日焼けして戻らない肌色を美白に!その方法と凄ワザコスメ!

海水浴やキャンプなどのアウトドアーを存分に楽しんだあと、気が付いたら日に焼けて真っ黒だったなんてことありませんか?

しかもいつまでたっても肌色がもとに戻らず、このまま一生美白に戻れないのではと心配になりますよね。

今回はそんな皆さんのために、日焼けした肌をもとの美白に戻す方法について、おすすめ美白化粧品や日焼けを隠すコスメなども合わせてお話していきます。

日焼けが戻らない原因は?

日焼けは肌が紫外線から身を守るために起こす防御反応。紫外線が肌の深層に行き届かないよう、メラノサイトという細胞が黒いメラニン色素を生成するために起こります。肌の表面が焼け焦げて黒くなるのではなく、皮膚の下に黒い日よけシートを広げているような感じを想像してください。

生成された黒色メラニンは、皮膚の奥で毎日作り出される新しい細胞に押し上げられ、どんどん肌の表面に上がってきます。最終的には垢としてはがれ落ち、新しい皮膚が現れるというわけです。

この肌の入れ替わりサイクルはターンオーバーと呼ばれ、年齢や生活習慣などによって個人差があります。通常の周期は28日ですが、ストレスや睡眠不足、不規則な生活、加齢といったものが原因でターンオーバーが乱れて代謝が悪くなります。

そうなると肌の再生機能が低下し、日焼けした肌がいつまでも残ってしまうのです。

これが大事!日焼け直後の正しいケア

日焼けがなかなか戻らない原因には、日焼け直後のケア方法も関係しています。うっかり日焼けをしてしまった時には、正しいアフターケアをすることで、日焼けの戻りも早くなります。

まずは冷やす

紫外線でダメージを受けた肌は熱を持っていることが多く、炎症を起こしている状態。まずは肌にこもった熱を取り除き、炎症を落ち着かせることが大切です。

保冷剤や氷水を入れたビニール袋、氷水で絞ったタオルなどを患部にあてたり、冷たいシャワーや水風呂も効果があります。シャワーの水圧が肌への刺激となったり、水風呂で体が冷えすぎてしまうこともありますので短時間ですませましょう。

必ず保湿

いつも以上に乾燥している状態なので、保湿をしっかり行うことが重要です。とくに炎症をおこして肌が敏感になっていますので、刺激の少ない化粧品を選びましょう。いつも使用している化粧品を冷蔵庫で冷やすと、つけ心地も良いですし、ほてりにも効果があります。

また保湿効果はもちろん、消炎作用や免疫効果があるアロエ配合の乳液や保湿クリームを使用するとダメージを受けた肌の修復も早く進みます。

たっぷりの水分補給

日焼け後は肌だけではなく、体全体に水分が足りていません。なんとなくだるかったり、ぼんやりしたりする場合は脱水症状を起こしている可能性もありますので、日焼け後には必ず水分をたっぷり補給してください。

ミネラルも補給できるスポーツドリンクやビタミンC入りのアセロラドリンクなども飲みやすく、効果的に水分補給を行えます。体の内側からの水分補給で体内の水分量を上げ、肌の保湿に役立てましょう。

必見!日焼けした肌色を美白に戻す方法

日焼けが戻らない原因と日焼け直後のケアについてお話してきましたが、今度は実際に何をすれば美白に戻れるのか、その方法をご紹介しましょう。

生活習慣を改善して代謝をアップ

日焼けを戻す一番のカギとなるのが、ターンオーバーの正常化。つまりお肌の代謝を上げることで、新しい皮膚が早く作られるようになるということです。夜更かしや暴飲暴食などはもってのほか、ストレスもため込まないようにしましょう。

代謝を上げるにはウォーキングやストレッチなどの軽い運動を行うのが効果的です。短い時間でも効果はありますので、毎日行うように心がけてください。また湯舟にしっかりつかることも代謝アップにつながりますが、日焼け直後は避けましょう。

美白効果の高い栄養素を摂取

美白に戻るには体の内側からの働きかけも必要です。美白効果の高い栄養素が含まれている食物を毎日の食生活に取り入れることで、紫外線を吸収しにくい肌になります。また食物で摂取するのが難しい場合はサプリメントなどを利用するのもおすすめです。

