0円でできる!簡単&手軽な「ほうれい線対策」

ほうれい線のシワの深さは人それぞれですが、年齢とともに顔の筋肉が衰えてほうれい線のシワが深くなる老化現象として諦めてしまう人も多い部分です。

若くてもほうれい線が目立つとそれだけで老けた印象に見られてしまうので気にしている人がとても多いですが、ほうれい線が目立ってしまう原因、出来てしまう原因をしっかりと確認をすることで対策は可能です。

ほうれい線が出来てしまう原因としては乾燥やお肌のハリ不足、顔の表情筋の衰えなどがありますが、生まれつきだからとか老化現象だからと諦めないでください。ほうれい線を消すことは出来なくても薄くすることはできます。

自分にあったケアをすることでお金をかけずにほうれい線を薄くすることは可能なのでここでは手軽にできるほうれい線対策をご紹介いたします。

ほうれい線を消すことはできる?

ほうれい線は笑うときなどに口の筋肉の動きでできる表情ジワなので年齢に関係なくできるシワになります。

表情の動きによってできるシワなのでほうれい線を完全に消すということは不可能ですが、無表情の時にできてしまうシワや年齢とともに深くなってしまったシワを目立たなくすることは可能です。

肌のたるみや肌の乾燥・弾力不足など原因はさまざまですが、ケアのやり方にはさほど大差はありません。気になるほうれい線を目立たなくするケアは手軽にできるものもたくさんありますが日々の継続が大切になります。

日常生活に取り入れながら毎日続けることで満足のできる結果が付いてくるのでこれからご紹介する方法を試してみることをおすすめいたします。

ほうれい線とは

ほうれい線とは鼻の両脇あたりから口元にかけて現れる表情筋のシワのことなので年齢や性別にかかわらず誰にでもあるシワになります。人によって生まれつきの深さは変わりますが、笑うときにできる笑いジワもほうれい線です。

しかしほうれい線が深いと年齢が若くても一気に老けた印象になってしまうので男性や女性に関係なく気になる部分になります。

シミやソバカスなどと違いほうれい線などのシワはお化粧でカバーをすることが難しいため日頃のお手入れでケアをする方法がおすすめです。

ほうれい線は年齢を重ねてくると誰しもが出てきてしまうものですが、日頃のケアで薄くしたり進行を遅くして目立たなくすることで若々しい印象を与えることができます。

ほうれい線ができる原因は

ほうれい線ができる原因というのは年齢や環境の酔っても違うのでその原因に見合ったケアをすることをおすすめします。きちんと対処をすることでほうれい線が薄くなる早さも変わってきます。

①日々の生活習慣
ほうれい線は肌のお手入れ不足はもちろんですが、紫外線のダメージや肌の乾燥、急激なダイエット、睡眠不足、顔の表情を筋肉を使わないことによるたるみなどが主な原因なのでお肌をケアするだけではなく、食事や睡眠など毎日の生活習慣を見直すことが大切です。

②20代~30代のケア
肌の弾力を保つコラーゲンやエラストンが劣化をしたことによりシワができてしまいますが、30代前半の若い世代であれば自分自身でコラーゲンを生成する力があるので保湿ケアやコラーゲンを増やすサプリメントや化粧品で補うことをプラスすると効果があります。

③40代からのケア
40代以上になると加齢によってたるみやリンパが滞ってしまったり、コラーゲンの急激な減少や新陳代謝の低下などが起こります。それがほうれい線の原因でもあるので、肌の表面ケア以外に内側からの対策も必要となります。ほっておくと肌の老化はどんどん進行していくので早めの対策をしてください。

ほうれい線ができやすい人の特徴は

若くてもほうれい線が目立つ人もいれば、年齢を重ねてもほうれい線が目立たない人もいます。日々の生活習慣や環境でほうれい線ができやすい人の原因があるので、この特徴がある人は注意をして意識的に改善をしてください。

①怒りっぽい人
常にイライラしたり怒りっぽい人は口角が常に下がっているので口元のほうれい線も深くなってしまいます。眉間にもシワがよるので、顔全体のシワにもつながります。何より怒りっぽいということは常にストレスが溜まっていることなので美容にはとても悪影響です。顔だけは常に口角を上げることを意識してみてください。

②ダイエット
無理なダイエットや食事制限をしている人も栄養のバランスが悪くなり肌に必要なコラーゲンやエラスチンやビタミンが十分に取れていない可能性も出てしまいます。急激に痩せてしまっても脂肪が減ることで肌の弾力が無くなり、しぼんでしまった皮膚が余ってたるみの原因にもなります。

③姿勢の悪い人
姿勢が悪い人や猫背の人は肌がたるみやすくほうれい線のができやすいです。猫背になると首が曲がり頭の思いの5キロくらいが顔に負荷としてかかってしまうので顔のたるみをまねいてしまいます。姿勢が悪いことで体のバランスが崩れてしまうのでお肌だけではなく健康にも害があるので姿勢を意識して生活をしてみてください。

④無表情な人
無表情な人は一見変な笑いジワのクセがつかないイメージですが、無表情ということは顔の筋肉を動かす筋力が弱くなるので頬がたるみやすく劣化をしてほうれい線ができやすくなるので注意をしてください。

ほうれい線をなくす方法はある?

