20代のシミを消すおすすめ化粧品ランキング!

こんにちは、美白極編集部です!

今回は、20代のシミを消すおすすめ化粧品ランキングをご紹介します♩

さらに、美容のプロがケアのコツ4つを伝授しますのでぜひ楽しんでご覧くださいね!

20代におすすめ!シミに効果的な化粧品ランキング

市販されているシミを効果的に消す化粧品は種類も豊富で、どれを選んだら良いのか迷ってしまいます。そんな時はランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?

どのような化粧品が20代に人気があるのか見ていきましょう。

【第1位】サエルホワイトニングローション&クリーム
独自の技術を用いて、敏感肌や乾燥肌に優しい美白効果を実現。敏感肌のケアはもちろん、外からの刺激から徹底してお肌を守るためメラニン生成が抑えられ美白になります。他の美白化粧品で効果がなかった敏感肌の人におすすめです。

2週間ほどの使用でお肌に潤いが感じられ、肌のトーンが明るくなってハリ・ツヤが見られますが、シミ消し効果は1か月ほど様子を見ましょう。クマや日焼け後のシミにも効果があります。

《価格》

化粧水(ディセンシア ホワイトニングローション コンセントレート)¥5,400

クリーム(ディセンシア ホワイトニングクリーム コンセントレート)¥5,940

お得に試してみたいという人にはトライアルセット(ホワイトニングローション、ホワイトニングエッセンス、ホワイトニングクリームの3点セット10日分で¥1,480)がおすすめです。

《使用方法》
・ローション
洗顔後、100円玉ほどのローションをとり、手のひらにのばして温めます。顔の内側から外側に塗り広げ、3秒ほど頬を包んでなじませたあと、両中指を目頭にあてて鼻筋、口元を3秒ほど包みます。さらに同量のローションをとり、顔全体に重ね付けした後、おでこと顎を包みます。最後は両目を指で覆ってローションをなじませます。

・クリーム
大粒の真珠ほどの量をとり、手のひらにのばして温め、頬の内側から外側に向けて顔全体になじませます。次に顎先から耳までのフェイスラインに、優しく引き上げるようになじませた後、額の中心からこめかみに向かってなじませます。指で両目部分を包んでクリームをなじませ、こめかみを押します。最後はクリームをさらに浸透させるよう、顔全体を手で包みます。

【第2位】アスタリフトローション&クリーム

アスタリフトのローションは、2016年9月にパワーアップして「アスタリフトモイストローション」に名前が変わりました。先行美容液でお肌のベースを整えるため、美容成分がしっかり浸透して潤い肌になるだけでなく、他の化粧水や美容液も浸透しやすくなるのが特徴です。

3種類のコラーゲンがそれぞれ違う役割をしながら潤いを保つと同時に、最新の成分であるCLリフレッシャーが、ダメージを受けたコラーゲンを取り除き新しいコラーゲン生成を助けます。

塗ったとたんにその浸透性の素晴らしさを実感することができるだけでなく、保湿力の高さもすぐに実感できます。乾燥肌に悩んでいる方、夕方になるとお肌が疲れてくるという方はぜひお試しください。

《価格》

アスタリフトモイストローション ¥4,104

アスタリフトクリーム ¥5,400

お試し用のベーシックトライアルキットには、ジェリーアクアリスタ、モイストローション、エッセンスデスティニー、クリームが入って¥1,000。まずはお試しセットで効果を実感しましょう。

《使い方》

・ローション
ポンプ2回プッシュ分を手のひらで温め、顔全体にやさしくなじませます。肌がもっちりして手に吸い付くようになったら、ローションがしっかり浸透したという合図です。

・クリーム
付属のスパチュラ(小さいスプーン)1杯のクリームをとり、両頬、額、鼻、あごの5か所に乗せます。指の腹部分を使って優しく顔全体に伸ばし、口元や目元などのデリケートな部分はさらにクリームを少しだけとってのばしましょう。

【第3位】ファンケル ホワイトニング化粧液 しっとり
乾燥肌や混合肌にもおすすめの、無添加でお肌に優しい薬用美白化粧液。シミができ始める前に要因を取り除き「シミを作らせない」という、ファンケル独自のアプローチで美肌をキープします。

美白効果の高いビタミンCが肌のさらに奥まで浸透するようにし、肌内部ですでに酸化してしまったビタミンCを回復させるので、輝くような透明肌が実感できます。

また製造年月日と使用期限がかかれているので、成分が新鮮なうちに使うことができ、価格も他の美白化粧品と比べるとお手頃なのも人気の理由です。

しっとりなめらかな使用感で、少量でもお肌によく浸透します。美白効果に即効性は感じられないようですが、使い続けることでシミができにくくワントーン明るいお肌になり、肌トラブルも改善されます。

