本当にたるみが解消!ほうれい線に効く化粧品とマッサージ・美顔器のすべて

老化現象のひとつとも言われる顔のたるみやほうれい線、すごく気になりますよね。でも「年のせい」にしないでください。ほうれい線を薄くする方法はあります!

ほうれい線ができる理由はひとつではありません。筋肉の老化や肌のハリ不足、乾燥など。ほうれい線の最も大きな原因を突き止めて集中ケア、ほうれい線とおさらばしましょう。

今すぐほうれい線を隠す裏ワザも覚えてくださいね!

今すぐたるみが消える!ほうれい線を目だなくするワザ

長い年月をかけてできたほうれい線は日々のケアが大切です。でも「今すぐほうれい線を消したい!」ですよね。そこでメイクの前にほうれい線を薄くするマッサージとほうれい線を隠すメイクを習得しましょう!本当にほうれい線が消えますよ。

たるみがアップ!化粧前に側頭筋マッサージ

ほうれい線が気になるからと、頬ばかり持ち上げていませんか?

しかしそれは無駄です。

頬の脂肪を引き上げているのは側頭筋と呼ばれるこめかみの少し上あたりに位置する筋肉だからです。

この筋肉が老化、さらに固まることで頬から顎にかけての脂肪を支えることができなくなり、ほうれい線ができてしまいます。

お出かけ前に側頭筋のハリをほぐすことで血流が上がって筋肉が動きやすくなり、頬を支えやすく、ほうれい線が薄くなります。この側頭筋ほぐしは美容鍼でもほうれい線対策として施術する部位で、即効性も非常に高いでぜひおすすめです。

【側頭筋マッサージのやり方】
両手で指が耳から出るように耳をふさいでみてください。そのまま咀嚼してみると指が筋肉の動きにふれるはずです。そこが側頭筋です。

1.左右の指で耳の外側をつまみ、上下・横・斜め上・斜め下に1回ずつ引っ張り、耳をぐるぐると回す。
2.耳の上のくぼみに指を当て、10秒ぐらい押す。そのままもう1度10秒ぐらい上方向に押し上げる。
3.指で生え際を触り、頭皮を前後に動かす。
4.手のひらをこめかみ部分にあて、円を描くように側頭筋をマッサージ。
5.手のひらで側頭筋を軽く上に押し上げながら「サー」と声を出し4秒間キープ。
6.そのまま「シ・ス・セ・ソ」も同じように行う。

ほうれい線のマッサージは眼精疲労や目の周りのたるみにも効果的です。

さらに現代人は柔らかいものばかり食べており、咀嚼をしないとよく言われます。「噛まない」という行為も側頭筋を老化させほうれい線をつくる原因です。

「髪の毛の生え際をつまんでみてください。5mmほどつまめたら側頭筋が衰えている証拠です。」きちんと食べ物を噛むことも意識しましょう。

化粧品でほうれい線を消すテクニック

ほうれい線を隠したいあまり、こってりとコンシーラーやファンデーションを塗りこんでいませんか?

ほうれい線は筋肉の動きによって深く表れるため、ほうれい線部分のファンデーション厚塗りはやめましょう。しわにファンデーションが入り込み、余計ほうれい線が目立ってしまいます。

ほうれい線周りを明るく、しかも薄付きでメイクするのがほうれい線対策メイクのコツです。

ほうれい線を隠すためには、これらのアイテムがおすすめですよ!

●シリコン入りメイクアップベース
●リキッドタイプのハイライトコンシーラー

シリコン入りの下地は肌に密着し、さらにファンデーションのノリも良くするため、ヨレにくく肌をなめらかに見せます。

さらに、ハイライトタイプのコンシーラーは肌を反射させるため、光によってシワが見えにくくなります。薄付きになるのでナチュラルに仕上がるリキッドタイプがおすすめです。

インテグレートグレイシィ  ポイントストレッチベース

シリコン入りの目元・口元用メイク下地です。べたつかず肌の密着がいいため、ヨレにくくほうれい線のくぼみを滑らかに見せてくれます。気になる部分にポンポンと叩くように指で乗せるだけ、その上にうっすらとファンデーション塗れば、ほうれい線の影がなくなって若々しい印象になりますよ。