ビタミンC
美白に欠かせない重要成分。キウイ、アセロラ、ゴーヤ、パプリカ、トマトなどに含まれていて、メラニン生成のもとになるチロシナーゼを抑える作用があります。

ビタミンE
「若返りビタミン」とも呼ばれる、抗酸化作用や血液循環を促進する作用があり、新陳代謝を促して肌のターンオーバーやバリア機能を正常化します。ビタミンEを含む食物はホウレンソウ、カボチャ、ナッツ類、アボカドなど。

セラミド
肌の角質層内の細胞同士のすきまを埋める脂質。水分を蓄えて肌に潤いをキープする重要な役割を果たしています。セラミドが不足すると肌表面のキメも乱れ外的刺激を受けやすくなりますので、常に補充しておきたい栄養素。ひじき、わかめ、黒豆、大豆、牛乳、コーヒーなどに含まれています。

L-システイン
ビタミンCと合わせることで高い美白効果を発揮し、メラニン生成を抑えるだけでなく、黒色メラニンを還元して透明に戻す作用もあります。L-システインは体内で生成されるので、それに必要なメチオニンが含まれる、豚肉、牛肉、鶏肉、納豆、チーズなどを摂取しましょう。

βカロテン
抗酸化作用が強く、炎症を抑え、新陳代謝を上げる効果もあります。体内に入るとビタミンAに変わるので、シミの予防にも効果的です。ニンジン、カボチャ、パセリ、ホウレンソウなどに豊富に含まれています。

美白コスメの使用

美白に有効な成分は種類も豊富ですが、大きく分けるとシミなどができにくくする「予防タイプ」と、すでにできてしまったシミなどを薄くする「還元タイプ」があります。

一般的に還元タイプは美白効果が高く、中でもハイドロキノンはシミ治療として皮膚科でも処方されている成分で、「肌の漂白剤」と呼ばれるほどの高い美白効果が期待できます。

日焼けが戻らない肌の場合は、予防タイプの化粧品ではあまり効果が期待できないため、ハイドロキノン配合化粧品の使用がおすすめです。とはいえ日焼け直後の肌は敏感になっていますので、肌の状態が落ち着いてから使用しましょう。

また使用の際にはより高い効果を得るためにも、決められた量や回数を守ることを心がけてください。

プチプラの美白コスメは効果なし?!
プチプラの美白化粧品もたくさん市販されていますが、有効成分が入っていなかったり、また入っていても添加物が多く配合されていて肌に刺激があるものだったりします。もちろん効果がそれなりにあるものもありますが、皮膚科などで処方される美白化粧品に比べると効果は薄いと言えます。

プチプラで美白化粧品を購入する場合は医薬部外品の表示があるものを選び、成分表示で有効成分や添加物の有無もしっかりチェックしましょう。

即効性あり!美容点滴&注射

肌のターンオーバーを待って日焼けを戻すには、それなりの時間がかかります。そんなに長く待てない、早く美白に戻りたい、という人には美容点滴や美容注射がおすすめ。どちらもメラニン生成抑制、色素沈着防止、抗酸化作用、日焼けによるくすみ、シミ、そばかすの改善などが期待できます。

美容点滴や美容注射は目的にあったさまざまな美白有効成分をブレンドし、血管内に直接届けるため、吸収率がよく即効性があります。

特に日焼け後にはシミの原因であるチロシナーゼをブロックする、トラネキサム酸、プラセンタ、グルタチオン、ビチオンなどが配合されたものが効果的です。

美容クリニックや皮膚科などで受けることができ、点滴の場合の価格は1回6,000円から10,000円ほどで所要時間は30分から1時間。注射の場合は3,000円前後で所要時間は3分から5分ほどです。クリニックや点滴の場合はその容量によっても違いがありますので事前にお問い合わせください。

とくに副作用はありませんが、妊娠中や心不全、腎臓疾患やその他の特定疾患がある人にはおすすめできません。必ず医師に相談してください。

今すぐ隠したい!日焼けを目立たなくする凄ワザコスメ

急な用事で、今すぐに日焼け肌をどうにかしたい場合、美容点滴や注射でも間に合いません。そんな時は簡単に日焼け肌を隠すことができる、コントロールカラーやボディーファンデーションが便利です。

日焼けなどの肌の赤みを消す色は青、緑、黄色が良いとされていますが、自分の肌色の系統によって、合う色も異なります。

日焼けですぐに肌が黒くなる人はオークル系統やイエロー系統なので黄色、肌が赤くなってしまう人はピンク系統やブルー系統なので青、その中間色の人はオークル系統とピンク系統の両方なので緑、という具合に分かれます。自分の肌系統に合わせたコントロールカラーを選びましょう。

