アンチエイジングとエイジングケアの違い!実はちょっと意味が違う!?

よく目にする「アンチエイジング」と「エイジングケア」という言葉。なんとなく同じような意味合いで使われている事が多いですが、その本来の意味を知っていますか?

確かにどちらも老化に対する対処法としての意味がありますが、しっかりとした明確な違いというものがあるんです。

その違いがはっきりしたら、自分に合うエイジングケアの方法を見つけてみましょう。何も、おすすめする方法をすべて試す必要はありません。まずはあなたのできる範囲で、できる事から始めてみましょう。

そして、ここが一番重要だったりします。あなたは、アンチエイジングをしてどうなりたいですか?今はそこまで気にならなくても、40歳50歳と年齢を重ねていった時に、少しでも若く見られたい!と思うのが女ゴコロですよね。

正しいエイジングケアをしていくとお肌の状態が良くなります。

そうなったらしめたもの!
あなたに本当に似合うメイクやファッションを見つけてみませんか?

エイジングケアは、あなた自身も知らなかった新しい自分を再発見するチャンス!あなたの魅力をさらにアップさせましょう!

「アンチエイジング」と「エイジングケア」何がどう違う?2つの言葉の違いを解説!

まずは「アンチエイジング」と「エイジングケア」の言葉の意味を調べてみましょう。

アンチエイジング
加齢に伴う症状の予防と治癒。老化防止。抗加齢。抗老化。

エイジングケア
加齢に伴う症状を緩和させるために、肌などの手入れをすること。
(ともにデジタル大辞林より)

最近は、「アンチエイジング」も「エイジングケア」も同じような意味合いで使われる事が多いようですが、厳密に言うと、「アンチエイジング」は精神的・身体的な老化防止、「エイジングケア」はお肌を健やかに保つためのケア、という事になります。

特にアンチエイジングは、「アンチエイジング医学」という言葉がある事からもわかるように、医学的観点から食事療法や運動療法などによって体の老化を防止し、健康な生活を送りましょうというものになります。

また、薬機法(2014年11月に薬事法から改正)により、薬用化粧品などの医薬部外品は「予防を目的とする」もの、医薬部外品ではない化粧品は「お肌を健やかにする」もの、という違いがあります。

例えば「〇〇を防ぎます」というような表記のものは、医薬部外品の化粧品でなければいけないという事。医薬部外品ではない化粧品なのに「〇〇の予防」という表記が目立つものは、あまり信用しない方がいいかもしれません。

法律も絡む事でちょっと難しい内容になってしまいましたが、簡単に言うと、アンチエイジングは医学的な観点で体の内部から老化を緩やかにして防止し、健康な生活を送る事、エイジングケアは年齢に合わせたケアによって肌の状態を整える事、という意味になります。

あなたに合ったアンチエイジングで、心と体を健康にしよう!

アインチエイジングは、体の内部から老化を防止していくものです。毎日の生活を見直す事で健康を保ち、そしてそれがお肌の状態にも繋がっていきます。まずは毎日の食事と生活習慣を意識して改善してみましょう!

アンチエイジングに効果のある食材と調理方法

たんぱく質 たんぱく質には動物性と植物性があります。

動物性たんぱく質は肉・魚・卵などで摂る事ができ、肌のハリを生むコラーゲンの素となるアミノ酸を含んでいます。鶏ムネ肉は高たんぱく低脂肪で疲労回復作用があり、アジやカツオなどの青魚は細胞の機能に良いとされる不飽和脂肪酸(オメガ3)を含んでいるのでおすすめです。

植物性たんぱく質を含む食材としては、ナッツ類があります。肌やほかの細胞を形づくる役割を持っています。

ビタミン ビタミンA:肌をストレスから守ってくれる役割があり、鶏や豚のレバー、かぼちゃ・ほうれん草・にんじんなどに含まれています。

ビタミンC:美白効果のある栄養素で、メラニンの沈着を防ぎシミを予防する働きがあります。いちご、キウイ、パプリカ、ゴーヤ等に含まれます。

ビタミンE:体内の脂質の酸化を防ぎます。ナッツ類・ウナギなどの魚介類・大豆・穀類・かぼちゃ・アボカドなどに多く含まれます。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEは、その3つを合わせて「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれ、どれも抗酸化作用があり、体内の老化を防ぐ効果があります。3つのビタミンをすべて含むピーマン・パプリカ、カボチャ・パセリなどを積極的に摂るようにしましょう。