①表情筋を鍛える
顔の表情筋や頭の皮膚を鍛えることで、ほうれい線を薄くする効果があります。表情筋を鍛えるということは顔の筋肉を意識して動かすことです。「あいうえお体操」も顔の筋力アップにとても効果があります。顔の筋肉を鍛えるのは空いている時間で簡単にできるので試してみてください。

②頭皮のマッサージをする
頭皮マッサージも顔の筋肉を引っ張る効果があるのでほうれい線対策だけではなく小顔効果もあります。疲れやストレスを感じると肌も固くなり表情が暗くなってしまいますが、頭皮をマッサージをして肌を柔らかくすると表情が豊かになり自然な笑顔が作れるようになります。

③よく噛んで食べること
よく噛んで食べるということは顔の表情筋を鍛えることにとても効果があります。最近は柔らかい食材が多いので顎の筋肉が衰えている人が多いです。固めの食材を食べるとそれだけ顎を使うことになるので顔の筋肉が引き締まります。なるべく固い食材を食べることを意識してください。

表情筋を鍛える。歯科医考案のほうれい線対策

表情筋というのは薄くて小さい筋肉の集まりなので鍛えても成果を特定するのは難しいです。

しかし、表情筋は顔の表情や発音や発声などにかかわる重要な筋肉なので顔の筋肉を効率よく鍛えることで魅力的な表情を作ることができます。

表情筋を鍛えるといっても強くマッサージをしてしまうと薄い筋肉を傷つけてしまう恐れがあるので、表情筋を傷つけないで鍛えることができるエクササイズをご紹介いたします。

1日3回「毒出しうがい」エクササイズ

歯医者さんが考案した口臭や歯周病予防のうがい方法で注目をされているのが「毒出しうがい」です。毒出しうがいをすることで虫歯や口臭、歯周病の原因を改善する効果もあるのですが、うがいをすることで口の周りの筋肉のストレッチをすることができます。

口の周りの筋肉を鍛えることでのでほうれい線を引き締める効果も期待できるので毒出しうがいを毎日実行して口内のケアをしながら表情筋を鍛えてみてはいかがでしょうか?

毒出しうがいのやり方は簡単なのでぜひ実行して毎日の生活に取り入れてみてください。

毒出しうがいの方法
毒出しうがいは歯についている食べ残しやバイ菌を洗い流す方法なので、軽くゆすいだだけのうがいだと効果がありません。歯や歯茎、歯の隙間に何度もしっかりと水をぶつけて汚れやばい菌を落とす方法です。

〇効果のある時間帯
毒出しうがいは食後に行うことでとても効果があるので、食後や間食後や甘いじゅーずを飲んだ後などにこまめに行うように心がけてください。

〇毒出しうがいのやり方
①まずは水を30mlくらい口に含みます。 

②口に含んだ水を上の歯に約10回クチュクチュと音が出るくらい強くぶつけてから水を吐き出してください。

③今度は下の歯に②と同じことを約10回します。

④続けて右の歯に約10回、左の歯に約10回と同じことを繰り返します。

⑤上の歯、舌の歯、右の歯、左の歯の順番に約10回ずつ歯をしっかりと洗いますが、これを食事後や間食後ごとに行ってください。

〇ポイント
毒出しうがいのポイントはそれぞれ速く、強くうがいをすることです。しっかりと歯茎に当たるようにうがいをすることで食べかすやバイ菌が落ちやすくなります。

水やぬるま湯以外でうがいをしても効果が薄れてしまうので注意をしてください。

毒出しうがいの効果
歯周病などの口内トラブルに効果のある毒出しうがいですが、実際にやってみるとかなり頬の筋肉を使うことが分かります。口の周りの筋肉というのは普段は中々使う機会がすくないので、毒出しうがいは口の周りの筋肉のストレッチにも最適だということが分かります。

手で顔をマッサージするよりも効率的に顔全体の筋肉を動かすことができるので、表情筋を鍛えることができるので自然とほうれい線の原因となるたるみも解消できます。

口内予防だけではなくほうれい線予防の意味でも毒出しうがいを試してみることをおすすめいたします。

舌の筋トレ「舌回し&ベロ出し」を食後の習慣に

顔の筋肉を鍛えることは意外と難しく、手のマッサージだけだと効果が出にくいのが現状です。

歯科医師が考案したほうれい線の改善ができる舌回しの方法は効率良く顔の表情筋を鍛えることができる上に唾液の分泌も促してくれるので、その中にある若返りホルモンとも言われている成長ホルモンも体内に吸収してくれる効果があります。