IPSA コントロールベイス

日焼けによって変化した肌色も、光の反射を補正して透明感のある輝く肌色に仕上げます。化粧下地として使用でき、肌に色がなじみやすく、自然な仕上がりです。色はピンク、イエロー、ブルーの3色で、価格は税込み3,024円。

IPSA コントロールベイス公式サイト
https://www.ipsa.co.jp/makeup-face-makeupbase/?lang=ja

エレガンス モデリングカラーベースEX

肌色をキレイに補正し、透明感も与えるコントロールカラー。日焼けの赤みが濃い場合は重ね付けをすると効果的です。色はピンク(PK100)、オレンジ(OR200)、グリーン(GR400)、ホワイト(WH900)、ベージュ(BE901)の5色展開で、価格は4,500円(税抜き)。

エレガンス モデリングカラーベースEX公式サイト
http://www.elegance-cosmetics.com/elegance/products/makeup-base/modeling-color-base-ex/

チャコット リキッドファンデーションフェイス&ボディ315 80ml

顔だけでなく手足にも使用できる、リキッドタイプの水性ファンデーション。のびが良く肌にも色がなじみやすいだけでなく、天然の保湿成分も配合されているので、しっとりとした仕上がりになります。水を含ませたスポンジやコットンで軽くたたくように肌になじませると効果的です。

色はオークル系の315がおすすめですが、その他にピンク系の313、312があります。価格は80mlサイズで2,000円(税抜き)。

チャコット リキッドファンデーションフェイス&ボディ315 80ml公式サイト
https://shop.chacott.co.jp/product/detail503609-0315-58_000.php

日焼けする前にUV対策を!

日焼け色がなかなか戻らないという状態を繰り返し起こさせないためにも、やはりきちんとしておきたいのがUV対策。今や日焼け止めクリームは進化をとげ、さまざまなタイプが市販されるようになりました。自分に合ったものを使用して、うっかり日焼けを回避しましょう。

コントロールカラー入り日焼け止め

化粧下地が先か、それとも日焼け止めクリームが先なのか、そんなメイク時の悩みも解決してくれるのが、コントロールカラー入りの日焼け止め。日焼け止め効果はSPF50、化粧下地としての機能もあり、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの美容成分も配合されています。

何よりカラー入りなので、肌をワントーン明るくし、透明感やツヤ感も出せます。パッケージデザインも可愛いので持ち歩くのが嬉しくなること間違いなし。価格は1,000円前後のものがほとんどです。

ロート製薬 スキンアクアトーンアップUV公式サイト
https://jp.rohto.com/skin-aqua/

飲む日焼け止め

日焼け止めクリームのベタベタ感が気になる人には飲むタイプの日焼け止めがおすすめです。天然ハーブなどの成分を原料としたサプリメントなので副作用もありませんが、念のため妊娠中やアレルギー体質、特定の疾患などがある人は医師に相談してから使用してください。

飲むタイプの日焼け止めを取り扱っている美容クリニックや皮膚科も多く、薬局やオンラインでも簡単に購入できます。紫外線カットに有効な天然ポリフェノール成分であるニュートロックスサンやクコの実エキスなどが配合されたものは特に高い効果が期待できると人気です。

価格は約1か月分で7,000円から10,000円ぐらい。

ファインベース インナーパラソル16200公式サイト
https://finebase.jp/parasol16200_a.html

日焼け肌も正しいお手入れで美白に

今回はなかなか戻らない日焼けを美白に戻す方法や、日焼けを隠す万能コスメ、UV対策用の便利な日焼け止めなどをご紹介しました。正しい対処法と効果的なケアを用いれば、うっかり日焼けをしても美白に戻ることができます。

大切なのは事前に日焼け対策をしてお肌をなるべく焼かないことと、生活習慣や食べ物に気をつけて、肌のターンオーバーを正常な状態にキープすること。毎日の積み重ねで日焼けに負けない美肌を目指しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肌荒れは栄養不足が原因!?栄養バランスが良い食事で美しくなろう!

  2. 化粧ノリを良くしたい!おすすめ化粧水と正しいなじませ方!

  3. アンチエイジングとエイジングケアの違い!実はちょっと意味が違う!?

  4. 化粧ノリを良くする方法は『朝のシンプルステップ』で完璧!

  5. 体の中から脂性肌を治す!?おすすめサプリメント4選!

  6. 敏感肌女性におすすめの人気スキンケア!プチプラからブランドまで

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。