ディオール(Dior) フラッシュルミナイザー

ペンタイプのコンシーラー兼ハイライターです。ヒアルロン酸を配合しテクスチャーがみずみずしいため、ほうれい線隠すにはぴったり。

光をキャッチして全方向に光を跳ね返すことで、シワやシミ、くすみを飛ばします。色も6種類あるので、ファンデーションの色よりワントーン明るい色を使ってくださいね。

たるみ改善!ほうれい線をなくす化粧品

たるみが原因のほうれい線ですが、たるみの原因がいくつかあります。

化粧品でケアできるほうれい線は、主に肌の真皮のたるみ老化が原因です。真皮を構成するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分が減少することによって、肌に張りがなくなりたるんでしまいます。

肌の衰えが原因のほうれい線対策

~おすすめの人~
●ほうれい線が浅い
●仰向けになるとほうれい線が消える
●30代以降に多い

肌は表面から、表皮・真皮・皮下組織(脂肪)の3つで構成されています。真皮の老化が原因のほうれい線は肌の浅い部分の成分が減少しているので、ほうれい線が浅いことが特徴です。

また現在浸透力の高い化粧品が多く存在するので、きちんとケアをすれば改善されるほうれい線といえます。

ポーラ(POLA) リンクルショットメディカルセラム

日本初のシワ改善美容液として空前の大ヒットを飛ばしているリンクルショットメディカルセラムは薬用美容液です。

紫外線による肌のダメージや日常的な動作での表情ジワを、肌が傷と勘違いしてどんどんシワが深くなるメカニズムに着目。その作用をブロックすることで肌本来のパワーでシワを改善する新しい美容液です。

ランコム(LANCOM) レネルジーMメモリーシェイプローション

宇宙空間では筋肉が萎縮し肌老化が加速、ハリがは失われますが、地上に戻るとその逆転の現象が起きるというメカニズムに着目した、宇宙L.F.Tテクノロジーを搭載した美容化粧水です。

肌を上向きに導いき、使った感触も肌がキュッと引き締まります。「顔が上がる」を感じるのはびっくりですよ。

資生堂エリクシール(ELIXIR)  美容濃密リンクルクリーム

薬用成分レチノールを配合することで肌内部のヒアルロン酸の生成を促進、水分量をアップさせ、シワを改善してくれる美容液です。

レチノールの働きを妨げないように酸素に触れさせない容器こそ、薬用成分の効果が維持できるポイント。ヒアルロン酸アップ効果を感じる美容液となっています。

アルビオン(ALBOIN) アンフィネス アップサージソリューション

コラーゲン線維のネット構造を研究し、コラーゲン繊維を引き寄せることによっハリとリフトアップを実現した美容液です。テクスチャーは濃厚ですが肌への浸透力が高く、手応えのある感触は肌のもっちり感が実感できます。

コスメデコルテ(DECORTE)  IP.Shotアドバンスト

シワ改善有効成分リンクルナイアシンを配合し、表皮・真皮にしっかり伸びることでピンと張り詰めた肌を実現する美容液です。

現在できているシワのみならず、これからできるシワに先回りしてブロック、アンチエイジング世代はもちろん、30代前半の予防世代にもおすすめ。軽めのテクスチャーでなめらかな使い心地が人気です。

たるみ・ほうれい線が消えるマッサージ

たるみ・ほうれい線の原因は肌老化だけではありません。人間の肌は表皮・真皮・皮下組織の3つで構成されていますが、その皮下組織を支えているのが筋肉です。

人間の表情筋は約3割程度しか使われていないと言われ、そのほとんどが日常生活では動かされておらず、どんどんと老化していく一方。年齢とともに「笑わなくなる、会話が少なくなる」というもの、ほうれい線の原因と言えるんですね。

そのため表情筋トレーニングをすることもたるみを改善する方法といえます。

表情筋の衰えが原因のほうれい線対策

~おすすめの人~
●ほうれい線が深い
●仰向けになっても立った状態でも、ほうれい線の深さが変わらない
●40代以降に多い

筋肉の衰えだけでなく、筋肉のハリも筋肉の柔軟性が減少、血流不良になり、たるみの原因となります。

また、血行不良がむくみを引き起こし、顔が大きくする原因です。マッサージでほぐす、鍛える、流す、この3つを促進することで引き締まった小顔になれますよ。

即効性が高い「フグのポーズ」
1.鼻から息を吸って、口のなかに空気を入れ、思い切りフグのように膨らませす。
2.鼻呼吸を続けたまま、口の中の空気を左に移動します。
3.次にそのまま右に移動します。
4.次に顎に移動します。
5.この動きを繰り返しましょう。

