プチプラでも優秀なおすすめハイドロキノンクリーム5選!

皮膚科でのシミ改善治療でも使われるハイドロキノンクリームですが、値段が高いことで購入を悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

でも、実はハイドロキノンクリームの中には比較的価格が安く、手軽に購入できるものもあるのです。

とはいえ、低品質のものを選んでしまうのはNG!副作用のリスクが高まってしまうため、しっかり選ぶことが肝心ですよ。

そこで今回は、プチプラでも優秀なハイドロキノンクリームや、選び方のポイントについて大公開!

中にはお得なトライアルセットもあるので、要チェックです!

シミが消せる!?「ハイドロキノン」ってどんな成分?

「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノン。

美白効果があることで知られていますが、そもそもハイドロキノンとはどんな成分なのか、特徴や効果について見ていきましょう。

厚生労働省から認可されている美白成分

ハイドロキノンとは、麦芽やイチゴに含まれる天然成分です。アメリカでは割とポピュラーな成分で、古くからシミ改善効果があることが知られています。

現在は日本でもさまざまな化粧品に配合されるようになっていますが、アレルギーを起こしやすいことから、以前は医師しか処方することができない成分でした。

2001年の規制緩和により、厚生労働省は2%までの濃度であれば一般化粧品に使用していいことを認可しています。

ハイドロキノンの優れた3つの効果

皮膚科やクリニックのシミ治療にも使用されるハイドロキノンですが、どんな効果があるのか、優れた3つの効果をチェックしましょう。

メラノサイトを減少させる
表皮にある細胞の8%と言われるメラノサイトは、紫外線などの刺激を受けると多くなると言われています。メラノサイトが多い=メラニンの生成が多くなるため、シミや黒ずみができやすくなっているということ。

ハイドロキノンは、このメラノサイトを減少させる働きを持っているため、シミができにくい肌環境を作ってくれます。

チロシナーゼの働きを抑制する
シミの原因になる「メラニン」というと、黒っぽいイメージを持っている方も多いと思うのですが、実は無色透明だと考えられています。

紫外線などの外的刺激を受けると、メラニンはチロシナーゼという消化酵素により黒色メラニンへと変化するのです。ハイドロキノンには、このチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。

上記のメラノサイトの減少と併せてメラニンが黒く変化するのを防ぐ効果があるため、シミの予防を行ってくれます。

メラニン色素の還元作用がある
ハイドロキノンの効果の中でも、最も注目されているのがメラニン色素の還元作用でしょう。還元作用とは、元の状態に戻すという作用があることです。

通常、酸化したメラニンはシミや色素沈着として肌に停留してしまいますが、ハイドロキノンはすでに停留したメラニン色素を薄くする効果があるということ。つまり、できているシミを消すことができるのです。

実は「美白成分」と謳われる成分の中には、シミの予防はできても還元作用がないものが多いため、予防も改善もできるハイドロキノンは、まさに特殊な成分だと言えるでしょう。

効果が高い反面、副作用の危険もある

ハイドロキノンはシミの予防と改善効果に優れた成分ですが、効果が高い反面、副作用が起こる可能性があることも知っておくことが大切です。少なからず肌に刺激となるため、人によっては赤みやかゆみ、ピリピリ感などの症状が起こることもあります。

注意が必要なのが、白斑という肌の色が抜ける症状でしょう。必ずしも起こるというわけではありませんが、濃度の高いハイドロキノンを長期間使うなど、間違ったスキンケアを行うことで発症することが多いようです。

白斑を完治するのは難しいと言われているため、必ず、用法や用量を守って使うことが大切です。

ハイドロキノンクリームを選び方!知っておきたい3つのポイント!

値段が高い安いに限らず、ハイドロキノンの選び方のポイントは一緒です!購入時には確認しておくべき3つのポイントを押さえていきましょう。

シミの種類を見極めてから使用を検討する

ハイドロキノンを使用しても、全てのシミを消せるわけではありません。

「シミ」の種類は、大きく分けると以下の5つに分かれます。

・老人性色素斑
・そばかす
・肝斑
・炎症後色素沈着
・脂漏性角化症

自分のシミがどんな種類のシミなのかを見極めてから使用を検討しないと、ケアが無駄になってしまうこともあるため、効果に期待できるシミと期待できないシミの特徴を見ていきましょう。

ハイドロキノンに効果が期待できるシミ
・老人性色素斑
一般的に「シミ」と呼ばれるのは、この老人性色素斑です。日光性黒子と呼ばれることもあります。薄茶色~茶色の丸い斑点で、大きさは数mm~数cmとさまざまです。頬やこめかみの他、肩や手の甲など紫外線の影響を受けやすい部分にできます。