大豆イソフラボン 大豆製品に含まれる栄養素で、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きを持っています。エストロゲンは美肌づくりには欠かせないホルモンですが30代後半くらいからその量は減少していくので、似た働きを持つ大豆イソフラボンはとても大切です。
ミネラル ナッツ類に豊富に含まれていて、骨や歯を作る役割のほか、肌や髪に栄養を行き渡らせる事で美肌や育毛促進の効果があります。
発酵食品 新陳代謝を促すビタミンAやビタミンBを含んだチーズ、ビフィズス菌の力で肌荒れの原因となる便秘を解消してくれるヨーグルト、そして肌細胞を活性化させるビタミンBや亜鉛のほか、肌のきめを整えるコンドロイチンやハリを与えるムチンを含む納豆がおすすめです。

アンチエイジングに効果的な調理方法

手羽先の甘酒南蛮漬け

たんぱく質やコラーゲンが豊富な手羽先を使った南蛮漬け。手羽先には鉄分も含まれているのでおすすめ。
■材料(2~4人分)
手羽先 4~6本
新玉ねぎ(なければ玉ねぎ) 1個
新生姜(なければ生姜みじん切りに) 30g
レモン(スライスと絞り汁分) 2/3個
スナップえんどう 7~10本
ごま油(手羽先を焼く用) 大さじ1
水(手羽先蒸し焼き用) 大さじ3

■調味料
麹甘酒 市販(1.5)自家製(大3)
レモン絞り汁 大さじ1
ポン酢 大さじ3
だしの素 小さじ1
水 大さじ2

1.甘酒をミキサーに掛ける(粒感気にならない方は省いて下さい)
2.手羽先に塩を振り小麦粉を表面にまぶす
新生姜は千切りに
玉ねぎ薄くスライス水にさらす
レモンは5mmのスライス4等分に
3.調味料を混ぜ合わせ、②で切った新生姜とレモン、10分水に晒した玉ねぎをギュッと水気を手で絞ってから合わせた調味料に加える
4.スナップえんどうの筋を取り1分茹でておく
5.油を引いたプライパンに手羽先を重ならないように並べ両面中火で2分ずつ焼き目を付け水を大さじ3加え弱火で蒸し焼き6分
6.⑤の手羽先を粗熱が取れたら③の調味料に漬け冷蔵庫で1時間以上漬け込む
食べる10分前ぐらいにスナップえんどうを加える

ゴボウとささみでアンチエイジングサラダ

高たんぱく低脂肪のささみはアンチエイジング食材として優秀!ゴマの風味がおいしい簡単サラダ。
■材料(2〜3人分)
ささ身 100g
ゴボウ(今回は新ゴボウ) 1本
ニンジン 5㎝
酢 大さじ1杯

■ドレッシング
市販のゴマドレッシング 大さじ1杯
マヨネーズ 大さじ1杯
練りゴマペースト(無ければすりゴマでもOK) 大さじ1杯
白ごま 適量

1.ささ身は鍋に水から入れて強火にかけ沸騰したら火を止め蓋をして5分おく。その間にゴボウとニンジンは千切りにする
2.5分たったらささ身を引き上げてささ身を茹でた茹で汁でゴボウを3分くらい中火で茹でる
3.3分たったら、人参も加えてさらに2分茹でる
その間にささ身は手で裂いておく
4.茹で上がった3をザルに上げ再び鍋に戻し、から炒りして水分をとばし、そこへカンタン酢(酢でもOK)を入れてから炒りする
5.手で裂いたささ身とドレッシングと野菜を混ぜ合わせて出来上がり。盛り付けて白ごまをトッピング

アンチエイジングきのこそば

きのこや豚肉といったアンチエイジング食材をたっぷり使ったあったかレシピ。
■材料(5人分)
豚肉 300g
まいたけ 1パック
ごま油 大さじ1
酢 大さじ3
鷹の爪 2本
蕎麦 分量通り
水溶き片栗粉 大さじ2を溶く
めんつゆ、水 表示通りに希釈して700ml

1.深めの鍋にごま油を温めて豚肉を炒める
2.キノコを入れてしんなりさせる
3.鷹の爪、水、めんつゆ、酢を加え、ひと煮立ちさせる
4.火を止めて、水溶き片栗粉を回し入れて、素早く混ぜる
5.火を付けて、ひと煮立ちしたら汁完成
6.表示通りに蕎麦をゆでて、冷水でしめる
7.蕎麦を盛った器に熱々の汁をかけて完成!