途中空気がぷーっと口から漏れてしまう人は、口の周りの筋肉が弱っています。無意識のうちに口が開けているので気を付けけてくださいね。

老廃物除去に「つまんでマッサージ」
親指を顎の下にいれ、親指と人差し指でつまんでマッサージをしていきます。
1.唇の下から小鼻の横にむかって、ほうれい線に沿うようにつまんでマッサージします。やや力を入れてもOKです。
2.次に顎の先端から耳の下にむかかってつまみながらマッサージ。
3.最後に両手のひらで頬を包み、フェイスラインを引き上げるように全体的に持ち上げてそのまま記憶させるようにしましょう。

つまんでマッサージはここ数年エステでも取り入れられているマッサージ方法です。老廃物を除去して血流を良くするため、ほうれい線だけでなく小顔効果もあります。

痛気持ちいい「ツボ押しマッサージ」
頬骨の下にはいくつかのツボがあります。そのツボを刺激することで筋肉も刺激され、柔軟性があらわれ血流が良くなります。さらに筋肉が柔らかくなるためリフトアップ効果が出ます。

1.手で握りこぶしを作ります。頬骨の下に指4本の第二関節が入るように押しあてます。
2.そのまま上向きにグッ~と力を入れるように5秒間キープ。数回繰り返します。
3.次に耳から指1本分顔中心にむかったあたりに、握りこぶしの第2関節をあて、くるくると円を描くようにマッサージします。
4.最後に耳の下からデコルテにむかって老廃物を流すようにマッサージします。

マッサージしている部分が痛いようなら筋肉が張っている証拠です。マッサージを少しずつを行って、痛みが軽減していくうちにほうれい線が薄くなりますよ。顔のコリも軽減されて表情が豊かになります。

クリームを使った「顔引き上げマッサージ」
滑りが良いようにマッサージクリームを使います。

1.両手4本の指を頬にぴったりとつけ、くるくるとらせんを描くようにクリームをなじませます。
2.右手を右耳の下に軽く引き上げるように置き、左指の腹で軽く筋肉に刺激を与えるようにくるくるとらせんを描くように、顎の中心から右耳の下までマッサージします。反対側も同じように行います。
3.次に右手を耳の脇、生え際に軽く引き上げるように置き、左指の腹で口角から右耳生え際に向かって、らせんを描くようにマッサージします。左右同じように行います。
4.次に右手をこめかみに引き上げるように置き、左指の腹で小鼻からこめかみまでらせんを描くようにマッサージします。左右を同じように行います。
5.両指でこめかみから頭の後頭部にむかってらせんを描くようにマッサージします。数回繰り返します。

あまり力を入れすぎると肌に傷を作ります。顔のマッサージは適度な力具合で行いましょう。

このマッサージは頬からこめかみ、頭の中まで行うマッサージで、ほうれい線マッサージの中で1番効果的なのでぜひ毎日行いたいですね。

仕上げに「顔のストレッチ」
1.「お」と発音するような口の形にします。しっかりと鼻の下を伸ばし、ほうれい線が伸びていることも意識しましょう。
2.そのまま目線だけ斜め上を見て、10秒間キープ。
3.数回繰り返します。

このストレッチはマッサージの仕上げにもおすすめです。また疲れた顔の予防にもなります。夕方や仕事終わりにやってみるのもおすすめですよ。

エステ級!美顔器・マッサージ器具でラクチンほうれい線対策

美容成分をより肌内部に浸透させてくれるのが美顔器です。さらになかなか続けられないマッサージを楽に継続させてくれるのがマッサージ器具になります。
どちらもたるみ・ほうれい線対策には絶対におすすめですよ。

本当に効果のある美顔器

美顔器、マッサージ器具の選び方はほうれい線の深さや状態によって変わってきます。

ほうれい線の状態 おすすめ美顔器・マッサージ器のタイプ
ほうれい線が浅い
仰向けでほうれい線が消える
●真皮に美容成分を浸透させるタイプ
●肌内部の細胞を活性化させるタイプ
ほうれい線が深い
仰向けでもほうれい線の深さが変わらない
●表情筋にアプローチするタイプ

たるみやほうれい線の原因はひとつではありません。特にほうれい線が深い人は筋肉の老化のみならず、真皮の老化も始まっています。そのためたるみに効果的な化粧品を使いながら表情筋を鍛えるといいですよ。

エビス(EBIS) ツインエレナイザーPROⅡ

~特長~
● イオンクレンジング
● イオン導入
● 高周波・超音波でリフト
● たるみ・乾燥・毛穴・小じわ・肌のハリにおすすめ

イオン導出機能が付いていることで、通常のクレンジングで落ちない毛穴汚れをオフします。さらにイオン導入機能で肌内部まで美容成分を浸透させます。
高周波・超音波をあてることで肌内部を温め、さらに細胞にアプローチ、活性化させることによってかなりの引き締め効果を感じます。