・そばかす
雀卵斑とも呼ばれるシミの1種。2~3mmの丸い斑点が発生します。色白の方に見られることが多く、幼児期~思春期の頃から発症することが多いでしょう。遺伝性が強いため、もしも家族や親族に同じようなシミが見られる場合にはそばかすの可能性が高いと思われます。

・肝斑
鼻~頬骨にかけて左右対称に現れることが多く、30~40代の女性に多く見られます。妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに起こるため、女性ホルモンバランスの変化によるものだと考えられています。レーザー治療や摩擦、紫外線などの外的刺激によって悪化する場合があります。

・炎症後色素沈着
ニキビや日焼け、皮膚炎など、さまざまな原因で引き起こされるシミです。炎症が治った後にできる薄茶色~褐色のシミで、 形もくっきりとしていません。時間の経過とともに改善しやすく、だんだんと薄くなるのが特徴です。

ハイドロキノンに効果が期待できないシミ
・脂漏性角化症
30代から見られる濃い褐色~肌色のシミで、別名「老人性イボ」とも呼ばれます。表面はざらざらとしていて、顔だけではなく背中や手足にもできます。放置するとだんだんと大きくなりますが、皮膚科治療で比較的簡単に改善するため、早めに対処するようにしましょう。

ハイドロキノンの濃度をチェックする

濃度が高いハイドロキノンは副作用を引き起こす恐れがあるため、現在、厚生労働省が認めている濃度は2%までとなっています。3%以上の濃度のハイドロキノンは、皮膚科やクリニックの医師しか処方することができません。

ちなみに、日本製でも濃度3%以上のハイドロキノン化粧品が販売されていますが、実はこれは純粋なハイドロキノンではなく、安定型ハイドロキノンやハイドロキノン誘導体というものです。ハイドロキノンを安定させているため、肌に負担が少ない分、効果は純ハイドロキノンには劣ると言われています。

濃度だけではなく、ハイドロキノンの種類も肌質や肌悩みに合わせて選ぶと良いでしょう。

輸入品はなるべく避けた方が良い

日本製のハイドロキノンクリームであれば、基本的には1~2%の濃度になっていますが、注意が必要なのが輸入品のハイドロキノンです。

個人輸入代行サイトなどで濃度が高い化粧品も販売されていますが、もしも副作用が起こった場合でも保証がない上、中には模造品や低品質のものも販売されていることがあるのです。

安心して使用するためにも、必ず、日本製の1~2%のハイドロキノンクリームを選ぶようにしましょう。

まずはお試し!トライアルセットがあるハイドロキノンクリーム3選!

ハイドロキノンが肌に合うか心配……という場合には、まずはお試しから始めましょう!

そこで、トライアルセットがあるメーカーのハイドロキノンクリームを紹介します!

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 
【商品特徴】
濃度1.9%のハイドロキノンと、ビーグレンの浸透テクノロジーQuSomeが融合されたクリームです。ハイドロキノンの他、体内に存在するTGF-βに似た合成ペプチドのβホワイトなどの優れた成分がシミに留まり、じっくりと働きかけます。

お得なトライアルセットは365日間の返金保証付き!低刺激なので、肌がデリケートな方にもおすすめです。

【容量】
15g

【価格】
6,480円(トライアルセット 1,944円)

【トライアルセットの詳細】
洗顔料・化粧水・美容液・クリーム2種類

>>ビーグレン トライアルセットはこちら

アンプルールラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

【製品特徴】
新安定型ハイドロキノンを高濃度で配合した、夜用の美容液です。マイクロカプセル化されているため、頑固なシミに時間差で集中攻撃!特殊ゲルが密着するので、沈着メラニンを閉じ込めてくれます。

トライアルセットでは、コンセントレートHQ110 を含めた6,500円相当の美白ラインが試せます!

【容量】
11g

【価格】
10,800円(トライアルセット 1,890円)

【トライアルセットの詳細】
スポット集中美容液・化粧水・美容液・美容乳液ゲル・メイク落とし・洗顔料(各2包)

>>アンプルール トライアルセットはこちら

プラスナノHQ

【製品特徴】
ハイドロキノンが4%と高配合。酸化を防ぎ、安定させるアスタキサンチンも配合されています。ナノテクノロジーが搭載されているため、角質層まで集中アプローチ!