アンチエイジング!モロヘイヤ&納豆チヂミ

アンチエイジングにおすすめの納豆を使ったレシピ。カリッフワッな食感がやみつき。
■材料(2人分)
モロヘイヤ 100g(1袋)
納豆 50g(1パック)
人参 1/3本
キムチ 20g
卵 1個
片栗粉 大さじ2
小麦粉 大さじ2
白ゴマ 小さじ2
ごま油 小さじ2
ポン酢 大さじ2

1.モロヘイヤは1分ほど茹でて、細かく刻む
2.人参は千切りに、キムチは細かく刻む
3.ボウルに①、②、納豆、卵、片栗粉、小麦粉、白ゴマを入れてよく混ぜる
4.フライパンにごま油を入れて中火で熱し、よく温まったら③を入れて薄く広げる
5.5分ほど焼いたら、裏返してさらに3分ほど焼く(途中焦げそうだったら火を弱めてください)
6.⑤をお好みの大きさに切ってお皿に盛り付ける。ポン酢をつけてお召し上がりください

アンチエイジング あるものでパエリア

鶏ムネ肉やパプリカなど、アンチエイジングに効果のある食材を使って簡単パーティーメニュー!
■材料(4人分)
鶏胸肉 1枚
玉ねぎ 1/2
トマト 1/2
パプリカ 1/2
オリーブ油 大さじ1
塩コショウ 適宜
白ワイン 100ml
ローズマリー、ローリエ 2枚くらい
コンソメ 1本
水 400ml

1.鶏胸肉を線維に沿って3つにわけて、一口大に切る
2.鶏肉が入っていたパックを水洗いして水気を切り、鶏肉をパックに入れて酒をふって揉む
3.トマト、パプリカを一口大に切る
4.玉ねぎ、しょうが、にんにくをみじん切りにする
5.玄米を洗ってざるにあけておく
6.フライパンにオリーブ油、にんにく、しょうが鷹の爪を入れて、弱火~中火で香りを出す
7.玉ねぎと鶏肉を入れて、色が変わるまで炒める
8.トマト、パプリカを一口大に切る
9.コンソメ、水、トマト、パプリカ、ローリエ、ローズマリーを入れて、蓋をして15分炊く
10.トマト、パプリカを一口大に切る
11.玄米を入れて、色が透明になるまで炒める
12.全体に塩コショウする
13.火を止めて、15分蒸らす
14.フライパンのままテーブルに運び、食べるときに蓋を開ければパーティー感アップ!

(引用:クックパッド)

生活習慣の改善がアンチエイジングのカギ

身体の内側から健康にするためには、毎日の生活習慣の見直しも大事。お肌のためにいいとされている事は、当然身体にもいい事なんですよ。毎日仕事に追われてゆっくり取り組んでいる時間もない!というあなたも、できる事から始めてみましょう。

意識するかしないかで、10年後のあなたに差が出るかも!?

質の良い睡眠を心掛けよう!
アンチエイジング効果アップ!抗酸化作用のあるホルモンの分泌を促そう
メラトニンというヒトを眠りに導くホルモンは、抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果があります。ただ、このメラトニンは、眠る直前まで明るい光を浴びていると分泌が抑制されてしまいます。特に光の中でも、パソコンやスマホなどから出るブルーライトという光はメラトニンの生成を抑え、質の良い睡眠が得られません。メラトニンの生成を促すためにも、就寝前はスマホやパソコンは見ないようにし、できれば部屋の照明は暖色系のものにしましょう。

睡眠のゴールデンタイムを意識しよう
午後10時~午前2時までの4時間を、睡眠のゴールデンタイムと呼びます。ゴールデンタイムは成長ホルモンの分泌が多くなり、それによって新陳代謝が活発に行われます。

適度な疲れが睡眠には大事
日中の適度な運動で疲れる事で、ぐっすりと眠る事ができるようになります。ただし就寝前の運動は、血圧が上昇してしまうので控えましょう。

食事は就寝の2~3時間前までに
食事は腹八分目を意識して、バランスの良い食材を使うようにしましょう。また、食事は就寝の2~3時間前までには終わらせておく事。就寝前の食事は胃が活発になってしまい、熟睡できなくなってしまいます。