イオン導入機能が付いているのでビタミンC、コラーゲン、プラセンタの導入も可能に。しみや肌のくすみ、毛穴汚れや乾燥が気になる人にもおすすめです。

クラルス(Klarus) フューテック プラズマ ボーテ

~特徴~
● エレクトロポーション
● EMS
● LED照射
● たるみ・ニキビ跡・ニキビ・小じわ・シミにおすすめ

エレクトロプロポーションによってヒアルロン酸やビタミンC、コラーゲンなどの導入を可能にし小じわを改善ます。さらにEMSが表情筋に刺激を与えることで筋肉を引き締め、支える脂肪を確実にアップ。深くなりつつあるほうれい線対策にもおすすめです。

赤色LEDを照射することでコラーゲンを増殖させ、小じわ、肌のハリ、毛穴やニキビといったトータル的な美肌対策ができます。全体的な肌のゆるみに悩む人には特におすすめです。

ヤーマン(YAMAN) RF美顔器 ブルーム

~特長~
● 業務用と同レベルのRF(ラジオ波)
● シンプルな機能だからこそのリフトアップ効果
● たるみの改善

業務用エステティックマシーンのパイオニア的存在、ヤーマンの家庭用美顔器です。プロの美容家にも多く愛用されており、高出力のラジオ波のみ搭載され、たるみにアプローチすることだけを考えて開発されています。

何しろ肌が上がると評判で、とにかくほうれい線をどうにかしたいと悩む人におすすめです。

ナガエ(NAGAE) コリネット アイル

~特長~
● 手軽
● 表情筋・側頭筋マッサージに
● 体全身使える
● お出かけ前のリフトアップに
● たるみ・凝り・筋肉のハリ改善

コリネットアイルは見た目にも流線型が非常に美しい、アルミ素材のかっさです。モデルやタレントが撮影前に使うと言われるほど、即効性が高いリフトアップ効果が魅力です。

富山県高岡市の職人が作っており、握りやすさ使いやすさを追求し、軽くて錆びにくいためお風呂でも使えるのもポイントです。身体全身に使えるため側頭筋、表情筋のマッサージのみならず、二の腕や太ももヒップといった、気になるセルライトをほぐすにもおすすめです。

ヤーマン アセチノヘッドスパリフト

~特長~
● 表情筋・側頭筋頭のマッサージに
● 頭皮の洗浄にも
● お風呂の中でも使える
● 小顔・リフトアップ・リラクゼーションにおすすめ

雑誌やテレビなどでも爆発的人気商品として注目されたヤーマンのアセチノヘッドスパは、たるみの原因である側頭筋や頭皮のマッサージだけでなく、フェイシャルのマッサージにもおすすめです。

48本のシリコンブラシが掴んだり摘んだりと、リラクゼーション効果も抜群、気持ちよさに病みつきになります。筋肉のマッサージによってハリやコリも取るため、ほうれい線だけでなく目尻のたるみやフェイスラインの引き締め、小顔効果にかなり効果的です。

たるみ・ほうれい線の原因は3種類

老化によって現れるほうれい線や肌のたるみ。ほうれい線は老化だけが原因ではありません。20代でもほうれい線はできます。

● 真皮の老化
● 表情筋の老化
● 乾燥

ほうれい線の原因は主にこの3つで、しかもその原因によってケアの方法も変わってきます。

真皮の老化

~真皮の老化が原因のほうれい線の特徴~
● 肌のハリや潤いがなくなる
● 肌全体の緩みを感じる
● 小じわが多い
● 日焼けをすることが多かった
● 30代以降である

このような特徴がある方は肌の真皮内部のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの水分やハリを保持する成分が減少しています。比較的肌の浅い部分の細胞が不足しているので、ほうれい線も浅く、仰向けになるとほうれい線が消えるのも特徴です。

おもなほうれい線・たるみ対策としてはこのような方法があります。

★エイジング対策をとる
★紫外線対策を完璧に
★美顔器などで真皮まで有効成分を届ける
★美顔器などで真皮の細胞を活性化
★徹底的な保湿

コラーゲン、エラスチンなどが多く配合されたエイジング化粧品や抗酸化を意識した肌老化を防ぐスキンケアを意識しましょう。

表情筋の老化

~表情筋の老化が原因のほうれい線の特長~
● 毛穴が縦長に開いている
● ほうれい線以外にも深いシワが気になり始めた
● フェイスラインが緩んできた
● 二重顎である
● 目尻が垂れてきた
● 40代以降である