舌回しエクササイズの効果は毎日継続すると必ず効果がでるので、ほうれい線を改善したい人はやり方を覚えて習慣づけることをおすすめいたします。

舌回しの方法
舌回しは口をとして舌を回すだけのとても簡単な方法なのに比較的早く効果の出る方方法です。はじめは慣れなくて大変ですがこの方法で顔の筋肉を鍛えてほうれい線の改善をしてみてください。

〇効果のある時間帯
朝行うと唾液の量を増やしてくれるので口臭や歯周病予防につながります。夜寝る前に行うと顎が疲れるので歯ぎしりの改善や朝の頭痛が減ります。この方法はお金がかからず場所も選ばないので、テレビを見ながら、お風呂に入りながらなど気が付いたときに行うことができます。

〇舌回しのやり方
①口を閉じた状態で歯茎の表面を舌の先でグルリとなぞるように1周させます。

②1周2秒ほどを右回りを10回、左回りを10回ずつ行ってください。

③慣れてきたらそれぞれ50回ぐらいまで増やしても大丈夫です。

〇ポイント
最低でも1日2回左右10回づつを毎日続けることです。3日くらいで変化が表れるので諦めずに続けてください。慣れてくると舌回しも楽になるので、回数をふやして舌回しをしても大丈夫です。

ベロ出しの方法
日本人は海外の人と比べると表現に乏しく表情もあまりオーバーではありません。そのため顔の筋肉が固くなりむくみがちですが、舌出しをしては顔の表情筋を鍛えることでリンパの流れがよくなり、脂肪を燃焼したり顔のむくみを取りほうれい線を消す効果も期待できます。

〇効果のある時間帯
ベロ出しも舌を思いきり使うので唾液を多く分泌したい朝晩に行い、顔のエクササイズとともに口内ケアもしていきましょう。ベロ出しもお金がかからないのでどんな場所でもできますが、最初は難しいので顔の筋肉の疲労がたまりやすいので、慣れたら回数を増やすようにしましょう。

〇ベロ出しのやり方
①背筋を伸ばして顔を少し上に向けた状態で舌を前に5秒間思いきり突き出します。それから舌を下に向けて同じく5秒間思いきり突き出してください。これを3回繰り返します。

②①と同様に舌を斜め下に5秒間、左斜め下に5秒間それぞれ舌を思いきり突き出してください。これも同じく3回繰り返します。

④ポイントは舌を付け根から思いきり突き出すことと、口角が上がっていることを意識して行うようにしてください。

〇ポイント
せっかくのエクササイズも姿勢が悪いと効果もでにくいので、きちんとした姿勢で行うことを心がけてください。表情筋は使い慣れないと筋肉痛のような疲労がありますが、毎日行うと徐々に改善されます。舌を動かすときに目の動きも舌と一緒に合わせて行うと効果もあがるのでやってみてください。

舌回しやベロ出しの効果
ほうれい線は表面ではケアをしにくい深層部分の筋肉を鍛えないと効果が出にくいですが、舌回しもベロ出しも表情筋の深層部分に有効です。両方ともお金をかけることなく隙間時間でできる簡単なエクササイズなので日々の生活に取り入れやすいので気軽にほうれい線対策を始めてみてはいかがでしょうか?

〇舌回しの効果
舌回しはリンパ節やあまり使われていない70種類以上ある表情筋にアプローチができるので、深層部分の筋肉を刺激することができ血行を促進につながります。

①ほうれい線や小じわやくすみの改善
②目の下のクマの改善
③二重あごの改善
④肌の弾力を戻し美肌効果
⑤むくみが減り目が大きくなる
⑥口臭予防、いびき解消

〇ベロ出しの効果
舌を出すことは口の周りの筋肉を効率よく鍛えることができます。口周りの筋肉を鍛えると顔全体の血行が良くなり、リンパの流れがスムーズになります。

①ほうれい線やシミ・シワの改善
②顔のゆがみを治し、小顔効果
③首のシワの改善
④噛み合わせの改善
⑤首や肩の凝りを改善
⑥頭痛予防

美容師推薦!「頭皮マッサージ」でほうれい線対策

顔の皮膚と頭の皮膚はつながっているのですが頭皮のマッサージで顔の表情筋にも効果的なことが分かってきました。頭部にある筋肉を柔らかくして弾力性を高めることで、頭部とつながっている顔の筋肉も弾力性が高まります。