ぬるめのお風呂は寝つきを良くする
38~40℃くらいのぬるめのお風呂がおすすめです。ぬるめのお風呂は、副交感神経を刺激するのでリラックスできます。シャワーではなくお風呂でしっかり体を温めるようにしましょう。

適度な運動で体の老化を防ごう!
ウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼
運動の目的は、血管や内臓についてしまった脂肪を落とす事。これに効果を発揮するのがウォーキングなどの有酸素運動です。脂肪を分解する事で、血圧のコントロールができるようになり、高血圧や心筋梗塞などの病気を防ぐ事にも繋がります。

筋トレで成長ホルモンの分泌を促進
筋力トレーニングは無酸素運動に分類され、基礎代謝量を増やす効果があります。また、筋トレをした後には成長ホルモンの生成が促されるのでアンチエイジングにも効果的です。

有酸素運動・無酸素運動の効果を説明しましたが、どちらも継続できなければ効果は期待できません。

どうしても時間が取れなければ毎日の生活の中で少し意識して、例えばエスカレーターやエレベーターではなく階段を使う、歩幅を大きくしてみる、いつもより早歩きをする、背筋を伸ばす…こんな小さな事でも基礎代謝量は上がります。

あなたの無理のない範囲で続けるようにしてみましょう!

やっぱり若く見られたい!おすすめのエイジングケア

女性ならやはり、みずみずしいお肌になって少しでも若く見られたいですよね。30も後半になってくると、どうしても目元の小じわや肌のくすみなどが気になってしまいます。

そんなあなたにおすすめのエイジングケア化粧品をご紹介!

エイジングケアにはこんな化粧品がおすすめ!

ディセンシア アヤナス トライアルセット10日分

アヤナス ローション コンセントレート (20mL)
アヤナス エッセンス コンセントレート (10g)
アヤナス クリーム コンセントレート (9g)
   +
アヤナス アイクリーム コンセントレート (1包)

敏感肌にも安心して使えるように開発されたディセンシアのアヤナス。

通常のセラミドの1/20の大きさ、そして4倍もの浸透力の、セラミドナノスフィアを配合。そしてそれをラップのように包む事で、外部の刺激から徹底的に肌を守ると同時に内側の水分を逃がしません。

また線維芽細胞を活性化させる事でコラーゲンを肌自らが作るようになるCVアルギネートを配合し、ハリをアップさせます。他にも、健康な角層を生み出すパルマリン(紅藻から抽出されるエキス)、血行を促進し皮膚温度を上げるジンセンXを配合。肌老化の原因となる、炎症や糖化も抑えます。

アヤナストライアルセットはこちら

簡単マッサージで、気になる小じわとほうれい線を撃退しよう!

目元の小じわと唇の横のほうれい線が目立つと、一気に老け込んだ印象になってしまいます。しわの原因は、老廃物が溜まる事で新陳代謝が滞り肌が乾燥するから。老廃物を排出するにはリンパマッサージがおすすめです。

ステップ①

両手の親指以外の指先を顎中央に当て、そのまま耳の手前まで滑らせます。これを3~5回行います。
ステップ②

口角に4本の指を置き、こちらも耳の手前まで滑らせます。回数は同じく3~5回。
ステップ③

小鼻の横から耳の手前まで滑らせます。こちらも3~5回。
ステップ④

目の下のラインに沿って、こめかみまで滑らせます。3~5回。
ステップ⑤ こめかみまで滑らせたら、最後にそのまま5秒ほど引き上げる。

※間違えないで!セルフマッサージの注意点※
マッサージに、無理な力は禁物。肌表面をこすってしまうのももちろんダメです。必ずマッサージクリームなどをしっかり塗って、滑りを良くした状態で優しい力加減でマッサージしましょう。

無理な力をかけてマッサージすると、しわやくすみを予防するどころか肌の乾燥を進めてしまいます。それによって、新たなしわやシミができてしまうので注意しましょう。

皮膚科や美容外科などのクリニックで受けるアンチエイジングって?

