあり、疲れて落ち込んでしまいますよね。

この記事では、いちご鼻を治すためには知っておくべきいちご鼻の人がやってはいけないことやスキンケアの具体的な方法などを、その原因とともに分かりやすく紹介しています。専門用語は使っていませんので安心して読んでみてくださいね。

あなたは治るいちご鼻?治らないいちご鼻?

いちご鼻とは、毛穴に詰まった角栓が黒く酸化して鼻の頭や小鼻が黒くブツブツした状態になってしまうことです。

しかし、「いちご鼻」と一言で言っても、すべてのいちご鼻が同じ要因でできているのではありません。また、セルフケアでは改善が難しいいちご鼻もあります。

まずは、自分のいちご鼻がセルフケアで改善する可能性があるのかを知ることも大切です。

いちご鼻の多くは、大きく以下のようなタイプに分けることができます。

毛穴に詰まった角栓が黒くなっているタイプ

鼻の毛穴付近にメラニン色素が沈着して黒く見えるタイプ

産毛が濃いために毛穴が黒く見えるタイプ

毛穴が広がっているために影ができて黒く見えるタイプ

産毛が濃い場合には産毛を処理するといったように、自分のいちご鼻のタイプに合った対策を継続して行うことで、改善していくことができます。しかし、すでに肌自体が凸凹しているような状態である場合には、セルフケアで改善することは困難です。

美容皮膚科に行った方が良いいちご鼻

「すでに肌自体が凸凹して、クレーターのようになっているようないちご鼻」

こういったいちご鼻セルフケアで改善することは難しいのが現状です。そのような場合には、セルフケアを続けつつ美容皮膚科で治療をすることで、いちご鼻の改善につながることもあります。

美容皮膚科では、薬を使用した治療やレーザー治療、イオン導入などの治療によっていちご鼻の改善を目指します。

「自分のいちご鼻はクレーターみたいかも」と思う場合には、一度美容皮膚科で診察してもらうと良いでしょう。

なぜいちご鼻になってしまうのか?

そもそもいちご鼻の毛穴に詰まっている角栓は、皮脂と古い角質が混ざることによってできているものです。ということは、肌が皮脂と角栓が混ざりやすい状態になってしまうことがいちご鼻の原因とも言えます。

多くの場合、次のようなことが原因でいちご鼻になってしまいます。

・皮脂が過剰に分泌されている
・肌が乾燥している
・肌の新陳代謝が低下している
・毛穴付近にメラニン色素が沈着してしまっている

これらの原因について、詳しく見ていきましょう。

いちご鼻の原因①皮脂が過剰に分泌されている

皮脂は、美肌の大敵のように見られがちですが実は違います。

毛穴から皮脂を分泌することによって、肌が乾燥するのを防いだり、毛穴から体内へ細菌などが入るのを防いだり、ホコリなどの汚れから肌を守ったりしてくれています。

・ストレス
・睡眠不足
・疲労
・肌の乾燥
・脂っこいものをよく食べる

などのことによって皮脂が過剰に分泌されると、皮脂によって毛穴が詰まったり、皮脂と角質が混ざりやすくなることで角栓ができやすくなってしまいます。その結果、角栓も大きくなるとともに酸化して黒く変色し、毛穴が詰まりやすい状態となってしまうのです。
また、皮脂分泌が多いタイプの人は、産毛が濃い場合も珍しくありません。

いちご鼻の原因②肌が乾燥している

肌が乾燥していると肌の水分が逃げやすい状態となってしまい、外部からの紫外線やほこりなどといった刺激から肌を守るための機能が弱くなってしまいます。このままでは肌を守ることができないので皮脂を多く分泌して肌を守ろうとします。

肌の乾燥は、皮脂を過剰に分泌させることにつながり角栓ができやすくなってしまうのです。

また、乾燥している肌を触ってみるとよく分かりますが乾燥した肌には柔軟性がありません。そのため、毛穴が1度開いてしまうと閉じにくくなり、角栓ができやすくなってしまいます。