《価格》

ホワイトニング化粧液Ⅱ しっとり ¥1,836

まずは少しだけ試してみたいという人には「美白1か月集中キット」がおすすめ。化粧液、乳液にホワイトニングマスク1枚とホワイトニングエッセンス10包がついて¥1,830とお得です。

《使用方法》

100円玉1枚分を手にとり、指でやさしく顔全体にのばします。

【第4位】アルビオン ホワイトアップローションⅡ
アルビオンの一番の特徴は、品質に妥協しないこだわり。商品に配合される植物はすべて自社栽培しています。乾燥肌にもおすすめのホワイトアップローションは美白有効成分であるビタミンC誘導体を含み、お肌の表面に水分ベールを作って潤いを逃がしません。

また、お肌の角層にしっかり浸透して、みずみずしいなめらかなお肌を作ります。

ローション愛用者の中には、美白の即効性を感じた人も少なくありません。特にお肌がくすんでいる場合などは、塗った次の日にはくすみがとれてお肌が明るくなったという口コミもあります。ぜひお試しください。

《価格》

エクサージュホワイト ホワイトアップローションⅡ

¥3,000(110ml)

¥5,000(200ml)

*税抜き価格です

《使用方法》

洗顔後にアルビオンの乳液をつけてから化粧水を使用します。コットンにティースプーン1杯分の化粧水をとり、やさしくタップしながら顔全体になじませます。

【第5位】ビーグレン Qusomeホワイトクリーム
美白ケア商品の中でも人気があり、刺激が少ないことから敏感肌の人でも肌荒れを起こすことなく安心して使用できます。美白に有効なハイドロキノンを超微粒子化し、お肌の深部まで浸透させます。

薄いシミやくすみなどは2週間ほどで効果が期待できます。即効性の効果が表れない場合は、お肌のターンオーバーが正常な人は約1か月、濃いシミが多い場合は2~3か月ほど様子を見てください。

《価格》

QuSome ホワイトクリーム1.9 ¥6,480

まずはお肌に合うかどうか試してみたい人のために、トライアルセット(クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラム、QuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeモイスチャーリッチクリームのセット ¥1,944)があります。お手頃価格で効果を実感してみてください。

《使用方法》

直径2センチほどクリームを手にとり、顔全体を包むようになじませます。顔の細かい部分は指を使って押さえ、最後にもう一度顔全体をやさしく押さえてクリームをなじませます。

自分にあった化粧品を選ぶポイント

ランキングを参考に、効果が期待できそうな化粧品を絞ることはできますが、肌質は人それぞれ違うため、自分にあった化粧品を選ぶ必要があります。どのような点に気を付ければよいのか、化粧品選びのポイントについてお話しましょう。

配合されている美白成分をチェック

化粧品には、どんな成分が配合されているのかを示す、全成分の表示が義務付けられています。美白成分と一言でいってもその種類は数多く、同じ美白効果のある成分でもその効果の出方や肌質への適合などの違いがあります。多くの美白化粧品の成分表に含まれている、一般的な美白成分の特徴を知り、自分の目的やお肌にあった化粧品を選ぶようにしましょう。

・ビタミンC誘導体
フルーツや野菜に多く含まれるビタミンCが美肌に効果的なことは有名ですが、そのままではお肌にあまり浸透しません。そこで作られたのがビタミンC誘導体。簡単に言えばビタミンCをより安定させて体内での吸収率をアップさせたスーパー成分です。

抗酸化作用が強く、抗炎症、皮脂の抑制、コラーゲン合成の促進、メラニン生成の抑制などの効果もあります。

ニキビの予防に効果的で、すでに出来てしまったニキビやニキビ跡の改善にも効果が期待できるだけでなく、シミ予防、シワやたるみ予防、目の下のくまの予防と改善など、さまざまな症状に効果を発揮します。

・ハイドロキノン
美白有効成分の中でも、特に効果を発揮するのがハイドロキノン。ブルーベリーやいちご、コーヒーなどに含まれる天然成分で、シミのもととなるメラニンの生成を抑えるだけでなく、褐色化したメラニンを白色に戻すという、強い還元作用があります。

その高い美白効果から「お肌の漂白剤」とも呼ばれていますが、刺激性が強いため、かゆみや赤みなどを引き起こす場合もあります。

シミの予防だけでなく、すでに出来てしまったシミを薄くする効果もあります。肝斑やそばかすにも効くので、これらの症状が気になる人は、ハイドロキノン配合化粧品をお試しください。