人の表情筋は約3割ほどしか使われていないと言われています。つまり残りの7割は筋肉が衰えているのです。

顔の脂肪を支えているのは筋肉です。顔の7割の筋肉が脂肪を支えきれなくなり、脂肪が垂れ下がりほうれい線となります。また二重顎やフェイスラインのたるみも同じ理由です。

さらに常にその状態が続いているため、ほうれい線が深くなってしまいます。筋老化によって刻まれたほうれい線は仰向けになっても消えません。

そのため表情筋を鍛えることが、最も効果的なほうれい線対策となります。

★顔のマッサージをする
★鏡を見ながら顔のいろいろな筋肉を動かすトレーニングをする
★同時に顔の筋肉のハリやコリをとって血流を良くする
★頭皮の筋肉のマッサージも行う

40代以降のたるみは表情筋の老化だけでなく、真皮の老化も加わっています。そのため表情筋のトレーニングの他に、化粧品などによるエイジングケアも同時に行いましょう。

乾燥でほうれい線

~乾燥が原因のほうれい線の特徴~
● 冬の方がほうれい線が深い
● 夕方になるとほうれい線が深くなる
● お風呂上がりはほうれい線が薄い
● もともと乾燥肌
● 20代以降

乾燥でほうれい線ができる場合はほうれい線が深く刻まれていないため、正しいスキンケアをすれば改善されます。このケアを怠ると真皮にダメージが加わり、ほうれい線が少しずつ深くなってしまいます。

このタイプは乾燥対策によって確実にほうれい線を消すことができます。

★保湿化粧品を使う
★加湿器やマスクなど、化粧品以外でも保湿に気をつける
★紫外線対策を行う

セラミドが含まれたスキンケアアイテムや、美容オイルで保湿効果を高めましょう。保湿によって肌のターンオーバーを整えることで肌老化を防ぐことができるため、ほうれい線の発生遅くすることができますよ。

【番外編】ダイエットでたるみ・ほうれい線予防

効果的なダイエットとしても知られる低糖質な食生活。実は体の老化には「糖化」が大きく関わっています。低糖質な食生活を送ることで肌の老化である、たるみ・ほうれい線が防ぐことができるのです。

体の糖化が老化を促進

体の老化は体内の細胞が酸化することによって起きます。さらにここ数年の研究で酸化の他に、「体の糖化も老化の原因」という研究結果があります。

炭水化物や甘いものを摂取して、エネルギー消費されずに余った糖がタンパク質と結合しAGEsという物質を生み出します。この「AGEs」が体内の細胞を攻撃して体の老化、病気の原因になります。

さらに肌で言うならば、 コラーゲン同士をくっつけてしまい弾力をなくし、たるみやほうれい線の原因となっているのです。

糖+たんぱく質=AGEs←たるみ・ほうれい線の原因

またこれは体内の余った糖だけでなく、糖質とタンパク質が一緒に含まれる食べ物、 クッキーやパンなども老化の原因です。しかもこの「AGEs」は体内に蓄積すると排出しにくいのが特長。

つまり、極力糖質を取らない食生活が、肌のたるみやほうれい線防止に役立つのです。低糖質な食生活は痩せるためでなく、若々しい肌を作るためにも効果的なんですね。

ほうれい線とたるみはお手入れで必ず薄くなる!

ほうれい線やたるみの原因はひとつではありません。

● 真皮の老化
● 表情筋の老化
● 乾燥

この3つが主な原因です。自分のほうれい線の原因を追求して、そのほうれい線にあったそのスキンケアを行うことがたるみ対策には必要です。

また、年を重ねれば重ねるほど、この3つの原因が重なってほうれい線やたるみが深く大きくなってきます。

40代以降の方は必ず表情筋のトレーニングと筋肉のコリをとること、さらにアンチエイジングコスメを使って真皮に潤いを与えましょう。お出かけ前には即効性の高いケアをしてフェイシャルを引き締めてくださいね。きっといつまでも若々しくいられますよ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ほうれい線を無くすマッサージ!ほうれい線の原因と消す方法とは

  2. ほうれい線が絶対に消える方法!話題の若返りエクササイズを大公開

  3. 敏感肌でも使えるハイドロキノンクリームの選び方7選! シミ改善効果も安心も手に入れる方法

  4. シミに効く化粧品はコレ!おすすめシミ化粧品通販ランキング!

  5. 体の中から脂性肌を治す!?おすすめサプリメント4選!

  6. 和風の傘で色白美人になれる!おすすめアイテムBEST5を発表

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。