いちご鼻の原因③肌の新陳代謝が低下している

肌の新陳代謝が正常であれば、皮膚が徐々に古いものから新しいものへと入れ替わっていくターンオーバーという機能が働くので古い角質は自然に剥がれ落ちていきます。

しかし、新陳代謝が低下してしまうとターンオーバーがうまく作用してくれません。その結果、古い角質がいつまでも皮膚の表面に居座ることになり、皮脂と混ざり合い角栓となって毛穴を詰まらせてしまいます。

いちご鼻の原因④毛穴付近にメラニン色素が沈着してしまっている

毛穴の周りにはメラニン色素を作る細胞があります。このメラニン色素お肌を守るためには必要なものなのですが、肌の中で蓄積されてしまうと、毛穴に角栓が詰まっていなくても毛穴が黒く見えてしまいます。

本来は、メラニン色素も古い角質と一緒にターンオーバーによって剥がれ落ちていくものですが、ターンオーバーが乱れてしまうとメラニン色素を肌の外に排出することができなくなってしまい肌に蓄積されていってしまうのです。

いちご鼻を治したいなら絶対にやってはいけないこと4つ

いちご鼻を治したいなら絶対にやってはいけないことは、

「間違ったいちご鼻ケア」

です。

間違ったいちご鼻ケアをしてしまうと、「いちご鼻を治すために」と思ってやっていることがいちご鼻を悪化させる原因となってしまいます。

では、いちご鼻を治すために絶対にやってはいけないことを1つずつ見ていきましょう。

「黒いのが気になるから」と力わざで取ろうとする

毛穴の汚れを取り除くことはいちご鼻を治すためには大切なことです。ですが、その方法を間違えてしまうといちご鼻は治るどころか悪化してしまいます。

・ピンセットで角栓を抜こうとする
・角栓を指で押し出そうとする
・オイルクレンジングなどで長々とマッサージをし続ける
・毛穴パックを使って角栓を取ろうとする

これらの方法は、いちご鼻が悪化してしまう原因になりかねません。

ピンセットや指で押し出すのはなぜ良くない?
ピンセットや指で押し出して肌に強い刺激を与えると、皮膚を刺激から守るために角質が作られやすくなっていきます。こうして角栓のもととなる角質がたくさん作られることで、さらに角質ができやすくなり毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

毛穴パックはなぜ良くない?
毛穴パックは、シートタイプのものは角栓を取るときに開いた毛穴から汚れが入りやすい、剥がす際に肌を傷つけるので良くないといった話を聞いたことがあるでしょう。

それなら、洗い流すタイプは良いのかな?と思うかもしれませんが、洗い流すタイプもおすすめはできません。

確かに、シートタイプのように剥がしたりしない分、肌へのダメージは少ないです。しかし、シートタイプ・洗い流すタイプのどちらもパックをすることによって、皮脂や水分を奪ってしまい肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて、角栓ができやすくなるだけでなく毛穴も閉じにくくなるのでいちご鼻が治りにくくなってしまうのです。オイルクレンジングで長々とマッサージするのも同じように皮脂を余計に洗い流し過ぎてしまうので良くありません。

黒いのが気になるたびにピーリングする

ピーリングは、肌の角質を溶かすことで除去しますから、ピーリングの後は毛穴の黒ずみが無くなって目に見えて効果を実感できますね。しかし、だからといってピーリングを黒ずみが気になるたびにやっていては肌には刺激が強すぎます。

ピーリングは、ターンオーバーの周期を早めているのと同じですから、やりすぎると肌が外部の刺激から守るための機能を備えられなくなり、肌が乾燥して皮脂の分泌が過剰になるなど角栓ができやすくなるだけでなく肌トラブルにもつながります。