・アルブチン
強力美白剤であるハイドロキノンの刺激性を弱め、よりお肌に優しい美白成分として開発されたのがアルブチンです。そのため、アルブチンは別名を「ハイドロキノン誘導体」といいます。

ハイドロキノンにグルコースを配合したものをαアルブチン、ナシやコケモモなどの天然成分を配合したものがβアルブチンで、メラニン生成を抑えるのでシミ予防に効果的です。

残念ながらすでに出来てしまったシミを薄くする効果はありませんが、ビタミンCと合わせることで効果が高まり、お肌のくすみ改善も期待できます。

・トラネキサム酸
人工アミノ酸の一種で、本来は止血や抗炎症などの医療目的で使用されていました。メラニンの生成を抑えてシミや肝斑を改善し、高い抗炎症作用でニキビやニキビ跡にも効果を発揮します。安全性も高く、副作用はほとんどありません。

肌にあっているかをチェック

気にいった化粧品が肌質にあっているかを確かめるには、まずは自分の肌質を正確に知る必要があります。自分では脂性肌だと思っていても、実はその脂質の多さは乾燥からくるものだったということもあります。

化粧品売り場などで無料の肌質診断をしているところもありますので、一度調べてもらうのもおすすめです。

また、お肌の状態にあった化粧品を使っているかという点も重要です。20代向けの化粧品を40代になって使用しても、必要な美容成分も違ってくるので効果的ではありません。年齢に合わせた化粧品を選ぶようにしましょう。

お肌にあっているかをチェックするうえで一番大切なことは、選んだ化粧品の本格的な使用を始めるまえに必ずパッチテストを行うこと。成分をチェックしてお肌に安心だと思っても、実際使ってみたら顔中にブツブツができてしまったなんてことになりかねません。

パッチテストはとても簡単ですので、新しい化粧品を使う際はパッチテストを行うことを習慣づけるようにしましょう。

《簡単なパッチテストのやり方》
夜、入浴を済ませた後、化粧品を二の腕の内側に塗り、24時間様子を見ます。赤みやかゆみなどの症状がなければ、化粧品は使用しても大丈夫ということです。

もし何らかの症状が出た場合は、すぐに洗い流して使用を見合わせてください。

価格をチェック

美白化粧品の多くは、優れた美容成分がふんだんに配合されているため決して安くはありません。商品によっては購入を少し考えてしまうほどの高額なものもあり、その価格設定には開きがあります。

もちろん多少高値でも美白に効果的な化粧品のほうがいいのですが、重要なのは「継続して使い続けられる価格か」という点です。

美白化粧品は使い続けることでその効果を実感できるため、あまり高価なものだと金銭的な理由で継続が難しくなる場合もあります。無理なく継続して購入できる化粧品を選びましょう。

医薬部外品を目印に選ぶ

普段何気なく使っているスキンケア商品は、「化粧品」、「医薬品」、「医薬部外品」の3つに分けられます。化粧品のパッケージや外箱を見ると、それぞれどの分類にあたる商品なのかということが表示されています。

簡単に言えば、「化粧品」はお肌をきれいに見せる美容目的、「医薬品」は治療目的、「医薬部外品」はその中間にあたり、美容と予防が目的で、有効美容成分が配合されたものです。

シミやニキビなどの肌トラブルを抱えている場合、その症状に有効な美容成分が配合された化粧品を使えば、症状の改善につながります。「医薬部外品」の表示がある化粧品を選びましょう。

【医薬部外品とは?】
厚生労働省が症状に対して有効であると認めた成分が配合されている薬用化粧品。化粧品と同様に美容目的でもありますが、有効成分によって化粧品以上の効果が期待でき、予防効果もあります。

美容のプロが教える!肌老化を防ぐスキンケアのコツ

毎日の間違ったスキンケアが、知らないうちにお肌の老化を進めているかもしれません。正しいスキンケアのコツをおさえて、肌老化を未然に防ぎましょう。

コツ1:メイクは必ず落として寝る

疲れている時など、メイクを落とさずにそのまま寝てしまったという経験がありませんか?メイクをしたまま寝ると1晩でお肌が 1歳から3歳も老化すると言われています。

メイクの汚れはもちろんですが、顔には余分な皮脂、ほこりや砂、微生物などの目に見えない汚れもたくさん。これらを放置するとメイクの油分が皮脂と混ざって酸化して刺激物となり、シミやそばかすを引き起こしたり、顔の汚れをエサとして顔ダニが繁殖したりして、皮膚炎やニキビになる場合もあります。