顔の筋肉の弾力性が高まることで頬のたるみの解消にもなるのでほうれい線の改善につながります。頭皮マッサージもお金をかけずにすぐにできる方法なのでぜひお試しください。

頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージのポイントは生え際から頭頂部にある「前頭筋」と側面耳の上にある「側頭筋」と頭部の後ろ側の「後頭筋」の筋肉をマッサージで柔らかくすることです。

この頭部の3つの筋肉をマッサージしていく方法をご紹介いたします。

〇頭皮マッサージのやり方
①まずは前頭筋をマッサージします。生え際と頭頂部の間に人差し指から小指までの8本の指を入れて、約20秒間前頭筋を引き上げるようにしてキープします。

②次に側頭筋は手の平の付け根部分固いところを使ってマッサージをします。両方の手の平で耳の上を軽く押し上げるようにして20秒キープします。

③最後に後頭筋ですが、両手の指をクロスさせるように組み、頭部の後ろ側に起きます。そのままの手で後頭筋を持ち上げて20秒キープします。

〇ポイント
マッサージを毎日続けることで頭部の筋肉が柔らかくなり肌の弾力性が増しますが、頭部には数多くのツボや血管があるのであまり強い力でマッサージをしないように注意をしてください。爪が伸びている場合は爪で頭皮を傷つけないように気をつけてください。

自分でマッサージをしながら気持ちがいいと思える強さで抑えるようにしてください。

頭皮マッサージの効果

頭皮と顔の筋肉はつながっていて、顔の筋肉を支えているのが頭皮になります。頭皮をマッサージして柔らかくすることで様々な効果を得ることができます。

①表情が豊かになる。
②たるみやむくみが減りほうれい線の改善
③リラックス効果
④肩こりの改善
⑤頭皮のつまり解消
⑥抜け毛の予防

簡単エクササイズで手軽にほうれい線を

人が第一印象でまずはじめにどこを見るかで一番多いのが顔です。その顔の中でもほうれい線の深さによって年齢の印象が変わってきます。生まれつきほうれい線が目立つ人も、年齢を重ねてほうれい線が出てきてしまった人もほうれい線は消えないと諦めないでください。

表情筋を鍛えるためにエステに行ったり、美顔器で改善をすることもできますが、大切なのはほうれい線は薄くなると信じて行う毎日のケアになります。毎日行うためにお金や時間をかけるのはとても大変ですし、日常の中に簡単に取り入れられるかどうかが重要になります。

簡単エクササイズを手軽に実行しよう

こちらでご紹介した方法のようにお金も時間もかけずに簡単にできるエクササイズはたくさんあります。
日々のうがいを毒出しうがいに変更したり、テレビをみながら舌回しや頭皮マッサージをしてみたりと、はじめは意識をしながら実行していたことが慣れてくると無理なく習慣づけることができます。早い方なら1週間くらいで効果が表れるので鏡を見るのも楽しみになります。

ほうれい線を意識してこれらのエクササイズを実行するとほうれい線だけではなく顔の表情もイキイキして明るくなります。簡単エクササイズでなりたいお肌を手に入れてください。

関連記事

  1. 老けた印象の「ほうれい線」を改善して、見た目年齢を若返らせる方法!

  2. ゴルゴラインを消す方法!簡単改善法とおすすめ化粧品【厳選5つ】

  3. ほうれい線に効く人気のおすすめクリームランキング10選!

  4. ほうれい線に効くおすすめクリームとプチプラ化粧品ランキング!

  5. 【即効性抜群!】一瞬でほうれい線を解消する方法と化粧品まとめ

  6. ほうれい線が絶対に消える方法!話題の若返りエクササイズを大公開

シミ消しクリームランキング

  1. アンプルールに副作用はある?リアルな口コミからハイドロキノンを…

  2. 40代のたるみ毛穴はエイジングケアで消す方法4選!おすすめスキンケ…

  3. 30代におすすめの毛穴ケア化粧品6選&毛穴レスメイクのポイント!

  4. 20代の毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品5選!毛穴トラブルに合わ…

  5. 毛穴の汚れをごっそり取り除く方法は?綿棒とオイルのケア方法を解決

  6. 毛穴の黒ずみや開きにもう悩まない!つるりん美肌を叶える美容液12…

  7. 毛穴のたるみを化粧品だけで消せない理由とは?毛穴レスを目指すた…

  8. 【最新】美白クリーム人気ランキング!プチプラからデパコスまで本…

  9. 即効性がある毛穴に効く化粧品5選!毛穴引き締めケア方法で効果あり!

  10. 【いちご鼻を治す!】治らないいちご鼻の原因と改善方法

  1. 【実感】効果を感じたシミ取りクリームのおすすめ全18厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効く美…

  3. 即効性あり?!人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!