黒いのを無くそうと一生懸命洗顔する

「肌を清潔にして黒ずみをなくそう」という発想は間違っていませんが、そう思うあまりゴシゴシと一生懸命洗顔をしてしまうのは逆効果です。洗顔のやり過ぎは肌から必要以上に皮脂を奪ってしまい肌が乾燥しやすくなります。

「早く治したい!」と思いながらスキンケアをする

いちご鼻に悩んでいるのですから「早く治したい!」と思うのはもっともなことです。

ただ、この「早く治したい!」という思いが強くなると、とにかくいろいろな方法を試してみたり黒ずみをとにかく取り除こうとしたりといったケアにつながっていきます。間違ったいちご鼻ケアはいちご鼻を悪化させることしかありません。

 「いちご鼻を治すのには時間が必要」

と思いながら根気よく丁寧にケアを継続していくことがいちご鼻を治すための近道です。

いちご鼻を治すためのセルフケア3つ

いちご鼻を治すために1番大切なことは、

・正しい方法でスキンケアをする

ことです。

スキンケアの方法によっていちご鼻は良くも悪くもなります。毛穴に少し角栓が見られるような程度であるならば、正しいスキンケアだけでも十分に効果は期待できますが、角栓が黒ずんで目立つ状態であったり、治すと同時に予防もしたいというときには、
 
・適度なピーリング
・生活習慣の見直し

これらもいちご鼻のセルフケアに取り入れるのがおすすめです。1つずつ詳しく見ていきましょう。

いちご鼻を改善する!毎日のスキンケアのやり方

いちご鼻を治すためには、

・毛穴の汚れをその日のうちにしっかり落とすこと
・洗顔後にはしっかり保湿すること

が大切です。

具体的なスキンケアのやり方の手順を見ていきましょう。

メイクをしているときは洗顔前にクレンジングを!
メイクをしている場合は、洗顔の前にクレンジングを行い、メイクによる油汚れを落とします。

<クレンジングのやり方>
①髪をしっかりと留める
髪の生え際までしっかりとメイクを落とすことができるように、前髪や横の髪が顔にかからないようにしっかりと留める。

②手をきれいに洗う
手を洗ったら、手が濡れているとクレンジングとメイクがなじみにくくなるので水分をしっかりと拭き取ります。

③適量のクレンジングを手に取り、力をいれずに優しく顔全体に伸ばす
額や頬のような広い部分は、円を描くように、目元や小鼻、口元などは、指の腹を使ってゆっくりと優しくなじませます。あまり長時間なじませすぎると、肌への刺激になりますから、45秒程度を目安になじませましょう。

④優しく洗い流す
クレンジングとメイクがなじんだら、ぬるま湯を使って優しく洗い流しましょう。

よく泡立てて優しく洗顔しましょう!
①手をきれいに洗う
まずは手をきれいに洗い、手についている雑菌などを落とします。きれいな手の方が洗顔料の泡立ちもよくなりますよ。

②洗顔料をつける前にぬるま湯で洗う
お湯だけでも落とせる汚れを落としておくことで、洗顔料で洗う時間を短縮することができ、洗顔料による肌への刺激を和らげることができます。ただし、お湯の温度には注意が必要です。熱すぎると皮脂を洗い流し過ぎてしまい、冷たすぎると毛穴が締まって汚れを落としにくくなります。ぬるま湯の目安は人肌程度です。

③洗顔料をよく泡立てる
手に洗顔料を取ったら、空気を含ませるように泡立てていきます。このとき、ぬるま湯を徐々に足していくようにすると泡立ちやすくなります。それでも「なかなか泡立たないな」というときには、泡立てネットなどの市販の泡立てグッズを使うと簡単に泡立ちますよ。泡の量の目安は、レモン1個分です。

④洗顔料を顔にのせ、泡で優しく洗う
手が顔の皮膚に触れて肌に刺激を与えないように、泡のクッションで顔を洗います。「こんなので汚れが落ちるの?」と思うかもしれませんが、洗顔は泡で汚れを落としていくものですからきれいに汚れを落とすことができます。