うっかりメイクを落とさずに寝てしまったら、次の日のスキンケアは丁寧に。蒸しタオルで毛穴をひらき、奥につまった汚れもしっかり落としましょう。

コツ2:洗顔はたっぷりの泡で優しく洗う

スキンケアの基本とも言われる洗顔ですが、特に朝は忙しくて洗顔にあまり時間がとれない場合もあります。だからといって洗顔料を使わずに水だけで洗うと、寝ている間に毛穴にたまった皮脂などが落としきれず、酸化してシミなどの原因となってしまいます。

また、ゴシゴシとこすると毛穴や汗腺を傷つけてしまう恐れがあるので、気を付けましょう。

洗顔料を手のひらでしっかり泡立て、たっぷりの泡でこすらないようにして洗うのがベストです。泡立てのコツは手のひらをすぼめて、水を少しずつ足しながら洗顔料を泡立てること。

うまく泡立てられなかったり、泡立てる時間がないという場合は、初めから泡状になっているポンプタイプの洗顔料を使ったり、泡立て器具やネットを使うと簡単です。

コツ3:化粧水や美容液は手に取り少し温める

洗顔後のお肌は化粧水や乳液でしっかり保湿することが大切です。いつもの化粧水や美容液の付け方にひと手間加えるだけで、その浸透力もアップします。

やり方はとても簡単。手のひらに化粧水や美容液をとり、指で少し温めてから顔全体にやさしくのばします。冷え性などで手が冷たい人は、手をこすり合わせたり、お湯につけたりして少し温めておくと良いです。

コツ4:気になる箇所には乳液やクリームを重ね付け

額や鼻などのTゾーンと呼ばれる部分は皮脂分泌が過剰で脂っぽく、口元や目元のUゾーンは逆に皮脂分泌が少なく乾燥しやすい部分です。顔全体に乳液やクリームをつけて整えた後、乾燥などが気になる箇所にはさらに重ね付けをするのがおすすめです。それによってお肌の角層にしっかり潤いが行き渡り、キメが整いやすくなります。

【シミができる原因やシミの種類を紹介した関連記事へのリンク】
シミは何が原因でどんな種類があるのか、興味のある人はこちらをご覧ください。

20代はニキビ跡にも注意!シミにさせないための治療法

20代になってもできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれ、乾燥やお肌のターンオーバーが原因の場合が多く、10代の頃のニキビとは違ったケアを必要とします。

間違ったニキビケアはお肌にシミなどのトラブルを引き起こすため正しく対処しましょう。

ニキビに触らない&潰さない

赤く盛り上がったニキビは毛穴奥に雑菌が繁殖して炎症を起こしています。つい潰して膿を出そうとしがちですが、色素沈着を起こしてシミになったり、でこぼこの跡になったりする恐れがあります。

また、雑菌のついた手で触ったりすることも状態を悪化させる可能性がありますので注意しましょう。ニキビは絶対に触らない、潰さない、が原則です。

炎症が気になる場合は、消炎効果があるオロナイン軟膏などの薬をつけると症状が和らぎます。それでも改善されない場合は専門医に相談しましょう。

正しい洗顔方法で清潔に!

ニキビができた時は、とにかく清潔に保つことが重要です。かといって1日に何回も洗顔するのは厳禁。10代の頃の皮脂の過剰分泌が原因のニキビとは違い、大人ニキビは乾燥が原因の場合も多いのが現状です。

そのため、1日に何回も洗顔するとさらにお肌は乾燥し逆効果になります。1日2回までにとどめておきましょう。

まず洗顔をする前に、手を洗って雑菌を洗い流してください。そして自分の肌質にあった洗顔料をなるべくきめ細かな泡になるようしっかり泡立て、肌に刺激を与えないように泡で優しく洗います。すすぐ時はお肌への負担を考慮し、少しぬるすぎると感じるぐらいのぬるま湯で洗い流してください。

この時、髪の生え際などに泡が残っているとニキビの要因となってしまいますのでしっかりチェックしましょう。

生活習慣を見直す

睡眠不足や食生活の乱れはニキビを引き起こし、やがてシミとなってしまう場合がありますが、その他にも見直すべき生活習慣があります。

・適度な運動
運動が不足していると血行不良になり、体内に老廃物がたまってお肌に充分な栄養が行き渡らなくなります。その結果お肌のターンオーバーが乱れることでニキビ跡も治りづらくなり、シミになってしまうのです。

犬のお散歩や就寝前のストレッチなどでも効果はありますので、毎日少しでも体を動かすようにしましょう。

・腸内環境を整える
便秘になると腸内に悪玉菌が増殖して有害物質を発生させます。その毒素が腸壁を通って血中にとけこみ、全身をめぐることでさまざまな症状を引き起こします。