トライアルセットでは高濃度ビタミンC美容液がセットに。点と面の両方から美白を促してくれます。

【容量】
5g

【価格】
3,240円(トライアルセット3,980円)

【トライアルセットの詳細】
美容ケアクリーム・美容液

プチプラでも安全に使えるおすすめハイドロキノンクリーム

安いハイドロキノンは心配……と思う方もいるかもしれませんが、しっかり選べば大丈夫!どちらも国内産のハイドロキノンで、リーズナブル且つ効果を出せるクリームです。お試し気分で始めるのもアリですよ。

KISO SHQ:10%・5%・2%

【製品特徴】
濃度を選べるのが魅力!KISOのハイドロキノンクリーム。濃度2%は純ハイドロキノン、濃度5%&10%は安定型ハイドロキノンを使用しているので、今の肌質に合わせて使用することが可能です。メーカーでは、2%を試してみてから、だんだんと濃度をアップするようにと勧めています。

【容量】
ハイドロクリーム2% 30g、5% 10g、10% 6g

【価格】
ハイドロクリーム
2% 1,188円
5% 1,980円
10% 2,480円

NOKOホワイトクリーム

【製品特徴】
楽天レビューが10,000件突破の、純ハイドロキノンクリーム(濃度2%)。ハイドロキノンを精密乳化することで酸化を防いで安定性を高め、肌刺激を極力抑えた処方になっています。たっぷり使える大容量のため、顔以外の体の気になる部分にも使うことができますよ。

【容量】
30g

【価格】
1,296円

ハイドロキノンクリームを安全&効果的に使用する方法

ハイドロキノンクリームはどのように使用すれば、効率良くシミを改善させることができるのでしょうか?

そこで、安全&効果的に使用する方法をチェックしていきましょう。

パッチテストを行ってから始める

ハイドロキノンクリームは少なからず肌に刺激となるため、顔にいきなり使用するのではなく、パッチテストを行ってから始めることをおすすめします。肌がデリケートな方だけではなく、化粧品で肌が荒れたことがない方も行っておいた方が無難です。

パッチテストの手順
1.ハイドロキノンクリームを絆創膏やガーゼに薄く塗り、二の腕などの皮膚が薄い部分に貼ります。
2.24~48時間放置して、絆創膏を剥がして肌の様子をチェックします。

パッチテストを行って肌に変化がない場合には、ハイドロキノンとの相性が良いと言えるでしょう。

しかし、もしも赤みやかぶれ、炎症のような症状が出ている場合には、ハイドロキノンが肌に合わない可能性が高いです。ハイドロキノン濃度を下げた化粧品を使用するか、別の美白成分が配合された化粧品を使用するようにしましょう。

基本的には化粧水・美容液の後に塗る

ハイドロキノンクリームを使用する場合のスキンケアは、基本的には化粧品→美容液→ハイドロキノンクリーム→乳液・クリームの順番です。肌がデリケートな方は、乳液やクリームの後にハイドロキノンクリームを使用しても良いでしょう。ハイドロキノンの浸透が和らぎ、肌への負担が少なくなります。

ただ、この順番だとハイドロキノンの美白効果が減少することもあるため、肌の状態に合わせて調整してください。

シミや黒ずみ部分のみに塗る

ハイドロキノンは、シミや黒ずみ部分のみに塗るのが基本的な塗り方です。もしも、シミの周りに広く塗ってしまうと、シミ以外の部分も美白されて逆にシミとのコントラストが目立ってしまう可能性もあります。シミや黒ずみの範囲が狭いのであれば、綿棒の先にクリームを付け、ピンポイントで塗っていくようにしましょう。

紫外線ケアは必ず行う

ハイドロキノンは紫外線を浴びると性質が変わり、光毒性を持ちます。肌にダメージを与えてしまうため、外出時にはもちろん、室内でも紫外線ケアを行うことが大切です。日焼け止めや日傘、サングラスを使用して、必ず肌を紫外線から守るようにしましょう。

ただし、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、少なからず肌に負担をかけてしまいます。SPFの程度だけではなく、肌に優しい処方になっているかにも注目して選ぶことをおすすめします。

プチプラハイドロキノンでもシミは消せる!まずは気軽に試してみよう!

安さだけに目を向けて、ハイドロキノンクリームを選ぶのは危険が伴うこともあります。

ただ、現在では安く安全、効果にも期待できる商品も増えてきました。お伝えしてきた選び方のポイントをチェックして、安くてもしっかり質の高いハイドロキノンを購入しましょう。

もしも「効果がなかった」「肌に合わなかった」というようなことがあっても、「プチプラなら許せる」と損をした感は少ないはずですよ。

肌に合うのかを知りたい方は、ぜひお得なトライアルセットも試してみると良いと思います!

ぜひ、プチプラハイドロキノンで、透明感のある美肌を目指してくださいね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ハイドロキノンの副作用が怖すぎる!よく見られる症状と対処法を調査

  2. 【95点】アンプルールの口コミは本物?実際に使ってシミへの効果検証!

  3. シミに効く飲み薬の病院と市販の違いと効果!

  4. ビーグレンホワイトケアは毛穴の黒ずみまで改善できる!?毛穴ケアラインとどちらを選ぶべき?

  5. 毛穴ケア徹底解説!黒ずみ毛穴・開き毛穴・たるみ毛穴に効くケア方法と人気化粧品まとめ

  6. 【無料】おすすめ人気のお試しトライアルセット化粧品13選!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。