次のように、皮脂の多い部分から順番に洗っていきます。

<洗顔の順番>
1.皮脂の分泌が多いTゾーン(おでこ・眉間・鼻)
2.頬から顎にかけてのUゾーン
3.目元や口元

鼻筋や小鼻の黒ずみは、中指や薬指を使って力を入れずに泡で優しく洗います。また、目元や口元は、皮膚が薄くて弱いので、泡をなじませる程度にします。

⑤洗顔料をぬるま湯でよくすすいで洗い流す
人肌程度のぬるま湯で、最低でも20回以上はすすぎます。すすぎ残しは肌への刺激となってしまいます。だからといって、手でゴシゴシとこするのではなく、ぬるま湯をかけるようにしてしっかりと洗い流します。特に、生え際や顎の部分は洗い残しやすいので注意しましょう。

⑥清潔なタオルで水分をふき取る
顔全体を清潔なタオルで優しく押さえて水分をふき取ります。ゴシゴシふき取ると肌に大きなダメージを与えますから、絶対にやらないようにしましょう。

洗顔後にはすぐに保湿!
洗顔後は肌が乾燥している状態ですから、洗顔の後は3分以内に化粧水などで保湿するようにしましょう。見た目には乾燥しているように見えなくても、実は肌は乾燥しているということはよくあります。洗顔後の乾燥には要注意です。

<化粧水のつけ方>
①化粧水を適量、手のひらに取る
②額と両頬の3点に化粧水をおく
③顔の内側から外側に向かっていくイメージで、両手のひらで優しく伸ばす
目尻や小鼻周りなどの細かい部分も、丁寧に化粧水をつけていきます。つけている途中で化粧水が乾いてしまったら、化粧水を追加しましょう。
④最後に、手のひらで顔全体を包むようにして化粧水を浸透させる

<乳液・クリームのつけ方>
①乳液やクリームを手のひらに取り、両方の手のひらをこすり合わせて伸ばす
②目元・口元から、手のひら全体で顔を包むようにして乳液やクリームを塗る
③最後に、手のひらに残った乳液やクリームをTゾーンにのせる

ピーリングは悪ではない!効果的なピーリングのやり方

ピーリングは、皮膚に残っている古い角質を溶かして取り除くことで肌の新陳代謝を促進してくれるいちご鼻を治すには効果的な方法です。

ピーリングをする際に気をつけることは、

「ピーリングを頻繁にやり過ぎないこと!」

です。

ピーリングは頻繁にやり過ぎてしまうと必要な角質まで取り除いてしまったり肌が乾燥したりするなど、いちご鼻を悪化させる状態を招いてしまいます。週に1~2回を目安に使うようにしましょう。

いちご鼻を治すために効果的にピーリングを行うには、使用するピーリング剤に書かれている使用方法や使用回数をしっかりと守ることが大切です。また、肌の状態は人によってそれぞれですから自分の肌の状態を見ながら、

「肌が刺激に敏感になっているな」
「肌が荒れ気味だな」

と思ったら「ピーリングはやらない」と決められることもいちご鼻を治すためには必要です。

肌が喜ぶ生活習慣でいちご鼻を改善しよう!

生活習慣を見直すことでいちご鼻を治すと言われてもピンとこないかもしれません。しかし、生活習慣は、

・皮脂の過剰分泌
・肌の新陳代謝の低下、ターンオーバーの乱れ

に影響を与えます。

ですから、生活習慣を見直すことで、間接的にいちご鼻を治していく効果が期待できるのです。

今、このような生活習慣ではありませんか?