痔、腹痛、肩こりなどの他にもイライラや無気力などの精神面への影響も。血行も悪くなるのでお肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、ニキビなどの肌トラブルの予防や改善が困難になります。バランスのとれた食事や適度な運動を心がけ、便秘を防ぎましょう。

・喫煙を控える
タバコに含まれるニコチンは美肌に不可欠なビタミンCを壊し、ニキビの消炎作用を妨げます。するとニキビの炎症が悪化しお肌はシミになりやすい状態に陥ります。

さらには、タバコのニコチンが血管を収縮させるため、血液の循環が悪くなりお肌のターンオーバーも乱れてしまうのです。禁煙するのはとても大変ですが美肌のためにもなるべく控えましょう。

シミに効く化粧品の効果をより高める方法

どんなに優秀なシミ消し化粧品でも、それだけではお肌の状態は改善されません。普段の生活の中で気を付けるポイントをおさえれば、より高い効果を得ることができます。

食生活を改善する

食生活の乱れはお肌に確実に表れます。特にシミが出来やすく、治りにくい場合はお肌の修復を促すビタミンCが不足していることが考えられます。

また、シミのもとになるニキビを防ぐビタミンB群もお肌には欠かせない栄養です。ファストフードや揚げ物は控えて、ブロッコリーや赤ピーマン、キウイフルーツなどの野菜や果物をたっぷり摂取しましょう。お肌のバリア機能を高める豚肉もおすすめです。

紫外線対策はしっかりと行う

シミ消し化粧品にはシミのもととなるメラニンの生成を抑える成分が配合されているため、お肌は紫外線のダメージを受けやすくなります。晴れた日はもちろんですが、曇りや雨の日でも必ず日焼け止めクリームを塗ってから外出しましょう。

日焼け止めクリームが苦手な人は、帽子や日傘、長そでの上着などで紫外線対策を行ってください。

足りない栄養素はサプリから補給

毎日の食事で必要な栄養素をすべて摂取するのが大変な時は、サプリメントをとり入れるのもおすすめです。ドラッグストアやオンラインでも簡単に購入できますので、シミに効果的な栄養素を選びましょう。

《トラネキサム酸》
色素沈着を防止します。

《ビタミンA、C、E》
メラニン生成や活性酸素の働きを抑えます。

《βカロテン》
肌の新陳代謝を促し、抗酸化作用があります。

《L-システイン》
メラニン生成を抑えると同時にメラニン色素を体外に排出します。褐色化したメラニンをもとの無色に戻します。

睡眠不足とストレスの蓄積はお肌に大敵!

「美肌は寝ている間につくられる」と言われるように、睡眠はお肌に大きく影響します。ニキビやシミなどの肌トラブルは寝ている間に修復され、肌細胞が一番活発になるのがノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りについている時。

睡眠時間の長さよりも、どれだけぐっすり眠れたかということが肌の修復を促す成長ホルモンの分泌量に関わってきます。夜更かしは控えて、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

また、ストレスをため込むと、ホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されたり、自立神経が乱れて肌のバリア機能が低下したりします。そうなると、せっかくシミ消し化粧品を使っていてもお肌の状態は改善されません。

友達とおしゃべりをしたり、買い物や映画に出かけたりすることでもストレス解消になります。ストレスは絶対にため込まないようにしましょう。

シミ対策はなるべく早めがカギ!きれいなお肌をキープしよう

20代はシミとは縁がないお年頃のように感じますが、お肌は毎日紫外線や化粧品などの刺激を受け、シミ以外にもさまざまな肌トラブルの要因を抱えています。

種類の豊富な化粧品が溢れかえるなかで、自分の肌質にあったものを選び、シミになる前の「予防」から始めることが大切です。

また、化粧品だけに頼らず、毎日の生活習慣とスキンケアを正すことでより効果的にシミ対策が行えます。スキンケアのコツをつかんで内側から輝く美肌をキープしましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. スムージーでシミを消せる?おすすめレシピ&シミの改善方法を調査

  2. 敏感肌でも使えるハイドロキノンクリームの選び方7選! シミ改善効果も安心も手に入れる方法

  3. ハイドロキノンクリームの赤みは良い兆候!?副作用と好転反応の見分け方&対処法

  4. 【最新版】シミに効く有効成分を徹底解説!

  5. ハイドロキノンの副作用が怖すぎる!よく見られる症状と対処法を調査

  6. シミ取りレーザー治療後に再発?戻りシミの原因と対処方法!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。