生活習慣や食生活の改善、そしてセルフマッサージといった方法以外にも、クリニックの医師など専門家から指導や施術を受ける方法もあります。

クリニックでのアンチエイジングとしては大まかに、一般的な医院で診療してもらう「身体のアンチエイジング」と、美容外科や美容皮膚科などで施術する「お肌のアンチエイジング」の2つに分かれます。

一般医院でのアンチエイジング
アンチエイジングドックと呼ばれるような検査で、血管・筋肉・骨・神経(脳)・ホルモンの状態を調べ、状態に合わせて最適な治療や施術が行われます。多くの医院で行われているのが高濃度ビタミンC点滴療法やプラセンタ治療です。高濃度ビタミンC点滴療法は抗酸化作用による美白効果、プラセンタ治療では細胞の活性化と免疫力の向上が期待できます。

美容外科、美容皮膚科でのアンチエイジング
美容クリニックでは、肌に直接施術する事で肌の状態や外見を若返らせる事を目的としています。目元の小じわにはボトックスやヒアルロン酸を、ほうれい線にはヒアルロン酸やレディエッセという長期持続型の注入物が使われます。また、ほうれい線のしわが頬のたるみによるものであれば、リフトアップなどの施術も選択肢として含まれます。

アンチエイジングで新しい自分を発見!メイクやファッションも変えてみよう!

アンチエイジングをする事で、美白効果により肌色が一段明るくなったり、体のラインが引き締まったりという嬉しい効果があるかもしれません。そうなったら新しいあなたを発見するチャンス!今までと違うカラーのメイクやファッションに挑戦してみましょう!

肌のくすみが取れると、肌が持つ本来の色味に戻ります。そこで、自分のパーソナルカラーを判断してみましょう。

イエローベース ・腕の内側の血管の色が緑っぽい
・白目の部分がややアイボリーがかったオフホワイト
・黒目の色が茶色寄り
・日焼けをしてもヒリヒリせず黒くなる
ブルーベース ・腕の内側の血管が青っぽい
・白目の部分がやや水色っぽい白
・黒目の色が黒寄り
・日焼けをするとヒリヒリする、赤くなる

イエローベースだったら、メイクやファッションは暖色系のカラーが似合います。可愛らしいイメージのカラーですね。対してブルーベースであれば、寒色系のカラーがおすすめ。全体的にクールなイメージです。

一気にイメージを変えるのが不安なら、チークの色だけ変えてみたり、持つバッグのカラーを変えてみたりするだけでも、いつものあなたとは違う雰囲気に変わりますよ!

心にゆとりがなければ逆効果!?気楽にアンチエイジングに取り組もう

アンチエイジングとは、心と身体を健康にし、老化を緩やかにしていく事。そのための効果的な方法をたくさん紹介してきました。

ではまたここでちょっと質問です。

あなたは、アンチエイジングで健康的に若く見られるようになったら、その後どうしたいですか?アンチエイジングやエイジングケアを続けていくためには、ここが大切です。

「アンチエイジングやエイジングケアをする事」が最終目的になってしまっては、それに追われて心や気持ちは疲れてしまいますよね。

アンチエイジングは、あなたの魅力をさらにアップさせ、笑顔を一層輝かせるための手段の1つでしかありません。

気持ちにゆとりを持って、あなたができる事から始めてみましょう!

シミ消しクリームランキング

  1. 【ととのうみすと口コミ】本当の効果は毛穴じゃない?美肌になる使…

  2. MIMURAクレンジングオイルの効果と口コミは?特徴は高い洗顔力!

  3. 【毛穴クレンジングおすすめ10選】プチプラでも毛穴の詰まりや汚れ…

  4. 友達に喜ばれるバレンタインのプレゼント2019!定番チョコから美容…

  5. 男友達に気を使わせないバレンタインとは?おすすめプレゼント18選…

  6. バレンタイン限定コスメ2019!心トキメク新作アイテムをご紹介!

  7. 40代は毛穴ケアを見直す時期!40代に必要なスキンケア方法とは

  8. 30代の毛穴レスメイクのポイント!

  9. 毛穴ケアにおすすめのプチプラ化粧品ランキング!効果的な化粧水は…

  10. 毛穴におすすめ美容液人気ランキング15選!好評なプチプラ美…

  1. 【実感】効果を感じたおすすめシミ取りクリームを厳選!

  2. 市販のハイドロキノンクリームおすすめランキング!シミに効果的…

  3. 【即効性あり!】人気のシミ消しクリームおすすめランキング!!