・寝る時間が遅い、睡眠不足
・脂っこいものを好んで食べる
・ストレスを感じている
・入浴は湯船につからずシャワーで済ませる
・運動はまったくしない
・紫外線対策をしていない

「自分にあてはまる」と思うものがあったら、できる範囲で見直してみましょう。無理に頑張るとそれ自体がストレスとなってしまいます。

生活習慣を見直すときには、

「少しずつ無理のない範囲で続ける」

それがポイントです。

いちご鼻を治すためにはいちご鼻対策を「続けること」が大切というのと同じですね。

いちご鼻を治したいあなたが選ぶべき化粧品とは?

毛穴の黒ずみが目立つので、どうしても「黒ずみを取り除くにはどの化粧品がいいか」ということに目がいってしまいがちです。

それも大事ですが、いちご鼻を治すためには黒ずみを取り除くだけでなく、

・肌の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰な分泌を抑える
・肌の新陳代謝を促す

ということもとても大切です。

これらのポイントも押さえつつ、いちご鼻に効果のある化粧品を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

皮膚科医がおすすめする化粧品成分とは?

化粧品にはさまざまなものがありますから、「何を選んだらいいのか正直よく分からない」と思ったこともあるかもしれません。そこでここでは、皮膚科医がいちご鼻を治したい人におすすめする化粧品成分をご紹介していきます。紹介する成分を参考にしながら、化粧品を選んでみてくださいね。

サリチル酸
サリチル酸には、硬くなった角質を軟らかくして溶かすことで色素沈着を改善する、毛穴に詰まった皮脂を溶かすといった作用があります。クリニックなどで行われるケミカルピーリングの薬剤の1つでもあります。

レチノール
レチノールとは、ビタミンAのことです。肌の新陳代謝を促したり、肌の深い部分にあるコラーゲンの生成を促進することで肌の水分を保ち、乾燥を防ぐという効果が期待できます。

ビタミンC・ビタミンC誘導体
ビタミンCにはさまざまな美肌効果がありますが、そのままでは壊れやすく肌に届きにくい成分です。このようなビタミンCを肌に届くかたちにした成分がビタミンC誘導体です。肌の新陳代謝を促進する、皮脂の分泌量をコントロールする、蓄積してしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐといった効果が期待できます。

AHA
AHAはアルファヒドロキシ酸のことで、フルーツ酸とも呼ばれます。グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸などの酸のことです。古い角質を取り除いて肌の新陳代謝を活発にするという効果が期待できます。天然由来の成分なので肌への刺激は少なめです。

セラミド
セラミドは肌にもともと含まれている成分で、肌の水分を保つ効果が期待できます。セラミドには様々な種類があり、肌に浸透しやすい種類のセラミドを選ぶことが大切です。皮膚科医が推奨するセラミドはヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは、「セラミド1」「セラミド2」のようにセラミドの後ろに数字がついているかたちで表示されたり、セラミドNS、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAPと表示されています。

自分の肌質に合った化粧品を選びましょう!

化粧品を選ぶときには、どうしても他の人が使って効果があったものや効果が高いとされている成分が配合されているものに目が行きがちです。

しかし、どんなに他の人にとって効果のあったものであっても、自分の肌に合わなければその化粧品の効果を得ることはできません。

効果を得られないどころか肌荒れの原因になってしまい、いちご鼻の大敵である皮脂の過剰分泌や肌の新陳代謝の低下を引き起こしてしまうこともあります。

化粧品の効果を得るには「自分の肌をよく観察して、自分の肌に合っている成分を見つける」ことが大切です。

関連記事

  1. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すための5つの方法&おすすめ化粧品3選!

  2. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  3. ビーグレンホワイトケアは毛穴の黒ずみまで改善できる!?毛穴ケアラインとどちらを選ぶべき?

  4. 毛穴悩みに効く洗顔おすすめ人気ランキング12選!黒ずみから開きたるみもこれで解決!

  5. 「白いニュルニュル」の正体は角栓!鼻の毛穴ケア、間違っていませんか?

  6. 黒ずみ毛穴との違いは?メラニン毛穴の治し方はハイドロキノンしかない!

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!